3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

【DIY】YouTube 動画向けホームスタジオの設営

最終アップデート 2021年 5月 28日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
how to create a youtube studio

YouTube のホーム スタジオを作ってみよう

なぜホーム スタジオ?

テレビ番組の背景を思い浮かべてみてください。番組によって、それぞれ異なるセットが使用されていると思いますが、映像コンテンツで最もインパクトを与えるものの一つに、セットがあります。

セットは、スタイルや色、形、質感などでその場の雰囲気を作り上げることができるため、非常に重要なポイントと言えます。


どんな人がスタジオを使うといい?

YouTube のコンテンツ制作を始めたばかりの人も、コンテンツをさらに進化させたい人も、スタジオが使えるといいですね。撮影場所を考えて撮影してみると、作品の質に大きな差が出てくるでしょう。

スタジオは映像の背景になるだけでなく、創造性を発揮できる場所にもなります。スタジオがあると撮影しやすいですし、撮影への意欲も高まりますよね。

YouTube の動画を長時間かけて制作している方は、コンテンツの企画から撮影、編集までを行える仕事場兼スタジオをお勧めします。環境を整えることができれば、制作意欲や映像の質が向上し、結果的に、チャンネル登録者数や再生時間の増加にもつながるでしょう。


どんなスタジオがいい?

スタジオは映像コンテンツの舞台

youtube video style

番組の背景には、寝室や、台所、ステージなどがあるかと思いますが、コンテンツの中で、それらの場所の役割を考えてみてください。

セット背景はどのようなイメージで作り上げるといいでしょうか。会社のプレゼンテーションのようにクリーンに演出するのか、それともカジュアルに演出したらいいでしょうか。

YouTube スタジオはコンテンツの舞台になるため、チャンネルやコンテンツのイメージに合わせて色々試してみるといいですね。


自分のスタイルを確立し、一貫性を保つ

視聴者は、星の数ほどある動画の中からあなたの動画をどうやって見つけるのでしょうか。人目を引くサムネイルも重要ですが、人目を引く背景も重要です。

チャンネルのブランディングに合わせてセットを作ると、他のユーチューバーとぐっと差がつきます。スタジオを一度セッティングすると、常に同じ条件で撮影することができます。思い通りのシーンを撮影できるだけでなく、照明、音声、カメラも同じなので、準備が簡単で、ビジュアルの美しさも一貫したものになります。

スタジオを設計する際には、背景、小道具、色、照明、装飾 (なくても OK) を考えてみてください。カメラに映るすべての要素が重要なので、それぞれをしっかりと検討するといいでしょう。

ポイント: YouTube は 1 日あたりの動画視聴時間は数億時間、視聴回数は数十億回にものぼると言われていますが、その中で目立つにはどうしたらいいでしょうか?まずは、ブランディングに合わせてあなたらしいセットを作ってみて、それを映像の中に映しこんでみて!


テーマを補う

アクション ゲームを紹介するチャンネルの背景が、キッチンだったらどう思いますか?これでは意味がありません。コンテンツの内容と背景が合っていないと、見る側は気が散ってしまいますね。このように、コンテンツと背景は、イメージが合っている方が見やすくなります。

例えば、ファッション チャンネルにはスタイリッシュなスタジオを、教育コンテンツには無地でシンプルな背景を、お笑いチャンネルには小道具などを選ぶといいですね。

MyHarto (海外チャンネル) の動画の背景は整理されていませんが、視聴者の心をうまくつかんでいます。 彼女は個人的な動画を作成していて、これが彼女の生活の一部なので、演出の一つといっていいですね。

hana hart youtube channel

背景にちょっとしたアレンジを加えてみると、YouTube チャンネルのブランド確立や視聴者とのつながりが変わってきます。映像の中にちょっと特別なものを映しこんでみると、人々の注目を集めることができるかも。それを、サムネイルに入れてみたらもっと効果的かもしれませんね。

ポイント: どんなコンテンツを作っていますか?どんなところで撮影するとよさそうですか?キッチン?仕事場?科学実験室?チャンネルのテーマに合わせてセットを作ってみましょう!


技術的面でのポイント

適切な環境

撮影時に最も大切なのは、照明、音、場所です。機材の良し悪しよりも、これらの条件によって映像の質がかなり変わってきますので、注意してみてくださいね。

せっかくユニークなコンテンツを制作しても、背景や画質、音質が悪いと、イメージも台無しになりますよね。スタジオをうまくセットアップできれば、画質、音質も安定して撮影できるようになるので頑張りましょう!


ホーム スタジオに適した場所

ホーム スタジオをセットアップ時に、考慮すべき条件がいくつかあります。まず、どのくらいのスペースがあるか。小さなスペースでも高い効果を得ることができるので、部屋全体をスタジオにできなくても、問題ありません。

amazing phil youtube

AmazingPhil (登録者数: 400 万人以上) のクリエイターは、このような狭い空間で撮影しています。

実際はどのような広さでも構いませんが、撮影条件を確認してみてください。照明は?音の反響はあるか?機材を置くスペースや、カメラの前で仕事をするスペースは確保されているか?いかがでしょう?

YouTube スタジオをセットアップ時に最も考慮すべきポイントは、適切な場所選びです。


場所

YouTube スタジオの設置場所で考慮すべき条件は?

  • 広さ: 機材が置けるスペースがありますか?ただし、広ければいいというものではありません。広すぎる空間は音が反響してしまいますし、物が少ないと空っぽに見えがちです。広すぎず狭すぎず、ちょうど良い広さを選びましょう。
  • 騒音: スタジオの周りに雑音はありませんか?車や工事の音?家族の声?実際はあまり気にならなくても、マイクは音を拾ってしまいます。せっかく素晴らしいことを話していても、ノイズが入ってしまったら台無しです。静かな場所を選びましょう。
  • スタイル: ライフ スタイルを紹介するチャンネルの場合、どのような場所で録画するといいでしょうか。自分がどのように生活し、何をしているかを紹介したいのではないでしょうか。あなたの生活を代表する場所を選び、そこからユニークな要素を見つけてコンテンツに入れていくといいですね。
  • 照明: 自然光、室内灯、それとも特別な照明を用意しましょうか。適切な自然光があれば、それに越したことはありません。逆光にならないような場所で、光を十分に確保してください。自然光が足りない場合は、スタジオ ライトを使用します。これについては、後ほどご紹介します。

自然光を利用する場合は、このように撮影します。

how to position your lighting

ここでは、CaseyNeistat (海外チャンネル) のスタジオの例を紹介します。

casey neistat youtube channel

ホーム スタジオで使用する照明について

自然光が十分に得られない場合でも、照明を使うと調整が可能になります。明るさを調整しながら同じ環境で撮影すれば、いつ撮影しても一貫した効果を得ることができます。

スタジオ照明をセットアップする際に、注意すべきポイントがいくつかあります。ここでは、基本的なポイントを簡単にご紹介します。

  • 照明の調整: スタジオ内の照明は調整できますか?色は変えられますか?
    調整できない光を取り除くことはできますか?(窓から入る光を遮ったり、一部の照明を消して明るさを調整可能な照明のみを使うことができるか)
  • 照明の方向: 照明の方向はどうしたらいいでしょう?逆光ではなく、顔に光が当たるようにしてください。
    光の方向でドラマチックな効果を生み出す方法もありますが、一般的な目安としては、被写体に光を当てることがポイントです。
  • 色温度: 色温度とは、太陽光や自然光、人工的な照明などの光源が発する光の色を表すための尺度のことです。色温度の異なる光源を混ぜてしまうと、映像中の色が不自然になり、修正が難しくなります。
    一般的には、すべて同じ種類の光を使うことをおすすめします。(例: 自然光とランプの光は混ぜて撮影しない)
  • 明るさ: 明るすぎると映像のディテールが、暗すぎるとシャドー部のディテールが消えてしまいます。鮮明な映像を撮影するには、明るさのバランスを適切にとることが大切です。
    目安としては、被写体には柔らか目の光または中程度の光を当てることです。これにより、影の度合いが減ります。シーン全体に一貫した均一な光を当てることを目標にしましょう。

ここでは、CaseyNeistat が、複数の照明を使っている例を紹介します。

casey neistat youtube channel

スタジオ照明と自然光のどちらも入れて光のバランスを確保するには、どうしたらいいでしょうか。カーテンを使ったり、シェードを調整したり、一日のうちの異なる時間帯に撮影したり、照明を移動させてみたりして、自分に合った方法を見つけてみてください。

レフ板を使って、不要な影を消すこともできます。スタジオの良いところは、一度照明をセットアップしてしまえば、いつでも同じ環境で一貫した映像を撮影できることです。

照明がうまくいかなくても、撮影後に ColorDirector を使えば、カラー グレーディングを調整することもできますよ。


音声の調整

長時間かけて撮影してきたのに、途中で外の騒音が入ってきたり、部屋が広すぎて声が反響してしまったとしたら、せっかくの撮影が台無しです。映像制作で最も難しく、見落とされがちなのが音声の質です。撮影場所によって音声の質も変わってくるため、スタジオの場所やレイアウトもしっかり検討してくださいね。

防音室での撮影であっても、キッチンでの撮影であっても、録音環境とマイクの位置をコントロールすることで、音声の質がぐっと上がります。

ここでは、音響設定を行う際に考慮すべきガイドラインをご紹介します。

  • マイクに近づく: ユーチューバーの多くは、マイクに向かって話しているかと思います。できるだけ雑音が入らないように、マイクに近づき、録音レベルを下げて話しています。こうすることで、声だけを録音し、周囲の雑音を拾いにくくなります。
  • 静かな場所を選ぶ: 雑音に囲まれたスタジオでは、音声を録音することは難しくなります。
  • 反響チェック: スペースが広く開放的であればあるほど、音がマイクに跳ね返ってきて音が反響する可能性が高くなります。天井の低い小さなスペースが理想的です。ナレーションのみを録音する場合は、服が入っているクローゼットの中で録音してもいいでしょう。


ホーム スタジオをセットアップしよう

プロのユーチューバーはどのようにスタジオを作っているのでしょうか?予算とチャンネルのブランディングやイメージに合わせて、あなたも試してみてください!


カメラの配置場所

セットを配置する際に、考慮すべきポイントがいくつかあります。座って/立って話すか?背景には何を置くか?小道具は使うか?動画の中で紹介するものから、背景に置く小道具まで、映像に映りこむすべてのものを考えてみましょう。

まずは紙に設計図のようなものを書いてみてもいいかもしれません。自分が座る/立つ位置、カメラや照明の位置、その他機材や小道具などの配置場所を考えておきます。


背景/グリーン スクリーン

背景をシンプルなものにしたり、グリーン スクリーンを使って撮影し、背景を変えてみることもできます。

Gus Johnson (海外チャンネル) の例を見てみましょう。ここでは、背景に切り絵を張り付けてシンプルに仕上げています。

gus johnson youtube channel

背景には何を置いてもいいですが、ポスターやカーテン、布をかける人もいますし、映りのいい壁を背景にするのもいいでしょう。多くのユーチューバーは、大きな紙や布 を使って、きれいで一貫性のある背景を作り、気になる部分を隠しています。

グリーン スクリーンと呼ばれる明るい緑色のシートを使ってみるのもいいでしょう。グリーン スクリーン と、PowerDirector (動画編集ソフト) を使えば、緑色の背景を消して、他の画像や映像と置き換えることができます。

ここでは、DrDisrespect (海外のゲーム配信チャンネル) がグリーン スクリーンを使って、自分の後ろにゲーム実況中継の映像を重ねている例を紹介します。

dr. disrespect youtube channel

グリーン スクリーンを使うと、自分がプレイしている背景にゲーム映像を重ねることができるため、ゲーム配信者にとって特に便利な機能になります。ただし、グリーン スクリーンを使って撮影するには、技術的な知識が必要になるので、先に使い方を確認してくださいね。


必須アイテム

ここでは、スタジオに必要なツールを簡単にご紹介します。


カメラ

まず最初に準備すべきなものは何と言ってもカメラですね、カメラがないと何も始まりません。

かつては、テレビ番組撮影用の高額な「特殊カメラ」が必要でしたが、今では iPhone や Android のスマートフォンさえあれば高画質の映像を撮影できるようになっています。ユーチューバーの多くは、スマートフォンからスタートしています。高額なカメラに投資する前に、まずは手元にある端末を使って始めてみるといいですね。

さらに質の高いものを求め、予算もあるとしたら、デジタル一眼レフカメラ をお勧めします。一眼レフカメラは、レンズを替えることもできますし、高画質で撮影可能なため、ユーチューバーに人気があります。


三脚

安定した映像を撮影するには、三脚が欠かせません。三脚なしには、スタジオは完成しません。


音声関連

マイク

録音するからには、クリアな音声で録音したいですよね。普通のカメラやスマートフォンで録音しても、音が拾いにくかったり、ノイズが入ったりしてしまって、高音質の音声を収録することはできません。そこで、録音向きのマイクを準備されることをお勧めします。

  • ショットガン マイク: 離れた距離の音を拾うことに長けたマイクです。マイクを向けた方向の音のみを拾うので、無駄なノイズが入りにくく、YouTube のライブ撮影にピッタリです。
  • ピンマイク: 服などの胸の位置に装着するマイクで、移動しながら話す場合に適しています。
  • 全指向性マイク: 360 度、ぐるりと全方向の音を拾うことができるので、広い空間の音声を取り込むのに適しています。


ヘッドフォン

YouTube に公開する前に、ヘッドフォンを使って、録音したものを確認したいですよね。おすすめなのは、優れた遮音性と密閉性でリスニングに集中しやすい「オーバーイヤーヘッドホン」です。


スタジオ ライト/照明

照明 なしには、他の人気チャンネルに勝つことは難しいかもしれません。ここでは、照明の種類をいくつかご紹介します。

  1. 自然光: 自然光は無料であるため、最初の選択肢になります。ただし、自然光は、太陽が出ているときにしか撮影することができませんし、天気の変化や日の出、日没等の影響も受けるため、いつも最良の選択肢であるとは限りません。
  2. LED & 白熱灯: 自然光以外で最も安く手に入るオプションの1つです。多くの LED 照明セットにはソフトボックスが付属しており、空間に均等に広がる柔らかい光を作り出すことができるため、初心者にお勧めのアイテムです。
  3. リングライト: 丸い形をした特殊な照明で、被写体に均一な光を当てることができます。人物がカメラに向かって直接話すような映像に最適です。


編集ツール

上で紹介してきたポイントやアイテム以外に、次の基本的な編集ツールも重要になってきます。


コンピューター

PC でも Mac のどちらでも可能ですが、動画を編集するには、RAM は 8GB から 32GB で、優れたグラフィック プロセッサと 50GB 以上のハード ドライブ ストレージが必要になります。


ソフトウェア

動画編集ソフトを使うと、特殊なエフェクトや目を引く要素を追加して、コンテンツをより興味深いものに変化させることができます。すべてはあなたの創造性とソフトウェアの選択にかかっています。

動画編集が初めてという方には、かんたんな操作で本格的な動画編集が可能な PowerDirector をおすすめします。。


また、おすすめの動画編集ソフトに関する記事:おすすめ動画編集ソフト 8選 Windows 版 もぜひご参考ください。


ハード ドライブ

動画は多くのデータを消費するため、ハード ドライブには最低でも 256GB のストレージが必要です。SSD は読み込み速度が高速な為お勧めですが、同じ容量の HDD と比較して価格が高いため、予算に合わせてご検討ください。


まとめ

1 日でスタジオを完成させる必要はないので、このページを参考にしながら少しずつ進めていけばいいでしょう。一度スタジオを作ってしまえば、そのあとは作業がぐっとしやすくなりますね!

この記事が気に入ったら、YouTuber になるには 初心者向け【永久保存版】 のページもご覧ください。
その他の記事は、ブログ一覧 からご覧いただけます。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: