サインイン
3
PowerDirector

レンダリングが高速な動画編集ソフト【2021年版】

最終アップデート 2021年 7月 9日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
Fast-Rendering Video-Editing Software That You Should Use 2021

もし最速で動画編集をしたいなら、高速レンダリングに対応した動画編集ソフトが必要になります。レンダリングとは、編集した内容を動画に反映させるための処理のことです。言い換えると、タイムライン上のすべてのトラックを取得して、プレビューを表示したり、動画ファイルをエクスポートしたりすることを言います。

動画の品質、トラックの数、適用したエフェクトによっては、高速レンダリング用に設計されたソフトを使わなければ、とても長い時間がかかることがあります。

動画編集ソフトを選ぶときは、システムの性能や効率を向上させるハードウェアアクセラレーションが可能かを確認する必要があります。これにより、動画の処理、デコード、およびエンコードを短時間で行うことができます。動画をレンダリングする時間を減らすことで、編集により多くの時間をかけることができます。

高性能なレンダリングが必要な場合は、最適な動画編集ソフトが必要です。そのため、自分のスキルとニーズをもとに動画編集ソフトを選ぶことをお勧めします。動画編集が中級レベルの方におすすめのソフトは、 DaVinci Resolve と HitFilm Express です。

プロの動画編集者は、 Final Cut Pro X や Adobe Premiere Pro をよく使っています。上記のプロ向けのソフトは、高度な機能と洗練されたインターフェイスを備えているため、フルタイムでの使用に最適です。プロ向けの動画編集ソフトは、使いこなすことができれば質の高い動画を作ることができます。

しかし、これら全ての機能を持つ動画編集ソフトではサイバーリンクの PowerDirector が最も使いやすいです。アメリカ大手コンピュータ雑誌のPCMag によると、 FinalCut や Premiere Pro と比較した場合でも、 PowerDirector が Windows 用、Mac 用の高速レンダリングソフトとして紹介 されています。

高速レンダリングが可能なソフトの中で、多くの人が PowerDirector を選ぶのには理由があります。PowerDirector は、効率的にクオリティの高い動画を編集する方にベストな動画編集ソフトです。今すぐ PowerDirector を無料でお試しください

レンダリングが高速な動画編集ソフト3選【2021年版】

1. PowerDirector

サイバーリンクの PowerDirector を使うことで動画編集が快適になります。さらに、このソフトは最先端の機能と見やすいインターフェイスを備えています。高速レンダリングにより、動画が長さに関わらず、動画編集を速く終わらせることができます。

PowerDirector を使う際には、AMD / NVIDIA / Intelグラフィックスカードによるハードウェアアクセラレーションを有効にすることでより高いパフォーマンスが発揮できます。使用する前に、ドライバーとハードウェアが最新であることを確認してください。これを有効にすることで、ビデオエフェクトのレンダリング、プレビュー、エンコードおよびデコードを高速化することができます。CPU最適化によりダウンタイムを減らすことで、4K ファイルも問題なく処理できるのです

ハードウェアアクセラレーションを有効にすることで、動画編集の多くの機能を高速化できます。PowerDirector を使えば、完成動画がどのように見えるかを確認する時に、すぐに最高画質でのプレビューができます。

注目すべき機能の1つは、高品質で豊富な素材を用意しているライブラリへのアクセスです。著作権を気にせずに、動画、写真、音声などの素材をダウンロードできます。ShutterStock ライブラリへのアクセスは、 PowerDirector の年間サブスクリプションに含まれています。

他にも、 PowerDirector が人気の理由は、使いやすく高度な機能を持つツールを備えていることです。たとえば、ワンクリックでタイトルテンプレートをタイムラインにドラッグアンドドロップできます。さらに、プロ製作の映画のようにグリーンバック、モーショントラッキング、マスク合成を使用することもできます。高速レンダリングだけでなく、多くのビデオエフェクトを使用することができるのです。

さらに、サイバーリンクの無料クラウドストレージを効果的に利用できます。クラウドストレージに超高解像度の動画をアップロードすれば、パソコンの容量を圧迫せずに済み、より効率的にレンダリングすることも可能になります。

何よりも、 PowerDirector であれば月額たったの517円から利用ができます。つまりは、初心者からプロの方まで低予算から動画編集ができます。サブスクリプションには、最新版への無料アップデート、合計約200,000点の写真、動画、音声素材が含まれています。

PowerDirector は、高性能ツールとバランスの取れたデザインを兼ね備えており、Windows / Mac のどちらにも対応しています。今すぐ無料ダウンロード して、ぜひ違いを体験してください。

2. Final Cut Pro (ファイナル カットプロ)

Final Cut Pro-interface

Apple は、洗練された美しいプロダクトデザインでIT業界の大企業へと発展しました。Final Cut ProX でもその素晴らしいデザインを見ることができます。

Final Cut Pro には、マルチカム編集、360度動画のサポート、クロマキー加工、iPad Sidecar などの機能が豊富にあります。その中で特に便利な機能はマグネティックタイムラインと呼ばれています。クリップがタイムラインに自動的に配置されるという機能です。この機能を使えば、動画の隙間を自動で埋めてくれます。

Final Cut Pro の動画編集の機能に関しては申し分ありません。Apple は、速いレンダリングと4K動画のサポートに対応しています。ファイル容量が大きい時にも、高い処理速度を保つことができます。

Apple は旧バージョンの機能をもとに Final Cut Pro をアップグレードし続けています最新版では、機能の安定化、新しいハードウェアへの対応、360度動画の編集機能が改善されています。Final Cut Pro に無料版はありませんが、無料トライアル期間でのお試しができます

Final Cut Pro は高性能な動画編集ソフトではありますが、欠点がいくつかあります。まず、買い切り価格が高く、数万円もしてしまうことです。動画編集を始めたばかりの方にはなかなか手の届かない価格です。また、 Final Cut Pro には PowerDirector や Adobe Premiere Pro と比べると、編集ツールが少ないことが挙げられます

短所:
  • 他のソフトと比べ、機能が少ない
  • 買い切り価格が高い

3. Adobe Premiere Pro (アドビ プレミア プロ)

Adobe Premiere Pro-interface

Adobe Premiere Pro は多くの動画編集者にプロ向けの高性能ソフトとして長い間認められています。このソフトの特徴は、幅広い編集機能と処理速度の速さを備えていることで、プロの動画編集が多くの大ヒットハリウッド映画の編集に使っています

Premiere Pro を開いたときに初めに気付くのは、多機能的かつ複雑なインターフェイスです。機能の一部として、VR編集、傾きの修正、モーショングラフィックスなどがあります。

また、 Premiere Pro のレンダリングは性能が良く、 HD および 4K 動画にも対応しています。トランジションのいくつかある6分間のクリップを10分以内にレンダリングできます。一部のユーザーには、Mac 版よりも Windows 版の Premiere Pro が少しだけレンダリング速いと感じるようです。

ただし、 Premiere Pro はすべての人に適しているとは限りません。残念なことに利用料が高く、買い切りオプションがありません。また、 Lightroom や AfterEffects など、Adobe Creative Cloud の他のアプリを使用する場合も、追加料金を支払う必要があります。

さらに、使用するには本格的な動画編集の知識が求められます。このソフトはプロ向けに作られているために、他のアプリと比べても使いやすさという点で劣っています。もし動画編集を始めたばかりであれば、別のソフトで動画編集を始めることをお勧めします。

短所:
  • 使いこなすまでに時間がかかる
  • 利用料が高い

比較表

ソフト

PowerDirector 365

Final Cut Pro
Adobe Premiere Pro
価格 6,200円/年 22,176 円/年 36,800円
対応OS Windows, Mac Mac Windows, Mac
ユーザーフレンドリー 簡単、初心者向け なし, プロ向け なし, プロ向け
動画・画像・音源などの素材 あり なし なし
推奨環境 Itel Core™ i シリーズ または
AMD Phenom® II メモリ4 GB (6 GB 以上を推奨)
メモリ8 GB 以上推奨
1 GB の VRAM を推奨
Intel® 第6世代以降のCPU
4K 編集にはメモリ 32 GB 以上を推奨

まとめ

この記事で紹介した編集ソフトは、どれも高速レンダリングが可能です。高い処理速度によりエンコードされた動画をすばやく確認ができ、動画編集がより簡単になります。時間がない時でも、ハードウェアアクセラレーションを有効にすることでレンダリングの待ち時間を減らすこともできます。

Final Cut Pro と Adobe Premiere Pro は上級者向けの動画編集ソフトです。動画編集の経験がない方は使いこなすまでに時間がかかると考えられます。また、この2つのソフトは予算を気にする方にとっては高額かもしれません。

これらに比べると、サイバーリンクの PowerDirector は初心者からプロまで多くの方に使われるソフトになっています。使いやすく、なおかつ多彩な編集機能が備えられています。業界の中でも最高速なレンダリング機能だけでなく、 どのレベルの動画編集者にも使いやすいソフトになっています。
関連記事:【最新版】初心者におすすめのビデオ編集ソフト【5選】

以下から PowerDirector を無料でダウンロードしての優秀な編集機能を体験してみましょう。

 

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: