メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

【初心者ガイド】ゲーム動画を録画・編集するには

最終アップデート 2022年 7月 8日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
How to Record and Edit Gameplay Videos

ゲーム実況・プレイ動画といえば、YouTubeでももっとも人気の高い動画ジャンルの一つですね。顔出し不要な点や、トーク力・企画力が特別凝っていなくともゲームスキルや常人離れした攻略法等を紹介するということで人気ユーザーに昇り詰めることが可能な点から、その他のYouTube動画のジャンルとは一線を画す世界であるとも言えます。

本記事ではゲーム実況やプレイ動画の投稿にチャレンジしてみたいという方向けに、ゲーム動画を録画・編集する方法と、必要な機材をご紹介していきます。

目次:

録画したいのはPCゲーム?TVゲーム機?

当然ながら、PC上でプレイするゲームを録画したいのか、PlayStation や Xbox、Nintendo Switch といったゲーム機でプレイするゲームを録画したいのかによって必要な方法は異なります。

PCの場合は画面録画ソフト(キャプチャー)ソフトを導入することで簡単にゲーム画面の録画が可能ですが、TVゲーム機で画面録画をする場合は、キャプチャーボードが必要となります。

ビデオキャプチャーデバイス(キャプチャーボード)とは、モニター、あるいは TV 画面からの映像信号を受け取って USB ケーブル経由で画面録画ソフトの入ったパソコンへと送るための装置のことを指します。

ゲーム録画に必要な機材とは?

video games

1.TVゲーム機の場合: ビデオキャプチャー用デバイス

PS4 のようなTVゲーム機を検討しているのであれば、ビデオキャプチャーデバイスを購入し、TV と PC につなげて、画面上の全てを収録する必要があります。

このとき注意すべき点としては、単にゲームのサウンドを録音するだけでなく、ヘッドセットやマイクからの音声も同時にレコーディングできるビデオキャプチャーデバイスを購入することです。

2.画面録画ソフト

PC ゲームにせよ、ゲーム機のゲームにせよ、画面録画ソフトのダウンロードは必須です。キャプチャーボードを購入した場合は、たいてい画面録画ソフトも付属されています。また、サイバーリンクの PowerDirector には、 Windows 10 に最適なビデオキャプチャーソフトである Screen Recorder 4 が付属されています。録画した映像を編集してYouTube等に投稿することまでを視野に入れているのであれば、おすすめしておきたいソフトです。

3.Web カメラ

画面収録に加えて、あなたがプレイしながらコメントをする様子も動画に載せたいのであれば、Web カメラも必要となってきます。

4.ヘッドフォンとマイク

ライブ配信でゲーム動画にコメントを足したいのなら、高品質なマイクを用意しましょう。もちろんゲーム用のヘッドソフトについているマイクを使っても良いのですが、USB マイクを使うことで、一気にプロフェッショナルな品質に引き上げることができます。

高クオリティの動画を作りたいのであれば、ゲームソフトから出力した音源とは別撮りした音声を、後から編集時に重ねる方法が一番おすすめです。

5.動画編集ソフト

最後にゲーム画面・ゲーム音声・実況音声をひとまとめし、字幕・テロップ加工などを行うためには動画編集ソフトが必要になります。動画編集ソフトは無料のものから有料なものまで様々にありますが、多くのYouTubeゲーム実況者に利用されている、画面録画ソフトも一体となったオールインワンの編集機能を持つ PowerDirector をおすすめします。

PowerDirectorは動画をカットしたり繋げたりという基本的な編集以外にも、トランジションやタイトル、BGM、その他特殊エフェクトなどが簡単に追加可能で、初心者でも簡単に有名実況者と同じクオリティのゲーム動画を作るが可能です。

Screen Recorder を使ってゲーム動画を録画する方法

1. ビデオキャプチャーデバイスを繋ぐ

ゲーム機のゲームを画面録画する際は、ビデオキャプチャーデバイスをパソコンに繋げましょう。HDMI ケーブルをゲーム機からビデオキャプチャーデバイスの入力端子に繋ぎます。この時、ビデオキャプチャーデバイスの出力端子にも HDMI を差し込み、モニターに繋ぐのを忘れずに。最後に、 USB ケーブルを使って、PC とビデオキャプチャーデバイスを繋ぎます。

これで画面録画の準備が整いました。PowerDirector をフル モードで開き、画面上部にあるツールバーのプラグインメニューから [Screen Recorder] を選択します。[デバイス] をクリックして先ほど繋いだデバイス名を選択します。

他方、PC ゲームを画面収録する際は、Screen Recorder を開いたら、画面上のどの部分を収録したいかをただ決めるだけで画面録画を開始できます:

  • 全てのスクリーン
  • ゲーム画面のみ(特に便利な機能)
  • 使っているアプリケーションのみ
  • カスタマイズされたフレーム画面

2. デバイス端末のキャプチャー設定を調節する

Screen Recorder Interface

設定する際は、画質やフレームレートまでを設定することができます。多くのゲーム配信者は 1080p を標準の画質としていますが、ゲームをしながら同時に収録を行うための PC のスペックによって、画質を上げたり下げたりする必要があるでしょう。フレームレートについては、ゲームプレイの様子がスムーズに見えるよう、60fps に設定するのが一般的です。

3. Web カメラの設定をする

Adjust webcam settings interface

Web カメラを繋いだら、ドロップダウンメニューから繋いだ機材を選択します。キャプチャー設定をした時と同じ画質・フレームレートにセットします。また、色範囲やノイズカット、グリーンバックを使ったクロマキー合成機能など、詳細な設定をすることも可能です。

4. マイクの設定をする

Adjust microphone settings interface

マイクの録音時の音量を設定する際は、まずは PC 付属マイクか(おすすめできません)、接続した外部マイクのどちらかを選び、カーソルを動かしてボリューム調整をします。

5. オーバーレイ動画を追加する

Add any video overlays interface

もしもあなた自身がゲームをやりながら解説している様子をオーバーレイ動画として載せたいのであれば、パネル右下にある [ビデオ オーバーレイ] ボタンを押して、[画像を挿入] をクリックし、PC 上の素材をアップロードします。

6. 録画

Record icon[ REC ] ボタンをクリックすると、画面録画が開始します。[停止] をクリックするか、F9 キーを叩くことでいつでも画面録画を停止できます。

ゲーム動画を編集する方法

1. 素材を PowerDirector に入れる

Import footage into PowerDirector

メデイアウィンドウのどこかお好きな場所で右クリックを押すか、左端にあるフォルダアイコンをクリックすることで、あらゆるオーディオ素材や動画素材を PowerDirector に読み込むことが可能です。

より効率的にこの作業を行いたいのであれば、あらかじめ散らばったファイルを一つのフォルダにまとめておくことで、フォルダごと一発で読み込むことができます。

2. タイムラインに素材を入れる

PowerDirector はシンプルなドラッグ&ドロップによる動作に対応しているので、メディアウィンドウからタイムラインへの移行もスムーズです。

3. 素材を編集する

それでは、ゲーム動画を繋ぎ合わせていきましょう。視聴者を飽きさせないためには、刺激的で面白く、重要なシーンが連続するように編集しましょう。

PowerDirector なら簡単に次の動作が行えます: 動画クリップの始まりと終わりをドラッグするだけでトリミングができたり、左上端の分割ボタンを押すだけで動画クリップをカットできたり、あるいは、ドラッグするだけで動画クリップの位置をずらすこともできます。オーディオ素材も同様の操作で編集でき、必要とする部分だけを残すことができます。

4. タイトルとトランジションを加える

Add titles and transitions interface

プロレベルの洗練された見栄えのするゲーム動画を制作したいのであれば、タイトルやトランジションをつける必要があります。

タイトルを追加する際は、左上のサイドバーから [ T ] のアイコンをクリックし、タイトルを選択します。さらに多くの選択肢の中からタイトル素材を選びたい場合は、 DirectorZone の中から無料のテンプレートがいつでもダウンロードできます。タイトルテンプレートメニューを開いて、青いダウンロードフォルダをクリックし、好きなタイトルテンプレートを選んだら、あとはタイムラインにドラッグするだけです。

タイトルを編集する際は、タイトルをダブルクリックし、[タイトル デザイナー] を開いたら、タイトルの種類やフォント、色、大きさ、位置などが変えられます。

changing the title and the font interface

トランジションの追加も、ほとんど同様の操作で行うことができます。まず、左側のサイドバーからタイトルアイコンのすぐ右側にあるトランジションのアイコンをクリックし、プレビューを見ながら気に入ったトランジションを動画クリップと動画クリップの間にドラッグ&ドロップします。

トランジションの長さを調整する場合は、トランジションの始まりと終わりのポイントをドラッグするか、トランジションをダブルクリックして、「トランジションの設定」ウィンドウを開くことで自在に調整可能になります。

注意:Shutterstock から無料の BGM をドラッグしてタイムラインに差し込むこともできますが、解説の声やゲームのサウンドが聞き取りづらくならないよう音量の調節をすることをおすすめします。

5. 書き出し

Export interface

画面左上にある [出力] ボタンを押し、ファイルフォーマットを選択したら完了です!

まとめ

もしもあなたが優れたゲーム動画を作りたいなら、サイバーリンクの PowerDirectorYouCam の両方を使うのが近道です。最後に、これまでに読んだことのポイントをまとめておきましょう。

  • ゲーム動画を録画するには、画面録画ソフト、Web カメラ、マイクとヘッドフォン、そして編集ソフトが必要です。
  • もしゲーム機向けのゲームを使用しているのなら、TV 画面の中で起こること全てをコンピューターに収録するためのビデオキャプチャー用デバイスが必要です。
  • 編集の際は、目を引く動画を繋ぎ合わせ、タイトルやトランジション、音楽やエフェクトといった細部にもこだわり、視聴者が飽きないようにしましょう。
  • サイバーリンクの PowerDirector は、視聴者の目を釘づけにする質の高い動画を制作する際に必要な画面収録と編集機能の両方を兼ね備えたソフトです。

Twitch や YouTube 向けにゲーム動画を制作する準備はできていますか?サイバーリンクの PowerDirectorYouCam をダウンロードして、今日から一歩を踏み出しましょう!

 

動画編集が初めてという方には、かんたんな操作で本格的な動画編集が可能な PowerDirector をおすすめします。YouTube の動画作成にも最適です。

 

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: