世界トップクラスの顔認証ソリューションFaceMe®の優位性
FaceMe®
< All Articles

世界トップクラスの顔認証ソリューションFaceMe®の優位性

2021/10/15

顔認証技術は近年急速に発展しており、幅広い分野への普及が進んでいます。その背景としてはいくつかの要素があり、たとえば全世界での人工知能(AI)への投資は過去5年間で2,220億ドルを超え、今後もさらに増加するものと予測されています。また、エッジコンピューティングは、IoTデバイスとネットワークが広く普及したことで、今日におけるコアテクノロジーの一つとなりました。顔認証エンジンが動作するチップセットも、高速化、省電力化、低コスト化、小サイズ化が進んでいます。顔認証ソフトウェアはより正確性を高めたことにより、誤検出に伴う問題が減少しただけではなく、強力な新機能が数多く追加され、柔軟性も向上しています。これらの要素がすべてかみ合ったことで、現在市場では多くの顔認証ソフトウェアが登場しており、世界的な大企業や有名ブランドでの採用が進んでいます。

顔認証技術のイノベーター

サイバーリンクは25年前の設立以来、顔認証技術のパイオニアとして独自の発展を遂げてきました。映像編集ソフトウェアのリーディングカンパニーであるサイバーリンクは、写真に含まれる顔を高精度で識別する機能など、高度なデジタルメディア編集機能の開発に多くの時間を費やしてきました。長年の経験で培われた専門知識とテクノロジー、200を超える特許、そしてスペシャリストで構成された開発チーム、これらすべてがサイバーリンクの顔認証ソリューションであるFaceMe®の基盤となっています。

FaceMe®は常に進化しており、最先端の機能や技術革新を取り込み続けています。サイバーリンクは業界大手のチップセットメーカー、OEM、ODMとの緊密なパートナーシップを維持しており、FaceMe®を継続的にアップデートすることで最新のハードウェアを最大限に活用し、顔認証の速度や精度、エネルギー効率を最適化することに成功しています。

また同時に、サイバーリンクは世界のすべての人々の人権を尊重するとともに、人権の保護に貢献するというグローバル人権原則に則って技術を開発および展開することにより、顔認証の倫理的使用の第一人者となるよう努めています。このため、FaceMe®は人権侵害の疑いのある国や地域、または人権侵害の可能性のある用途での販売および使用を認めておりません。

FaceMe®顔認証ソフトウェアの利点

NISTによって実証された世界トップクラスの精度

FaceMe®は、柔軟性を犠牲にすることなく、認証精度を最大化できるように設計されています。これに対し他の顔認証ソリューションでは、オペレーティングシステムやチップセット、ハードウェア、フォームファクターの選択に制限が生じる場合があります。

アメリカ国立標準技術研究所(NIST)は、顔認証システムの精度に関する世界的な権威の一つです。NISTの1:Nおよび1:1テストでは、特定の用途を想定したテストにより顔認証ソリューションの精度を測定しています。NIST FRVT 1:N(1:N Investigation Mode VISA Border)テスト(出入国管理や金融セキュリティにおける識別などの用途を想定したテスト)では、FaceMe®は99.73%の精度を記録し、中国やロシアなど世界市場への展開に制限のある国のベンダーを除外すると最上位となっています。また、一般的な監視用途を想定したNIST FRVT 1:1 WILDテストでは、FaceMe®は96.98%の精度を記録しており、両方のテストで世界トップ10にランクインしています。

また他の業界標準テストでは、コンピュータービジョン分野における世界最高峰の国際イベントであるICCV 2021にて開催されたなりすまし防止チャレンジにおいて世界第3位を獲得しており、中国やロシアのベンダーを除外すると最上位となっています。

ワークステーション、エッジデバイスなどへの最適化

FaceMe®は柔軟性において競合他社の製品を大きく上回っており、ドアロックのような小さなフォームファクターから、自動車のような特殊なフォームファクター、あるいはセキュリティワークステーションのような一般的なフォームファクターに至るまで、顔認証を簡単に統合できるように設計されています。

FaceMe®はソフトウェア開発キット(SDK)の他、FaceMe® Securityなどのプラグアンドプレイパッケージとしても提供されています。主要なCPU、GPU、VPU、およびSoC向けに最適化されているため、さまざまなOSにインストールしてすばやく使用を開始することができます。

顔認証の用途に応じて最適なインフラストラクチャを構成するためには、消費電力、精度、速度、拡張性など、考慮すべきさまざまなポイントがあります。FaceMe®はサーバーやワークステーションからAI/IoTデバイスや携帯電話まで、様々な構成で実行することができるため、幅広い用途に対応することができます。詳細については、FaceMe®の動作環境をご確認ください。

FaceMeの豊富な顔認証機能

  • 顔認証

    • 顔認識
    • 特徴点抽出
    • 顔検出
    • 比較と識別
  • 顔属性分析

    • 性別
    • 年齢
    • 感情推測
    • 頭の向き
  • 画像前処理

    • 2D カメラによる生体認証(なりすまし防止)
    • 3D カメラによる生体認証(なりすまし防止)
    • TrueTheater 技術
  • マスク着用時の顔認証

    • マスク検出
    • マスク着用時の認識率 TAR 98.21%

FaceMe®の顔認証エンジンは、スマートリテールやセキュリティ監視、アクセス制御、金融セキュリティ(eKYC)など、幅広い用途とニーズに対応するため、さまざまな機能をサポートしています。

顔検出

顔検出は顔認証で行う最初のステップです。FaceMe®顔認証エンジンは画像を受け取ると、画像全体をスキャンして、人間の顔を検出し、同時に個人の識別とカウントを行います。FaceMe®は、さまざまな角度の複数の顔を一度に検出し、顔の数をカウントすることができます。

顔の特徴点抽出

顔認証エンジンは、特徴点を抽出し分析することで、性別、年齢、表情、頭の向きなど、属性に関する詳細なデータを得ることができ、行動分析や顧客体験の向上などに役立てることができます。さらに、FaceMe®は高度な画像前処理機能によって、照明条件の悪さ、カメラの解像度、レンズに付着した汚れなどの識別に悪影響を及ぼすさまざまな要因を改善し、顔認証の精度を大幅に向上させることができます。

顔のマッチングと比較

顔のマッチングと比較は1:N検索によって行われます。1:N検索では画像内のすべての顔を既存のデータベースに登録された顔と比較して一致するものを見つけ、個人を識別します。ここでのポイントは、FaceMe®は特徴点情報のみをhttpsやTSLを使い暗号化して扱っているということです。実際の顔画像を保持する必要がないため、個人のプライバシーを保護することができます。

なりすまし防止

FaceMe®のなりすまし防止機能は2Dおよび3D深度カメラの両方をサポートしており、覆面、写真、その他の手法によるなりすまし攻撃を防ぎ、画像が実在する人物のものであることを保証することができます。FaceMe®のなりすまし防止テクノロジーは、特にフィンテック業界における個人情報詐欺などのセキュリティリスクを大幅に軽減することができます。

マスク検出

最後に、マスク検出機能は、今日の顔認証システムに必要不可欠となっています。従来からマスクの着用が一般的である医療分野での研究の結果、FaceMe®はマスクを着用した人物に対しても高精度の顔認証を行うことが可能となっています。FaceMe®のマスク検出機能によって、人物がマスクを着用しているか、また鼻と口が正しく覆われているかどうかを確認することができます。また、マスクを着用したままの状態で98.21%という高精度で顔認証を実行することができます。

顔認証アルゴリズムは画像に含まれるすべての顔をほぼ瞬時にスキャンできるため、これらのタスクを混雑した状態でもすみやかに完了することができます。このため、空港、ショッピングモール、コンサート会場などの混雑した公共スペースでも顔認証を使用することができます。

FaceMe®の顔認証機能には、顔検出(画像内の人物の識別とカウント)、顔の特徴点抽出(画像内の顔に関するデータの抽出)、顔検索(既知の顔テンプレートが含まれる画像を検索)、顔のマッチング(フレーム内のすべての顔を既知の顔テンプレートと比較して、一致する顔を発見)などが含まれます。
FaceMe®に関する詳細は、こちらをご覧ください。

さまざまな業界における顔認証の用途

スマートファクトリー – 健康管理&従業員管理

ACE Biotek社は、20,000人以上の従業員と請負業者が出入りする工場で、従業員の出退勤と健康管理を支援するための顔認証ソリューションを必要としていました。これまで同社はアクセス制御カードを使用していましたが、カードの盗難やすり替えなどのリスクへの対処と、昨今の感染症状況においてより優れた健康管理システムの必要性が高まったことで、システムのアップグレードを検討していました。通常、従業員は頭部保護のためヘルメットとゴーグルを着用しているので、このような状態でも正確に顔認証を行えるソリューションが必要となります。FaceMe®は、これらの保護具によって顔の一部が覆われた状態でも高精度で顔認証を行うことができるため、彼らの要求に応えることができました。

FaceMe®は、同社のWallie Screen Access Control and Health Screening Systemに統合されています。従業員が施設の入口に到着すると、自動的に識別され、出勤状態として登録されるとともに、マスクの着用状態と体温が1秒未満で確認されます。これにより、施設のセキュリティ確保と感染症対策を同時に行うことができ、従来のプロセスで発生していたボトルネックや、それに伴う長い待ち行列を解消することが可能となりました。

大手テクノロジー企業 - 施設のアクセス制御とセキュリティ

ある大手テクノロジー企業がFaceMe®を導入し、アクセス制御とセキュリティ保護を実現しています。

FaceMe®は、許可されていない人物が施設へアクセスできないように、従業員の認証を行うとともに、従業員の権限に応じて施設内の許可された領域へのアクセスを許可できるようにすることで、社内のセキュリティリスクを最小限に抑えることができます。企業側は必要に応じて従業員の移動記録を確認することができるとともに、従業員はIDカードの紛失や盗難などのリスクから解放されるメリットがあります。

スマートシティ – 公共サービス&セキュリティ

ある大手テクノロジー企業は、スマートシティにおける公共サービスとセキュリティ保護のために、FaceMe®を導入しています。

FaceMe®の強力なセキュリティ監視およびアクセス制御AIツールは、防犯ビデオの監視、施設のアクセス制御、インシデント管理などの機能によって、公共施設の管理者に多くのメリットをもたらします。FaceMe®を統合することにより、住民は顔認証によって公共サービスを受けることができ、公共交通機関への非接触でのアクセスや、美術館や公園などの施設に入る際に待機列をスキップすることができるなど、都市全体で多くのメリットを得ることができます。

戦略的パートナーシップによる顔認証の最適化

サイバーリンクは、多くのチップセット、ハードウェア、およびソフトウェアとのパートナーシップを通じて、FaceMe®の最適化を進めています。

Intel、NVIDIA、Qualcommなどのチップセットパートナーは、サイバーリンクと連携し、FaceMe®が最新のチップセットに最適化されていることを確認しています。また、Advantech、Supermicro、VIVOTEK、BKAV、ELOなどの主要ハードウェアベンダーとサイバーリンクとの協力によって、FaceMe®を実行するための強力かつ効率的なハードウェアが提供されています。

MilestoneやNX Witnessなどのソフトウェア・周辺技術パートナーとの協力によって、FaceMe®と既存のセキュリティ・ビデオマネジメントシステムとの互換性が保証されているため、これらを使用したシステムにFaceMe®をシームレスに統合することができます。

FaceMe®の顔認証ソリューション – クロスプラットフォームSDK、スマートセキュリティ、eKYC&フィンテック

FaceMe®は、SDKのほか、検温スクリーニングやセキュリティ監視用途などに適したさまざまなアドオンを備えたFaceMe® Security、FaceMe® eKYC & Finteckなどのプラグアンドプレイパッケージを提供しています。

FaceMe® SDK : クロスプラットフォームAI顔認証エンジン

FaceMe® SDKは、カスタマイズが必要な用途や、独自のソフトウェアインストラクチャに合わせてアルゴリズムを制御する必要のある用途に最適な、クロスプラットフォームの顔認証エンジンです。ハイエンドワークステーションからIoTデバイスで使用される低消費電力チップセットまで、さまざまなハードウェア構成で動作するように最適化されており、Windows、Linux、Android、iOSといった幅広いOSとの互換性があります。技術的な詳細については、FaceMe® SDKのシステム要件をご覧ください。.

FaceMe® SDKには、これまでのセクションで解説した顔検出、顔の特徴点抽出、画像前処理、マスク対応機能などがすべて含まれています。顔検索、性別や年齢などの属性データの収集、なりすまし防止、マスク検出などの豊富な機能によって、FaceMe® SDKはスマートセキュリティ、公共サービス、スマートリテール、スマートバンキングなどの幅広い用途に対応できます。NISTやICCVによるテストで実証された世界トップクラスの精度と、最適化されたパフォーマンス、および高い柔軟性を誇るFaceMe® SDKは、市場において最も柔軟で信頼性の高いSDKとなっています。

FaceMe® Security : スマート監視システム向け顔認証ソリューション

FaceMe® Securityは、産業用PC、ワークステーション、サーバーなどで実行可能な統合セキュリティソリューションで、既存のビデオ管理システムやIPカメラ、ドアロック、出退勤管理ソフトウェアなどに統合することができます。本人確認から入室・出退勤管理、マスク検出、リアルタイムでの監視および通知まで、幅広い用途に対応しています。

いわゆるプラグアンドプレイソフトウェアパッケージであるFaceMe® Securityは、明確に定義された用途にすばやく導入できる最適なオプションです。一般的なセキュリティ用途に対応できるようあらかじめ設定されており、また拡張性も高いため、単一のカメラを使用する用途から、複数のカメラ、複数の場所への展開まで幅広く対応することが可能です。詳細については、FaceMe® Securityのシステム要件をご覧ください。

FaceMe® Securityはプラグアンドプレイソリューションですが、FaceMe® モニター Add-Onをはじめとするさまざまなアドオンソリューションによるカスタマイズにも対応しています。

FaceMe® モニター Add-Onは、ビデオの録画と再生に加え、複数のカメラのライブモニタリング機能を備えています。従来のライブセキュリティと比べ、FaceMe® Securityのモニター Add-Onは大小さまざまな規模の展開に対応でき、セキュリティを強化できる優れたソリューションです。各カメラフィードを処理するための負荷を最小限に抑えるように最適化されており、エッジ、クラウド、またはハイブリッド環境に統合できる柔軟性を備えています。同時に最大9つのビデオストリームを、24時間365日リアルタイムで監視することができます。

FaceMe Health : オールインワン検温スクリーニング・マスク検出ソリューション

FaceMe® HealthAdd-Onは、あらゆる施設で使用可能な統合スクリーニングソリューションです。
FaceMe® SecurityのHealth Add-Onは、マスクが適切に着用されているかどうかの検出、本人確認、検温スクリーニングの3つの重要なチェックを同時に実行することができます。サーマルカメラで通常よりも高い体温を検出した場合にフラグを立てることで、担当者は適切な対応を行うことができます。企業、小売店舗、学校などの施設でHealth Add-Onを利用することで、個人の健康を保護し、ウイルス感染のリスクを可能な限り減らすことができます。FaceMe® Health Add-Onの導入事例については、こちらをご覧ください。

豊富な機能と迅速に導入可能なAdd-Onソリューションや、あらゆる環境で利用できる柔軟性により、FaceMe® Securityは現在市場で利用可能な最高のプラグアンドプレイ顔認証セキュリティソリューションの一つとなっています。FaceMe® Healthについての技術的な詳細は、こちらをご覧ください。

FaceMe® eKYC & Fintech : 保険・金融業界向け生体認証ソリューション

FaceMe® eKYC & Fintechは、保険・金融業界(BFSI)向けの生体認証と本人確認のための機能を備えた統合顔認証ソフトウェアパッケージです。このソフトウェアはエッジまたはクラウドに簡単に導入することができるため、金融機関は生体認証へのなりすまし攻撃を防ぎ、安全なeKYCソリューションをリモートで導入することができます。

顔認証は、指紋や虹彩スキャンなどの他の認証方法と比べ、正確性、高速性、リモートへの適応性に優れた個人認証プロセスです。なりすまし防止機能によって、写真や覆面などを使用して本人になりすます攻撃を防ぐことができます。

FaceMe® eKYC & Fintechは、銀行口座のリモート開設、カードレスでのATM取引、モバイルバンキング・保険サービスなどの用途に最適なソリューションです。他のFaceMe®ソリューションと同様に、FaceMe® eKYC & Fintechは、さまざまなOSとハードウェア構成で実行が可能な、柔軟性の高いソフトウェア製品です。詳細は、FaceMe® eKYC & Fintechのシステム要件をご覧ください。

高精度と柔軟性を両立したFaceMe® eKYC & Fintechは、金融セキュリティ用途に対応し、eKYCプロセスを合理化するために独自に設計された、市場で唯一無二の顔認証ソリューションです。

まとめ

顔認証は、今日利用可能な、最も効率的でセキュリティを強化できる、最も正確な生体認証技術であり、その人気が今後ますます高まることは間違いありません。現在、市場では多くの顔認証ソリューションが登場しているため、最適な顔認証ソリューションの選択には時に困難を伴います。

精度などの特定の要素は、あらゆる用途において重要となる考慮事項です。また、顔認証の倫理的な使用のためには、十分に検証された信頼できるソリューションが必要です。そして、顔認証を導入しようとしている用途に対して、柔軟性、機能、コストなどの要素をどの程度重視するかを検討する必要があります。

顔認証ソフトウェアを開発するベンダーのバックグラウンドは、徹底的に調査することをおすすめします。たとえば企業の沿革や、顔認証に関する専門知識の出自、またデータプライバシー上の懸念がある国との関係性といったポイントがあります。

顔認証は強力なテクノロジーであるため、選択したベンダーとソフトウェアが十分に検証されており、信頼に足るものであることを確認することがきわめて重要です。

この記事を読んだ方は、こんな記事もチェックしています:
最適な顔認証ソリューションを選択するための7つのポイント
顔認証ソリューションを選択する際に、考慮しなければならないさまざまなポイントがあります。この記事では、最適な顔認証ソリューションを選択するためのポイントをご紹介します。

FaceMe®: サイバーリンクの顔認証トータルソリューション

FaceMe について
のお問い合わせ

FaceMe®についての詳細はこちら

当社のFaceMeチームがお客様のご質問にお答えし、デモのご予約を承ります。FaceMe®の無料評価版は、条件を満たしたお客様に対して提供されます。

FaceMe についてのお問い合わせ

ニュースレター登録