3

メンバーサイトへようこそ

AdDirector

【初心者ガイド】スマホアプリで動画広告をかんたん制作

最終アップデート 2021年 9月 16日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
add_top

YouTube や TikTok などの動画共有サービスは元より、最近では Twitter や Instagram などの SNS でも動画広告サービスが導入され、急成長を続ける動画広告市場。

現在考えうる、最もエンゲージメントの高い広告形態のひとつであり、大企業から中小、個人等あらゆるユーザーにとって無くてはならない存在となりました。

これら動画広告の盛り上がりは、スマートフォンの普及により全世代で動画を視聴する事が習慣化している事が関係しています。

そして、動画広告は今後間違いなく広告の主流となっていくでしょう。

そんな、大注目の「動画広告」と簡単3ステップで動画広告が作れるスマホアプリ「動画広告 Director」について解説していきます。

 

目次:

動画広告とは

ある広告代理店の調査では、「買い物の前に商品に関連する動画を探す」と回答した人は年々増え続けてきており、買い物と動画を関連付ける消費者は推計5,000万人以上という結果が出ました。

そして、90%のユーザーが商品の PR 動画が購入の決め手になったと回答しています。

もちろん、企業側もこの大きな波を認識しており、企業イメージや商品認知向上の手段として動画広告を取り入れ始めています。

そんな大注目の動画広告ですが、いざ作るとなると動画の作成って意外と大変です。

効果的なストーリーの作成や BGM 、差し込む写真データ等々、素材の選定からそれらをつないで動画にする作業を普通の動画編集ソフトで行ったら、相当な時間と労力が必要となります。

それらをスマホアプリ1つで解決できるとしたら、動画広告のハードルはグッと下がりますよね?

そんな夢のようなスマホアプリがあるんです、いまなら無料の体験版で試してみる事もできます。

アプリは無料でダウンロード出来ますので、是非体験してみてください。

動画広告 Director の詳細

動画広告のメリット・デメリット

1. 動画広告のメリット

動画広告のメリットってどんなものがあるのでしょうか、動画を作成する前にメリットを知っておきましょう。

まず、動画は短い時間で多くの情報を伝えることができ、写真や文章より印象に残すことが可能です、そのため商品やサービスの販促に向いています。

また、旬や流行を捉えた動画であれば、共有されやすくリサーチ以上の効果を発揮することもあります、これにより認知度も上がり、期待以上の効果を得る事が可能です。

そして何より、Google Analytics 等の効果測定ツールを利用することで、表示回数や再生回数、そしてユニーク視聴者数や年代・男女比などを詳細に分析できる所が最大のメリットと言えます。

その分析結果を動画に反映し、さらなる効果的な動画を作成できるところもメリットと言えるでしょう。

2. デメリット

そんな万能な動画広告ですが、もちろんデメリットも存在します。

しかし、デメリットは認識さえしておけば、改善が可能ですので、是非知っておきましょう。

3. 動画広告はスキップされてしまう可能性があります

YouTube 等では一定時間でスキップする機能が、Twitter 等の SNS ではスクロールでスキップできてしまう場合があります、もちろんスキップされなく(されにくく)する方法はあります。

スキップされないようにするには、表示されている一瞬で視聴者の興味や関心を掴むことです。

簡単に言いましたが、これが一番難しい所ですので、色々試して視聴者の心理を研究する必要があります。

4. そして、最大のデメリットは「費用」です

ポスターやバナーなどの静止広告であれば、費用はそれほど掛かりません、しかし動画広告となると制作にも時間はかかりますし、使用する動画の撮影や素材の収集等にかかる時間を考えると、通常の広告と比べるとかなりの費用を費やすことになります。

そして何より、期待した効果が得られない時に修正を行うのに、さらなる費用や時間を大量に消費してしまうところが最大のデメリットと言えます。

これらのデメリットを回避するには、制作に入る前にしっかりとリサーチし視聴者の関心をがっちり掴める動画広告を作る事が大切になります。

動画広告 Director(AdDirector)のインストール

さて、動画広告について様々な観点から解説してきました。

この項からは、そんな動画広告を簡単に作成できるアプリ「動画広告 Director」について解説していきます。

「動画広告 Director」は、スマートフォン用アプリで動画広告作成に必要なあらゆる素材やツールが盛り込まれています、そんな色々詰め込まれていたらさぞや操作も複雑だろうと思われがちですが、なんと最低3ステップで動画広告が作れてしまいます。

アプリのインストール自体は無料で出来ますし、無料の体験期間もありますので、安心してインストールしてみてください。

動画広告 Director の詳細

3ステップで動画広告作成

さて、それでは早速「動画広告」を作るための3ステップについて解説していきます。

ステップ1 テンプレートを選択する

「動画広告 Director」には、あらゆるシチュエーションや業種に向けた「テンプレート」が645種類以上も用意されていて、YouTube や Instagram 、TikTok 等の幅広いプラットフォームに対応が可能です。

その中から、例えば SNS や不動産・健康・教育など、会社や商品、または個人のアプローチしたい視聴者を想定して「テンプレート」を選びます。

もちろんこの「テンプレート」はアップデートで続々と追加されていきますので、もし現状でピンポイントなものが無かったとしても嘆く必要はありません。

自分が作りたい動画広告にあったテンプレートを選んだら、ステップ2へ進みましょう。

add03

ステップ2 文字やロゴを挿入・変更する

ステップ1で選んだ「テンプレート」には、すでに文字やロゴが挿入されていますので、それらを自分の作りたい広告に合わせたものに変更をしましょう。

写真の置き換え、文字のフォントやサイズ、もちろん書いてある文章も変更可能ですし、ロゴも変更可能です。

面倒なオブジェクトの切り抜きもほぼ自動で出来ますし、モーショングラフィックタイトルやアニメステッカーも用意されています。

もし手持ちで写真や BGM が無ければ、ロイヤリティーフリー(Powered by Shutterstock)の素材も豊富(9万以上の動画素材、100万以上の写真素材、4千以上の音楽素材)に用意されていますので、そこから選んで使用する事も可能、それらの組み合わせは無限大です。

テンプレートを思い通りに変更・修正したら、ステップ3に進みましょう。

add04 add05 add06 add07

ステップ3

さあ、最後のステップです。

と言っても、ステップ3はビデオの変更です。

これは、「必要があれば」であり、ステップ2までで満足行く動画広告が完成していれば、ステップ3はスキップしても問題ありません。

ステップ3ではビデオの変更を行います、使いたいビデオを選ぶだけですので、難しい事はありません。 使いたいビデオを選んで完成です。

完成した動画広告をプラットフォームで「シェア」しましょう。

動画が出来たら「シェア」しよう

さて、3ステップで無事に動画広告が完成したら、お好みのプラットフォームで「シェア」しましょう。

これもほぼ自動で行えます、画面右上の「出力」を押せば公開可能なプラットフォームが出てきますので、選択するだけで完了です。

add08

対応プラットフォーム

対応プラットフォームは、Facebook、Instagram、LinkedIn、Twitter、TikTok、SnapChat、YouTube、そして様々な Web サイトに対応しています。

add09

まとめ

いかがでしたでしょうか、これからの広告媒体の主流となる「動画広告」とそれをアプリ一つで簡単に作成できる「動画広告 Director」について解説してきました。

企業にも個人にも対応できる幅広いテンプレートと、思い通りの動画広告を作成できる豊富(9万以上の動画素材、100万以上の写真素材、4千以上の音楽素材)なロイヤリティーフリーの素材集、そして主要なプラットフォームに対応可能なシェア機能と、このアプリ一つで「動画広告」は思い通りです。

アプリは無料でダウンロードでき、基本の使用は無料でできますので、この機会にぜひ試してみてください。

動画広告 Director の詳細

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: