3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

初心者におすすめの動画編集ソフト【2021年版】

最終アップデート 2021年 6月 4日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
5 Best Easy-to-Use Video Editing Software for Beginners

動画共有サイト、SNS、マーケティング、教育プロジェクトなどといったコンテンツを作成したいと考えている方にとって、動画編集ソフトを使うことは大きな一歩といえます。そこで、優れた動画編集ソフトを使えば、より良い動画の編集、修正、操作が可能になり、皆さんが伝えたいストーリーを伝えるのに役立ちます。簡単で楽しい動画編集を皆さんもやってみましょう。

動画制作に慣れていない方にとって、適切な動画編集ソフトを見つけるのは大変なことかもしれませんが、選ぶ際にはいくつかのポイントを考慮する必要があります。

  1. 互換性:お使いの撮影機材やOSに対応しているかどうか。
  2. 基本的な機能:必要な機能が揃っていること。
  3. サポート:教材を利用した学習支援があること。
  4. 手頃な価格:予算に合った価格であること。

また、動画編集ソフトは使いやすい製品であることも重要です。複雑なソフトウェアでは、学習に時間がかかって挫折してしまう可能性があり、費用もかさみます。適切なソフトウェアは、インポート、トリミング、シーケンスなどの基本的な機能を直感的に操作できるだけではなく、色調補正やクリエイティブなトランジション、フレームのクロップなど、高度な機能も提供しています。

動画編集を始めたばかりの人の中には、「機能を削ってシンプルにしなければならない」と勘違いしている人が少なくありません。しかし、使いやすい動画編集ソフトは、必要な機能をすべて備え、4KやHDR、360度動画など、あらゆるフォーマットに対応している必要があります。

動画編集ソフトを選ぶ際には、自分に必要なものをよく考えてみてください。例えば、ハウツーガイドの作成を検討しているのであれば、ナレーターの声や優れたテキスト機能を備えた編集ソフトが必要でしょう。誰もが必要とする機能としては、主要なフォーマットでの書き出しと、さまざまなオンラインプラットフォームへの簡単なアップロードです。

このガイドでは、初心者におすすめの動画編集ソフトをご紹介します。お急ぎの方には、PowerDirectorがお勧めです。高品質な動画を簡単に作れるという点では、これ以上の動画編集ソフトはありません。試しに使ってみて、その良さを実感してみてください。

簡単に使える動画編集ソフト【トップ5】

1. PowerDirector

PowerDirector は、機能満載で、数々の賞を受賞している Windows と Mac に対応した動画編集ソフトです。BCN アワード では 6年連続国内シェア No.1 を獲得しています。ユーザーにとっての使いやすさ、プロ仕様の編集機能、最新の技術やフォーマットとの互換性などを備えているという点で、PowerDirector は人気を博しています。

PowerDirector - Best Awards

PowerDirector は、プロ仕様の機能が充実しているうえに、直感的に操作できるユーザーインターフェースを備えているため、動画制作の経験がない方でも、すぐに編集作業を開始することができます。

もし、動画編集のやり方がわからないという方には、動画編集のための学習教材があります。
PowerDirector 公式 YouTube にはチュートリアルが豊富に掲載されていますし、公式ブログ には素晴らしいハウツー記事があります。
また、ラーニングセンター もあわせて参考にしてみてください。

特にストーリーボードモードは、初心者に最適です。このシンプルな動画編集モードでは、動画のドラッグ&ドロップ、トランジション、オーディオ動画の追加、エフェクトの適用などが可能です。さらに、複雑な処理でも初心者が簡単に利用できるような機能も多数搭載されています。 

PowerDirector には、フォント、ストックメディア、トランジション、モーショングラフィックス、プロジェクトテンプレートなどのライブラリが用意されており、プロジェクトをスムーズに進めることができます。また、エクスプレスプロジェクトテンプレートを利用することで、編集や動画制作のプロセスをスピードアップすることができます。

ビデオ コラージュ デザイナー などのツールを使えば、数回のクリックで分割画面を作成することができます。PowerDirector は、シンプルさを重視して設計されています。使いやすい動画編集ツール、インターフェイス、高速なレンダリングスピードを兼ね備えたPowerDirectorは、初心者に最適な動画編集ソフトです。 


簡単な操作で使える機能
  • トランジション、エフェクト、タイトルテンプレートのドラッグ&ドロップ
  • 動画作成を容易にするデザイナーツール
  • SNSで直接共有

2. iMovie

Apple iMovie は、iOS および macOS ユーザーのみが利用できる無料の動画編集ソフトウェアです。このアプリには、さまざまな動画編集機能と共有オプションが用意されています。

iMovie は無料で、多くのユーザーがこのアプリを簡単に使える動画編集アプリとみなしています。ノンリニア編集なので、元のファイルに手を加えることなく、グラフィックや音楽、動画を編集したりカットしたりすることができます。音声・動画のカット、背景ノイズの低減、音質の向上などが可能です。また、テキスト、動画、グラフィックのオーバーレイを追加したり、色調を修正することもできます。また、PCに直接エクスポートしたり、Facebook や YouTubeにアップロードすることもできます。

一方で、このソフトには、オーディオと動画の同期機能やドラッグ&ドロップエディターなど、高度な動画編集機能がありません。デバイスのハードドライブを操作して動画をインポートする必要があります。

簡単な操作で使える機能
  • オートセーブ機能
  • 「YouTubeで共有」ができる機能
  • ファイル管理システム内蔵

3. VideoPad

VideoPadは、MacおよびWindows PC用の比較的ベーシックなパソコン用の動画編集アプリです。この動画編集ソフトは、時代遅れではありますが、編集方法がわかりやすいのと、手頃な価格が特徴です。

NCH VideoPadは、SNSに投稿する際のワークフローを効率化する機能を備えた入門用の動画編集ソフトです。例えば、YouTubeの公開ツールを使わずに、タイトルタグや説明文などの動画のメタデータを簡単に作成することができます。基本的な編集機能に加えて、ナレーションなどのコンテンツを直接取り込むためのツールも用意されています。タイムライン上にファイルをドラッグ&ドロップするだけで、プロジェクトにファイルを追加することができ、必要な部分だけをリサイズすることも可能です。また、2Dから3Dへの立体変換、手ぶれ補正、複数の解像度での書き出しなど、価値の高い機能を搭載しています。

VideoPadは、すべてのOSに対応していますが、プログラムがやや古く、マルチカメラ編集などの高度な機能がありません。追加機能を含むライブラリがありますが、追加したい機能ごとに料金を支払う必要があります。VideoPadの学習教材は、ほとんどが数年前のものです。編集に慣れていない方は、それらに頼らない方が良いでしょう。

簡単な操作で使える機能
  • YouTube や Facebook への動画の直接アップロードが可能
  • 検索エンジン用に動画を最適化
  • サウンドエフェクトライブラリからのインポートが可能

4. Movavi Video Editor


Movavi Video Editor は、既存にある動画をさらに編集することができる、MacまたはWindows用の有料アプリです。初心者におすすめの動画編集ソフトです。

Movavi Video Editor はシンプルなアプリですが、メディアのインポートに関しては、ソフトウェアにいくつかの制限があります。コンピューターの内蔵ストレージや外付けドライブからメディアをインポートすることができ、ソフトウェアは内蔵カメラから直接録画することもできます。ただし、AVCHD ビデオカメラからメディアをインポートすることはできません。また、スクリーンキャストの録画は、Video Suite を購入した場合にのみ利用できます。

Movavi での動画編集は簡単で、エッジをドラッグして動画のインとアウトのポイントをトリミングすることができます。このソフトウェアにはキーフレーム機能はありませんが、フェードやパン/ズームなどのほとんどの効果を自動化しており、「ツール」セクションでアクセスできます。また、各フレームをナビゲートして正確な編集を行うことができます。また、タイトルやエフェクトも豊富に用意されています。

簡単な操作で使える機能
  • ドラッグ&ドロップ式のエディター
  • サウンド、音楽、イントロ、動画などがライブラリに内蔵
  • 直接の共有と一般的なフォーマットへの書き出し

5. Adobe Premiere Elements

Adobe Premiere Elements は、Mac と PC に対応したクロスプラットフォームの動画編集ソフトです。このソフトウェアは初心者向けで、ファイル管理には別のアプリケーションを使用します。

Premiere Elements には、Quick、Guided、Expert の3つのモードがあります。Premiere Elements は最近、顔認識を使って動画ファイルに自動的にタグを付ける別アプリ「Elements Organizer」を搭載しています。このアプリは、編集したい動画を選択して整理するのにも役立ちます。エディターとElements Organizerアプリからメディアをインポートすることができます。編集中、プログラムは時間を節約するために動画の低解像度バージョンを作成しますが、いつでもプロジェクトをレンダリングして完全な解像度でできた作品を確認することができます。Premiere Elementsには、動画安定化機能、ノイズ低減ツール、シンプルなエフェクトを作成するためのガイド付き編集ツールなど、貴重な機能が搭載されています。


[エキスパート]モードがありますが、Elements はプロの仕上がりを目的としたものではないことをご理解ください。あくまでも基本的な動画を対象としています。基礎から始めて、最終的には中級者、あるいは上級者向けの編集に移行したいという方には向いていないでしょう。シンプルなホームムービーを作るのに適していますが、それ以上のことはできません。さらにレンダリング速度が遅く、マルチカメラにも対応していないという難点があります。また、Premiere Elements には 3D や 360度VR の編集機能はありません。

簡単な操作で使える機能
  • 高度なプロジェクトに対応したガイド付き編集
  • 複数のプラットフォームに対応
  • シンプルで直感的なインターフェイス

まとめ

今回の記事では、初心者向けの動画編集ソフトをご紹介しました。これで皆さんも今日からでも動画制作を始めることができます。開発者は、ユーザー志向のプラットフォームを提供することにますます注力しています。複雑な製品の裏と表を学ぶのに何時間も費やす必要はありません。また、古いプログラムに固執する必要もなく、Windows ムービーメーカー に代わる製品 もいろいろあります。

PowerDirector は、システムの互換性、インポート、エクスポートなどの面で柔軟性がある、高度な動画編集機能を搭載しています。また、初心者の方にも簡単にお使いいただけます。

この動画編集ソフトは、コンテンツ制作のプロセスを効率化するとともに、エクスプレスプロジェクトテンプレートや SNS への直接アップロードなどが可能といった優れた機能を提供しています。

今すぐ PowerDirector をダウンロード して、高品質な動画を作成しましょう。
かんたんな操作ですぐに始められ、編集時間を大きく節約することができます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: