3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

マーケティング動画広告やPR動画の作成方法【完全ガイド】

最終アップデート 2021年 9月 16日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
Video marketing for business

デジタルマーケティングを考えている方にとって、マーケティング動画広告や PR 動画を作成することは欠かせません。撮影や動画編集の経験がない方にとっては、敷居が高いと思われるかもしれませんが、動画編集の基本を学ぶことで、新規顧客やPV数の獲得に繋がります。

この記事では、動画コンテンツマーケティングに欠かせない要素として、マーケティング動画広告や PR 動画の作成方法、SNS でのリーチ(ユーザーの投稿がどれくらいの人に届いたか)を最適化する方法などをご紹介します。いずれもデジタルマーケティングの重要な要素であり、新規顧客の獲得に繋がります。

中小法人で動画マーケティングを始めようとしている方も、自社のコンテンツを充実させようと考えている方も、試行錯誤されたデジタルマーケティングのヒントや恩恵を受けることができます。以下では、動画マーケティングをビジネスに生かすための究極のガイドをご紹介します。

マーケティング動画広告や PR 動画の作成に最適なソフトをお探しの方には、パソコンなら PowerDirector 365 ビジネス、スマホなら 動画広告 Director をおすすめします。数百種類のテンプレートや膨大な素材ライブラリをはじめ、直観的な操作を可能にする編集機能により、すぐに動画を作成することができます。ぜひチェックしてみてください。

PC 版 PowerDirector 365 ビジネス:
無料ダウンロード
セキュリティチェック済

 

モバイル版 動画広告 Director:

 

この記事では、以下の内容をご紹介します。

  1. マーケティング動画広告と PR 動画の種類

  2. ビジネスを成功させるための動画の作り方

  3. SNS やマーケティングチャネルでの動画の使用について

  4. マーケティング動画広告や PR 動画の効果の追跡と測定

  5. まとめ

1. マーケティング動画広告と PR 動画の種類

Types of marketing videos businesses use

まずはじめに、マーケティング動画広告とPR 動画の種類がどれくらいあるのかを知ることが重要です。ここでは、マーケティング動画広告と PR 動画の種類に加え、それらがどのようにビジネスを広めるのに役立つのかについてご紹介します。

1. 製品動画/デモ動画

製品動画やデモ動画は、製品やサービスの概要、特徴などを動画にすることで、購入の後押しに繋げられる動画コンテンツです。

製品動画やデモ動画は、短い時間(20 秒以下)で製品の魅力を伝え、製品を購入する価値があるかどうかを顧客に想像させます。

2. ブランディング動画

ブランディング動画は、製品やサービスではなく、法人のミッションや目標を紹介するものです。大規模な動画広告により、法人の認知度を高めることに加え、潜在顧客を惹きつけることができます。

こちらのブランディング動画は、ミッションや目標を上手に伝えている例です。

3. ハウツー動画/ガイド動画

ハウツー動画やガイド動画は、製品動画やデモ動画に似ていますが、製品の使用方法の詳細に焦点を当てています。そのため、顧客は製品の詳しい使用方法について調べたい時に、ハウツー動画やガイド動画を見ることがあります。

ハウツー動画やガイド動画を制作するには、それらを作る方法を紹介している記事や動画を参考にしましょう。

4. 「お客様の声」動画

customer testimonial video marketing

お客様の声を動画にすることで、製品やサービスに関する情報を視聴者に伝えることができます。また、お客様の声をマーケティング動画広告として取り入れることで、製品やサービスを購入する際のメリットを視聴者に宣伝することができます。

5. 広報動画(PR 動画)

Announcement Videos

広報動画は、新製品の発売やサービスが向上したことに際して、動画コンテンツを作成して、宣伝することで視聴者を惹きつける効果的な方法です。

広報動画を制作するには、以下の手順を参考にしましょう。

  1. 広報の概要を紹介する。
  2. 新製品や新サービスについて詳しく説明し、それが視聴者にどのようなメリットをもたらすかを説明する。
  3. 製品やサービスの簡単なデモを行う。
  4. 動画の最後に、具体的なアクションを促す言葉を入れる。

6. 専門家へのインタビュー動画

製品やサービスの信頼性を高めたい場合は、専門家にインタビューをする動画を出して宣伝することをおすすめします。専門家を広告に起用することは、製品やサービスの質が確かなことを伝えるだけではなく、ブランドの信頼性を醸成することにも繋がります。

7. SNS のフィード投稿とストーリー

SNS が普及したことで、デジタルマーケティングの方法が大きく変わりました。その例が、フィード投稿とストーリーです。フィード投稿は、SNS のページ(メイン画面)に流れている投稿です。ストーリーは、ユーザーの日々の生活をリアルタイムに切り取ったものです。

サイバーリンクの Facebook 用の動画広告テンプレートを使えば、Facebook のページにマーケティング動画広告や PR 動画を簡単に作成することができます。

8. SNS 動画広告

Paid Social Media Ad Videos

Facebook、YouTube、Instagram、Twitter、TikTok の有料広告としてマーケティング動画広告を作成すると、すでにコンテンツを視聴している人だけでなく、より多くの人に製品やサービスを宣伝することができます。

SNS の有料広告では、短い時間で魅力的なコンテンツを詰め込む必要があります。最初の数秒(フック)で動画に興味を持ってもらい、スキップされないような動画広告を作成することを目指しましょう。

魅力的な SNS 動画広告を作成するには、AdMaker(アドメーカー)やAdCreator(アドクリエーター)を利用すると良いでしょう。

9. 使い方動画

使い方動画は、インフォマーシャルと呼ばれることもあります。製品やサービスの情報について詳しく説明をすると共に、販売促進を図ることもできます。

使い方動画は、製品やサービスが、ターゲットとなる顧客層にどのように役立つかを宣伝することができるため、マーケティング動画広告としても機能します。

10. インフルエンサーを起用した動画広告

インフルエンサーとは、消費者の意思決定に大きな影響力を持つ、SNS で広く支持されている人のことを指します。インフルエンサーに製品やサービスを評価してもらうことで、新規顧客を獲得することに繋がります。

influencer marketing videos

インフルエンサーを起用したマーケティング動画広告では、以下のようなことが求められます。

  1. ビジネスの実績や経歴を明らかにする。
  2. 提供している製品やサービスから、ユーザーがどのような恩恵を受けたかについて実例を用いて説明する。
  3. 視聴者とつながるために、信頼性と信用性を確立する。
  4. 製品の購入を促進するために、魅力的で説得力のあるインフルエンサーやフレーズを採用する。

11. イベント動画

イベント動画は、今後開催されるイベントの情報を提供することで、ターゲットとなる視聴者に参加を促すことができる動画広告です。また、過去のイベントを紹介することで、法人の経歴やブランドの認知度アップにも繋がります。

12. ライブ配信

ライブ配信は、よりカジュアルで親しみやすい雰囲気の中で、法人の舞台裏を視聴者に見せるものです。法人が開催するライブ配信のプログラムには、インタビュー、質疑応答、プレゼンテーション、イベントの宣伝などが含まれており、視聴者はリアルアイムでライブコメント欄に参加することができます。

13. 360度バーチャルツアー

360度バーチャルツアーでは、360度のカメラを通して、視聴者がお店の中を歩いて商品を見たりすることができます。また、美術館や博物館においても360度バーチャルツアーを実施しているケースがあります。

14. AR(拡張現実)

AR 技術を用いている例として、家具メーカーが挙げられます。購入したいソファやテーブルをどのように自宅に設置できるのかを、スマホのカメラなどを通じて投影することができる技術です。

15. パーソナライズド動画

特定の顧客やグループのために送られたメッセージ動画をパーソナライズド動画といいます。法人からメッセージ動画が送られることから、視聴者は、有名人からメッセージを受け取ったような特別感を覚えます。これにより、ブランド感や親近感を出すことができます。

デジタルマーケティングの手法は、これまでご紹介したマーケティング動画広告や PR 動画(15種類)以外にもあります。ご自身に合った動画広告を作成しましょう。

2. ビジネスを成功させるための動画の作り方

マーケティング動画広告と PR 動画の種類がわかったところで、次は、ビジネスを成功させるための動画の作り方をご紹介します。以下のガイドでは、デジタルマーケティング動画の制作プロセスの説明をしています。

1.マーケティング動画広告や PR 動画の制作と企画方法

魅力的なマーケティング動画広告と PR 動画を制作するための最初のステップは、目標、ターゲット、プラットフォームなどの重要な情報を明確にすることです。

1)動画広告の目標を決める

Setting goals for your marketing videos

マーケティング動画広告を制作する前に、その動画がどのような役割をするのかを決めておく必要があります。そのためには、どのような目標を立てるべきかをチームで話し合い、その目標に沿って行動することが大切です。

2)ターゲットを明確にする

Find your target audience

動画の目的が決まったら、ターゲットを決めましょう。新規または既存のお客様に向けたものか、若い世代かお年寄りの方にアピールしたいのかを決めましょう。

ターゲットを絞ることで、特定層の関心事や悩み、ニーズに合わせて動画を作成することができます。

3)共有プラットフォームを決める

sharing marketing videos

マーケティング動画広告と PR 動画をどのようなプラットフォームで公開するかによって、動画編集の方法が決まります。例えば、SNS のストーリーで動画広告を共有する場合、動画はよりカジュアルになり、動画編集にかかる時間やコストを少なくできるかもしれません。

4)台本の作成

以上の要素 3 つが決まったら、台本を書きましょう。

台本を作成する際には、まずアウトラインを作ることをおすすめします。はじめに、動画内のアクションやイメージを箇条書きにします。次に、それらをもとに台本を作成します。

Writing a script for a marketing video

以下では、魅力的な動画広告の脚本を作るためのヒントをいくつかご紹介します。

  • 視聴者が続きを見たくなるようなフックで始める
  • 動画広告の目的を早い段階で明確にする
  • 必要と思われる時間よりも短い台本にする
  • 撮影前に台本の読み合わせを行い、実際にどのように聞こえるかを確認し、適宜変更を加える

2. 動画撮影と動画素材の比較

動画広告を作成するにあたって、時間とお金を節約したい場合には、動画素材を利用するという方法があります。カメラを持っていなくても、他の人の映像を使って、動画広告を作成することができます。
PowerDirector 365 ビジネス動画広告 Director のような優れたプログラムでは、簡単操作で使いやすい編集機能を利用できるだけでなく、プロ品質の動画素材を利用することができ、いずれもすべて著作権フリーで使用できます。撮影に手が届かない方は、動画素材を検討してみるのが良いでしょう。

PC 版 PowerDirector 365 ビジネス:
無料ダウンロード
セキュリティチェック済

 

モバイル版 動画広告 Director:

 

3. 適切な動画撮影の機材とは?

Right equipment to make a marketing video

高品質な動画を撮影するためには、適切な動画撮影の機材が必要です。昔は、まともな映像を撮るために高額な機材を購入する必要がありましたが、今では少ない機材で簡単に動画撮影をすることできます。

カメラ

マーケティング動画広告や PR 動画を撮影したことがない場合は、第一段階として、iPhone や Android 端末のカメラを使うのが良いでしょう。最新のスマホのカメラを使えば、自動設定により、簡単な操作でクリアで高品質な動画を撮ることができます。そのため、絞りやフレームレートなどの調整をする必要がなくなります。

動画のクオリティをアップさせたい方は、デジタル一眼レフカメラなどのプロ用カメラやプロシューマー用カメラを使用すると良いでしょう。

照明

照明を上手く使うことで、動画をプロのような作品に仕上げることができます。明るくクリアな光を取り入れ、影を少なくすることで、動画の質を高め、視聴者を惹きつけることができます。

プロ品質の動画を制作する際に、キーライト、フィルライト、バックライトの3つの光源が欠かせません。キーライトは被写体を照らし、フィルライトは影を消し、バックライトは被写体と背景を分離します。

照明にコストをかけたくない場合は、屋外で自然光を利用するのも良いでしょう。

オーディオ

動画を撮影する際は、iPhone やデジタル一眼レフのカメラに内蔵されているマイクではなく、外部マイクの使用をおすすめします。外部マイクをつけることで、より遠くの音声を拾うことができ、プロ品質の動画を作成することができます。

プロの動画制作者は、マーケティング動画広告に外部マイクを使用します。ラベリアマイクは、タレントのシャツに取り付けることで、声をはっきりと大きく拾います。ショットガンマイクは、マイクスタンドに設置して、ターゲットの音や背景の音を自然に拾います。

このように、動画内のオブジェクト(人・もの)のアクションを引き立て、視聴者がメッセージを明確に理解できるような音響機材を選ぶとよいでしょう。

4. 動画撮影に適した場所を見つけるには

Where to film you marketing video

動画撮影に適した場所を見つけることは、プロジェクトを成功させるために欠かせません。

多くの中小法人は、自社ビルやその周辺でマーケティング動画広告や PR 動画を撮影します。他にも、会議室やロビー、駐車場などが使用できれば、動画撮影に利用すると良いでしょう。

有名な場所で撮影をする法人や、動画の品質を良くするためにプロのスタジオで撮影する法人もあります。

マーケティング動画広告の撮影場所を決める際には、予算を抑えて動画の内容を伝えられる場所を選びましょう。そして、撮影前には必ず撮影場所を確認し、照明や音響機材の変更が必要かどうかを確認しましょう。

5. タレントのキャスティング方法

Casting your marketing video

動画コンテンツの質と信頼性を高めるには、最適なキャスティング(タレント選び)が欠かせません。多くの法人は、コスト削減や親近感を出すために、従業員を出演させています。

従業員を起用する場合、カメラの前で自然に振る舞えるように、演技の練習やコーチングが必要になることがあります。

予算に余裕があれば、プロの俳優を雇うのも良いでしょう。

6. 撮影方法

プロのような動画を撮影するには、長年の経験が必要です。動画制作に携わるのが初めての方は、以下のポイントを参考にしてみてはいかがでしょう。

  • 様々な角度や距離から撮影をする
  • 三分の一の法則(オブジェクトや背景を綺麗に見せられるルール)を使って、オブジェクトをフレーム内に配置する
  • 動画の隙間を埋めたり、視聴者を飽きさせないようにするために B ロールを撮影する

7. 編集方法

撮影の後は編集作業に入ります。また、編集をする際には、編集プラットフォームが必要になります。サイバーリンクは、数々の賞を受賞した編集プログラムをベースに、ビジネス用の動画編集に特化したアプリを開発しました。

プロ仕様の編集ツールやエフェクトに加え、編集作業を簡単にする数百種類ものテンプレートを搭載しています。また、プロが撮影した動画を無料で使用できる膨大な素材ライブラリを利用することができます。PowerDirector 365 ビジネス を使って、ビジネス用の動画編集をしてみましょう。

PowerDirector 365 ビジネス:
無料ダウンロード
セキュリティチェック済

 

撮影した動画を整理する

まず、撮影した動画を PowerDirector 365 ビジネスなどの動画編集ソフトにアップロードします。次に動画を主映像と副映像に分け、どのように編集していくかを考えます。

動画の編集

動画編集ソフトを使って、撮影した動画をつなぎ、1本の動画にします。
パソコンで編集する場合は、初心者にもおすすめ!使えるエフェクトを備えた無料の動画編集ソフト【7選】の記事をご覧ください。

エフェクトとタイトル

動画を整理して編集したら、エフェクトやタイトルを追加して動画の質を上げましょう。
動画編集エフェクト【完全ガイド】 の記事では、PowerDirector で追加できるかっこいいエフェクトをご紹介しています。

サウンド

普段目にするコマーシャルやマーケティング動画広告には、たいてい BGM が流れています。動画にサウンドを加えることで、プロのような作品になり、気になる背景音や一時停止をカバーすることができます。

PowerDirector ビジネス には、ロイヤリティフリーの音楽が用意されているため、著作権を気にせずに無料でマーケティング動画広告に使うことができます。
サウンドを動画に適用する際には、動画のトーンやスタイルに合った曲を選び、登場人物の声がわかるように小さな音量に設定してください。

書き出し

動画の仕上げが完了した後は、動画を高品質の解像度でエクスポートします。フル HD 以上の解像度であれば、動画がはっきりと映ります。

編集に関する詳しい情報は、スマホで動画を編集するには【完全ガイド】 をご覧ください。

このガイドでは、マーケティング動画広告や PR 動画の準備、撮影、編集方法の基本を説明しています。また、撮影の前に、ある程度の時間をかけてリサーチや練習をしておきましょう。マーケティング動画広告の質が低いと、動画広告がネガティブなイメージになり、視聴者が商品やサービスの購入をためらってしまうかもしれません。

また、動画編集には、予めプロによってデザインされた テンプレート を使う方法もあります。

3. SNS やマーケティングチャネルでの動画の使用について

Use marketing videos across channels to find customers

動画の制作方法を理解した後は、マーケティング動画広告の活用方法を学び、ブランドの向上につなげていきましょう。

1. ウェブサイト

ウェブサイトは、ブランドを宣伝するための場所であり、デジタルマーケティングの一つとして大きな役割を担っています。調査によると、マーケティング動画広告をサイトに導入することで、クリック率と収益が増加することがわかっています。視聴者にアクションを起こさせるために、サイト全体に複数のマーケティング動画広告を組み込む必要があります。

ウェブサイトのトップページやランディングページは、目につきやすいため、ブランドやサービスの概要を紹介するのに向いています。チュートリアルやデモ動画をいくつか提供している場合は、それぞれのページにまとめておくとよいでしょう。

HTML 形式のウェブサイトをお使いの場合は、埋め込みコードをコピーして HTML に貼り付け、動画をサイトに埋め込む必要があります。Wix(ウィックス)や WordPress(ワードプレス)のようなウェブサイトホスティングプラットフォームを使用している場合は、サイトの編集ツールを使って動画をアップロードすることができます。

他の SNS やプラットフォームにも動画を掲載する場合でも、動画をウェブサイトに掲載することをおすすめします。他のプラットフォームからアクセスしてきた視聴者が、より詳しい情報を求めにウェブサイトに来てくれるようになります。

2. 動画ホスティングプラットフォーム

YouTube は最も人気な動画ホスティングプラットフォームであり、マーケティング動画広告を投稿して、新規顧客を獲得することができます。

動画ホスティングプラットフォームでは、視聴者がページをクリックしたときに、本編の動画を見ようとしているかを知ることができます。そのため、コンテンツに興味を抱く視聴者が増えている場合は、ガイド動画やデモ動画など、より長く、より深い内容の動画を投稿すると良いでしょう。

とはいえ、YouTube のコンテンツが魅力的でユニークでないと、視聴者は別の動画に移ってしまいます。

YouTube の仕組みを詳しく知りたい方は、こちらの YouTuber になるためのブログ記事 をお読みください。

3. SNS 戦略

SNS が普及している現在、法人は潜在顧客の獲得や製品のアピールのために、積極的に SNS 上で活動する必要があります。ここでは、SNS プラットフォームを使ったビジネスの促進方法についてご紹介します。

Facebook と Instagram

Facebook と Instagram は、最も人気のある SNS サイトといえます。写真や動画の共有だけではなく、Facebook では、テキストやリンク、ニュース記事を投稿するスペースがあります。

Facebook と Instagram では、どちらも、サイレント再生で視聴者を惹きつける「サイレントオートプレイ」という機能を搭載しています。サイレント再生を最大限に活用するには、動画が視覚的に刺激的であることや、クローズドキャプションやテキストグラフィックが含まれていること、最初の数秒で視聴者を惹きつけられるかが条件となります。

マーケティング動画広告を Facebook や Instagram のページに投稿した後は、キャプションや写真、テキストをバランスよく配置するなど、細部までこだわってみましょう。

Twitter

Twitter は、Facebook や Instagram とは異なり、テキストや画像コンテンツが大半を占めます。動画コンテンツを共有しても効果はありますが、視聴者のスクロールが早いため、短くてわかりやすい動画にすることを心がけましょう。

マクドナルドやウォルマートなどのビッグブランドは、Twitter を利用して、ウィットに富んだ一言や心のこもったコメントで、視聴者との距離感を縮めています。

LinkedIn

LinkedIn は、Facebook と同じようなプラットフォームです。法人の多くが、お知らせの投稿やリクルート、会議や業界イベントの動画の共有などによく利用しています。最近、LinkedIn では法人が自社ページに動画コンテンツを投稿できるようになったので、マーケティング動画広告や PR 動画を共有することができます。

4. タイミング、タイトル、コメント

タイミング

Instagram と Facebook に投稿するのに最も適した時間帯は、ランチタイムと夕方です。最適な時間帯に投稿するようにスケジュールを組みましょう。

Instagram の動画は、1 分以内に収めると良いでしょう。それ以上の長さになると、視聴者は Instagram TV で視聴を続けるためにクリックする必要があり、動画を最後まで見ようとしなくなります。Facebook の動画は 240 分までが限度ですが、よほど魅力的な動画でない限り、ユーザーが数分以上視聴することはありません。

SNS の動画は、できるだけ短い時間で説得力のあるメッセージ伝え、魅力的なものにするのがおすすめです。

タイトル

動画のサムネイルとは別に、タイトルやキャプションは、最初に目にする要素の一つです。

わかりやすく、ユニークで、魅力的な動画タイトルが良いでしょう。その際、視聴者が何か危険なこと、刺激的なことを見るのではないかと誤解させるようなタイトル(クリックベイト)は避けましょう。その代わりに、コンテンツとフレーズが一致したタイトルにしましょう。

コメント

視聴者のコメントに反応することは、お客様とつながるために欠かせません。どのようなコメントにも真摯に対応することで、ブランドの信頼性を高めることに繋がります。

5. ファネルの作成

Creating a sales funnel for your video marketing

SNS マーケティング動画広告のファネルとは、顧客が SNS プラットフォームを通過する際にたどる道のりのことです。以下のステップを参考にしてください。

アトラクト(興味・関心)

最初の数秒を使って、動画のサムネイルやタイトルで視聴者の注意を引きます。魅力的なサムネイルやタイトルを作成すると、再生回数が格段に上がります。

エンゲージ

視聴者が最初の数秒後も動画を見続けられるようにするために、コンテンツの見せ方を研究しましょう。

コンバージョン(サイト訪問者を見込み客へ)

マーケティング動画広告や PR 動画の最大の目的は、視聴者に製品・サービスの購入を促すことです。これを踏まえて、SNS でコンテンツを共有しましょう。

クローズ(見込み客から実際の顧客へ)

SNS でのマーケティング活動が成功すれば、製品やサービスの購入に繋げることができます。

マーケティング戦略の詳細については、動画を使用したコンバージョン率(成約率)の高いセールスファネルの構築に関する記事をご覧ください。

マーケティング動画広告や PR 動画を SNS で共有することは、顧客の獲得やブランドの醸成に繋がります。また、SNS に動画広告を投稿する際には、どのように、どこで、いつ投稿するのかを分析をして判断をする必要があります。

4. マーケティング動画広告や PR 動画の効果の追跡と測定

Tracking and measuring the success of marketing videos

ウェブサイトや SNS ページに動画を投稿した後に、成果を確認することが今後の戦略にも影響を与えます。成功している法人は、継続的にコンテンツを追跡し、視聴回数、シェア、コメントなどでその成功を測定しています。

1. 目標設定と結果の分析

戦略的に動画広告の結果を出すためには、目標を設定し、それが達成できない場合は、目標を達成するために、動画の調整などを行いましょう。

2. 再生回数

動画の成功を測るシンプルな方法として、動画の再生回数を記録することが挙げられます。

3. 再生率

動画の再生率は、動画全体の長さに対して、実際に再生された時間の割合のことを指します。魅力的な動画ほど再生率が高いといわれています。そのため、いかに動画を視聴し続けてもらえるかが成功の指標になります。

4. シェアとコメント

シェアもまた、動画の成功を示す指標です。動画がシェアされるということは、視聴者が友人やフォロワーにもその動画を見てもらいたいということです。

コメントの数も同様に動画の成功を示す指標の一つです。否定的な評価の方が、コメントをしやすい場合もありますが、デジタルマーケティングにおいては、できるだけポジティブなイメージを伝えたいものです。

5. 視聴完了率

動画の視聴完了率は、視聴者が動画を最後まで見た割合を示します。動画を最後まで見られるようにする方法を検討しましょう。

6. クリック率

クリック率とは、ページを閲覧した総ユーザー数に対して、コンテンツをクリックしたユーザー数を表します。魅力的なコンテンツであれば、クリック率も高くなります。

7. コンバージョン率

コンバージョン率とは、製品やサービスの購入を目的とした訪問者の数と、訪問者の総数を比較したものです。コンバージョン率が高ければ、マーケティング動画広告や PR 動画が新規顧客の獲得に寄与していることがわかります。

8. 直帰率

直帰率とは、サイトを訪れたユーザーのうち、クリックせずに他のページに移動した人の数を表します。これらの統計情報を参考にすることで、ユーザーが求めている動画広告を作成することができます。

5. まとめ

Creating successful video marketing

デジタルマーケティングの世界に慣れていない方にとっては、マーケティング動画広告や PR 動画を作成し、成果を出すことは難しいと感じるかもしれません。また、ターゲットによって最適な戦略を見極める必要もあり、動画広告で成果を上げることは簡単とはいえません。

コンテンツや動画編集の質がマーケティング動画広告の成功に大きく影響します。また、マーケティング動画広告を適切な SNS に投稿することで、新規顧客の獲得にも繋がります。

加えて、サイトトラフィック分析の基本を学ぶことをおすすめします。動画が成功しているかどうか、今後のコンテンツにどのような変更を加えるべきかを判断することができます。マーケティング動画の入門ブログ記事では、デジタルマーケティングを始める際のヒントをご紹介しています。

マーケティング動画広告や PR 動画の制作に慣れてくると、動画広告がどれだけ費用対効果や収益性の向上に繋がっているかを実感できると思います。

今すぐサイバーリンクの PowerDirector 365 ビジネス と Android および iPhone の 動画広告 Director をチェックして、マーケティング動画広告や PR 動画を競合他社よりも有利にする方法を学びましょう。

PC 版 PowerDirector 365 ビジネス:
無料ダウンロード
セキュリティチェック済

 

モバイル版 動画広告 Director:

 

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: