3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

4K 動画編集ソフト おすすめ5選【2021年版】

最終アップデート 2021年 6月 25日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
Five Best 4K Video Editing Software in 2021

4K 動画を撮ったことがない方は、是非、4K 動画撮影を試してみてください。新しいカメラやスマートフォンのほとんどが 4K 動画に対応していて、テレビやスクリーンのスタンダードになってきています。綺麗で鮮明な動画に加えて、クローズアップして拡大したい場合にも、シーンを切り替えずに編集できる余裕があります。数千ものピクセルがあるので、動画を安定させたり、エフェクトを使ったり、拡大したり、ポジショニングを再度行う場合も、簡単にできます。4K の次には 8K や 16K と続きますが、4K では限られたデータ容量で可能な高画質の動画を撮ることができます。 さらに、4K 動画の保存はこれまでになく手頃になっています。

4K 動画編集ソフトを選ぶ際には、多くの選択肢があります。4K 動画編集には PC の処理速度が低下するという欠点があり、適したソフトを選ばないと何時間もかかる場合もあるので、ソフト選びはとても重要です。さらに、4K 動画をフル活用できる機能がついたソフトを選びたいですよね。

この記事では、適した 4K 動画編集ソフトを選んでもらうために、おすすめのソフト5つを選出しました。しかし、動画編集者1番のおすすめは、 サイバーリンクの PowerDirector です。

PowerDirector は、CPU やレンダリングスピードの最適化を行い、ハードウェアの機能を活かせる売れ筋ソフトウェアで一番おすすめの 4K 動画編集ソフトウェアです。つまり、インポートやエクスポートの時間を節約でき、動画作りに時間を費やすことができます。

もし皆さんが動画編集初心者でも安心してください。動画編集の経験がなくても、家族動画の編集からハリウッド映画のようなエフェクトを加えることも可能です。サイバーリンクの PowerDirector をダウンロードして、4K 動画編集を楽しみましょう。

おすすめ4K 動画編集ソフト

1. PowerDirector

サイバーリンクの PowerDirector は動画編集のプロにも、アマチュアの方にもおすすめのソフトウェアです。直観的に分かりやすいレイアウトと高度な機能で、様々なアイデアを動画編集に取り入れることができます。たとえ動画編集の経験がなくても、PowerDirector は初心者でも使いやすくなっているので問題ありません。

PowerDirector は 4K 動画を非常に速くインポートとエクスポートすることができます。ハードウェアの性能を最大化して、機能を最も効率よく使うことができます。安定したソフトウェアでは、ファイルを読み込む時間を待たずに、すぐに動画編集を始めることができます。

このハードウェアの性能効率化によって、容量の大きな動画編集も可能です。PowerDirector では、速いレンダリングスピードと CPU の最適化によって、高いクオリティの動画をすぐに制作することができます。4K 動画をレンダリングする際のバッファリングはもう必要ありません。4K 動画編集には、PCMag で最も速いレンダリングソフトウェアに選ばれた PowerDirector がおすすめです

PowerDirector の 4K 動画編集サポートにはプレビュー機能もあります。動画の一部を巻き戻しすることもでき、高画質のまま動画の再生は思いのままです。遅いレンダリングなしで、プロ級の動画に仕上げるプレビュー機能を楽しむことができます。

数々の賞を受賞している動画編集ソフトは、基本的な動画編集ツールに加えて、4K 動画をフル活用できる高度な機能も搭載しています。カスタマイズできるモーショングラフィックタイトルやハリウッド映画のようなクロマキー合成のビジュアルエフェクト、マスクデザイナー、4K 動画にはドラッグ&ドロップで追加できるトランジションやエフェクトを使ってみてください。ブレンドモードで二重露光を適用した動画を作ることもできます。

動画編集を仕上げるのに音楽や動画があったら良いですよね。PowerDirector は、無料の素材を用意しています。ShutterStock によるサイバーリンクの無料ライブラリから、写真や動画、音声ファイルをダウンロードして保存することができます。ライブラリはとても充実しているので、あなたの動画に合う音楽が見つかるかどうか心配する必要はありません。

動画を保存するストレージ容量が十分にあるかどうか気になりますか?サイバーリンクは 4K 動画のために無料のクラウドストレージを用意しています。容量不足で解像度を下げることなく、4K 動画を撮影して編集することができます。

Windows と Mac ユーザーなら、サイバーリンクの PowerDirector を無料でダウンロードすることもできます。月600円以下というどんな予算にも合う低価格で最高クラスの 4K 動画編集ソフトウェアを使うことができます。 PowerDirector を試してみてください!

4K 動画編集のベスト機能
  • 4K 動画のインポートとエクスポートが用意
  • 速いレンダリング
  • CPU 最適化
  • 4K 動画プレビュー
  • 4K 動画のためのクラウドストレージ

2. Final Cut Pro X

Final Cut Pro X-interface

Final Cut Pro X は Apple の最新 4K 動画編集ソフトウェアです。充実したツールのパッケージと分かりやすいインターフェイスで、高品質な動画編集ソフトウェアとして人気があります。このソフトは、4K 解像度で最高品質の動画編集が可能です。

ノンリニア編集では、元のファイルを変更することなく、4K 動画のカット、編集、切り取りができます。Final Cut Pro X のマグネティックタイムラインでは、クリップのスナップによって不必要なクリップ間のギャップを削除できます。編集が終われば、 YouTube や Facebook 等 SNS プラットフォームに直接アップロードできます。

この動画編集ソフトウェアは、H.265 を含む様々な動画ファイルの規格をサポートしているので、4K 動画にも、そこまで大きな容量は必要ありません。360度動画を編集する際にも、効率よく編集することができます。

しかしながら、Final Cut Pro X にはいくつかの短所もあります。音声や動画編集ツールは搭載されていますが、他のソフトウェアほどダイナミックではありません。また、 PowerDirector のようなソフトの方が直観的に使いやすいです。さらに、Apple は月額プランを提供していないので、ソフトを購入する必要があります。

長所:
  • HRD や 360度動画をサポートしている
  • レンダリングが速い
短所:
  • 月額プランがなく、ソフトが高額
  • 他の動画編集ソフトほど機能が充実していない
  • 音声編集に弱い

3. Adobe Premiere Pro CC

Adobe Premiere Pro CC-interface

Adobe Premiere Pro CC はその名前の通り、ハイエンドな動画編集ソフトウェアです。Adobe Creative Cloud の一部で、ほかのアプリケーションと一緒に使うことができます。つまり、 ファイル形式を変えずにAdobe の Premiere から After Effects や Lightroom へファイルを転送することが可能です。

他のアプリケーションと一緒に効率よくスムーズに使うことができるため、Premiere Pro CC は高く評価されています。このソフトウェアを使えば、4K 動画のレンダリングや SNSへの動画のエクスポートも簡単にできます。最新バージョンではトラッキングやマスキング機能の改善もされました。

動画編集のスキルが身に着いていない段階では、高度過ぎないソフトウェアを選ぶと良いでしょう。Premiere Pro CC は、初心者には操作が難しく上級者向けです。また、Adobe Creative Cloud の利用には高額な月額料金が必要です。

長所:
  • VR 動画編集や音声編集が可能
  • いくつものファイル形式をサポート
短所:
  • 月額プランが必須
  • システムの要件が高い
  • 上級者向け

4. Pinnacle Studio

Pinnacle Studio-Interface

Pinnacle Studio は、ちょうど上級者手前の動画編集者におすすめです。360度 VR 動画、マルチカメラ編集、マスキングといった様々なツールが搭載されています。Pinnacle Studio と使えば、4K 動画の高速レンダリングやインポートさえ可能です。

Pinnacle Studio は、あなたの好みやニーズに合わせられるような柔軟で分かりやすいインターフェイスを備えています。4K 動画や写真、音声エフェクトを管理できる Project Bins というサービスも提供しています。Pinnacle Studio の Standard バージョンなら6つのトラックまで同時に使用することができます。さらに、Plus バージョンなら24トラック、Ultimate バージョンなら無制限にトラックが使えます。

もし4K 動画編集に適切なソフトウェアを選ぶなら、 Ultimate バージョンが必要です。さらに、Windows ユーザーだけが Pinnacle Studio を使うことができます。

長所:
  • 編集エフェクトが豊富(オーバーレイ等)
  • 比較的安価
短所:
  • 直観的に分かりづらいインターフェイス
  • Mac ユーザーは利用不可
  • 限られたモーショントラック機能

5. Vegas Pro

Vegas Pro-interface

Magix Vegas Pro は中級レベルの 4K 動画編集ソフトウェアです。4096 x 4096 ピクセルまで編集可能な 4K 動画の編集が元々サポートされています。多くのプラグインと追加機能を使えば、イメージ通りの動画を作成することが可能です。

この動画編集ソフトウェアは、ワンクリックで編集できるドラック・ドロップインターフェイスです。幅広いツールとエフェクトが使えるので、最初から最後まで動画編集は思いのままです。

Vegas Pro は 4K 動画を高速でエクスポートできますが、他のソフトウェアと比べて処理速度には劣ります。Vegas Pro のレンダリングや 4K 動画のプレビューには時間がかかり、編集処理時間が伸びてしまいます。もし 4K 動画の処理にかかる時間を無駄にしたくないのであれば、 PowerDirector の方がおすすめです。

長所:
  • 直観的に分かりやすい
  • 高い信頼性(クラッシュすることが少ない)
短所
  • Mac ユーザーは利用不可
  • 4K 動画のレンダリングが遅い
  • モーショントラッキングに弱い

比較チャート

ソフト

Director Suite 365

Final Cut Pro
Adobe Premiere Pro CC
Pinnacle Studio Ultimate
Vegas Pro
価格 ※1ドル110円換算 年額15,980円 36,800円 年額28,776円 14,289円 *1 23000円
利用可能なOS Windows, Mac Mac OS Windows, Mac Windows Windows
初心者向け Yes - - - -
無料の動画、写真、音声ライブラリ Yes - - - -
システム要件 Intel Core™ i-series か AMD Phenom®
4 GB 以上(6 GB 以上推奨)
4K 動画編集には 8 GB 、
1 GB のGPUメモリ推奨
4K 動画編集には Intel® 第6世代以降の
32 GB 推奨
4K 動画編集にはIntel Core i7 第4世代の
8 GB 以上推奨
4K 動画編集にはIntel Core i7 第7世代の
32 GB 推奨

まとめ

4K 動画編集ソフトには、それぞれの長所と短所があります。Adobe Premiere Pro CC と Final Cut Pro X は上級者向けで、使いこなせるようになるまで時間がかかります。そして、Pinnacle Studio と Vegas Pro はもっと手頃で代替ソフトになりますが Windows ユーザーのみ利用可能で、そこまでパワフルではありません。

PowerDirector は最もおすすめの 4K 動画編集ソフトというだけでなく、初心者にも簡単で最も使いやすい動画編集ソフトです。使いやすいように設計されたインターフェイスと安定した動画処理能力は、 4K 動画をインポート、エクスポート、編集、レンダリングするのに十分です。さらに、幅広いエフェクトと無料のストレージ、無料のライブラリを用意しています。

PowerDirector で 4K 動画編集のレベルを上げましょう。この動画編集ソフトは、Windows ユーザーも Mac ユーザーも利用可能で、素晴らしい映像や家族動画を作るのに必要なものがすべて揃っています。
まずは 無料でダウンロード して、素晴らしい動画作りを始めましょう。

 

 

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: