サインイン
3

おすすめ動画編集ソフト 8選 Windows 版【2021年版】

最終アップデート 2021年 2月 5日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
Windows 向け おすすめ動画編集ソフト【2021年版】

動画編集を始めてみたいと思ったときに、どの編集ソフトを使えばいいか迷ってしまうことがあります。
動画編集ソフト選びとは、自分に合った動画編集ソフトを見つけることであり、それが短い時間で思い通りの動画の作成につながります。

YouTube、TikTok、その他の動画をメインにした SNS の人気により、動画編集の需要はここ数年で爆発的に増加しています。
これにより誰もが、友達や家族、そして視聴者などたくさんの人に見てもらえて、さらにはシェアしてもらえるような動画を作成したいと思うようになってきました。
そして現在のテレワークなどにより自宅で過ごす時間が増えることで、趣味などの目的で動画編集に多くの時間をかける人も増えるようになりました。


ソフト選びについて

動画編集ソフトには、使える機能や編集の操作方法にそれぞれ違いがあり、価格も幅広くあります。その中から自分が使いたい機能を搭載しており、かつ予算に合ったソフトを見つけるには、少しの予備知識が必要になってきます。

この記事では、初心者から上級者のユーザーまで、自分に最適な動画編集ソフトを見つけるために、Windows 向けのおすすめの動画編集ソフト8つをご紹介していきます。

おすすめ動画編集ソフト トップ3【2021年版】

1. PowerDirector 365: 初心者でもかんたん本格派動画編集ソフト


直感的なかんたんな操作で編集できる動画編集ソフトといえば、サイバーリンクの PowerDirector 365 が挙げられます。
PowerDirector は、初心者にも上級ユーザーにもおすすめでき、優秀な編集ツールと、豊富なデザインパックや商用利用可能な動画素材などを使うことができます。
ホームビデオや趣味の動画制作、YouTube 向けの投稿動画の編集などに最適です。

無料ダウンロード
Windows 7 (64-bit) 以降対応 セキュリティチェック済

2. Adobe Premiere Pro: プロフェッショナル向け動画編集ソフト

Adobe は、プロ向けに高品質なクリエイティブソフトを開発しており、その中でも Premiere Pro は動画編集ソフトとして、映像業界でスタンダードな立ち位置にあり、プロのエディターが必要とするすべてのツールを提供しています。


3. DaVinci Resolve: カラーコレクション、オーディオ編集にも最適な動画編集ソフト

DaVinci Resolve は、撮影や編集機材を取り扱う Blackmagic 社が開発している動画編集ソフトであり、同社のハードウェア上で編集するのに最適な設計となっています。色の編集なども時間をかけてじっくりと学びたいという方に最適です。


おすすめ動画編集ソフト 8 選

1. PowerDirector 365 - 初心者でもかんたん本格派動画編集ソフト

PowerDirector Interface

無料版: PowerDirector は 全ての機能が搭載された無料版 を提供しています。(ロゴ透かしや書き出しファイル形式の制限あり)

無料ダウンロード
Windows 7 (64-bit) 以降 セキュリティチェック済

動作環境: Windows 10 (64 bit); CPU: Intel Core i-series または AMD Phenom II 以上; HDD: 7 GB の空き; メモリー: 4 GB RAM; サウンド機能: Windows 対応のサウンドカード、またはオンボードサウンド機能

長所:

  • 月額 517 円のお手頃な価格から始められる
  • かんたんな操作で、時間がなくてもすぐに編集ができる
  • 基本的な編集機能から、高度な編集機能まで搭載
  • 500 以上のエフェクト、トランジション、テンプレートを使用可能
  • 新機能、コンテンツパック、修正アップデートなどが常に追加される
  • ビデオコラージュやスライドショーなどを作成できる機能搭載
  • エフェクトや合成を行うための高度なツールを搭載
  • サイバーリンククラウド 10GB を利用可能

短所:

  • 様々なテーマのコンテンツパックがあり、好きなものをダウンロードして使用できるが、全てダウンロードする場合は、パソコンの空き容量に数 GB の余裕が必要になる

PowerDirector は、初心者から上級者まで、誰でもかんたんに使用でき、さらに豊富な素材やテンプレートが用意されています。
プロ向けのツールを使用すれば、クロマキー合成やトラッキング、マスク機能など高度な編集も可能になるため、さらにハイクオリティな作品も作成することができます。
また、初めて編集する場合は、各機能を手順を追って説明する無料のチュートリアルを見ることもできます。

6年連続 国内シェア No.1 の BCN アワードも受賞しており、品質が保証がされているため、安心してお使いいただけます。
BCN アワード


PowerDirector の特徴:

  • 500 以上のビデオエフェクト、タイトル、トランジション
  • Shutterstock 提供のの動画、写真、音楽素材
  • 幅広い動画形式に出力可能、YouTube や Facebook にもシェア可能
  • SNS 向けの縦向き動画や正方形動画の作成
  • 動くモーショングラフィックタイトル搭載
  • ドラッグ&ドロップでエフェクト適用
  • ストーリーボード、タイムライン、スライドショーの選べる編集システム
  • 各機能の無料のチュートリアル


2. Adobe Premiere Pro

プロフェッショナル向け動画編集ソフト

Premiere Pro Interface

無料体験版: 7 日間

長所:

  • プロ向けの編集ツールと操作画面
  • Creative Cloud 他製品との連携

短所:

  • 初心者には少しハードルが高い操作性
  • スぺックの高い PC が必要
  • 購入はサブスクリプションのみで高価

プロフェッショナルなビデオ編集には、Adobe Premiere Pro がおすすめです。
Adobe Premiere は映像制作の業界スタンダードであり、多くのプロエディターが使用しています。
価格設定は高いですが、それに見合った幅広い機能とテレビや映画の編集にも通用するレベルのソフトです。

Premiere Pro の特徴:

  • 正確な編集とトリミングツール
  • プロフェッショナル向けの高度な編集機能

3. DaVinci Resolve

カラーコレクション、オーディオ編集にも最適な動画編集ソフト

DaVinci Resolve Interface

長所:

  • 複数ユーザー間での編集が可能
  • 直感的なインターフェース
  • クロスプラットフォーム対応

短所:

  • 操作方法を覚えるのにハードルが高い
  • スぺックの高い PC が必要
  • ソーシャルメディアに直接書き出してシェアできない
  • 高価な専用のハードウェア上で最高のパフォーマンスを実現

DaVinci Resolve は無料版でもありながら、高度な編集機能を備えています。
プロ向けに設計された有料版 DaVinci Resolve Studio は、詳細な色補正機能を搭載し、肌の色や目の色を調整することができます。
また、オーディオ編集機能も非常に充実しています。

DaVinci Resolve の特徴:

  • 高品質のオーディオ編集ツール
  • 詳細な色補正ツール
  • Fusion 編集モジュール

4. Corel VideoStudio Ultimate

お手軽価格の Windows 向け動画編集ソフト

Corel VideoStudio Ultimate Interface

対応 OS: Windows

無料体験版: 30 日間

長所:

  • 初心者向けの操作性
  • ユニークでシンプルなインターフェイス

短所:

  • 一般の動画編集ソフトとは異なる操作画面
  • 中級者以上向けの機能が少ない

Corel VideoStudio Ultimate は、Windows 向けに開発され、お手ごろな価格設定で買い切り型の動画編集ソフトです。
操作画面は独自なものですが覚えやすく、他の編集ソフトを使ったことのない初心者のユーザーでもすぐに使い始めることができます。

Corel VideoStudio Ultimate の特徴:

  • 360度編集
  • 3D テキスト対応
  • スプリットスクリーン機能

5. Pinnacle Studio

お手頃価格の動画編集ソフト

Pinnacle Studio Interface

無料体験版: 30 日間

長所:

  • シンプルな操作画面
  • 手ごろな価格設定
  • チュートリアル付属

短所:

  • 上級者向け編集機能が少ない
  • 日本語の情報が少ない

Pinnacle Studio は、初心者にも使いやすいようにシンプルにデザインされています。
有料版には無料版にはない数千もののエフェクトやツールが搭載されています。

まずは 30日間無料体験版を使ってみましょう。
シンプルな編集を楽しみたいユーザーには最適な編集ソフトです。

Pinnacle Studio の特徴:

  • ストップモーションアニメーション
  • 1,500 以上のエフェクト
  • マルチカメラ編集に対応

6. Hitfilm Express

基本的に無料で使える動画編集ソフト

HitFilm Express Interface

無料体験版: Hitfilm が基本無料で使用可能ですが、追加機能には課金が必要です。

長所:

  • 無料で使えるプロ向け機能
  • 3D エフェクト対応
  • お手頃な価格設定の追加機能

短所:

  • 学ぶのにハードルが高い操作性
  • インターフェイスが英語

Hitfilm Express は、予算に余裕がなくても使用できるプロ向けの動画編集ソフトです。
ほとんどの機能は無料で使えますが、習得には少し時間がかかります。

Hitfilm Express の特徴:

  • レイヤー、マスク機能
  • 幅広い動画形式の読込みに対応
  • 180 以上のエフェクト

7. Adobe Premiere Elements

初心者に最適な動画編集ソフト

Adobe Premiere Elements Interface

無料体験版: 7 日間

長所:

  • シンプルな操作画面
  • AI 自動編集機能
  • 4K 動画対応

短所:

  • ボリュームのある動画編集では重くなる傾向
  • 編集機能が少ない

Premiere Elements は、Adobe が開発する基本的な編集が可能な動画編集ソフトです。
動画編集が初めての方や、楽しみながら動画編集したい方には、必要な機能がすべて搭載されており、シンプルなインターフェイスで編集が可能です。
さらに、AI ツールを使うことで動画編集の作業を省略することもできます。

Premiere Elements の特徴:

  • 多くのエフェクトを搭載
  • スマート機能
  • 手ぶれ補正

8. Nero Video

幅広い動画の書き出し形式に対応した動画編集ソフト

Nero Video Interface

対応 OS: Windows

無料体験版: 14 日間

長所:

  • お手頃な価格設定
  • メニュー付き DVD の作成
  • 豊富なエフェクト

短所:

  • 操作性が低い
  • 習得までに時間がかかる

Nero Video は値段がお手頃で、様々な編集ツールに加えて、優秀な動画の書き出し機能や再生機能を搭載しています。
また、高品質なテンプレートやエフェクトを選択して、メニューやチャプターの付いた DVD を作成することもできます。

Nero Video の特徴:

  • キーフレームアニメーション
  • 1 クリックで作成ビデオストーリー
  • 1000 以上のムービーテンプレート

よくある質問 Q&A

YouTuber が一番よく使っている動画編集ソフトは?

YouTuber の中には Adobe Premiere Pro や DaVinci Resolve などのプロ向けの編集ソフトを使用する人もいれば、PowerDirector のような初心者でも使えるうえに高度な機能も備えているバランス型のソフトを選ぶ人もいます。

自分に合った動画編集ソフトを選ぶ時は、自分が使いたい機能があるかどうか、そして自分の作りたい動画のために活用していけるかどうかが重要です。
低価格の編集ソフトでも、アイデア次第で優れた動画を作成することができますし、上級者向けのソフトは高価ではありますが、それに見合う機能を提供してくれます。


初心者に最適な動画編集ソフトは?

PowerDirector と Adobe Premiere Elements はいずれもシンプルでかんたんな操作で編集できるようにデザインされており、公式ページだけでなく非公式のブログや YouTube でも多くの編集テクニックのチュートリアルが公開されているので、初心者にとっても始めやすい環境が整っていると言えるでしょう。

まとめ

昨今の動画編集ソフトは技術の進歩により、カット編集、タイトル、トランジション、エフェクト、BGM などの基本的な機能はどのソフトにも備わっています。さらに編集ソフトの競争率も高まっており、価格も下がっていく傾向にあります。

基本的な編集機能だけで自分が作りたい動画を作れるかどうか、またはプロ向けの動画編集ソフトを使ってもっと自由に動画編集を行うかは、実際に無料の体験版を使用して試してみることをおすすめします。

そして、自分に合った編集ソフトを選ぶのと同じくらいに、その編集ソフトに慣れて使いこなせるようになることも大事です。
たくさんの機能を搭載しているからといって、機能を使うことを目的にしないようにしましょう。
大事なのは自分がしたい表現のために、どのように機能を活用していけるのかを学び、ツールとして使いこなせるようにしてみましょう。

まずは PowerDirector 365 を今すぐダウンロードして、ビデオ編集の第一歩を踏み出しましょう。

PowerDirector 365 Essential 無料ダウンロード

6年連続国内シェア No.1 動画編集ソフト

PC 版 PowerDirector 無料ダウンロード

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: