3

メンバーサイトへようこそ

PhotoDirector

【無料 & 有料】画像・写真編集アプリ5選【Android 対応】【2021年版】

最終アップデート 2021年 9月 16日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
5 Best Photo Editing Apps for Android and Chromebook

最適な画像編集アプリを使って写真編集することで、オシャレに加工したり、Instagramのフィードを改善したり、家族や友人を感動させることができます。とはいえ、無料 & 有料の Android 向け画像編集アプリは多くあるので、選ぶのに時間がかかります。

この記事では、【無料 & 有料】Android 向け画像編集アプリ5選をご紹介します。友人や家族、SNS のフォロワーと写真を簡単に共有することもできるようになります。

紹介しているどのアプリでも画像編集や写真加工はできますが、その中でも、サイバーリンクの PhotoDirector をおすすめします。
PhotoDirector はユーザーフレンドリーで直感的に操作ができるインターフェイスや豊富なエフェクト、ガイド付き編集ツールを搭載しており、初心者からプロの方まで快適に使える画像編集アプリです。

いますぐ Android 版 PhotoDirector をダウンロードして、魅力的な写真を編集しましょう。
また、iPhone や iPadをお使いの方でも、iOS 版 PhotoDirector をお使いいただけます。

 

 

【無料 & 有料】Android 向け画像編集アプリ5選【2021年版】

1. PhotoDirector

PhotoDirector は高性能な編集ツールやユーザーフレンドリーなインターフェイス、ロイヤリティフリー素材が使える Shutterstock (シャッターストック)ライブラリを搭載している画像編集アプリです。高度な画像編集の経験がある方や初心者の方でも、PhotoDirector に搭載されている高性能な編集ツールを使えば、すばやく写真を編集して魅力的にすることができます。

PhotoDirector に搭載されている主な編集ツール

  • 明るさや色調を調整する機能
  • ワンタッチで変更できるフィルターとエフェクト
  • 空の置き換え機能や光線エフェクト
  • フォトレタッチ、赤目補正、小顔機能
  • フォトアニメーションやアニメーションオーバーレイ
  • AI 技術による補正機能
  • ロイヤリティフリー素材ライブラリ

v01

 

基本的な編集ツールに加え、カラーグレーディングや色調整の機能など細かい部分まで編集ができます。写真をインポートし、カスタマイズ可能なコラージュを作成したり、オブジェクトを削除したり、AI 技術による空の置き換え機能を使えば、完璧な夕日の写真を作成することができます。

ガイド付きのフォトアニメーション機能を使って写真にアニメーションを追加したり、モーションやアンカーを追加して写真に動きを出すこともできます。また、ステッカーを追加することで写真をより魅力的にすることができます。他にも、SNS で話題のエフェクトを簡単に写真に適用することができます。

v01

 

Photoshop や Lightroom のような画像編集アプリは使いこなすのに時間がかかります。一方、PhotoDirector では高度な写真編集が簡単にでき、ぼかしツールを使ったり、明るさの調整ができます。また、PhotoDirector の包括的な編集ツールを使えば、ライトヒットエフェクトや光線エフェクト、スパークルエフェクトをたった数分で写真に追加することができます。

テキストツールやペンツールでデコレーションをしたり、写真にフレームを追加することもできます。ポートレイトツールを使えば、人物の見た目や雰囲気を整えることができ、スタイルエフェクトを適用すれば写真を絵画風にできます。また、分散エフェクトでコミック風のアニメーションを追加したり、オーバーレイを適用すれば写真を斬新な仕上がりにすることができます。

v01

 

PhotoDirector を使うことで、画像編集の可能性は無限に広がります。PhotoDirector をダウンロードすれば、カスタマイズ可能な数千種類ものステッカーやフレーム、フィルター、ビジュアルツールをすぐに使用できます。さらに、新しいエフェクトや機能が毎月追加されるため画像編集の幅が広がります。また、膨大な素材ライブラリを使って、魅力的な写真を編集することができます。

プロの写真編集者の方やあまり画像編集の経験がない方でも、PhotoDirector の高性能な編集ツールと豊富なエフェクトを使えば、魅力的な写真を編集できます。写真を編集した後は、アプリから直接 SNS に写真をアップロードできます。

機能が豊富な画像編集アプリは使いにくいことが多いですが、PhotoDirector はユーザーフレンドリーなインターフェイスを搭載しているので簡単に操作することができます。外出先からアプリを使ってすばやく写真の編集や調整、アップロードをして、自宅でパソコンやタブレットにデータを移行して簡単に写真を編集することができます。

v01

 

プロのような写真を作成するには、高価な編集ソフトや専門的な知識は必要ありません。PhotoDirector を使えば、費用をかけずに簡単な操作で写真を編集できます。いますぐ PhotoDirector をダウンロードして、画像編集を始めましょう。

 

 

2. Adobe Photoshop Camera (アドビフォトショップカメラ)

Adobe Photoshop Camera Interface

Adobe Photoshop Camera は、AI 技術やエフェクト、編集ツールを兼ね備えた Andorid 向け画像編集アプリです。また、Adobe Photoshop Camera は、色調や明るさ、露出の調整など豊富な機能を搭載しています。

基本的な編集ツールに加えて、AI 技術による Adobe Sensei というテクノロジーにはリアルタイムで視覚効果を組み込むオートフォーカスカメラのような機能があります。Adobe Sensei は、写真の雰囲気を識別することで、撮影中にオーバーレイとアニメーションエフェクトを適用することができます。「レンズ」と呼ばれる視覚効果には、プリズムや空想、グローなど、有名人とコラボしたエフェクトやアーティストによるデザインがあります。

Adobe Photoshop Camera は編集した写真はオンラインで共有ができますが、アプリ内で[ライブラリ]を選択すれば写真をデバイスにダウンロードしたり編集することができます。写真の選択やフィルターの適用、オーバーレイの追加、明るさや色調の調整などができます。

Adobe Photoshop Camera は AI 技術と編集ツールが搭載されているので、風景の写真を撮るのに適しています。しかし、編集ツールは高性能とは言えないため、プロの写真編集者はがっかりする可能性があります。さらに、アプリの動作が重くなることがあり、ストレスを感じるかもしれません。

おすすめの機能:
  • AI 技術による編集機能やオーバーレイの適用、明るさの自動調整を搭載
  • カメラと画像編集の両機能を搭載
  • ダウンロードで追加可能なフィルターを10 種類搭載

3. Pixlr (ピクセラ)

Pixlr Interface

Pixlr はエフェクトや選択ブラシ、簡単な操作で編集ができるインターフェイスを搭載しています。写真をインポートしたら、[調整]、[オーバーレイ]、[エフェクト]などのツールを移動し、さまざまなブラシ、フレーム、テキストを選択して写真を編集できます。

スマホやパソコンで作業をする時でも、写真を調整したり、カスタマイズ可能なテンプレートを適用することができます。空の置き換えやフォトアニメーションの機能はありませんが、さまざまなステッカーやフィルター、テンプレートを搭載しているため、自由な発想で写真を編集することができます。

そのため、豊富なエフェクトと高性能な編集ツールを搭載した画像編集アプリをお探しの方は、無料版と有料版の Pixlr では機能が不十分だと感じるかもしれません。一方、初心者向けで使いやすいという一面があるため、友人や家族のために写真編集をする方に向いています。

おすすめの機能:
  • 外出先で写真の調整や修正が可能
  • 簡単に 100 種類以上のエフェクトやプリセットスタイルが追加可能
  • 初心者向けの使いやすいインターフェイスを搭載

4. PicsArt (ピクスアート)

PicsArt Interface

PicsArt は初心者向けの編集ツールを使用して、活発なコミュニティに参加することが可能な画像編集アプリです。コミュニティに参加すれば、仲間と協力してチュートリアルを学んだり、写真編集の大会に参加することで編集技術を高めながら、メンバーとつながることができます。

PicsArt は写真の調整や補正などといった、SNS で共有するのに便利な機能を搭載しています。さらに、さまざまな種類のオーバーレイやトレンドに合ったフィルターを選択して、写真をコラージュ作成することができます。

また、カメラモードを使用するときにリアルタイムでフィルターを適用したり、アップロードした写真の色調整を行うことができます。加えて、写真のトリミングや回転、アニメーションの追加などの豊富な視覚効果を適用することもできます。無料版では、広告によって編集作業が中断されることもありますが、分散エフェクトなども試して使うことができます。

PicsArt には、PhotoDirector のような高性能で制限のない編集ツールはありませんが、初心者の方でも簡単に人気のあるエフェクトやプリセットを使用することができます。プレミアムバージョンを購入すれば、さらに編集ツールやフィルター、動画編集の機能を追加することができますが、プロの写真編集者の方にとっては物足りないかもしれません。

おすすめの機能:
  • 初心者向けの編集ツール
  • シンプルなインターフェイスとわかりやすい編集ツール
  • アニメーションや分散エフェクトなどが簡単に追加可能

5. Snapseed (スナップシード)

Snapseed Interface

Snapseed には、他の画像編集アプリとは異なる点がいくつかあります。まず、全ての機能が無料で使用でき、サブスクリプションやプレミアムバージョンがありません。さらに、ブラシやエフェクト、マスキング機能、フィルターなどといったプロ品質の編集ツールを搭載しています。

Snapseed はプロの写真編集者の方が外出先から編集作業をするのに向いています。編集ブラシとフィルターを適用すれば、写真をより魅力的にすることができます。写真のサイズ変更、トリミング、回転、色調やコントラストの調整など基本的な編集機能を使うこともできます。

また、変換ツールを使えば、写真をさまざまなフォーマットやサイズに合うように自動で調整することができます。さらに、ピンチでスポット修復や修復ブラシなどを使い、細かい部分まで写真を編集することができ、完璧な仕上げができます。

Snapseed にはプロのような編集ツールが搭載されていますが、初心者の方には設定が複雑すぎるかもしれません。一方で、Snapseed にはチュートリアルが付属しているため、短時間で操作に慣れることができます。しかし、高性能な編集ツールをすぐに使いたい方には PhotoDirector のようなガイド付き編集ツールやユーザーフレンドリーなインターフェイスを搭載した画像編集アプリをおすすめします。

おすすめの機能:
  • 高性能な編集ツールを搭載
  • アプリ内チュートリアルを搭載
  • 操作に慣れることができればプロのような画像編集が可能

まとめ

PhotoDirector が搭載している豊富な編集ツールやロイヤリティフリーの素材ライブラリ、エフェクト、フィルター、オーバーレイ、アップデートで追加されるコンテンツにより、写真を魅力的に編集することができます。毎月追加される新機能や数千種類ものプリセット、ステッカー、フレーム、コラージュを使えば、写真編集の幅を広げることができます。

PowerDirector のガイド付き編集ツール、明るさの調整、カラーグレーディング、アニメーション、空の置き換えやオブジェクトの削除などの AI 技術による機能を試しながら、創造性を駆使して写真を編集

最適なアプリを使って、思い通りに画像編集をしましょう。PhotoDirector を使えば、簡単にプロのような写真編集ができるようになります。いますぐ PhotoDirector をダウンロードして、画像編集をしてみましょう。

 

 

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: