【2022アップデート】顔認証入退室管理+体温測定+マスク検出、3つの機能を同時に実現
FaceMe®
< All Articles

【2022アップデート】顔認証入退室管理+体温測定+マスク検出、3つの機能を同時に実現

2022/10/06

世界がポストパンデミック時代を迎え、ウイルスとの共存が新しい日常となっています。それと共に、生体認証技術が発達し、多くの企業で社員の勤怠管理として顔認識システムの導入が進んでいます。タッチレスでの顔認証や体温測定により勤怠管理のスピード化や、接触感染リスクの大幅な軽減など、社員の健康を守る事が可能となります。 また、顔認証は入退室管理にも広く活用でき、入退室者の身元を把握することで、企業の財産やセキュリティ保護に役立ちます。 この記事では、顔認識技術を企業の入退室管理や勤怠管理システムに活用することで、感染症を予防し、ビジネスを円滑に進めるための方法をご紹介します。

入退室管理、勤怠管理、セキュリティ管理を統合した顔認証:顔認証(マスク着用時も可)、マスク検出、体温計測を一挙に実現

新型コロナウイルスの主な感染経路は飛沫感染であるため、社会的距離を保つ・マスクを着用する・接触を減らす・定期的に手洗いをするなどが、現在用いられている最も効果的な予防方法です。 ここ数か月の間に、顔認証入退室管理機や顔認証勤怠管理システムなど、AI顔認識技術を活用したさまざまなソリューションが生まれ、非接触であることからオフィス、医療機関、学校、小売店などで使用され好評を得ています。防疫のためのマスク着用が標準仕様とも言える中、マスク検知機能を備えたAI顔認識システムは、企業が顔認証入退室管理を導入する際の大きな検討材料にもなっています。

また、新型コロナウイルスの主な症状のひとつに発熱があることから、公共の場やオフィスに出入りする際、体温を測ることも感染予防の一つです。 しかし、サーモガンで測ることは人との接触確率を高めるだけでなく、忙しいオフィスワーカーにとっては不便でもあり、コロナ後の時代に向けて健康管理と速やかな出勤・退勤の両立が企業にとって重要な課題と言えます。

ポストパンデミック時代における企業の勤怠管理の課題

世界的な流行が正式に沈静化する前に、企業にとってスタッフの健康管理は今後の重要な課題です。 毎日多くの人が出入りするオフィスビルで、入退館者の体温チェックやアルコール消毒を手動で行うための人員を配置する場合、出勤のピーク時に時間がかかる上、集団感染リスクも増加し、配置スタッフのコストも発生します。

また、例えば長年企業で運用されてきたタイムカードやIDカードには、同僚によるカードの不正使用、カードを忘れた際、事後にカードの精算を申請しなければならない手間、出張時等イレギュラーなタイムカード打刻時間による給与計算ミスなどが発生する欠点が多く残っています。 指紋認証による入退室管理システムという新しい仕組みがあっても、自分の指紋でカードを押す人がいることは避けられず、感染症流行期には接触型の生体認証技術である指紋認証の場合ウイルス感染も大きな懸念材料です。

FaceMeを使用して健康と安全を保護する顔認証ソリューションを構築する方法についてはこちらをご覧ください。

顔認証とタイムカードシステムを組み合わせ、従業員の勤怠管理、安全衛生管理を効果的に行う

faceme_timeclock_employee_attendance_record

近年、顔認証の応用の幅が広がっています。多くの企業は徐々に顔認証勤怠管理システムを導入し、新型コロナウイルスの感染拡大を効果的に防止するため、従来の指紋認証・パスワード入力・カードスワイプなどの入退室管理システムから移行しています。顔認証パンチカードシステムによって、企業は接触リスクを大幅に低減し、従業員の出勤管理を効率的に行うことができています。

FaceMe® Platform テクノロジーを採用した FaceMe® TimeClock は、顔認証と勤怠管理の統合ソリューションで、iPad、タブレット、ノートPCなどのブラウザ対応デバイスに簡単かつ迅速に導入できます。従業員は顔認証を使って出退勤を記録するだけで、人事部はWebベースのインターフェースと各種レポートを通じて従業員の勤怠記録と出欠率を確認でき、様々なフィルター(日付、部署、勤怠状況など)を使ってより詳細なデータ分析に利用することができます。

マスクで口元が隠れているというニューノーマルのもと、最新の顔認証出退勤システムを通し、入退室管理、ハードウェアと統合し、ワンストップ顔認証システム、インテリジェント健康監視ステーションを構築。人員の出入りを効果的に把握できるだけでなく、全員のマスク着用状況の監視、体温測定などを行い、社員の出勤、公衆衛生、人流管理という目的を達成することができます。

詳細情報、デモ、評価版、お見積りをご希望の方は、ご連絡ください。

顔認証によるさまざまな入退室管理ソリューション

現在、市場では顔認証を取り入れた入退室管理システム、タイムカードシステムが主流:

  1. 顔認識技術による統合入退室管理
  2. マスク検知、体温測定、顔認識技術による入退室管理・健康監視ステーション
  3. 既存のIPセキュリティアーキテクチャに顔認証と入退室管理・タイムカードシステムを統合

以下の記事では、これら3種類の顔認証入退室管理ソリューションについて紹介します。

1. 顔認識技術を搭載した入退室管理インテグレーター

入退室管理装置は専用のハードウェアをオフィスや工場などの出入口に設置し、顔認証、非接触型カード、指紋認証、パスワードなどの複数の要素で入退室を計る装置です。 従業員の出勤データは、さらにERPシステムに送信して、出勤・退勤記録を管理することができます。

前述したように、非接触カードやパスワードはなりすましのリスクや、指紋認証にはウイルス感染リスクがあるため、入退室管理 カード機の主な認証方式として顔認識技術を採用する開発者が増えております。 また近年、AIコンピューティング機能を搭載したチップが普及し、低消費電力で低価格なSoC(Single System on Chip)でも歩行者の顔認証が可能となっており顔認証アクセス制御一体機を導入する企業も増えてきています。

サイバーリンクが開発したAI顔認識エンジン「FaceMe®」は、入退室管理機などのIoT機器に組み込むことで、出退勤の打刻や体温測定、マスク検出などさまざまな機能を同時に実現することが可能です。

AI技術「FaceMe®」を搭載した入退室管理インテグレーター

  • GIS YouMe 800T 3D顔認証機: GISが開発した3D顔認証機YouMe 800Tは、サイバーリンクのAIマスク検出システム「FaceMe® AI Face Recognition Engine」を用いてリアルタイムに顔を検出・認識し、マスク着用者の識別や体温測定に対応します。 また、「YouMe 800T」は、被写界深度情報を利用して3D生体識別を行う高機能3Dカメラを搭載し、3Dで本当の生体か、顔写真や動画でなりすました人かを100%識別することができます。
  • GIS_faceme_facial_recognition_mask_detection_and_temperature_screening
  • MPS Sentry Health Kiosks™ : 米国の大手スマートパーキングシステムメーカーMunicipal Parking Services(MPS)が開発したSentry Health Kiosks™は、AI顔認証を組み合わせ、顔認証、マスク着用検知、体温測定ができる完全顔認証・温度センシングシステムです。 また、MPSが開発したSentry Health Kiosk™は、ユーザーのうなずきや揺れなどの頭の動きを識別して、咳をしているかどうか、医療クリニックの出入りの記録があるかどうかを確認し、必要に応じて防疫措置を厳格に実施、スマートアテンダンスに対応するために、インタラクティブに使用することが可能です。
  • MPS_sentry_health_kiosk_facial_recognition_example
詳細情報、デモ、評価版、お見積りをご希望の方は、ご連絡ください。

2.マスク検知、体温測定、顔認識技術による入退室管理・健康監視ステーション

また、多くの工場やオフィスでは、入退室管理、温度計測、勤怠管理など多機能な監視ステーションとして顔認証が徐々に導入されています。 体温測定やマスクの検知がわずか数秒でできるほか、顔認証による入退室者の本人確認や、出勤・退勤の打刻を迅速に完了できるなどのメリットがあります。

AI顔認識技術「FaceMe」を搭載した入退室管理・出勤管理システム

  • 三井物産グローバル・ロジスティクスがFaceMe® Healthを導入: 三井物産グローバル・ロジスティクス(MGL)は、横浜市の本牧第一物流センターにCACが開発したFaceMe®技術を用いた健康管理ソリューションを導入しました。 このソリューションは、出勤時や休憩時に従業員が通る正面玄関に設置され、200〜300人の従業員の体温を測定、かつ顔認証で身元を識別し、勤務時間を記録します。健康監視の効率化に加え、従業員の健康管理も効果的に行えるようになりました。
  • CAC_facial_recognition_temperature_screening
  • 筑波医電の「双眼竜赤外線熱感及び可視光AI自動スクリーニングシステム(TC-800)」は: 医療機関や民間企業向けの顔認証・健康診断ワンストップソリューションで、0.5秒で来訪者の識別、マスクの正しい装着状態の検出、体温測定が可能です。 このような入退室管理機は、ポストパンデミック時代の入退室管理システムの所要時間や不便さを大幅に軽減してくれることでしょう。
  • ACE_biotek_facial_recognition_example

    3. 顔認証、入退室管理、パンチカード機能を既存のIPカメラセキュリティのアーキテクチャに組み込む。

    IPベースのセキュリティカメラは、大規模なオフィス、工場、倉庫など、ほとんどの場所で長年にわたって使用されています。これらの設備には通常、数十台から数百台のセキュリティカメラが搭載され、画像処理と保存のために複数のセキュリティコンソールやNVRなどが設置されています。 警備担当者は、各種VMS(ビデオ・マネジメント・システム)を使って、複数の映像ストリームをリアルタイムに監視し、セキュリティ上の問題や侵入者の有無を肉眼で判断しています。

    従来のIPセキュリティ機器は顔認証に対応していないため、入退室者を効果的に識別できず、警備員の疲労や過失によって入退室管理の漏れが生じやすくなっていました。 そのため、近年、セキュリティシステムに顔認証を組み込むニーズが急速に高まっています。

    FaceMe® Security: 顔認識、マスク検出、健康チェックのセキュリティシナリオへの高速導入を実現。

    サイバーリンクの FaceMe® Security は、PC、ワークステーション、サーバー上で動作し、既存のIP監視カメラと互換性のあるビデオ管理システム(VMS)に統合する、スマートなセキュリティのために設計されたソリューションです。AI演算機能を搭載したワークステーション(NVIDIAグラフィックカード搭載など)やエッジコンピューティングデバイス(NVIDIA Jetson Xavierやインテル® NUC、産業用コンピューターなど)を追加するだけで、スマートセキュリティ設備に顔認証、マスク検出、体温測定、勤怠管理などを速やかに統合することが可能です。

    FaceMe顔認証技術を使用してアクセス制御システムを構築する方法についてはこちらをご覧ください

    FaceMe® Securityの主な機能:

    1. 本人確認:顔データベースとの照合による顔認証、タグ付け・グループ分けによる顔管理
    2. 入退室管理:入退室時間やID記録、出勤時間、来客記録、電子ドアロックシステムとの連携で顔のスワイプでドアを開けることができる。 マスク着用時でも正確な本人確認ができ、認識率は98%以上
    3. 健康モニタリング:マスク装着状態の検出、体温測定
    4. リアルタイムモニタリング:複数のウェブカメラからのライブ映像のモニタリング、録画、検索、再生が可能
    5. 通知:通信ソフトやVMSシステムへリアルタイムにイベントを即時通知

    FaceMe® Securityは、顔認証による勤怠管理、健康状態の測定、リアルタイムモニタリングなど、職場における様々な用途に対応した幅広いAdd-On機能を提供しています。

    1. Healthアドオンは:工場の入り口に設置することができ、人が口と鼻に正しくマスク着用しているかどうかを識別し、本人確認や体温の測定などを行います。 発熱を検知した場合やマスクをしていない人がいた場合、すぐにその人の位置と写真を警備員に送信し、適切な予防措置をとります。
    2. Check-Inアドオンは:モニター付きの軽量PCにインストールし、エントランスに設置することで、来客のチェックインや従業員の出勤カードのインターフェイスを管理することができます。
    3. VMRアドオンは:セキュリティルームに組み込むことで、セキュリティスタッフは最大9台のカメラ映像の同時監視、ビデオの録画・再生、ブラックリストに登録された人物が管理区域に入ったときやVIPがロビーに到着したときなど特定の顔認証イベントに対する通知送信を行うことができます。

    顔認証によるデジタルトランスフォーメーションで、スマートで安全なオフィス環境を実現

    新型コロナウイルスの流行と科学技術の発展の影響を受けて、企業はデジタル転換の挑戦に直面しています。オフィスワークへの復帰、あるいはハイブリッド勤務の管理など、顔認証による勤怠管理は企業にとって急務となっています。 顔認証と入退室管理システムの応用は、従業員の出退勤の記録だけにとどまらず、建設、小売、物流、倉庫などさまざまな業界で活用することができ、企業環境の安全性をより高めることができます。

    マスク着用者の顔検出と着用状況の確認を行い、企業の感染予防対策を実践

    正式に流行が終息するまでは、常にマスクを着用し、個人の衛生管理、安全確保に努めるべきです。 FaceMe® Securityでは、マスクを識別し、マスクを着用しているかどうか、口や鼻を覆う正しい方法でマスクをしているかどうかを効率的に判別することができます。 また、現在市販されているマスクには様々な種類や素材がありますが、FaceMe®は通常の医療用平面マスクの他に、N95などの3 D立体マスクも正確に識別できるため、企業が従業員の健康状態を管理するのに役立っています。

    マスクをした状態では、取り込まれる顔の特徴が限定されるため、顔認識時に正しく本人確認することができず、一時的にマスクを脱ぐ必要がある状況をもたらし、ウイルスの伝染リスクを増加させてしまう恐れがあります。しかし、FaceMe®顔認識技術によるAIマスク検出システムは、顔認識アルゴリズムにより顔の特徴を正確に捉え、98.21%の精度で、異なる角度から顔を認識しながら同時に本人確認が可能です。

    本人確認+ブラックリスト設定で安全な労働環境を実現

    大規模な建設現場では、建設期間中、毎日数百人、数千人の人々が出入りします。多くのプロジェクトで派遣社員や請負業者が採用されており、大量の人の管理は時間がかかるだけでなく、企業に巨額の人的管理コストをもたらします。また、国外の工場や倉庫では、資産や業務の安全性を考慮し、より厳重な管理・運営が要求されます。

    建設作業員と現場環境の安全管理を効果的に向上させるため、FaceMe® Securityは顔認識技術とビデオ管理システム(VMS)を統合し、IPカメラなどのワークステーションのリアルタイム監視、顔の特徴やデータ・データベースの比較、本人確認の完了などを通じて、インテリジェントな勤怠管理と複数人同時認証を可能にします。

    ビデオ管理システム(VMS)を使用していない企業向けに、FaceMe Securityの機能群であるVMRアドオンにより、最大9枚の映像を同時にリアルタイムで監視、録画、再生することが可能です。FaceMe ® Security Centralを使用すれば、企業やオフィスビルのセキュリティ管理を強化し、より安全で安心な職場環境を実現できます。

    すでに多くの商業施設やオフィスビルでは、顔認識システムをドアロックや電子錠などの他の第三者アクセス制御システムと統合しています。 工場や倉庫などのオフィス敷地内に従業員や訪問者が入る際、顔認証によって正しい本人確認を行った上で自動的にドアが開きます。企業のセキュリティやアクセス制御管理のニーズを考慮しながら、不審者の出入りの防止が可能となります。

    FaceMe顔認証技術を使用してアクセス制御システムを構築する方法についてはこちらをご覧ください

    今後の展望

    タッチレスの時代がニューノーマルとなり、オフィスでの顔認証の利用がますます広がっていくでしょう。また、タッチレスのビジネスチャンスと未来のビジネス展開にも大きな可能性を秘めています。今回発表したFaceMe® Platformは、顔認証APIサービスで、スマートリテール、スマートファイナンス、スマートヘルスケア、スマートパブリックなどの分野で、今後、低コストで顔認証ソリューションを実現するための各種開発ツールやテストツールを提供いたします。

    詳細情報、デモ、評価版、お見積りをご希望の方は、ご連絡ください。

    FaceMe®: サイバーリンクの顔認証トータルソリューション

    FaceMe について
    のお問い合わせ
    お問い合わせはこちら