FaceMe®を使用したiMedtac社による医薬品スマートキャビネット、病院での医薬品流通の安全性と効率性向上
FaceMe®
< 医療業界

FaceMe®を使用したiMedtac社による医薬品スマートキャビネット、病院での医薬品流通の安全性と効率性向上

課題

  • 医薬品の管理のため、鍵やパスコードといった従来からの手段が使用されてきました
  • 規制された医薬品へのアクセス手順では、少なくとも2名の薬剤師が鍵やパスコードを保持している必要がありました
  • セキュリティの管理が不十分で、許可されていないスタッフが医薬品の在庫にアクセスできる可能性がありました

サイバーリンクのソリューション

  • FaceMe®顔認証ソリューションを備えた新しい医薬品スマートキャビネットは、AI生体認証を使用して認定された医療従事者を識別できます
  • 医薬品スマートキャビネットは勤務管理システムと同期しており、キャビネットにアクセスする薬剤師が、その時間に勤務中で医薬品を取り出すことを許可されているかを確認できます
  • 顔認証を統合することで、規制された医薬品へのアクセス管理を合理化でき、円滑な管理と安全性を両立できます

導入による効果

iMedtac社はサイバーリンクと協力し、FaceMe®を搭載した「Smart Medicine Cabinet」ソリューションを立ち上げました。この医薬品スマートキャビネットは、IoTと顔認証技術を利用することで、医薬品管理プロセスの強化を実現しています。iMedtac社の医薬品スマートキャビネットは現在、台湾、中国、タイの病院や診療所で使用されており、医薬品の保護とアクセス性向上に役立っています。このソリューションは、医薬品管理の安全性を向上させ、ワークフローを効率化し、医療の質の向上に貢献しています。

Download
FaceMe について
のお問い合わせ

FaceMe®についての詳細はこちら

当社のFaceMeチームがお客様のご質問にお答えし、デモのご予約を承ります。FaceMe®の無料評価版は、条件を満たしたお客様に対して提供されます。

FaceMe についてのお問い合わせ

ニュースレター登録