3

メンバーサイトへようこそ

PhotoDirector

【無料】写真にフレームをつけるアプリ 5選【2022年】

最終アップデート 2022年 5月 27日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
おすすめ写真にフレームをつけるアプリ

写真に「フレーム」を付けると、撮影した写真の価値や外観をさらに向上することができます。

なんてことの無い日常の風景や被写体でも「フレーム」を付ける事で、芸術的に見せたり、お使いの SNS にピッタリの大きさに加工したりする事ができます。

撮影した写真をそのまま SNS にアップするのも良いですが、「フレーム」を付けるひと手間加えてさらに「エモい」写真に仕上げてみませんか?

そこで、今回は写真に「フレーム」を付けるのに最適な写真加工アプリに焦点を絞って「おすすめアプリ5選」をご紹介していきます。

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、最適なアプリを見つけてくださいね。

「フレーム」とは?

「フレーム」とは、「枠」や「額縁」の事を良い、写真においては写真の周囲を囲う「枠」の事を指しています。

昔の写真では、現像するとほぼ必ず「フレーム」がついていましたが、デジタル全盛の昨今ではあまり見かけなくなってしまいました。

しかし、そんな現代だからこそ、逆に「フレーム」を付ける事でレトロな雰囲気をだしてみたり、オシャレな「フレーム」を付ける事で他の人の写真との差別化を図ることができます。

今回は、そんな魅力的な「フレーム」をかんたんに数タップで付ける事ができるアプリをご紹介していきます。

ぜひ最後まで読んでいただき、「フレーム」で一味違う魅力的な写真を作ってみてください。

「写真にフレーム」を付ける最適なアプリ5選

1.PhotoDirector

PowerDirector App Icon
無料ダウンロード
セキュリティチェック済み

Windowos / Mac版は こちら からダウンロード

PhotoDirectorは、CyberLinkが提供している写真加工アプリで、使いやすい操作画面や充実の機能、そしてAIを多用した写真加工機能が多彩な、とてもユニークなアプリです。

photoeditor frame

▲雑誌表紙風のおしゃれなフレームも!

レトロ・フィルムカメラ風・手書き風などさまざまなスタイルのフレームが使用可能なうえ、毎月の様に新しいフレームが追加されるので、種類がとても豊富!

写真にフレームを追加するだけでなく、AI機能を使って背景や空を変えたり、たくさんのテンプレートから選ぶだけでコラージュを作成できたりと、写真加工ならこのアプリ一つですべてできてしまうとても優秀なアプリです!

主な機能:

  • AIを使った青空加工、背景透過
  • 本格的なリタッチ、色調補正
  • 不思議な写真アニメーション機能

長所:

  • 無料版が利用可能
  • ソーシャルメディア共有が簡単
  • サポートが手厚く、充実している
  • とにかく機能が充実

短所:

  • 膨大な編集機能があるため、最初は圧倒される可能性があります。

アプリはダウンロード無料ですので、この機会にぜひインストールして使ってみてください!


無料ダウンロード
セキュリティチェック済み

Windowos / Mac版は こちら からダウンロード

 


2.PicCollage

PicCollage

「PicCollage」は「マジックドット」と呼ばれる機能で画像や動画のトリミング、伸縮、回転、傾け等が指先一本で加工できる写真加工アプリ。

最大30枚の写真や動画を一枚にまとめられる「PicCollage」 などの機能も豊富で Instagram をはじめとした様々な SNS で大活躍が期待できます。

「フレーム」も多種揃えられているので、インストールしてすぐに魅力的な写真が作れるのが特徴。

主な機能:

  • かわいいテンプレートでメッセージカードや年賀状を作れる。
  • ステッカー、背景、テンプレート、フレーム、フィルターが使える。
  • 日本語フォントで文字入れ可能。
  • 落書き、トリミングなどでオリジナル作品を作成可能。

長所:

  • かんたんタップで様々な加工ができる。
  • 豊富なテンプレート。

短所:

  • フォントやスタンプが使いにくかったり、使えない文字がある。
  • 更新時にデータが消えることがある。

 


3.PicoSweet

PicoSweet

「PicoSweet」は「1タップで簡単デコ」の謳い文句で人気の写真加工アプリ。

デコ用テンプレート 900 以上、スタンプ 5000 以上が使え、加工もほとんど「1タップ」でできるため、お手軽に写真加工したい人にはおすすめのアプリ。

ただ、写真の調整等は苦手なようで、「デコ」に特化したアプリと言えます。

主な機能:

  • 900 以上のテンプレが使える、テンプレ機能。
  • 5000 以上の有料・無料スタンプが用意されている、スタンプ機能。
  • 様々な効果を写真に付加できる、フィルター機能。

長所:

  • かんたん 1 タップで魅力的な加工ができる。

短所:

  • アプリ更新時に機能が使えなくなったりする事がある。
  • どの機能も他の写真加工アプリと比べると中途半端な印象。

 


4.LINE Camera

LINE Camera

主な機能:

  • 「LINE Camera」は、フィルターやフレームなど無料で使える機能や素材が豊富で、全般的に使いやすい印象。
  • 「LINE」の公式アプリだけに、加工した画像を LINE で簡単にシェアできるのは便利で、写真の使用用途が「LINE」の人には最適なアプリ。

長所:

  • 「LINE」の公式アプリだけに、「LINE」用の写真には強い。
  • 普段「LINE」でつかってるスタンプがそのままスタンプとして使えたりする。
  • カメラ機能も付属している。

短所:

  • 「写真加工アプリ」となっていますが、写真のサイズ変更などの基本的な事しかできないため、様々な加工をしたい人は、これ以外にもう一つ「写真加工アプリ」をインストールした方が良いかも。

 


5.Nichi

LINE Camera

「Nichi」は、豊富なテンプレートを使うだけで、魅力的な画像に仕上がる写真加工アプリで、用意されているテンプレートに写真を当てはめるだけで加工できるので、スマートフォンの小さな画面でも簡単に写真加工ができるアプリ。

Facebook や Instagram などの SNS 共有機能もあるので、加工した写真をそのままアップできたり、レトロ調なフレームが用意されているので、ちょっとした作業で写真の魅力を引き出すことができる。

主な機能:

  • 豊富なステッカーが使える。
  • ポラロイド調などレトロなど、豊富なフレームが使える。
  • 簡単なコラージュもできる。

長所:

  • 写真加工機能は最低限なため、操作で迷うことがあまり無い。
  • ほとんどの機能が1タップで行える。
  • アジア圏のフォントは大体使える。

短所:

  • 開発元が中国のため、使用説明の日本語が時々意味不明。
  • Android の機種によっては、起動できないものもある。
  • サポート面が不安。

「フレーム」をつけてみよう!実践「フレーム」講座

さて、オススメアプリを5選紹介しましたところで、実際に写真にフレームを付けてみましょう。

一緒に実践してみたい方は、今回使用しているアプリ「PhotoDirector」を無料でインストールできますので、下記リンクからインストールしてからチャレンジしてみてくださいね。


無料ダウンロード
セキュリティチェック済み

Windowos / Mac版は こちら からダウンロード


「PhotoDirector」がインストールできましたら、起動してみましょう。

「PhotoDirector」を起動すると、下図のような画面になります。

「編集」をタップします。

Demo

 

すると、加工したい写真を選ぶ画面になりますので、写真を選びます。

今回はサンプル画像を使います。

画像選択をしましたら、編集画面(下図右側)になりますので、画面下のメニューを左側にスワイプして「フレーム」を選んでタップしましょう。

Demo Demo

 

すると、様々な「フレーム」が出てきますので、その中からお好きな「フレーム」を選びます。

お気に入りのフレームが見つかりましたら、右上の「☑」をタップし、画像保存をお忘れなく。

Demo Demo

 

画像を保存する際に、SNS への共有などもできますので、もし SNS へ共有をする際には、この画面(下図参照)の「シェア先」の中から共有したい SNS をタップしましょう。

Demo

 

意外と簡単に「フレーム」を付ける事が出来たと思います。

簡単操作で、いつもの写真を少し魅力的にできる「フレーム」、是非使ってみてくださいね。

「PhotoDirector」とは?

今回「実践」で使用しました「PhotoDirector」ってどんなアプリかも少し解説しておきますね。

PhotoDirector」とは、画像編集・調整、AI 技術を使ったアニメーション化などが、ほんの数タップができる、オールインワンの写真編集アプリです。

スマートフォンのアプリですが、かなり本格的な写真加工が出来る事で人気で、例えば「オブジェクト除去」や「小顔機能」 、「空の置き換え」や「背景置き換え」、などの加工はもちろん、ホワイトバランス、HDR、ビネットツール、マジックブラシなどなど、機能が豊富すぎて全ての機能を紹介できませんが、写真加工に関してはこのアプリ1個インストールしておけば、ほぼ事足りてしまいます。

これだけ多機能でも無料でインストールできますので、この機会に是非下記リンクからインストールして使ってみてください。


無料ダウンロード
セキュリティチェック済み

Windowos / Mac版は こちら からダウンロード


まとめ

写真に「フレーム」を付けられるアプリについてご紹介してきました。

「写真加工」と聞くと「なんだか難しそう」と思ってしまうかもしれませんが、今回ご紹介している「フレーム」は簡単にそれでいて効果的に写真の魅力を引き出してくれる加工です。

ぜひ、この機能を使いこなして、大切な思い出の写真や素晴らしい風景の写真を加工したり、SNSで共有してくださいね。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: