3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

【ショート動画にも最適】動画をトリミング・カット編集をするには【編集ガイド】

最終アップデート 2021年 11月 19日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
voice changer

最近流行りの TikTok や YouTube ショート動画など、1 分程度の短い動画「ショート動画」が大人気ですよね。

「1分程度の動画なら自分でも作れる」と考えたことはありませんか? でも、動画編集って「難しい」とか「時間がかかる」とか「動画編集ソフトは高い」等のハードルが高いイメージがあります。

だけど、最近では「動画編集ソフト」の機能充実と低価格化、AI での操作サポートなどで、実は初心者でも簡単に出来ちゃうんですよ! なかには無料の動画編集ソフトなんて物まであったりと、かなりハードルが下がっているんです。

そこで、今回は「かんたん実践」と題しまして、動画編集のキモと言われる「トリミング」や「カット編集」の方法を解説していきます。


【目次】

トリミングってなに?

動画編集と聞いて最初に思いつくのって、動画の不要な部分をカット(切り取り)して前後を違和感なく繋ぐ作業「トリミング」ではないでしょうか? 

皆さんのイメージ通り、トリミングは動画の編集で最も重要な作業の 1 つで、トリミングの出来次第で動画の見やすさや評価が変わってきます。

逆に言えば「トリミング」さえしっかり覚えてしまえば「動画編集出来る」と言っても過言ではないかもしれません。

    ・トリミングとは

    これまでにも解説してきた通り、動画の魅力を低下させる不要なシーンや、別々のシーンを繋げる際に発声する不要な部分を「カット」したり、繋いだりする作業を「トリミング」と言います。

    動画を撮影するとどうしても発生してしまう「移動シーン」や「作業シーン」をカットして前後を繋ぐ事がメインの作業です。

    皆さんにイメージしやすいシーンで言うなら、お料理・レシピ動画などで「材料を炒めている」シーンを想像してください、材料が炒め終わるまで永遠とシーンを見せられるより、「炒めます」と言った後に、「炒め終わった物」を見せられる方が見やすいですよね、だって「炒める」作業なんて自分の頭の中で補完できてしまいますから。

    そういった、不要なシーンを「カット」して前後を繋ぐ作業と考えてください。

    この作業をするかしないかで、動画の価値は飛躍的にあがるのです。

そして、この「トリミング」と言う作業が一番必要になってくるのが「ショート動画」です。

ショート動画はその名の通り 1 分程度の短い動画ですので、「トリミング」を使って見せたいシーンを上手に 1 分の動画に盛り込んでいく必要があるのです。

トリミングにおすすめのソフト

この記事では、動画のトリミングする方法を動画編集ソフト 「PowerDirector」 を使って説明していきます。

「PowerDirector」はパソコンでもスマホでも使用することができ、初心者でもわかりやすい操作画面や、AI を搭載した優秀な編集ツールにより、かんたんな操作でプロレベルの編集が可能になっています。

そして、充実した Q&A や動画による操作説明、様々な言語で受けられる充実したサポートも人気の理由でしょう。

次の章からは実践的に「トリミング」について解説していきますので、解説で使用している動画編集ソフト「PowerDirector」の体験版をダウンロードして、一緒にやってみてくださいね。

「PowerDirector 体験版」のダウンロードは下記からどうぞ。



かんたん実践「トリミング」

1. iPhone・Android でビデオをトリミングする方法

iPhone や Android で撮影したビデオを編集する時どうしますか?

まず思いつくのは、一度PC等にデータを移動して PC 上で動画編集する方法でしょう。

しかし PowerDirector には iPhone・Android 用のアプリ版も用意されています。

PC 版に近い使用感で機能も充実しているので、わざわざ PC へデータを移動しなくてもお手持ちのスマートフォンで撮影から編集、SNS や共有サイトへのアップロードまでワンストップで出来てしまうのです。

 

それでは早速アプリ版の「PowerDirector」を使って「トリミング」をやってみましょう。

[新規プロジェクト]をタップして、アスペクト比を選択します。スマートフォンで撮影したビデオはフォルダに表示されます。目的の動画を選択し、タイムラインに追加します。

trim videos  trim videos

 

戻るボタンをタップして、編集モードに入ります。これで、ビデオをトリミングする準備が整いました。

ビデオを一通り見て、削除する部分を決定します。

タイムライン内の動画をタップして選択すると、動画の左端と右端にトリムラインが表示されます。

trim videos

 

トラックの左端をタップして右にドラッグし、動画の開始時の不要な部分を削除します。

trim videos trim videos

 

次に、動画の右端をタップして左にドラッグし、ビデオを終了したいポイント以降の余分な部分を削除します。

これで、動画の開始点と終了点のトリミングが出来ました。

では動画の途中にある不要部分のトリミング方法をやってみましょう。

trim videos

 

動画の不要だと思われるシーンの開始点に青いラインを移動します、その場所で右下にある「エンピツマーク」をタップして「分割」をクリックすると、ラインの部分で分割されます。

trim videos

 

次に、不要シーンの終了点に青いラインを移動し、同様に分割しましょう。

開始点と終了点の分割が終わりましたら、不要部分の動画をタップして選択し、「ゴミ箱マーク」をタップして削除します、すると自動的に前後の動画は繋がれます。

trim videos trim videos

 

これで動画の途中にある不要部分のトリミングができました。

全体のトリミングが完了しましたら、画面の右上隅にある「動画出力」ボタンをタップしてファイルを保存します。

これで「トリミング」が完了しました、いかがでしょうか、難しくないですよね?

あとは、このトリミングをするシーンの選び方などを工夫する事により、動画は飛躍的に見やすいものになります。

 

 

2. Windows・Mac でビデオをトリミングする方法

Windows・Mac でビデオを編集する場合も、デスクトップバージョンの PowerDirector を使用してビデオをトリミングすることができます。

動画をトリミングする方法は簡単です、クリップをインポートし、編集タイムラインを使用してトリミングしていきます、実際にやってみましょう。

trim videos trim videos

 

ビデオクリップをタイムラインに配置した後、トラックの左端または右端にマウスカーソルを置きます。トラックの端の両側に調整矢印の付いたアイコンが表示されます。矢印をクリックして、ビデオをカットするポイントまでドラッグします。

trim videos

 

PowerDirector のトリミングツールを使用してビデオをトリミングすることもできます。クリップを編集タイムラインに追加したら、[トリム] ボタンをクリックします。このボタンは画面の左上にあり、はさみのように見えます。

トリムをクリックすると、下図のような「トリミングウィンドウ」が開きます。

trim videos

 

トリミングウィンドウが開き、シングルトリムとマルチトリムのどちらかを選択できます。

シングルトリムを使用して、再生ヘッド(黄色い台形マーク)をビデオを開始する場所にドラッグし、[開始位置]ボタンをクリックします。次に、再生ヘッドをビデオを停止する場所にドラッグし、[終了位置]ボタンをクリックします。

終了したら、[OK]をクリックしてタイムラインへの変更を保存します。

 

マルチトリム機能を使用すると、クリップから複数のセグメントを削除できます。このツールはカッタウェイに役立ち、シングルトリムと同じように機能します。 [開始位置]ボタンと[終了位置]ボタンを使用してポイントをマークすることにより、ビデオを開始および停止する各ポイントに再生ヘッドを移動します。

trim videos

すべての開始点と停止点をマークしたら、[OK]をクリックしてクリップをタイムラインに追加します。

まとめ

さて、「トリミング」について解説してきました。

いかがでしょうか、思ったより簡単だったんではないでしょうか?

しかし、簡単だからこそ奥が深いのです。

トリミングに慣れてきたら、トリミングを行うタイミングや動画同士を繋ぐ時に入れるエフェクト(トラジション)などを使って、自然に違和感なくリズミカルな動画を作れるように練習してみましょう。

そしてこれらの機能を活かして魅力的な「ショート動画」を作ってみてくださいね!

 

今回ご解説に使用した「PowerDirector 」は下記から体験版をダウンロードできます。

体験版は無料でダウンロードでき、ずっと使用できますのでぜひ動画編集にチャレンジしてみてくださいね!



この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: