FaceMe® eKYC & フィンテック ソリューションを使用したe保険アプリケーションによるセキュリティ強化となりすましの防止
FaceMe®
< 保険・金融業界

FaceMe® eKYC & フィンテック ソリューションを使用したe保険アプリケーションによるセキュリティ強化となりすましの防止

課題

  • 生命保険会社では、新規契約者の身元を確認するため、公的な身分証明書による本人確認を日々行っています。
  • 保険契約を変更する場合、エージェントは契約者の保険番号を取得し、写真付きの身分証明書を使用して本人確認を行う必要があります。
  • これらはしばしば、悪意のあるなりすましによる詐欺などのトラブルの原因となっていました。
  • 契約書への署名などの紙ベースのプロセスは、時間がかかり、非効率的でした。

サイバーリンクのソリューション

  • 生命保険会社では、FaceMe®顔認証テクノロジーを使用した保険契約者の識別を導入しました。
  • あらかじめ保険契約者の同意を得た後、エージェントは契約者の顔写真の撮影と身分証明書をスキャンして、サーバーに保存されているデータと比較することにより、正確な生体認証を行うことができます。
  • エージェントは、保険契約者が契約に署名する際にサーバーに保存されるビデオ録画により、契約に関するトラブルのリスクを低減できます。
  • e保険アプリに組み込まれたFaceMe® eKYC & フィンテック ソリューションにより、本人確認のプロセスを簡素化、高速化できます。

導入による効果

生命保険会社は、セキュリティ強化と不正防止のために、e保険アプリケーションにFaceMe® eKYC & フィンテック ソリューションを実装しました。1:1生体認証によって、保険契約者および保険会社の権利と利益を保護するために必要となる、正確な本人確認が可能となります。また、保険契約者の身分証明書確認と署名時のビデオ録画を組み合わせることで、エージェントによる業務がより確実で効率的になりました。

Download

CyberLink テクノロジーについてのお問い合わせ