3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

【編集ガイド】スマホで動画を反転・回転させるには

最終アップデート 2021年 12月 3日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
How to Rotate a Video on iOS and Android

スマホで動画を撮影する際に、画面の向きを上手く変更できずイライラしたことがある方は多いと思います。

スマホで撮影した写真や動画の向きは、自動的に縦か横に設定されます。そのため、スマホで撮影した写真や動画が意図しない向きで撮影されてしまうことがあります。

とはいえ、やり方さえ分かっていれば、たった数秒の操作で後から動画を反転・回転させることができます。

動画を確認する際に、画面が横向きになっていてもアプリを使うことで動画の向きを後から変更することができます。

この記事では、動画を反転・回転させる方法を PowerDirector を使ってご紹介します。

サイバーリンクの PowerDirector は、高性能な編集ツールを搭載しており、特に スマホでの動画編集には最適なアプリ です。

よろしければ以下から PowerDirector をダウンロードしてこの記事を参考にしながらお試しください。

動画を反転・回転させるには

画面の向きを変更する方法は、お使いのスマホの機種や編集アプリによって異なります。iPhone と Android のスマホでそれぞれ動画を反転・回転させる方法と PowerDirector を使った動画を反転・回転させる方法をご紹介いたします。

1. iPhone で動画を反転・回転させる方法

iPhone で動画を撮影する際は、標準搭載された写真アプリを使用して動画の向きを修正できます。

まず、iPhone で写真アプリを開きます。次に、[写真]メニューの[すべての写真]を選び、画面の向きを変更する動画を選択します。そして、画面右上の[編集]をタップします。

次に、画面の下部にある正方形で、2つの丸い矢印で囲まれてた[切り抜き]をタップします。画面の左上に矢印に囲まれたアイコンの回転ボタンが表示されます。このボタンをタップすると画面が 90 度回転し、動画が正しい向きになるまでタップすることができます。

2. Android で動画を反転・回転させる方法

Android のスマホでは、Google フォトアプリを使うことで動画の向きを変更することができます。しかし、機種によっては Google フォトアプリが搭載されていない場合があるため、GooglePlay ストアからダウンロードする必要があります。

まず、Googleフォトアプリを開きます。そして、画面の右下にある[ライブラリ]をタップし、画面の向きを変更する動画を選びます。動画を選択したら、下部のツールバーから[編集]を選択します。最後に、動画の向きが正しくなるまで[回転]をタップします。

3. サイバーリンクの PowerDirector で動画を反転・回転させる方法

PowerDirector は幅広い編集ツールを搭載しており、初心者からプロの動画編集者まで使うことのできる動画編集アプリです。

powerdirector rotate video interface

PowerDirector で動画を反転・回転させる方法は次の通りです:

  1. 動画をタイムラインに追加します。
  2. 画面の左下にある鉛筆のアイコンをタップし、[編集ツールバー]を開きます。
  3. スライドバーを動かして、回転ツールを表示させます。
  4. [回転]をタップし、動画の向きを調整します。タップするごとに、動画は左に 90度回転します。

まとめ

動画を反転・回転させるアプリをお探しの方には、サイバーリンクの PowerDirector がおすすめです。

 

PowerDirector は、直感的でユーザーフレンドリーな操作画面で初心者でもかんたんに操作でき、豊富な動画のファイル形式全てに対応しています。

さらに、デバイスを問わず、Windows、 Mac 、Andoroid、 iOS 全てのプラットフォームに対応しています。

他にも、PowerDirector は一般の動画編集アプリにはないビデオスピードの調整、手ぶれ補正、美肌補正などの 高度な編集ツール を搭載しています。

 

動画編集が初めてという方には、かんたんな操作で本格的な動画編集が可能な PowerDirector をおすすめします。YouTube の動画作成にも最適です。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: