3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

Windows 10 サポート終了のムービーメーカーに代わる動画編集ソフト【3選】

最終アップデート 2021年 6月 11日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
Best Windows Movie Maker Alternatives for Windows

Windows ムービーメーカーをメインの動画編集ソフトとして使用しているなら、アップグレードの時期かもしれません。Windows ムービーメーカーは、使いやすいインターフェイスで、かつてはアマチュア向けの動画編集ソフト業界をリードしていました。しかし、2017年に製造中止となり、かなり長い間アップデートが行われておらず、今後も行われる予定はありません。

その結果、この編集ソフトは、急速に進歩しているデジタル動画編集技術に大きく遅れをとっており、ユーザーの編集力に制限をかける結果となっています。さらに、この古いソフトを非公式サイトからダウンロードすると、最新の OS ではセキュリティやパフォーマンスに問題が生じることもあります。編集者は速やかに別の編集プラットフォームに移行することが良策です。

現代の編集ソフトは、Windows ムービーメーカーを圧倒的に凌駕しています。Windows ムービーメーカーは、Windows 用のフリーソフトの中では断トツに優れていましたが、より高度で直感的な動画編集ソフトにアップグレードすることで、ワークフローが大幅に改善されることは間違いありません。

これだけ多くの編集ソフトが市場に出回る中、次のソフトを見つけるのは億劫に感じるかもしれません—特に、Windows ムービーメーカーでしか編集を経験したことがない方の場合はそうでしょう。

そこで今回、Windows ムービーメーカーに代わる、3つの優れたソフトをご紹介します。これらのプラットフォームは、ユーザーフレンドリーな機能、高度な編集ツール、わかりやすいインターフェイス、プロレベルのテンプレートなど、Windows ムービーメーカーを過去のものにしたくなるような幅広い機能を備えています。

  1. おすすめのWindows ムービーメーカーの代替品
  2. Windows ムービーメーカーの代替品が必要な理由
  3. まとめ

最後まで記事を読み進めていくと、PowerDirector を無料でダウンロード することができます。

1. おすすめのWindows ムービーメーカーの代替品

1. PowerDirector 365

Windows 10, 8, 8.1, 7

PowerDirector は、ユニークなツールや機能を備えた、直感的でモダンな動画編集ソフトです。簡単な操作で、Windows パソコンやモバイル機器から、ハリウッドレベルのフィルムやクリップを作成することができます。しかも、ほとんどの機能が無料で利用でき、プレミアム会員になると月額550円以下で利用できます。

Windows ムービーメーカーを使用したことのある方なら、使いづらく複雑なインターフェイスを操作することの難しさをご存知でしょう。PowerDirector のユーザーフレンドリーなデザインは、ボタンを押すだけで動画に高度なエフェクトを簡単に組み込むことができます。また、2画面構成でカスタマイズ可能なワークスペースを採用しているため、動画編集作業を効率化できます。

PowerDirector Interface

PowerDirector のワークスペースは、プレビューウィンドウ、ライブラリウィンドウ、メディア・エフェクト・テンプレートルーム、タイムラインの4つのセクションで構成されています

また、以下の比較表でお分かりの通り、PowerDirector には、Windows ムービーメーカーにはない数多くのツールや機能が搭載されています。

機能
Windows ムービーメーカー
PowerDirector
基本的なカットツール
ストーリーボードモード
タイムラインモード -
テキスト&タイトルエフェクト 一部対応 100以上
トランジション&エフェクト 一部対応 100以上
パン&ズーム
フィルター・色調補正 -
オーディオイコライザー&オーディオミキサー -
ピクチャーインピクチャー&オーバーレイ -
ビデオコラージュデザイナー(分割画面) -
グリーンバック(クロマキー) -
動画の手ぶれ補正
アクションカメラツールと編集 -
マスクとブレンドモード -
モーショントラッキング -

クロマキー合成、クールなフィルターやグラフィックの追加、生の動画の補正などは、編集に自信がなくても PowerDirector がすべて行ってくれます。また、100% ロイヤリティフリーの音声、写真、動画ライブラリを利用して、クリップの品質をさらに向上させることができます。

PowerDirector は、Ultra HD 4K を含むさまざまな高解像度のエクスポート形式を用意しており、動画の品質を維持できます。また、作成した動画を YouTube やその他の SNS で直接共有することもでき、時間の節約にもなります。

PowerDirectorは、Windows ムービーメーカーに代わる優れた編集ツールであり、種類豊富でハイスペックな編集ツールと、ユニークで使いやすいインターフェイスを備えています。

初心者、プロの編集者問わず、ボタンを数回クリックするだけで高品質な作品を作成できるソフトです。無料版の PowerDirector に搭載されている機能だけでも、最高レベルの動画を作成することができます。このように、PowerDirector は Windows ムービーメーカーに代わる最高の編集ソフトとしておすすめです。

今すぐ PowerDirector をダウンロードして、この優れた編集ソフトをお試しください。

2. OpenShot

OpenShot Interface

Windows 用の使いやすくて完全無料の編集ソフトを探しているなら、OpenShot は試してみるべき価値のある優れた選択肢です。このソフトは、Windows ムービーメーカー以上の機能を備えていますが、初心者にも使いやすく、わかりやすいインターフェイスを備えています。

OpenShot で動画の編集を始めるには、ファイルマネージャーからプログラムに動画をドラッグ&ドロップするだけ。再生ウィンドウに動画のリアルタイムプレビューが表示され、明確なラベルが貼られたエフェクト、ツール、フィルター、テンプレートを使って、フィルムをカスタマイズすることができます。

OpenShot は、3D アニメーション、スローモーションエフェクト、テキストエディタなど、印象的な見た目の編集機能を備えています。タイムラインに無制限のトラックやレイヤーを追加したり、キーフレームやフレーム精度を使用して、繊細かつ精度の高い編集を行うことができます。Openshot のプラットフォームは、自分の好みに合わせて動画を正確にカスタマイズすることを容易にします。

動画の編集が終わったら、任意の FFmpeg フォーマットでファイルを書き出すことができます。OpenShot では、YouTube やソーシャルメディアのページに簡単にアップロードできるフォーマットで、きれいに磨き上げられた作品をデスクトップに書き出すことができます。

OpenShot には、適切なフィルターとテンプレートが用意されていますが、PowerDirector などのプログラムに見られるような高度な機能はありません。クロマキー、ピクチャーインピクチャー、ブレンドモードなどのプロ仕様のツールは、このソフトでは利用できません。

しかし、Windows ムービーメーカーからの移行であれば、プロ級の高度なツールを使ってインターフェイスを複雑にすることなく、必要な機能をすべて提供しています。OpenShot のワークスペースには威圧感がないので、編集初心者には最適な選択です。

長所:
  • 動画をカットしたり組み合わせたりする基本的な編集機能
  • 使いやすさ
短所:
  • 一定の基本機能のみ

3. VideoStudio Pro

Corel VideoStudio Pro Interface

Corel の VideoStudio Pro は、昔から市場に出回っている有名な動画編集ソフトです。このソフトには、初心者向けの動画作品を作成するために必要な機能の多くが含まれています。

基本的なトリミングツールに加えて、VideoStudio Pro は 360度編集、レンズ補正、スマートプロキシ編集、クロマキー/グリーンバックツールなど、さまざまな機能を備えています。

基本的な色補正ができ、動画の印象を変えるためのシネマティックフィルターも豊富に用意されているほか、クリップのカラーグレーディングに役立つ LUT プロファイルも利用できます。

さらに、VideoStudio Pro には、複数のカメラからの動画を組み合わせるためのマルチカム機能があります。複数のカメラで撮影する場合、この機能は便利ですが、他のソフトのマルチカム機能よりもかなり複雑です。

VideoStudio Pro は、操作画面は独自なものですが覚えやすく、他の編集ソフトを使ったことのない初心者のユーザーでもすぐに使い始めることができます。必要最低限の編集機能を求めているのであれば、このソフトは検討すべき選択肢のひとつです。

以上のように、VideoStudio Pro には標準的な編集ソフトの基本機能がすべて含まれており、一度購入してしまえばその後の支払いが発生しない買い切り価格で購入できますが、制作に合わせて常に拡張できるものではないため、その点を検討する必要があります。

長所:
  • 初心者向けの操作性
  • ユニークでシンプルなインターフェイス
短所:
  • 中級者以上向けの機能が少ない
  • 補助的な学習コンテンツがない
  • アップデートの頻度が低い

2. Windows ムービーメーカーの代替品が必要な理由

Windows ムービーメーカーは、長年にわたって基礎的な動画編集ソフトとして活躍してきました。しかし、動画編集が一般的になるにつれ、各社から Windows ムービーメーカーを上回る革新的で分かりやすい編集ソフトが発売されるようになりました。

多くの Windows ユーザーは、Windows ムービーメーカーの便利さと使いやすさを享受してきました。特に、長い間、Windows パソコンには Windows ムービーメーカーがプリインストールされていました。しかし、多くの最新のソフトは、ムービーメーカーと同じように簡単に使用でき、簡単なインストール手順で、ムービーメーカーよりも何十も多くの機能やツールを備えています。

Windows ムービーメーカーは、最新の Windows デバイスではダウンロードできなくなっています。2017年には、このソフトを、Windows Photos アプリで利用できる限定的な動画編集ツールに置き換えました。つまり、Windows はムービーメーカーのソフトをアップデートしていないため、時間の経過とともにパフォーマンスが低下することが予想されます。

Windows ムービーメーカーには便利なツールやフィルターがたくさんありますが、ウェブ上のアップデートされたプログラムに比べると機能性に欠けており、初心者の方はその時代遅れで性能の低いインターフェイスを操作するのに苦労するかもしれません。

今でも Windows ムービーメーカーを愛用している方は、思い切って PowerDirector や OpenShot、VideoStudio Pro など、より使いやすく高機能なソフトをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

3. まとめ

Windows ムービーメーカーは時代遅れになりつつあります。最新の編集ソフトに対応するためには、このプログラムをより新しく、より直感的なオプションに置き換えることを検討する必要があります。

PowerDirector、OpenShot、VideoStudio Pro には、Windows ムービーメーカーと比較して様々なメリットがあります。PowerDirector は総合的な操作性に優れ、OpenShot はわかりやすい基礎レベルのツールを備え、VideoStudio Pro はプロレベルのビデオ作成に必要な高度な機能をすべて備えています。

ここでは、それぞれのプログラムの価格、対応フォーマット、ストックライブラリの有無、ビデオエフェクト、使いやすさなどを比較してみましょう。

 
代替品
ソフト
Windows ムービーメーカー

PowerDirector

OpenShot
Corel VideoStudio Pro
価格 無料 無料/有料 無料 有料
対応フォーマット WMV, AVI, MPEG, MOV SD, HD, 4K MP4, MKV, FLV, MPEG 1/2, WMV, AVI, MOV, AVCHD, 360 Video, Dolby Digital audio MP4, WebM, AVCHD, HEVC AVC, AVI, HEVC2, M2T, MOV3, MPEG-1/-2/-4
ロイヤリティフリーのストック素材 - 動画、写真、音楽 - -
ビデオエフェクト 一部対応 一部対応
使いやすさ -

これらの Windows 向け編集ソフトを一度試してみると、ムービーメーカーが過去のものであることがわかるでしょう。同時に、最新のプラットフォームの優れた機能を知ることができます。

 

動画編集が初めてという方にも、かんたんな操作で本格的な動画編集が可能な PowerDirector をおすすめします。
Windows のムービーメーカーに代わる優れた機能で、動画編集体験をアップグレードしてくれます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: