eKYCとは? オンライン上で完結する本人確認について解説
FaceMe®
< All Articles

eKYCとは? オンライン上で完結する本人確認について解説

2022/12/23

eKYCとは

eKYC(イー・ケー・ワイ・シー)とは、、「electronic Know Your Customer」の略で、オンラインで完結する本人確認の方法のことを指す言葉です。「KYC」は本人確認手続きを指しますが、「electronic」を追加しオンライン上で行うことを意味しています。

例えば銀行などの金融機関で口座を開設する際、必ず必要になるのが本人確認の手続きです。これまでは顧客が実際に窓口まで出向いたり、本人確認書類を郵送したりしないと本人確認ができませんでした。なりすましなどの不正を防ぎ安全を担保するために、顧客も事業者も時間と手間をかけなければなりませんでした。

顔認証技術の進歩などにより、こうした面倒だった本人確認をオンライン上でできるようにしたのがeKYCです。スマートフォンを使った顔写真の撮影・送信などを通じ、手軽で便利に、かつ安全に手続きできるようになりました。

さまざまな種類があるeKYC

eKYCには様々な種類があります。具体的なeKYCの例をご紹介します。

  • 「写真付き本人確認書類の画像」と「本人の容貌画像」の送信
    免許証やマイナンバーカードなどのICチップ情報をスマートフォンなどを使って読み取らせ、撮影した本人の顔写真とともに事業者が提供しているアプリなどを通じて送信する方法です。
  • 「写真付き本人確認書類のICチップ情報」と「本人の容貌画像」の送信
    顔のライブ画像又はビデオ映像を登録済みの身分証明書と比較する本人認証eKYC(electronic Know Your Customer)は、保険・金融業界をはじめとした本人確認が必要な分野で広く使用されています。

    このように、顔認証技術を用いて、送信された本人の顔写真から本人確認が可能になり、オンライン上で手続きを完結させることができるようになりました。eKYCを用いることで、本人確認の精度を落とさず安全性を担保しつつ、これまでかかっていた手間や時間を大幅に軽減することが可能になります。
    ほかにも、他の金融機関への振り込みを通じたものや、法人の本人確認で登記情報を用いるものなど、eKYCにはさまざまな種類があります。

なぜ今、eKYCが注目されるのか

なぜ今、このeKYCが注目されているのでしょうか。

金融機関などの事業者による顧客の本人確認は、「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」という法律で義務付けられています。この法律は、マネーロンダリングやテロ組織への資金供与などを規制し不正な取引を防止するため、特定事業者として指定されている金融機関に対し、顧客の本人確認などを義務付けているものです。例えば、誰かが架空の人物になりすましたり、不正に他人を装ったりして口座を開設し、そこに犯罪によって得たお金を入れて資金洗浄や取引をすることを防いでいるのです。

この法律では元々、窓口で対面し本人確認を行うことなどが定められていましたが、時間も手間もかかり、事業者・顧客双方に負担が大きいという課題がありました。そうした背景などから、2018年にこの法律の施行規則が改正され、前述したようなeKYCによるさまざまな方法で本人確認をすることが可能となりました。

そして近年、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、非対面で業務を完結できる仕組みへの需要が一気に高まりました。加えて業務効率化という観点でもさまざまな業種で業務のオンライン化・デジタル化が求められるようになりました。

これらの点において、eKYCの導入は

顧客にとって

  • 店舗へ出向く手間を省ける
  • 非対面で本人確認できるため、感染のリスクがない事業者にとって
  • 手続きに手間がかかることによる顧客の途中離脱を防ぐ
  • 本人確認業務を効率化しコストを削減する
  • 本人確認の時間を短縮する
  • 同じく感染のリスクがないなどの利点があります。

事業者・顧客それぞれの負担を減らし双方に大きなメリットがあるのです。こうしたことから、安全かつ便利に本人確認ができるeKYCが注目され、金融機関以外でもあらゆるシーンで活用されるようになっています。

広がるeKYCの活用シーン

eKYCとは? オンライン上で完結する本人確認について解説

eKYCはどのような場面で活用されているのでしょうか。実際の事例をご紹介します。

  • 金融機関での口座開設
    これまでの事例でに出てきたように、eKYC活用の代表例ともいえるのが金融機関での口座開設です。多くの金融機関で口座開設手続きのオンライン化がすすみ、開設にかかる時間も大幅に短縮されています。
  • チケットの購入
    スポーツやライブなど、人気が高いイベントのチケット転売が問題となったことを受け、チケット購入の際に本人確認をするサービスも増えています。会場に入る際に顔認証などを使ってあわせて本人確認を行い、購入した人以外は入場できないようにすることで、不正な転売を防いでいます。
  • 携帯電話の購入
    携帯電話やスマートフォンの購入も、法律によって本人確認が必要です。この際もeKYCを活用することでオンライン上で本人確認し、端末を購入したり契約したりできるようになっています。

まとめ

まとめ
  • eKYCとは、オンラインで完結する本人確認の方法のこと。
  • eKYCには、「写真付き本人確認書類の画像」と「本人の容貌画像」を送信する方法や、「写真付き本人確認書類のICチップ情報」と「本人の容貌画像」を送信する方法など、いくつかの種類がある。
  • 金融機関などによる顧客の本人確認は、「犯罪収益移転防止法」という法律で義務付けられていて、この施行規則改正によりeKYCも可能となった。
  • eKYCは事業者・顧客双方の負担を軽減することから、新型コロナ拡大などを背景に、金融機関以外にもeKYCの活用が広がっている。

FaceMe®: サイバーリンクの顔認証トータルソリューション

FaceMe について
のお問い合わせ
お問い合わせはこちら