サインイン
3
PowerDirector

【著作権ガイド】YouTube 動画に音楽を使用するには

最終アップデート 2021年 6月 4日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
music for youtube videos

YouTubeで音楽のない動画を観ることは、今ではあまりないかもしれません。なぜなら、YouTubeのトップチャンネルはほとんど動画に音楽を使っています。それには正当な理由があります。優れた動画は、優れたサウンドトラックなしでは完成しません。

プロフェッショナルで魅力的なYouTube動画には、背景を埋め、気まずい沈黙をカバーし、適切な音で動画全体の雰囲気を形作る音楽が必要なのです。そう、音楽は動画の隙間を埋めるだけではありません。音楽は、動画の隙間を埋めるだけでなく、視聴体験を大きく左右し、成功と失敗を分けるものなのです。

いくつかの事例では、動画コンテンツに音楽のサウンドトラックを追加することで、エンゲージメント指標が向上することが示されています。

  1. YouTube動画のBGMにはどんな音楽を使ったらいいの?
  2. 音楽に関する著作権の手引き
  3. どんな音楽を使うかを考える前に
  4. クリエイティブ・ライセンスとは
  5. YouTube動画用の音楽を探すには
  6. まとめ

1. YouTube動画のBGMにはどんな音楽を使ったらいいの?

動画に音楽が必要なことはわかったので、次は適切な曲を選びましょう。しかし、その前に、いくつかの疑問点があります。
  • どんな曲でも良いの?
  • ラジオで流れているお気に入りの曲は?
  • アーティストの許可が必要?
  • 訴えられたりしない?

これらはすべて、動画を作成してYouTubeで世界に公開する前に答えなければならない重要な質問です。訴えられることはないでしょうが、YouTube動画での音楽使用には厳しいルールがあります。YouTubeを利用するクリエイターは、このルールを理解した上で利用する必要があります。

自分の動画に使える音楽を探すのは、確かに大変です。しかし、YouTube動画に音楽を追加する際のルールや、プロジェクトに適したトラックを探すのに最適な場所については、こちらでご紹介します。この記事では、使用できる音楽と使用できない音楽、その理由、そして動画に使用できるトラックをどこで見つけられるかについて説明しています。また、無料で音楽を提供しているプラットフォームについてもご紹介し、どのオプションが自分に適しているかを判断します。

YouTube 動画作成、BGM 音楽追加にもぴったりな動画編集ソフト
PowerDirector を無料ダウンロード:

2. 音楽に関する著作権の手引き

music copyright

まず、トラブルに巻き込まれないようにすることから始めましょう。要点を端的に言えば、自分で作ったものでなければ、YouTubeのチャンネルに載せることはできないということです。YouTubeは著作権と呼ばれるものを厳格に管理しており、これは「知的財産」、つまり誰かが作ったものを他人が勝手に使わないように保護することを意味します。

著作権の話は複雑です。音楽は法律の対象となっており、日本では、著作権法に定められています。

あなたが曲を作って録音し、それをYouTubeに公開したとします。すると、ある企業が現れて、あなたの音楽を使ったコマーシャルを作り、あなたの許可や同意なしにそのコマーシャルから大金を稼ぎ始めたとします。あなたは、彼らがあなたに何か義務を負っているように感じませんか?

あなたが音楽の著作権を登録していれば、彼らには義務があります。

著作権は、あなたのようなクリエイターを保護するためのもので、仲間のクリエイターを守るための良い習慣というだけではありません。著作権は、法律とYouTubeのポリシーの両方に関連しており、厳密に施行されています。

YouTubeのガイドラインに目を通すと、著作権の最初のルールが書かれています

"クリエイターは、自分が制作した動画、または使用を許可された動画のみをアップロードするべきです。つまり、自分が作ったのではない動画をアップロードしたり、音楽トラックや著作権のある番組の断片、他のユーザーが作った動画など、他人が著作権を持っているコンテンツを必要な許可なく動画に使用してはならないということです。"

これは、画像、ビデオクリップ、音楽など、YouTubeコンテンツを構成するすべての要素にも当てはまります。

以下の表は、著作権に関するよくある質問に答えたものです。

なぜ自分の好きなビヨンセの曲を選んで、YouTubeの動画に加えることはできないのですか? 著作権が保護されているからです。
著作権とは? アートやアイデアは財産とみなされます。それらを使用するには、著作権の所有者から許可を得る必要があります。著作権者は、多くの場合、コンテンツの制作者ですが、必ずしもそうではありません。
ビヨンセの新曲が私の動画にぴったりだったらどう?彼女は食べ物について歌っていて、私は素晴らしいレシピ動画を持っています! それでもトラックを使うべきではありません。YouTubeはアップロードされたすべての動画コンテンツを分析し、著作権のある音楽を検出することができます。
著作権を侵害するとどうなりますか? YouTubeは、たとえあなたが動画をアップロードできたとしても、警告なしに直ちに削除します。

このように、著作権のある音楽を使って動画を公開しようとすると、自分の時間を大幅に無駄にしてしまうことになるのです。

3. どんな音楽を使うかを考える前に

iTunesやSpotify、YouTubeなどのプラットフォームでは、著作権で保護された音楽にアクセスできることがあります。それらの楽曲を編集タイムラインに取り込むのは簡単です。しかし、動画制作者としては、その音楽に関連する権利を把握していないことがあります。どうすれば、著作権を侵害することなく、YouTubeのプロジェクトで音楽を使用できるかどうかを確認できるでしょうか?

それがクリエイティブ・ライセンスです。

4. クリエイティブ・ライセンスとは?

creative license agreement

曲を使用するには許可を得なければならないと記述したことを覚えていますか?それがクリエイティブ・ライセンスなのです。クリエイティブ・ライセンスとは、著作権の所有者と、著作物を自分のプロジェクトに使用したい人との間で交わされる契約です。

この契約はどうやって結ぶのでしょうか?

先ほどの例で言えば、ビヨンセに電話をして、自分のYouTube動画に彼女の曲を使わせてほしいと頼むことはできません。また、ビヨンセが要求するような大金を支払う準備もできていないでしょう。人気のある音楽を動画に使用するには、長期にわたる交渉、複雑な契約、そしてさらに高額な報酬が必要です。

そんな時間とお金のある人はそうそういないでしょう。では、今すぐYouTube動画に安価な(あるいは無料で!)音楽を提供する方法を探ってみましょう。

5. YouTube動画用の音楽を探すには

YouTube動画に使用する音楽は、さまざまな方法で探すことができます。しかし、検索する際には、無料のものと有料のものを比較検討することになるでしょう。

最適なのは、自分が使いやすいプラットフォームに絞ることです。そうすれば、必要なときに必要な音楽にアクセスして動画を作成することができ、生産性を高めることができます。 ここでは、有料・無料の選択肢と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

YouTube動画のための有料音楽素材

YouTube動画に追加する音楽を有料で購入する場合、通常は「ロイヤリティフリー」の音楽を使用することになります。

ロイヤリティフリーなのに、なぜお金を払う必要があるのでしょうか?ロイヤリティフリーの音楽は、ロイヤリティフリーの画像と同じようには機能しません。ロイヤリティフリーの画像は、Pixabayのようなサイトで写真を選んで、作者の属性やクレジットを表示せずに使用することができます。

一方、ロイヤリティフリー音楽とは、特定のトラックや楽曲を使用するためのライセンスを購入することを意味します。ライセンス所有者は、その音楽を自分の動画に好きなだけ使用することができます。

ロイヤリティ・フリー・ミュージックの提供元によって、ビジネスモデルはさまざまです。通常、次のいずれかを選択することができます:
  • サブスクリプションサイトでは、音楽ライブラリ全体にアクセスして、必要に応じてトラックをダウンロードすることができます。ロイヤリティフリー音楽のサブスクリプションサイトでは、通常、加入中にダウンロードしたトラックを保持することができます。その他のサイトでは、サービスに特定の条件が付いていたり、アクセスしたいトラックの量や種類に応じて様々な価格オプションが用意されている場合があります。
  • 1回限りの購入サイトでは、特定のトラックや音楽を1回限りで購入し、動画で使用することができます。

アップロード動画数が多いYouTuberであれば、それぞれの動画に合った音楽を確実に見つけるために、サブスクリプションを利用するのは素晴らしい方法です。音楽の使用権を購入しておけば、YouTubeなどで使用することができ、クリエイティブな活動を商品化してお金を稼ぐことができます。もうひとつの方法として、ロイヤリティフリーの音楽をサービスの一部として提供している動画編集ツールを探すこともできます。

これらのサイトの良いところは、サウンドのクオリティーが高いことです。そのため、自信を持って楽曲を選ぶことができ、動画コンテンツをより良いものにすることができます。また、視聴者にとっても、「何を伝えようとしているのかわからない」ということがありません。

これらの音源の唯一の欠点は、コストです。しかし、YouTubeチャンネルやブログ、その他のプラットフォームで音楽を使って収益を上げているのであれば、達成できる投資収益率は膨大なものになる可能性があります。

有料のサブスクリプションや単発のライセンスを購入すれば、膨大な数の音楽ライブラリにアクセスできるので、費用をかける価値は十分にあります。

以下の表は、あなたが検討したいと思うオプションのいくつかを示しています。

サービス名 契約形態 主な特徴
Shutterstock サブスクリプションまたは1回限りの購入が可能。 無料アカウントもあり、必要に応じてフルトラックや15、30、60秒のカットを購入することも可能です。
また、サイバーリンク PowerDirector 365 のサブスクリプションで、Shutterstock の音楽ライブラリに無制限にアクセスできます
Premium Beat 1回限りのライセンス購入で、音楽を無制限に楽しむことが可能 PremiumBeatは、Shutterstockブランドの一部ですが、価格モデルは異なります。収録されているすべての音楽は、このプラットフォーム専用です。
Artist.io 年間契約 14,000曲以上の楽曲をダウンロードして、いつまでも楽しむことができます。毎日新しい曲が追加されるので、常に新鮮な音楽を楽しむことができます。
Epidemic Sound 月間契約 170ジャンル、30,000曲以上の楽曲を収録。商用契約によるサブライセンシング権。

YouTube動画に使える無料の音楽素材

ロイヤリティフリーの動画の購読料やライセンス料は、ほとんどが高額ではありません。毎日飲むスターバックスのコーヒーをやめたり、ランチの量を減らしたりすれば、ほとんどのものを購入することができるでしょう。

しかし、自分の動画に加える音楽にお金をかけたくないという方には、たくさんの選択肢があります。この方法をとる場合、3つの注意点があります。

  • 音楽の使用方法には厳しい制限が設けられていることが多いようです。
  • 無料で音楽素材を提供している会社のほとんどは、有料のサブスクリプションを提供しています。無料での使用制限を明確にして、有料会員への移行を促すこともあります。
  • PowerDirector 365 など、ロイヤリティフリーの音楽素材が付属している編集ソフトを使うという選択肢もあります。
一般的な制限や条件は以下の通りです:
  • 作曲家への帰属表示をしなければならない。
  • 楽曲の使用期間が制限されることがある。
  • 商用目的での音楽の使用に関する制限がある。例えば、YouTubeの動画に広告が含まれていたり、その他の方法で収益を上げている場合は、無料の音楽を使用できないことがあります。また、オンライン上の他の動画コンテンツに音楽を使用することも制限されます。
  • 音楽のリミックスが制限される。
  • 曲のサブライセンスができない。

このような制限があるため、動画編集を始めたばかりの方や、動画編集のスキルをアピールするためのポートフォリオを作成する方には、100%無料の音楽ソースが便利かもしれません。しかし、本気で優れたYouTubeコンテンツを作りたいのであれば、有料のソリューションを選び、ロイヤリティフリーの音楽を使用した方が良いでしょう。

無料のプラットフォームの中には、ミュージシャンが自分の楽曲をアップロードしても、ほとんど品質チェックを行わないものもあります。そのため、低品質の音楽をたくさん聴きながら使えるものを探すことを余儀なくされるかもしれません。

以下の表は、無料の音楽の選択肢を示しています。

サービス名 契約形態 主な特徴
YouTube Audio Library YouTube オーディオ ライブラリの利用規約を遵守することを条件に、音楽を100%自由に使用することができます。 毎月新しい音楽が追加されます。帰属表示を必要としない楽曲をフィルタリングできます。
Bensound 無料のサービスを限定的に利用することも、有料のサブスクリプションを利用することもできます。 楽曲は無料で使用できますが、帰属表示が必要です。
ccMixter 100%無料。一部の楽曲にはライセンス条件がありますが、無料で利用できます。 4,000曲以上の楽曲が、サインアップなしですぐにダウンロードできます。
Free Music Archive 100%無料。さまざまなレベルの帰属表示が必要なトラックを見つけるためのフィルター機能があります。 すぐにダウンロードできるだけでなく、ジャンルやコンテンツ・クリエーターからの検索も可能です。

6. まとめ

著作権で保護された音楽をわざわざ使用することは、時間を無駄にすることであるとご理解いただけましたでしょうか。
しかし、最新のビルボードチャートのヒット曲以外にも、コンテンツに最適な音楽は豊富にあります。

著作権問題を回避する方法を知ることで、動画コンテンツに最適な音楽ソリューションを見つけることに時間を割くことができ、YouTube チャンネルで素晴らしい動画を公開するのに全力を注ぐことができます。

この記事が気に入ったら、YouTuber になるには 初心者向け【永久保存版】 のページもご覧ください。
その他の記事は、ブログ一覧 からご覧いただけます。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: