3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector 365 ビジネス

【かんたん解説】個人ビジネスなどで動画広告を作るためのステップガイド

最終アップデート 2021年 10月 1日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
A Simple Step-By-Step Guide to Making Videos for Small Businesses

個人ビジネスなどで使用する動画広告では、視聴者の方が興味を持ち、購買意識を高めるような動画作りが必要です。

動画広告の作成は、動画作成の経験が十分にないと難しい作業です。特に、個人ビジネスや中小法人では、限られた予算や時間で動画を完成させなければいけません。

この記事では、少ない予算で広告効果の高い動画広告を作成する方法を解説します。

近年、多くの中小法人は、新規顧客の獲得や既存顧客の維持のために動画を使ったマーケティングに力を入れています。購入者の約 84 % が動画をきっかけに製品やサービスを購入したと回答しているデータがあり、ビジネスをするにあたって動画広告は必要不可欠なものになっています。

個人ビジネスやスモールビジネスなどで効果の高い動画広告を作るために、6 つの基本的なルールをステップごとに分かりやすく解説します。

目標を設定する

チュートリアル動画や商品のレビュー動画、動画広告を作るにあたって共通した基本ルールがあります。それは、明確な目的を設定することです。複雑なメッセージだと視聴者は混乱してしまうので、それぞれの動画に目標を設定することがポイントです。つまり、ひとつの動画ごとに、ひとつの目標を達成するということです。

また、現在のビジネスに必要な目標にあった動画作りをする必要があります。例えば、商品を紹介するプロモーション動画を作りたいのか、SNS でフォロワーが増える動画を作りたいのか、コンバージョン率を上げる動画を作りたいのかというように、それぞれの目標に合った動画作りをしましょう。

メッセージを明確にする

目標が決まったら、次は動画を通じてどんなメッセージを視聴者に一番伝えたいのか明確にしましょう。動画広告の効果を最大化するためには、視聴者のニーズを考えてメッセージを発信する必要があります。視聴者の立場に立って、どんなメッセージか響くのか考えてみましょう。

目的に関わらず、シンプルで要点を押さえながら興味を引くようなメッセージを考えましょう。そして、視聴者の行動に繋がる導線を作ることが大切です。例えば、SNS でフォロワーを増やすことが目的なら、「フォローよろしくお願いします」とはっきりと動画の中で伝えましょう。

動画を作る

動画広告を作成するソフトはたくさんありますが、今回はスマホに対応し、基本無料で使用でき、テンプレートを選んでかんたんに作成できる「動画広告 Director」を例にご説明します。

モバイル版 動画広告 Director:

 

動画のジャンルに関わらず、次の 3 つのステップを踏めば簡単に動画広告作りが始められます。

  1. テンプレートを選ぶ - 目標とメッセージを決めたら、次はメッセージが伝わりやすいテンプレートを選びましょう。動画広告 Director では豊富なテンプレートを用意しているので、どんな動画広告にもぴったりなテンプレートが見つかります。

  2. 動画のメッセージと行動を促す文章を追加する - 適切なテンプレートを選んだら、次は動画のテーマとなるメッセージを追加して、最後に次のアクションを促す(行動喚起の)テキストを付け加えます。動画を引き立てるような文章を考えてみましょう。テンプレートを使うことで、トランジションも簡単に使えるので、簡潔な文章で分かりやすく伝えることができます。

  3. 適切な動画やサウンドを使う - 流れる音楽によって動画の印象は大きく変わるので、動画広告においてとても大切です。動画に合ったサウンドを探してみましょう。また、モーショングラフィックのタイトルやトランジションが気に入っていても、動画にオリジナリティを出すためには、適切な動画とサウンドを使う必要があります。利用可能な素材はたくさんあるので、動画の目的やメッセージにぴったりな音楽と動画を探してみましょう。

広告効果の高い動画を作るのに、高額なカメラや機材は必要ありません。Shutterstock(シャッターストック)が提供しているロイヤリティフリーの画像や動画、サウンドを使って、テンプレートをカスタマイズしましょう。

例:

最後に次のアクションを伝える

オープニングで視聴者の注意を引いたら、エンディングで動画の最後を締めくくります。法人のロゴや視聴者の次のアクションを促すメッセージを添えるといいでしょう。

動画を最後まで見てくれている時点で視聴者は興味を持っているので、エンディングでは、次に何をして欲しい伝えましょう。アクションの伝え方は深く考える必要ありません。

シンプルに明確にひとつだけに絞ると伝わりやすいです。動画の発信者であるみなさんのことが一目でわかるようなロゴを使ったり、分かりやすく次のアクションを伝えたりしましょう。

例:

動画をチェックする

ここまで紹介したステップを踏めば、あなたのビジネスモデルにあった動画広告が出来上がっているはずです。しかし、動画を公開する前に、もう一度動画を確認しておくことをおすすめします。

動画を何度か見てみて、視聴者に伝わりづらい部分やケアレスミスがないか確かめてみましょう。さらに、テキストやフォント、色の統一感があり、誤字脱字がないかチェックしましょう。特に、音楽は注意を払って見直してみるのがよいです。第三者から意見をもらうことも動画の改善に役立ちます。

視聴者の立場になって、動画を再度観てみましょう。SNS 上で再生される場合、ミュートで閲覧されることがほとんどです。音声なしで動画を再生した場合でも、動画のメッセージが伝わるようにテキストの追加も検討しましょう。この一手間で、SNS 上でも再生回数を増やすことができます。

SNS でプロモーションする

動画のチェックが終われば、いよいよ動画を公開するステップです。ウェブサイトやブログ、メールなどを使って、複数のプラットフォームで動画を公開しましょう。多くの再生回数を狙うなら、SNS がもっとも効果的です。

法人は複数のプラットフォームを使って、マーケティングをしています。自分のビジネスモデルに合ったプラットフォームを考えてみましょう。動画は、他の広告方法と比較して、数倍高い広告効果を発揮します。さらに、多くのプラットフォームでは、広告ツールを使うことで特定の顧客層にターゲットを絞って広告を出すことができます。

まとめ

この記事で紹介した簡単な 6 つのステップを踏めば、高いエンゲージメントを獲得できる動画を作ることができます。売り上げや、動画のエンゲージメント、知名度を向上させてみなさんの個人ビジネスやスモールビジネスなどを拡大させることができます。

動画広告の作成が初めてという方には、「動画広告 Director」をおすすめします。作りたい動画に合ったテンプレートを選ぶだけでかんたんに動画広告を作成して SNS などに投稿することができます。

モバイル版 動画広告 Director:

 

また、パソコン向けのPowerDirector 365 ビジネスであれば、より細かい動画編集も可能で、プロフェッショナルな動画広告を作成することができます。

PC 版 PowerDirector 365 ビジネス:

 

この記事が役に立ったと思ったら、ぜひ マーケティング動画広告やPR動画の作成方法【完全ガイド】の記事 も読んでみてください。この記事を読めば、製品やサービスを展開するための動画広告を作るために必要なことが全て分かります。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: