サインイン
3
PowerDirector

【視聴率アップ】YouTube 向け動画の撮影方法

最終アップデート 2021年 6月 4日 – by Hiroshi
お気に入りに追加

「YouTube 用の動画を撮影したいけど、カメラや制作のスキルに自信がない」という、そんなあなたにぴったり。ここでは、YouTuber が YouTube 用に高画質な動画を制作するために必要な知識とコツをご紹介します。

動画制作を始める前に、なぜ YouTube で成功するために高品質の動画を制作することが必要なのかを理解しておくことが大切です。

  1. 激化する競争
  2. YouTube で成功するために高品質な動画が必要な理由
  3. いい映像を撮るためには

1. 激化する競争


動画を作ることは、自分自身を世界に向けて発信し、自分や自分のアイデアに注目を集めるための最初のステップです。YouTube で動画を公開することは、世界的なムーブメントの一つとなり、アイデアを共有し、ビジネスを促進し、創造性を表現し、さらにはお金を稼ぐための素晴らしい方法です。

1日に10億時間以上の動画が視聴され、毎月20億人以上の登録ユーザーが訪れている YouTube は、視聴者が無名のクリエイターの新しい動画を発見する場所であると言っても過言ではないでしょう。

しかし、YouTubeで成功するためには、見てもらわなければならず、はっきり言って競争は激化しています。

昨今、毎分500時間の動画がアップロードされており、1日に72万時間もの動画がアップロードされている計算になります。

前述の通り、YouTubeは自分をアピールしたい人にとっては最高の場所であり、同時に、たくさんの人が競い合っている場所でもあるのです。

2. YouTube で成功するために高品質な動画が必要な理由

手ぶれがあったり、暗かったり、画像が粗かったり、ピントが合っていなかったりすることが許容される動画の時代は終わりました。今日の視聴者は、見るものすべてに鮮明で高精細な映像を求めるようになっており、これらの基本的な要件を満たしていないコンテンツはすぐにスキップされてしまいます。

YouTubeで成功するには、高品質で視覚的に印象的な動画が不可欠です。映像の質は、コンテンツが視聴者に与える第一印象となります。高品質な動画は、視聴者を惹きつけ、邪魔なものを排除し、視聴者の全ての体験をコンテンツに集中させることができます。視聴者は高品質な映像に目を留めるだけでなく、それを期待していることを忘れないでください。

カメラ、照明、マイクなどの制作機材が大幅に進歩し、これまで以上に多くのクリエイターが素晴らしい技術を利用できるようになりました。プラットフォーム上の膨大な数のコンテンツ、注目を集めるための競争、そしてHD動画技術の利用により、動画の品質に対するハードルは高くなっています。

しかし、優れた映像を作るのは機材だけではありません。成功しているクリエイターたちは、映像制作の基礎を熱心に学んでいます。適切な機材の組み合わせとガイドラインを知ることで、あなたも素晴らしい動画を作り、YouTubeで視聴者を魅了することができるでしょう。

3. いい動画を撮るためには

常に素晴らしい動画を撮影するためには:
  1. 基本を押さえる
  2. 自分のカメラを知る
  3. セットアップをマスターする
  4. 自分流のYouTube制作プロセスを構築する

1. 基本を押さえる

撮影を始める前に、何を撮影するのかを考えておく必要があります。撮影の計画を立てることで、動画の出来栄えに集中できます。

まずは、動画のアウトラインや台本を作成しましょう。細部まで説明する必要はありません。シーンの基本的な動きと、何が語られるのかを検討してください。

台本に基づいて、動画に必要なものがわかるはずです。それは、小道具、特定の服や場所、キャスト、動画やオーディオ機器などです。動画を撮影するために、すべての要素を揃える作業をプリプロダクションと呼びます。必要なものをまとめたチェックリストを作ることをおすすめします。そうすれば、忘れ物をすることなく、撮影の細部に集中することができます。

2. 自分のカメラを知る

すべての動画には共通点があります。それは、カメラです。

YouTubeで素晴らしい動画を作るのに、プロ用の高級カメラは必要ありません。スマートフォンでも一眼レフでも、高品質な動画を作るためには、押さえておくべきポイントがあります。

画像の解像度

カメラを選ぶ際、まず考慮すべきは映像の解像度です。解像度とは、撮影した動画の各フレームに、どれだけのディテールが取り込まれているかを示すものです。このデータはピクセルで表現されます。一般的には、1フレームに取り込まれる画素数が多いほど高精細になります。

HD(High-Definition)動画は、カメラやテレビの標準となっているので、皆さんもよくご存知でしょう。HDには、「HD」と「UHD(Ultra High Definition)」の2種類のレベルがあります。HDは通常、幅720および1080ピクセル、UHDは幅4Kおよび8Kピクセルとされており、これらはスクリーンに表示され、カメラで撮影される最も一般的な解像度です。

できるだけ高い解像度がいいと思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。解像度が高ければ高いほど、データ量が多くなり、より多くのストレージスペースと、それを処理するのに十分な速度を持つコンピューターやデバイスが必要になります。その結果、制作プロセスに時間とコストがかかることになります。

また、YouTubeでは最大でも 2160 UHD までしか再生できません。画像の解像度とデータサイズのバランスを取るためには、最低でも 1080 HD、4K 以上の解像度を持つカメラで撮影することをおすすめします。

レンズ、ズーム、フォーカス

カメラで高品質な動画を撮影するために、解像度の次に重要なものがレンズです。

レンズ

レンズを知ることで、被写体にどれだけ接近する必要があるかを知ることができます。レンズには、視野の広いワイドショットが可能なものと、視野の狭いタイトショットが可能なものがあります。また、ワイドとタイトの間でズームができるレンズもあります。これを「ズームレンズ」と呼びます。ズームしないレンズは、プライムレンズまたは固定レンズと呼ばれます。固定レンズは、スマートフォンのレンズとして最も一般的なものです。

プライムレンズや固定レンズの一例: prime lens
ズームレンズの一例: zoom lens

ズーム

「ちょっと待って、私のスマートフォンにはズームが付いているじゃないですか」と思われたかもしれません。確かにそうなのですが、カメラでズームインやズームアウトができるからといって、ズームレンズを使っているとは限りません。ズームレンズには2つの種類があります。レンズを使った「光学ズーム」と、カメラ内で画像を拡大・縮小して表示する「デジタルズーム」です。

自分がどのようなズームを使っているかを理解しておくことが重要です。デジタルズームを使用すると、動画の品質が低下します。プライムレンズを使用していて、動画の中の被写体をより大きく見せたい場合は、デジタルズームを使用する前に、カメラを被写体に近づけることをおすすめします。こうすることで、動画の最初から最後まで一貫したディテールと品質を保つことができます。

次に強調しておきたいのは、常にピントを合わせて撮影することです。そのためには、自分の使っているカメラのフォーカスの仕組みを知る必要があります。マニュアルフォーカスの場合は、レンズのフォーカスリングを調整して被写体をシャープに保ちます。オートフォーカスの場合は、カメラのセンサーが自動的にレンズを調整して、被写体にピントを合わせてくれます。主な違いを以下にまとめました。

the right camera マニュアルフォーカス:
  • ピントを自在にコントロールできる
  • 被写体が動くたびに調整する必要がある
オートフォーカス:
  • 被写体の動きに合わせて自動的にピントを合わせてくれる
  • ピントを合わせる被写体をカメラが間違えることがある

いずれにしても、自分のカメラがどのタイプのフォーカスを備えているのかを確認してください。初心者の方はオートフォーカスの方が良いかもしれませんが、被写体が一箇所に留まるような場合は、オートフォーカスをオフにした方が良いでしょう。

3. セットアップをマスターする

カメラの重要な部分がわかったところで、いよいよ撮影の準備に入ります。映像を作るときに大切なことは、視聴者が見るフレーム全体に、何らかの意味やメッセージが込められていることを忘れないことです。フレームの中に入れるもの、光の当て方、カメラの動かし方(あるいは静止の仕方)、被写体やフレーミングに対するカメラの位置などを、「Mise-en-scène(ミザンセーヌ)」と呼びます。

「ミザンセーヌって何」?と思われた方、フランス語の授業ではありませんので、ご安心ください。 「ミザンセーヌ」とは、簡単に言うと「舞台に上げること」です。映像制作において、舞台とは私たちが見ているスクリーンのことですから、「スクリーンに載せること」と考えていいでしょう。ミザンセーヌの概念は非常にシンプルですが、芸術的には非常に深く緻密に研究されています。

YouTube動画の制作を始めるにあたっても、この概念の基本的な理解が正しい方向性を示してくれるでしょう。もっと詳しく知りたい方は、こちらの動画で、動画に素晴らしいミザンセーヌを作るためのより詳細なアイデアをご覧ください。

フレーミング

映画では、内容、照明、動作などのショットの要素を組み合わせて、感情が伝わるようにストーリーを進めるのがフレーム構成の目的です。「百聞は一見にしかず」というように、フレームの中でどのように要素を配置するかは、ストーリーを語る上で大きな意味を持ちます。

YouTube の動画には、大きく分けて3種類のフレームやショットがあります。
  • 広角ショットは、視聴者に状況を伝えたり、動画の設定を強調したりするのに適しています。
  • ミディアムショットは、視聴者に動画の次の展開を伝えたり、動画の各部分をつなぐのに便利です。
  • クローズアップショットは、エンゲージメントを高めたり、音楽に合わせて語りたい特定の要素を強調したりするのに最適です。クローズアップは、背景の邪魔になるものを排除し、伝えたいことを強調することができます。 

以下の動画では、これらのショットや他のタイプのショットを使って、動画の雰囲気に影響を与える方法を紹介しています。

これらのショットを効果的に撮影するために、専門家は次のようなコツを提案しています:
  • 三分の一の法則 フレームを縦と横で三分割し、その交点の一つに被写体を置くことで、画像のバランスが整い、面白い構図になります。
photography composition
  • 奥行きを出す ピントを中心から外し、背景から離して撮影することで奥行きを出します。また、レンズの焦点を変えたり、カメラからの距離を変えて被写体を配置することで、シーンをより大きく、より面白く見せることができます。
  • 環境や場所にも気を配る これにより、見る人が美しいと感じるようなショット、あるいは少なくとも動画のメッセージそのものと一致したショットになります。邪魔になるようなものや、ストーリーにそぐわないものは避けましょう。

安定性

カメラを持って撮影する場合、物理的に難しいことがあります。腕が疲れたり、体が動いたり、カメラがぶつかったり......これらはすべてNGです。手ぶれしたり、ピントが合っていなかったりすると、映像の質が著しく低下してしまいます。スムーズに撮影する方法はいろいろありますが、カメラを固定している場合は三脚で、動いている場合はジンバルで、常にカメラを安定させることをおすすめします。

ライティング

照明は、自然光を使うか、人工光を使うかを選択できます。自然光はわかりやすいですね。空、太陽、月などの光を受けて撮影されたものは、自然光とみなされます。屋外で撮影される映像によく使われますが、レフ板やディフューザーで最適化することができます。対して直射光は、人工的な照明源からの光です。被写体の特徴を強調して撮影する場合によく使われます。

自分のYouTube動画に最適な照明を見つける必要があります。自分の作品に合った照明を選ぶには、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

下の表は、それぞれの照明の長所と短所をまとめたものです
自然光
長所 短所
無限にある コントロール不能
無料 時間帯によって条件が異なる
人工光
長所 短所
コントロール可能 場合によっては高価になる
自然光を再現することができる より多くの荷物を持ち歩く必要がある

自然の光源である太陽光は、幸せな印象を与えるのに役立ちます。色の鮮やかさを強調することで、そのショットの雰囲気やメッセージ性を高めることができます。動画で使用する照明は、視聴者に何を伝えたいのかが重要です。どのような照明を選ぶかは、YouTube動画の作り手であるあなた次第です。あなたのアーティストとしてのアイデンティティにつながり、メッセージをうまく伝えることができるようなものを選んでください。

video shoot lighting

4. 自分流のYouTube制作プロセスを構築する

機材とセットアップの方法を検討したら、次は自分に最適な設定の仕方とセットアップの組み合わせを見つけることです。すべてのプロダクションプロセスは異なっており、これらの要素の選択による独自の組み合わせが、あなたのスタイルを決定します。

テスト、改良、そして繰り返し

撮影方法に正解はありませんが、良い映像を撮るためには、プロセスを意識することでより良い結果を得る練習になります。様々なセットアップを試してみて、結果を確認し、自分に合ったものを見つけることが大切です。有名なYouTuberの多くは、ひとつの制作プロセスからスタートして、完璧なセットアップに落ち着くまで進化させています。

成功している YouTuber に共通して見られるのは、多くの撮影を経て洗練された美学を持っていることです。これらのヒントの完璧な組み合わせを見つけるまで、試行錯誤を続けてください。そうすれば、動画の品質は安定し、あなたのユニークなスタイルは、YouTube の中で際立った存在になるでしょう。

この記事が気に入ったら、YouTuber になるには 初心者向け【永久保存版】 のページもご覧ください。
その他の記事は、ブログ一覧 からご覧いただけます。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: