AI顔認証によるゼロタッチで効率的なスマート入退室制御を実現
FaceMe®
< All Articles

AI顔認証によるゼロタッチで効率的なスマート入退室制御を実現

2022/10/19

過去10年間、急速な技術の進歩に伴って自動化技術が改善され続けた結果、工場の組立ラインはほぼ完全に自動化されるまでになりました。現代の製造施設は、今日の絶えず進化する製造ニーズに応えるため、最新の自動化機能を採り入れていく必要に迫られています。

現在、大規模工場をはじめとした多くの施設が、デジタルトランスフォーメーションへの道を歩み始めています。一方で、人工知能(AI)技術は、顔やモノ、ナンバープレートなどを識別する画像認識の分野で発展を続けており、日常生活やビジネスにおいて大きな役割を果たしています。

このような状況において、従業員のセキュリティ管理や、機密情報を保護するうえで、自動アクセス制御システムの導入が多くの企業、特に毎日何百~何千もの人々が施設に出入りする中・大規模の工場にとって重要な項目の1つになっています。アクセス制御システムは、従業員に加えて請負業者、訪問者、および外部の技術者など、多様な人々を識別し管理しなければなりません。このため、現在多くの工場や倉庫において、アクセス制御と個人認証の効率化や、従業員の出退勤管理システムの統合といった目的で、顔認証技術の採用が進んでいます。

この記事では、工場において顔認証を使用する利点や課題、そして工場へ顔認証アクセス制御システムを導入する方法についてご案内します。

ゼロタッチオフィスの時代への準備はできていますか?

新型コロナウイルスの発生は、人々の生活や仕事のあり方を大きく変えました。自分と他者の健康を守るために、これまでの社会生活のパターンを変えるだけでなく、適切なスペーシングや、ゼロコンタクト(非接触)の原則は、長期的な事業運営を維持するために不可欠な要素です。

例えば、感染リスクを低減するために、複数の入口がある商業ビルや、勤怠管理システムを導入している会社のオフィス、あるいは倉庫や工場、研究所などの大きな施設への入退出を管理し、従業員や資産の安全性を高めるために、ゼロタッチの入退室管理システムが求められています。世界的な調査レポートによると、新型コロナウイルスにより、企業がゼロタッチのアクセスコント制御を求める割合は激増し、AIの急速な進化により、生体認証アクセス制御アプリケーションが最も注目されているとのことです。

ゼロタッチ・アクセス管理が企業にもたらす3つのメリット

ゼロタッチアクセス制御を職場で活用するメリットとして、ウイルス感染の確率を効果的に低減し、衛生管理・防疫を強化することに加え、以下の3点が挙げられます。

  • 現場のセキュリティ管理を強化: ゼロタッチアクセス制御のポイントは、「本人確認」のニーズを重点に置いていることです。 Webベースのセキュリティカメラによる24時間365日の監視を追加することで、入退室の管理がより安全になるだけでなく、これまで入口に常駐していたスタッフの数を大幅に減らし、管理区域への不審者の侵入防止と人件費削減を効果的に実現することが可能です。
  • 出退勤の打刻の効率化を実現: 従来の入退室管理は、社員証やIDとタイムカードによるものがほとんどでした。顔認証打刻などのゼロタッチアクセスコントロールにより、従業員の勤怠を記録し、同一画面上で複数人を識別できるため、ピーク時の待ち時間を大幅に短縮することが可能でたす。また、大規模な倉庫や工場では、非接触型の入退室管理により、倉庫作業者が手でIDカードを提示する時間がない場合、顔認証や虹彩認証などの生体認証手段で直接入館でき、作業効率の向上が図れるようになりました。
  • 労働安全事故の削減と保護具の適切な着用を徹底: 未熟練者によるゴーグルやヘルメット等の不適切な取り扱いが労働安全事故の原因とならないよう、ゼロタッチ顔認証方式で安全保護具の正しい装着を効果的に検知し、認証に合格した特定の人員のみ機械を操作することができます。

大型の倉庫や工場では、非接触型の入退室管理により、倉庫作業者が身分証明書を提示する時間がない場合、顔認証や虹彩認証などの生体認証で直接作業エリアに入ることができ、仕事の効率を高めることができます。

AI顔認証を使用した工場用スマートアクセス制御セキュリティシステムの構築についてはこちらをご覧ください。

ゼロタッチ・アクセス制御とは?

ゼロタッチ・アクセス制御とは、顔認証や動作検知、携帯電話のBluetooth(ブルートゥース)信号などの非接触方式を利用して、従業員や 来訪者、特定の人の入退室を制御することです。指紋認証、タイムカード、受付票、受付カウンターでの通行証発行など、従来の入退室管理方法とは異なり、ゼロタッチ(非接触)による入館管理は、人との接触を効果的に減らし、疫病予防の原則を順守し、管理効率を高めることができます。

  • 顔認証: 顔認証は、近年多くの企業で採用されているアクセス管理手法で、顔画像をディープラーニングAIで高次元の特徴ベクトルに変換し、あらかじめ登録された顔データベースと照合することで本人確認と認証が行われます。
  • 指紋認証: 指紋認証も生体認証技術の一種です。指紋認証は、人間の指の先にある凹凸のある皮膚パターンを利用して、特定の人の特徴を照合し、本人であることを確認するものです。最新技術により、ユーザーは機械の表面に触れることなく、カメラの前で指を動かしたり、手を振ったりするだけで認証やアクセス許可が与えられます。
  • 虹彩認証: 虹彩認証は、瞳孔の外側の円形の領域を認識します。 虹彩パターンを赤外線でスキャンし、色や質感の特徴と比較して、カメラの前にいる人物を綿密に特定します。
  • 掌紋認証: 掌紋認証は比較的新しいタイプの生体認証技術で、手のひらの質感が個々人でそれぞれ異なるため、手のひらのシワや血管、静脈などの情報を読み取ることで、登録者の本人確認機能として利用できます。現在さまざまなお店での決済に利用されています。
  • スマートロック(モバイルアプリ認証): 従業員がカードリーダーに近づくと、スマホのアプリを開いて画面をクリックするとロックが解除され、Bluetooth Low Energy(BLE)、無線、モバイルネットワーク経由で識別情報をスマホに送信し、アクセス権を付与することができます。 また、多要素認証により、施設のセキュリティを強化することも可能です。

前述の様々なゼロタッチ入退室管理の中でも、顔認証によるアクセス制御は最適な選択肢です。 顔認証はDNN(Deep Neural Network)やニューラル・ネットワーク技術をベースにしており、大規模な会場管理でもマルチアングル顔認証を行うことで認識精度をさらに向上させることが可能です。

ここでは、顔認証入退室管理を導入するメリットベスト5を紹介:

  • わずか0.5秒で本人確認が完了する高速認証と高い認識精度
  • 移動しながら複数の顔を同時に検出できるため、列に並ぶ必要がなく、本人確認の効率化を実現
  • 既存のVMSやセキュリティシステムに柔軟に対応し、ハードウェアの追加構築コストを削減
  • プラグアンドプレイの顔認識ソフトウェアは、企業が元のハードウェアをスマートカメラにアップグレードするのに役立ち、勤怠管理とアクセス制御のセキュリティ管理システムをオールインワンで構築可能
  • 特定の顔へのタグ付けと、リアルタイムでアラートを受発信する統合コミュニケーションシステムにより、危機対応時間の短縮を実現
  • FaceMe顔認識エンジンの紹介

    FaceMeは正確で信頼性の高い顔認識エンジンで、顔検出、1:1顔照合、1:N顔検索など、完全な顔認識機能を備えています。顔認識精度99.73%、マスクやゴーグル、ヘルメットなどで顔の一部が見えない場合でも高い精度で認識し、NISTのFRVTで実施した1:1および1:Nテストにおいて、世界ランキング上位にランクインしています。また、FaceMeは、2022年にiBeta によるプレゼンテーション攻撃検出(PAD)テスト レベル 2 において満点を獲得し、オンラインでのリモートバンキングや、機密データや貴重な資産へのアクセスなど、高精度のなりすまし検出が必要な生体認証用途において、安全に本人認証が可能な業界最高水準の顔認証ソリューションであることを証明しました。また、FaceMeはクロスプラットフォームに対応し(Windows、Linux、Android、iOS、Jetpack)、主流のCPU、GPU、VPU、SoC向けにパフォーマンスを最適化。AI/IoTエッジデバイス、ハイエンドワークステーション、PCなどで柔軟に実行することが可能です。企業は、既存のハードウェア仕様、施設の規模、またはビジネス拡張のニーズに応じて、社内の顔認識設備を迅速に拡充することができます。

    企業が顔認証でゼロタッチの入退室管理システムを構築する方法

    AI画像認識の発展とエッジコンピューティングの精錬、そしてデジタル変革の波により、顔認証と勤怠管理システム、セキュリティ制御、カメラの融合は、企業がスマートセキュリティを実現するための有力なツールになると考えられます。企業の顔認証応用の範囲は広範ですが、代表的な3つの用途をより詳しく紹介します。

    1.顔認証と勤怠管理システムを統合

    台湾では、労働基準法を遵守するため、企業は従業員の出勤・退勤の記録を残すことが義務付けられています。従来型の勤怠管理方式はタイムカードやIDカードの使用等でしたが、新型コロナウイルスの影響もあり、多くの企業では、従業員が顔をかざすだけで出退勤を記録でき、本人確認の必要がなく、カードの紛失や不正使用もない非接触型の顔認証勤怠システムに切り替えています。

    FaceMe TimeClockは、従業員の勤怠管理を目的とした顔認証ソリューションで、Webブラウザとカメラレンズをサポートするあらゆるデバイス(タブレット、ノートパソコンなど)で簡単に導入することができます。人事部門は、ウェブページ上で各従業員の出勤記録を直接閲覧できるほか、拡張フィルターを使用して日付、部署、出勤状況などから特定の従業員を検索することもできます。

    FaceMe TimeClockは、企業が最小限のコード開発で顔認証アプリケーションを迅速に構築するためのユニバーサルAPI開発プラットフォームであるFaceMe Platformをベースに構築されています。FaceMe Platformに関するお問い合わせは、こちらまでお願いします。

    2.顔認証統合映像管理システム

    従業員や 会社の資産を守るため、企業は敷地内に防犯カメラを設置し、警備員を配置して24時間監視し、管理区域への不法侵入を防止することが一般的です。しかし、照明が不十分だったり、カメラの角度が極端だったりすると、肉眼では十分な認識ができません。また、商業施設は人の出入りが多いため、カメラの設置台数や監視する映像の数によって、企業がすべてのエリアを監視するためのセキュリティリソースを割り当てなければならず、コストがかかることも課題となっています。そこで、顔認証と画像管理システムを組み合わせたFaceMe Securityは、インテリジェントなセキュリティ制御を実現するために、企業の新しい選択肢となっているのです。

    • FaceMe Securityとは?
      FaceMe Securityは、顔認識技術を核に設計された入退室管理システムで、厳しいセキュリティチェックのもとで入退室を許可しています。FaceMe Securityは、リアルタイムの顔検出と顔照合により人員を迅速に特定し、勤怠管理システム、体温カメラ、ビデオ管理システム(VMS)などのさまざまなアドオン機能や統合サービスを通じてシームレスなアクセス制御を提供します。
    • VMSや通信システムとの連携で、セキュリティ制御を高度化
      FaceMe Securityは、Milestone、Network Optix Nx Witness、VIVOTEK VAST2、AXIS Camera Station(ACS)など、世界有数のビデオ管理システム(VMS)と柔軟に連携することも可能です。FaceMe Securityでは、管理者が従業員、訪問者、VIP、ブラックリストに載っている人などを事前に分類し、U、Slack、LINEなどのサードパーティーのコミュニケーションシステムと連携しておくことができます。カメラが特定の人の出入りを捉えると、警備員や管理者の携帯電話に自動でアラートが送られ、すぐに対処することができます。
    • セキュリティ制御をインテリジェントに自動化し、運用コストを削減
      また、高度な自動化により、昼夜を問わずスクリーンを監視するために複数の警備員を雇用するコストを削減することができます。企業は動画の録画・再生を利用して、特定の出来事や事象の検索や、顔データを元に特定人物のルートマップを作成することができます。そして、大量の入退室管理用映像から瞬時に顔画像を直接検索し、特定の人物の入退室時刻と場所をピンポイントで抽出することも可能です。
      FaceMe®顔認証を使用したセキュリティ監視システムの構築についてはこちらをご覧ください。

    3.顔認証統合入退室管理システム

    企業の入退室管理システムは、工場エリア、倉庫、研究所、オフィスなど、企業の資産や人の安全を守るために設置されることが多く、機器の使用安全や 企業秘密などの理由から、特定の権限を持つ人しか立ち入ることができません。科学技術の進歩に伴い、情報セキュリティリスクが重要視されるようになったため、顔認証を取り入れた入退室管理システムが徐々に企業の注目を集め、入退室管理におけるインテリジェントセキュリティコントロールソリューションの主流になってきています。

    顔認証入退室管理システムは、以下のような機能を備えていることが必要

    • 正確な認識能力
    • 眼鏡、ヘルメット、マスクなどを装着していても正確に識別可能
    • 2D写真や3Dマスクの偽造を防ぐ生体内認識・偽造防止機能

    また、FaceMeはシステム開発者やインテグレーター向けにFaceMe SDKを提供しています。FaceMeの顔認証技術を電子錠やキオスク端末など、顔認証機能を必要とするシステムや端末ハードウェアに組み込んで利用することができます。 例えば、ACE Biotekは顔認証による企業入退室管理システムの開発にFaceMeを活用し、0.5秒以内に人員を識別して打刻し、より安全な作業環境を実現しています。

    システムインテグレーターやエンドユーザーでVMSソフトを使用していない場合は、プラグアンドプレイのFaceMe Securityが最適です。 内蔵のVMRアドオンで最大9つのビデオ監視画面を提供しています。各階ごとにフロア監視画面をカスタマイズできます。

    FaceMe®顔認証を使用したセキュリティ監視システムの構築についてはこちらをご覧ください。

    AIを活用し、ストレスなくセキュリティ強化を実現

    AIが新たな可能性を切り開く中、企業は競争力を維持するため、革新的でオープンな思考を持ち続ける必要があります。顔認証は、小売、レストラン、金融、ホテルのチェックイン・チェックアウトサービス、医療などの関連産業で広く利用されています。セキュリティ管理に顔認証を利用することで、建物の安全管理を効果的に強化し、企業の人件費や オペレーションコストを削減し、スタッフの作業効率を向上させることができます。

    インテリジェントセキュリティシステムを構築する準備はできていますか?顔認証システムや試用版に関する詳しい情報については、こちらまでお問い合わせください

    FaceMe®: サイバーリンクの顔認証トータルソリューション

    FaceMe について
    のお問い合わせ
    お問い合わせはこちら