サインイン
3

動画をスローモーションや倍速にする方法

最終アップデート 2021年 4月 29日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
How to Speed Up and Slow Down Clips

この記事では、動画の速度を変更できるソフトをいくつかをご紹介します。iPhoneやAndroidなどのスマートフォンや、ノートパソコンにもおすすめのソリューションを紹介していきます。

動画の速度を速くしたり遅くしたりすることで、動画に素晴らしい効果を加えることができます。特に、スローモーションとファストモーション(倍速)を組み合わせれば、ちょっとしたハリウッド映画のような演出も行えます。また、長い尺の動画を早送りして見せることで、かっこいいタイムラプス効果(低速度撮影効果)を作り出すこともできます。
動画速度調整についてのいくつかのテクニックを学ぶためには、まず動画の速度と、それが作品に与える影響について知る必要があります。


動画速度とは?

動画速度とは、1秒間に撮影される動画の速度のことです。これは「fps」という単位で表され、「フレーム / 秒」の意味になります。ほとんどのカメラは1秒間に30フレーム(正確には29.97フレーム)で撮影しています。これは、放送周波数や世界各地で異なるビデオフォーマットの影響を受けたものです。
また、30フレーム/秒以上(60fps、120fps、240fps など)で撮影すると、微小な動きの詳細をできるだけ多く捉えることができます。そのため、スローモーションにすると、なめらかな動きのスローモーション映像になります。

一方、「映画のような映像」を目指している場合は、24fps(フレーム/秒)で撮影する必要があります。これにより、よりゆっくりとした映像になります。人間の目は30〜60fps(フレーム/秒)で見ているので、フレーム数が少ないと、よりリアルでドラマチックな映像になります。実際、フレームレートが遅くなればなるほど、映像はよりドラマチックになります。


スローモーションとタイムラプス

スローモーションとは?

スローモーションに馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませんが、スローモーションとは、ビデオの中で時間が遅くなったように見える効果のことです。この効果を得るためには、再生される速度よりも速い速度のフレームレートで撮影する必要があります。これを通常の速度で再生すると、時間がよりゆっくりと動いているように見えます。これは、ビデオクリップを減速して再生することでも実現できます。その場合、動画編集ソフトが、時間を引き延ばされて足りない部分のフレームを自動で生成して補間してくれます。これにより、動画の再生時間が長くなります。


タイムラプス(低速度撮影)とは?

これに対して、タイムラプスは、撮影した動画の時間を大幅に短縮することを目的としています。これは通常、撮影時のフレームレートよりも速い速度で再生することで行われます。タイムラプスでは、フレームを追加するのではなく、動画編集ソフトが1秒あたりのフレームを削除することで、動きが詰まり、動きが速くなったような効果を生み出します。これは、非常に長い動画の時間の経過を速く感じさせるために非常に有効です。例えば、タイムラプス(低速度撮影)を使って日の出(または日の入り)を数分から数秒に短縮することで、動画に魅力的な効果を与えることができます。

スローモーションとタイムラプスの仕組みを理解したところで、次はさまざまなアプリと、それらを使って動画を速くしたり遅くしたりする方法をご紹介しましょう。


オンラインで動画速度を変更する方法

アプリをダウンロードしたり、ソフトウェアをインストールしたりしなくても、Kapwingのようなサイトを使って動画のスピードを変更することができます。使用したい動画がすでにオンラインになっているか、アップロードして編集したい場合に適していますが、操作には制限があります。以下のサイトからオンラインで動画の速度編集を行えます。
https://www.kapwing.com/tools/change-video-speed

編集したい動画をアップロードするには、2つの方法があります。

  • デバイス内に動画がある場合は、カメラロールやハードディスクからアップロードするファイルを選択します。
  • 動画がオンラインの場合は、動画のURLを追加します。

ファイルが追加されると、クリップのスピードアップまたはスローダウンのオプションを表示し、様々な速度を選択できます。遅くする場合は、0.25倍(4分の1)から0.5倍、0.75倍の速度があります。

W速くする場合は、1.5倍、2倍(2倍の速さ)、4倍の速度があります。必要に応じて、このアプリを使ってクリップをトリミングすることもできます。


Windows で動画速度を変更する方法

PowerDirector Speed Up Video App

PCをお使いの場合は、 PowerDirector Essential を使用して、動画の速度を変更することができます。動画の速度を速くしたり、遅くしたり、自由にコントロールすることができます。
PowerDirector Essential は、PowerDirector 365 の無料版です。以下のビデオチュートリアルでは、動画の速度を変更する方法について説明しています。

モバイルアプリ版iOS & Android 向けチュートリアルはこちら

  • タイムライン上でクリップを選択します。
  • 「ツール」ボタンのドロップダウンをクリックします。
  • 続いて「ビデオ速度」 をクリックします。
  • ウィンドウが開き、より多くのオプションが表示されます。効果をクリップ全体に適用するか、スピードアップ/スローダウンする時間の範囲を選択できます。

Macで動画速度を変更する方法

iMovieは、Macで動画をスローモーションや倍速にするのに有効なアプリです。Macにプリインストールされているアプリなので、便利ですが、スピードコントロールには制限があります。基本的なスピード編集を行うには、こちらのクイックビデオをご覧ください。

タイムライン上にクリップが表示されたら、スピードを速くしたい(または遅くしたい)部分を選択します。

  1. 「R」キーを押しながら、タイムライン上のスピード変更の開始点をクリックします。
  2. 次に、スピード変更の終了点をクリックします。
  3. 右上のツールセットで、選択範囲の再生速度を選択できます。また、クリップを希望の長さにドラッグすることもできます。

この機能では、クリップを分割してからトランジションを追加したときのようなギクシャクした動きではなく、スムーズに緩急をつけた速度変更ができます。


おすすめ Windows 向け動画編集ソフト

PowerDirector video speed ramping features

Windows で豊富な編集機能を備え、緩急をつけたようなスピードランプに対応している動画編集ソフトをお探しなら、PowerDirector がおすすめです。スピードランプに対応し、1つのカットで速くなったりスローモーションになったりする効果をスムーズに表現できます。

無料ダウンロード
Windows 7 (64-bit) 以降対応 セキュリティチェック済

PowerDirector では、動画の速度を正確かつ簡単に調整する方法がいくつかあります。

  • 最終的な時間を指定して速度を変更
  • 速度倍率を指定して速度を変更
  • 指定した範囲内のみ速度を変更
  • タイムシフトで速度変更
「タイムシフト」とは、動画クリップ内の選択範囲のみ、緩急をつけて速度を変更することです。

Windows 版 PowerDirector で速度を調整する基本的な手順

  • タイムライン上でクリップを選択します。
  • 次に、タイムライン上でクリップを選択し、「パワーツール] ボタンをクリックします。
  • 続いて、「ビデオ/オーディオ スピード」をクリックします。
  • キーボードの「Ctrl」キーを押しながら、クリップの端をドラッグして速度を変更します。

クリップの長さを伸ばせば伸ばすほど、スピードは遅くなります。


iPhone で動画速度を変更する方法

iPhone の PowerDirector アプリでスローモーション動画を作成する手順を説明します。

  • タイムライン上でクリップを選択します。
  • 左下の「編集」ボタンをタップします。
  • たくさんの素敵な機能が表示されますが、「スピード」を選択します。
  • クリップの右側にスライダーがありますので、上下にスライドさせて結果を確認してください。

他にも、効果を「イーズイン」または「イーズアウト」するオプションがあり、速度変更の境目をスムーズで滑らかな映像にしてくれます。さらに、速度を変更することでオーディオの音程が高くなったり低くなったりするのを避けるためにクリップをミュートすることもできます。

以下に簡単な動画をご紹介します。


Android で動画速度を変更する方法

Android の PowerDirector アプリでも、動画速度の変更は可能です。上記の iPhone と同様の手順を実行してください。


さらにプロフェッショナルな動画編集ソフト

動画の再生速度をさらに細かくにコントロールしたい場合は、Adobe After Effects を使用することができます。ただし、このソフトはこれまでおすすめしてきた他のソリューションに比べて、価格がかなり高く、やや複雑な操作が必要になることもあるため、ハードルが高いことにご留意ください。出力結果としては、スローモーションの補間が滑らかで、動画速度変更にに最適なソフトです。

After Effects での速度変更手順:

  1. タイムライン上でクリップを選択し、右クリックします。
  2. 「時間」を選択します。
  3. 「タイムリマッピング使用可能」を選択すると、クリップの最初と最後に2つのキーフレームが作成されます。
  4. 速度を変更したい位置にキーフレームを打ち、速くするなら左に、遅くするなら右にスライドさせます。
  5. 最初のキーフレームを右クリックし、「キーフレーム補助」から 「イージーイーズアウト 」を選択します。
  6. 最後のキーフレームでは、「キーフレーム補助」から 「イージーイーズイン」を選択します。

これらの手順は After Effects の基本です。デフォルトの設定でも十分なのですが、速度グラフを使ってキーフレームをコントロールし、動きにメリハリをつけることで、より魅力的な映像に仕上げることができます。
以下のチュートリアルでは速度の調整を積極的に取り入れた動画の作成方法を紹介しています。


まとめ

ここでは、動画編集ソフトで動画速度を変更するためのヒント、コツ、おすすめアプリを紹介しました。オンライン、Windows / Mac、スマートフォン、プロの編集者向けなど、無料から有料までさまざまな選択肢があります。その中でも、おすすめは PowerDirector です。無料の動画速度を変更できる無料アプリの中で、最も優れた機能を備え、誰でも簡単に使える操作画面で、効果的な表現を生み出すことができます。

動画編集に使われるエフェクトについてさらに知りたい方は、動画編集エフェクト完全ガイド をご覧ください。
また、人気の記事一覧 もぜひチェックしてみて下さい。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: