メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

【編集ガイド】誕生日お祝い動画の作り方【iPhone & Android】

最終アップデート 2022年 3月 25日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
誕生日お祝い動画の作り方

お子さんや家族との大切な思い出や旅行などのイベントはタイトルや BGM などを付けて大切に保管したいですよね。
ひと昔前までは、ハンディカムを買って撮影し、PC につないでカメラに付属の編集ソフトでタイトルを付けたりしたものです。
しかし現在ではスマートフォンの普及と進化のおかげでそういった事をすべてスマートフォン上で行うことができます。スマートフォンであればどんな場面でも携帯していますし、いちいち他の機器とデータのやり取りをする必要もありませんから、便利ですよね。

しかも、スマートフォンには「PowerDirector」に代表される高度な編集機能を要した無料のアプリも多数あります。それらを使う事で大切な思い出をプロが編集したような作品に仕上げることが出来ます。

そこで、今回はスマートフォン(iOS/Android)を使って「誕生日のお祝い動画」を作る方法を解説していきます。もちろん「誕生日」に限らず様々なイベントの動画編集にも応用できますので、ぜひ最後まで読んでいただき、大切な思い出を作品として残してみてください。

なお、今回の解説には CyberLink 社の「PowerDirector」を使用します。
もし本記事を読みながら一緒に体験してみたい方は、アプリを無料でダウンロードできますので、下記リンクからダウンロードしてみてください。



動画の編集とは

さて、動画の編集とはなんなんでしょう?
撮影した動画をそのまま保存したり再生したりしても特に問題ありませんよね。
ひと昔前の家族動画なら大抵撮影してそのまま、がんばって文字だけのタイトルを入れるくらいでしょうか。
しかし、昨今の YouTube 流行により動画編集の需要が上がったことで、それまで TV 局などのプロの現場でだけ使われていた「動画編集ソフト」が徐々に一般の人にも使われるようになってきました。
もちろん、ソフトメーカーもそれまでニッチだった市場に一般の人を取り込むために、編集ソフトをわかり易く使いやすく改良してきました。そんな行程をへて、最近では動画編集ソフトも安価に使いやすくなり初心者でも簡単に動画の編集が出来るようになりました。

むかしはタイトルを入れるだけでも大変だったのに、最近の動画編集ソフトを使えばカットやBGM挿入、オープニングやエンディング、トランジション(場面転換)などなど、プロのような編集が可能になります。

そういった、カット編集、BGM 挿入、オープニングなどを総じて「動画の編集」と呼んでいるのです。

編集の手順

「動画の編集」については前項である程度解説しました。
この項では、「編集の手順」について解説しておきます。
実際にはどの手順で編集をしても良いのですが、初心者の方やこれから動画編集を始める人にはある程度この手順で編集をした方がわかり易いという目安として読んでください。

 

1. カット

「カット」は文字通り不要な場面を切り取る編集となります。
たとえば、誕生日の動画であれば準備中のシーンや必要ない会話などを「カット」して前後をつないだり、「トラジション」と呼ばれる場面転換効果を入れたりします。
「カット」は動画編集の基本です、「カット」行うと動画全体を把握できるため最初に行う事をオススメします。

 

2. タイトル

「タイトル」は、動画の内容を簡素にまとめた「タイトル」を挿入する編集方法です。
その動画が何についての動画なのか、何時撮影したものなのか、誰が映っているのかなどの情報を簡素にまとめて表示することで、これから見る動画の情報を一目でわかるようにできます。
YouTube などでは「サムネイル」などとも呼ばれ、重要な編集技法と考えられています。

 

3. オープニング・エンディング

「オープニング・エンディング」は動画の前と後に入れるもので、一見必要ないように思われがちですが、あると無いでは動画の出来栄えが格段に違います。

 

4. BGM挿入

「BGM挿入」は、その名の通り動画のシーンやイメージに合った BGM を挿入することで、そのシーンや動画全体の質をあげます。
Web を検索すれば「無料 BGM」や「ロイヤリティーフリー BGM」などが見つけられるでしょう、それらをダウンロードして、動画に挿入することができます。
ただし「無料 BGM」と「ロイヤリティーフリー BGM」は明確に違いがあり、使い方を間違えると著作権保護法違反などで罰則の対象になることもありますので、ご注意ください。

なお、今回解説で使用している「PowerDirector」には、ロイヤリティーフリーの BGM が使い放題になるプランがあるので、著作権などを気にすることなく動画を編集することができます。

動画編集に最適な編集アプリ「PowerDirector」

今回使用するアプリ「PowerDirector」について少しふれておきましょう。
「PowerDirector」は元々 PC 用の動画編集ソフトで、全世界に 2 億人以上の愛用者がいる大人気動画編集ソフトで、わかり易い UI やプロの使用にも耐える豊富な機能、手厚いサポートで人気を博しました。
今回使用しているアプリ版は、その PC 版で培った様々な機能をスマートフォンでの直観的な操作で使いやすく移植したアプリになります。
スマートフォン特有の機能として、Twitter や Instagram などの様々な SNS への直接投稿などの独自機能にも注目したいところ。
サブスクリプションを購入することで、「Shutterstock」が提供するロイヤリティフリーの膨大なストックライブラリーに無制限でアクセス可能になります、そしてその数千種類のプロ用ストックビデオ・写真・音楽を使って、より魅力的なビデオを編集することが可能となります。

「PowerDirector」にご興味がある方は、下記リンクから無料でダウンロードできますので、お気軽にダウンロードして試してみてくださいね。



スマートフォンで「誕生日」動画を編集してみよう!

それでは、実際にスマートフォンを使って動画の編集をしてみましょう。
一緒にやってみたい方は、あらかじめ上記より、モバイル版の「PowerDirector」をインストールしておいてください。

 

1. 動画を取り込む

PowerDirector を起動しましたら、「新規プロジェクト」をタップし、編集したい動画の画面比率を選びます。
編集したい動画を取り込み(インポート)を行います。

demo demo

 

スマートフォン内に保存されている編集可能な動画の一覧が出てきますので、その中から編集したい動画を選択しましょう。

demo

 

編集したい動画を2回タップすることで、動画をタイムラインに追加する事ができます。

demo

 

2. カット編集

それでは、さっそく「カット」をやってみましょう。
「カット」は動画編集の基本中の基本で、非常に有用なテクニックですので、ぜひ覚えておきましょう。

タイムラインにある動画をタップします。

demo

 

すると、動画の前後に「枠」のようなものが現れます。
この状態で動画の編集が可能となります。
動画を左右にスライドし、タイムラインをカットしたい部分へ移動します。
今回の場合は、ケーキの火を拭き消す直前まで必要のない動画ですので、火を拭き消す直前にタイムラインを合わせます。

そうしましたら、画面左下の「エンピツマーク」(下図矢印参照)をタップします。

demo

 

すると、メニューが現れますので、その中から「分割」というメニューをタップしましょう。

demo

 

これで、動画の分割ができました。
分割した火を拭き消す前までの動画部分をタップし、画面左側のメニューにある「ゴミ箱」をタップすることで不必要な部分を切り取ることができます。

demo

 

3. トラジション追加

さて、動画の「カット」ができました。
しかし、カットをしたままですと、場面の切り替えが突然発生し不自然な動画になってしまいますので、場面転換の表現として「トラジション」を追加してみましょう。

先程分割した動画に白くて四角い枠ができていると思います。
この部分をタップしましょう。

demo

 

すると、下図のように様々な「トラジション」が表示されます。
この中から、シーンにあったトラジションを選択してみましょう。

demo

 

4. タイトル追加

カットやトラジションの追加は出来るようになりましたか?
ここまで出来ていましたら、あとはこれらのテクニックを応用することで、様々な動画編集が可能となります。
この項では動画で重要な「タイトル」の作り方を解説していきます。
今回使用している「PowerDirector」には、大量のテンプレートが搭載されていますので、絵心が無い方や丁度いい写真をお持ちでない場合でも、簡単にプロのようなタイトルを作ることが出来ます。

そこで今回はテンプレートを使用して簡単にタイトルを作る方法について解説しておきます。

まず、画面左側にあるメニューの中から「フィルムと音符」(下図矢印部参照)をタップします。

demo

 

すると、新しいメニューが開きますので、その中から「ビデオテンプレート」をタップしてみましょう。
そうしましたら、下図のように大量のテンプレートが表示されます。
今回は「誕生日」の動画ですので、「ファミリー」の中にある「Happy BirthDay」を選んでみましょう。
タイムラインへの挿入は使いたいテンプレートを 2回タップするだけです。

demo

 

テンプレートに追加すると、下図のようになります。
せっかくですので、「Happy Birthday」も日本語にしましょう。

demo

 

変更したい文字列をタップすると、下図のようになりますので、ここで文字を書き換えます。

demo
demo

 

ちなみに、「T」をタップすることで、フォントやフォントのサイズなどを変える事もできます。

他社の編集ソフトでは日本語フォントが少なくあまり凝った装飾が出来ないのですが、「PowerDirector」では、豊富な日本語フォントを使えるようになりますので、思い通りのタイトルを作ることができます。(一部サブスクリプション購入あり)

demo
demo

 

5. BGM挿入

撮影したままの動画に収録されている音声だけでも良いのですが、せっかくですのでシーンにあった BGM を挿入し、動画の質をさらに良いものにしてみましょう。
「PowerDirector」ならサブスクリプションを購入することで、「Shutterstock」が提供するロイヤリティフリーの膨大なストックライブラリーに無制限でアクセス可能になります、これらの BGM を使用して動画をさらにさらに良い物に仕上げてみましょう。

やり方は簡単!
先程のタイトルテンプレートを挿入した時の要領で、今度は「音楽」を選択します。
すると、「Shutterstock」が提供する大量の BGM がジャンルやシーンに分類されて表示されます。
この中から、お好きな BGM を選んで挿入するだけです。
今回はお子さんの誕生日動画ですので、「子供向け」から選んでみます。

demo

 

「子供向け」をタップし、その中から「A Good Afternoon」という曲を選びました。
動画内へ挿入する際には、曲名の最後に表示されている「+」ボタンをタップしましょう。

demo

 

これで、全ての編集がおわりました。
このほかにも、動画の雰囲気を盛り上げたりデコれる「ステッカー」(下図参照)や「デコレーション」(下図参照)、「エフェクト」などの機能がありますので、これらを使って動画にもっと手を加えてみるのも良いでしょう。ちなみに追加の方法は左側メニューで「紙が重なっている」ようなアイコンをタップするだけです。

demo
demo
demo

 

一通りの動画編集が終わると、下図のようになります。
せっかくここまで編集したので、忘れずに保存をしましょう。

demo

 

6. 書き出し(保存)

書き出し(保存)の方法は、編集画面右上にある「上向きの矢印」アイコンをタップするだけです。
保存の他にも直接 SNS へのアップロードの機能もあります、せっかく苦労して作った動画ですので、この機能を上手に使って SNS での公開もしてみましょう。

まとめ

さて、スマートフォンで「誕生日動画」編集について色々書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。
昨今では、Twitter などでも動画の共有ができるようになってきました、家族や友人との大切な思い出を編集してアップロードしてみるのも良いかもしれませんね。

なお、今回使用した「PowerDirector」は無料でダウンロードできますので、実際にダウンロードして使ってみてくださいね。
無料ダウンロードは下記リンクからどうぞ!



この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: