サインイン
3
PowerDirector

【撮影ガイド】YouTube 動画におすすめのライト照明

最終アップデート 2021年 6月 4日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
Best Vlog Lighting for YouTube Videos

YouTubeチャンネルを開設して、他の YouTuber がよりプロフェッショナルな動画を作っているのを見て、どうしたら自分もそれに匹敵するものが作れるだろうかと考えたことはありませんか?
彼らが持っている重要な要素は、照明です。
このガイドでは、YouTube 動画に最適な照明の設置方法をご紹介します。しかも、低予算内で実現できます。

写真や動画撮影を学び始めると、"照明がすべてだ"ということを理解します。照明は、ムード、トーン、色、鮮明さ、明るさ(または意図的な不足)、プロの感覚など、ショットの多くの変数に影響を与えます。

照明には様々な種類があります。

ご存知のように、最も優れた光源の一つは自然の太陽光です。太陽の光はたくさんあり、無料です。しかし、天候条件によっては、撮影ができないこともあります。また、1日のうちで撮影できる時間帯も限られています。そのため、YouTuber にとって、人工照明への投資は必須です。

なぜ動画撮影に照明が必要なのか?

YouTube動画に映像照明機器が必要な理由は、大きく分けて3つあります。それは、照明条件のコントロール、画質の向上、そして再生回数を増やすプロ視点の演出効果です。ここでは、この3つのポイントについて、もう少し詳しく説明します。

コントロール

YouTubeの照明設定は、視聴者が慣れ親しむ一貫した外観を作り出すために確定させておきたい要素です。また、動画の照明設定でビジュアルスタイルをコントロールすることもできます。例えば、さまざまな色や色温度の照明を使って、他とは違う印象を与えることができます。

自然光の中で撮影していて、太陽の強さが変化していることに気づいたことはありませんか?あるフレームでは明るくても、次のフレームでは暗くなる。これは、カメラが自動露出に設定されている場合、特に顕著です。この問題を解決する方法については、今後のチュートリアルで説明します。

画質

照明の良し悪しは、画質に直接影響します。暗い照明が悪い画質というわけではありません。暗くてムードのあるセットを成功させるには、自分が何をしているのかを知る必要があります。別途、高度な照明テクニックについてもご紹介していきます。詳しくは後述します。一般的に、明るい照明は、カメラが被写体に集中しやすくなります。そのため、動画のブレが少なくなります。さらに言えば、映像のノイズが少なくなるということもあります。

ColorDirector helps eliminate video noise.

ColorDirectorは、映像のノイズを除去します。

ここで専門的な話をしましょう。動画のノイズ(グレイン)とは、薄暗い動画の中に映るピクセル状の密集のことです(上の画像を参照)。ほとんどのカメラでは、センサーが画像を表示する際に副産物としてこれを放出するため、マイナスの要素となっています。しかし、映像が粗くなったり、ぼやけたりしていても、心配はいりません。私たちサイバーリンクは、動画ノイズを除去するためのソフトウェアツールを用意しています

プロの視点で演出すると、視聴率が上がる

3-Point Lighting Setup. Image source: Wikipedia

ルームランプで照らしたり、デフォルトのオーバーヘッド照明だけでは、プロのようなクオリティの映像は得られません。プロレベルの映像には、「3灯照明」が必要になります。注:2灯以上であれば可能です。

この方法では、被写体の正面にキー・ライトを置き、それを斜めにします。この角度が、最も明るい光を持つ被写体のメインアングルとなります。反対側の角度には、フィル・ライトがあります。この光は、キー・ライトほど明るくなく、被写体の顔の反対側を明るくして光を均一にし、暗い影を消すためのものです。最後に、被写体の後方に位置するバック・ライトです。この光は、背景から被写体を分離する効果があります。この照明にブルーのジェルフィルターを加えると、ハリウッド風の映像になります。

これらのテクニックを学ぶ理由は、よりプロフェッショナルな動画を作るためです。その結果、より多くの再生回数を得ることができます。そして、YouTuberにとっての再生回数の増加は、収入の増加につながります。

VlogやYouTubeに最適な照明の種類

では、YouTube動画に最適な照明とはなんでしょうか。まず、照明の種類についてご説明します。

LED照明

LED照明は、YouTubeの照明として最も優れた選択肢のひとつです。その理由は

  • スタジオ照明に比べて低価格
  • 光の温度に幅がある
  • 電球がないので、熱くならない
  • バッテリーやプラグインで動作する
  • 調光可能
  • 通常、組み立ての必要がない
  • 軽くて持ち運びに便利

私たちは、LED照明は、動画照明の世界では最高のものだと考えています。

スタジオ照明の時代に、熱くて重い機材を使っていた人は、動画用のLED照明の良さがよくわかると思います。高価で壊れやすい照明機材を保護するために、いくつものバッグや重いペリカンケースを用意するよりも、小型の照明キット用バッグにまとめた方がどれだけ便利かは想像に難くありません。

リングライト

リングライトはYouTuber・Vloggerの間で大流行していますが、それには理由があります。リングライトは、LED照明をリング状にしたものです。リングの中心にカメラやスマートフォンを取り付けることができるという特徴があり、上記と同じ条件を満たしています。被写体に近づけば、虹彩に特徴的な光の輪が浮かび上がります。また、柔らかい光を被写体に照射することができます。この照明は、ビューティー系YouTuberに最適です。パンチのある色を強調し、肌を柔らかくします。

以前は、リングライトをDIYするには、文字通り電気工事士が必要でした。もしくは、安定器の知識がないと安く作ることはできませんでした。

しかし現在では、オンラインで安いもので二千円台から購入することができます。

ソフトボックス

ソフトボックスは、Vlogの照明として最適です。ソフトボックスはキー・ライトとして、LEDはフィルやバック・ライトとして使用されます。先に述べたように、ソフトボックスは被写体にソフトな拡散光を照射しますが、これはLED照明では簡単には再現できません。LEDには、光を柔らかくするためのディフューザーシールド(紙や布、ナプキンなどでも可)が付いています。しかし、そのためには明るさを補う必要があります。補正するためにはLEDの明るさを上げなければならず、より深い影ができてしまいます。

ソフトボックスには、一般的に長方形、箱型、丸型などがあります。内側には金属製の反射材が付いています。バラスト(安定器)の中に電球をねじ込みます。普通の電球でも構いませんが、色温度のバランスが取れた電球を使うと、違った印象を与えることができます。

大型家電量販店の照明コーナーに行くと、このデモを見たことがある人もいると思います。照明の色温度は、一般的に暖色系から寒色系、つまりオレンジ色から青色の範囲で変化します。これらの色温度はケルビン(K)で表されます。

  • 2200K – 3000Kは暖色系の光です。昔の白熱電球のような黄色っぽい光です。
  • 3500K – 4100Kは、ニュートラルまたはクールホワイトと呼ばれます。
  • 5000K – 6500Kは、昼間の色温度と考えられ、より青みがかった白さです。

ソフトボックスには6500Kの昼白色バランスの電球をおすすめします。純粋な明るい白と考えてください。この電球にはカラーテントはありません。

アンブレラ照明

アンブレラ照明は、その名の通り、傘の形をした照明です。照明の前に傘があります。アンブレラ照明には、透過型と反射型の2種類があります。

透過型のアンブレラ照明は、光が傘の素材を通して拡散し、ソフトボックスのような役割を果たします。反射型アンブレラは、光を鏡のように反射させて被写体に当てるものです。要するに、光を被写体から離れたところに向け、それを被写体に跳ね返すことになります。

どちらも軽量なので、一度組み立てればセット内での移動は簡単です。ソフトボックスやアンブレラ照明の唯一の注意点は、電球が壊れやすいので、保管や運搬の際には注意が必要なことです。しかし、適切なケースを使用すれば、問題はありません。

動画撮影用の照明に求められるもの

ここでは、YouTube用の照明キットに求めるものを紹介します。

明るさを調節できる

照明のスイッチを入れたり切ったりするのは、もう古い時代。最新の動画撮影用照明を使うなら、明るさを調整するための調光機能が欲しいところです。

ディフューザーとリフレクター

これまでに紹介した動画撮影用照明のほとんどには、選択した照明オプションに応じて、ディフューザーやリフレクターが付属しています。LEDには、光を拡散させるためのすりガラス状のプラスチックパネルが付属しています。一部のLEDには、色温度を調節するためのディフューザーが付属しています。暖色系、白色系、寒色系の光の色調をシミュレートすることができます。ソフトボックスやアンブレラには反射板が付いていることが多いです。

色温度の調整

色温度調整用のディフューザーについては先ほど触れました。しかし、LEDやリングライトの中には、光の色を自分で調整できるものがあります。そのため、わざわざ部品を持ち運んだり、取り付けたりする必要はありません。照明の色温度を直接調整すればよいのです。

光の広がりを調整できる

一般的には、できるだけ光の広がりが大きい照明キットが望ましいでしょう。これは、セット全体を照らすことができるからです。また、逆に光の広がりを抑えたい場合は、ほとんどのLED照明には光の広がりを調整するためのバーンドアが付いています。また、上級者は「スヌート」と呼ばれる円錐形の遮光器を使って、光をより正確にコントロールすることもできます。

携帯性

可搬性は、見落とされがちな重要な機能の一つです。あなたのセットアップがスタジオに固定されているのであれば、それほど重要ではないかもしれません。しかし、機材を持って旅行する場合は、できるだけ軽量で持ち運びやすいものが必要です。

LED照明 おすすめトップ5

ここでは、YouTube動画用の照明機材として、おすすめのものをご紹介します。

1. Andoer Viltrox L116T RA CRI95 超薄型LED照明パネル

VILTROX L116T RA CRI95 Super Slim LED Light Panel

デジタル一眼レフカメラのホットシューに直接取り付けることができるLED照明です。小型の照明にしては明るく、携帯性に優れ、電池で動作します。内容は以下の通りです。

  • LEDパネル1枚、色温度範囲:3300K〜5600K
  • 電池駆動、電池は付属しています
  • ホワイトディフューザー
  • 調光可能
  • リモートコントロール
  • DSLRマウント可能

最新の価格を確認する

2. Dazzne D50 Desk Mount Video Light with C-Clamp

Dazzne D50 Desk Mount Video Light with C-Clamp

もっと安くて、さらに小さくて持ち運びに便利なものを探しているなら このデスクマウントタイプのオプションをお試しください。特徴は以下の通りです。

  • 1個のLED照明、色温度範囲は3000K〜8000K
  • AC電源(または電池で駆動、ただし電池は付属しない)
  • ホワイトディフューザー
  • 調光可能
  • リモートコントロール
  • 机に取り付けるためのC型クランプ

最新の価格を確認する

3. Neewer 2パック 調光可能な二色480 LED

Neewer 2 Packs Dimmable Bi-Color 480 LED

これは現在、Amazonのトップピックです。1万5000円ほどで、プロ・アマチュアを問わず、洗練されたポータブルなVlog照明キットを備えています。

  • 2つのLED照明
  • ホワイトディフューザー
  • AC電源
  • 調光可能
  • 照明スタンド
  • キャリングケース

最新の価格を確認する

4. Neewer 2パック アドバンスド 2.4G 480 LED

Neewer 2 Packs Advanced 2.4G 480 LED

上記のおすすめキットをさらにグレードアップした照明キットです。ワイヤレスリモコンを搭載しており、2つの照明を別々に、または同時に、さまざまな方法でコントロールできます。また、以下のものが1組付属しています。

  • LED照明
  • AC電源または電池駆動(充電器付き)
  • 調光機能付き
  • 照明スタンド
  • リモコン
  • キャリングケース

最新の価格を確認する

5. SAMTIAN 600 ビデオ照明ライトキット

SAMTIAN 600 Photography Lighting Kit

この照明キットは、フォトグラファーだけでなく、ビデオグラファーにもおすすめです。約2万4千円で、バッグの中にフル装備の照明キットが入っています。このキットは、ホームスタジオのセットアップに最適です。以下のような必要なものが一組ずつ付属しています。

  • LED照明
  • AC電源または電池式(充電器付き)
  • 調光可能なもの
  • 照明スタンド
  • リモコン
  • キャリングケース

最新の価格を確認する

リングライト おすすめトップ3

1. UBeesize 10インチ自撮りリングライト 伸縮三脚スタンド&スマホホルダー付き

UBeesize 10″ Selfie Ring Light with Tripod Stand & Cell Phone Holder

てっとり早く、安い動画撮影用照明をお探しなら、このリングライトがおすすめです。机や棚に簡単に設置することができます。

  • 10型LEDリングライト
  • スマートフォンの取り付け可能
  • AC電源
  • 調光可能
  • デスク上へ設置可能
  • スマートフォンやデジタル一眼レフカメラ用のBluetoothリモートコントロール

最新の価格を確認する

2. UBeesize 10インチ自撮りリングライト 伸縮三脚スタンド&スマホホルダー付き

10″ Selfie Ring Light with 50″ Extendable Tripod Stand

このリングライトは、中間的な選択肢と言えますが、念のためご紹介します。

  • 10″LEDリングライト
  • スマートフォン用回転式マウント
  • AC電源
  • 調光可能
  • デスクへ設置可能
  • スマートフォンやデジタル一眼レフカメラ用のBluetoothリモートコントロール
  • 三脚スタンド

最新の価格を確認する

3. Neewer 18インチLEDリングライト 55W 5500K 調光可能 省エネSMD LED カメラ写真 ビデオ用照明セット

Neewer Ring Light Kit:18″/48cm Outer 55W 5500K Dimmable LED Ring Light

特にデジタル一眼レフカメラの場合、内部に撮影用の大きな穴があるため、大きめのリングライトがおすすめです。また、大型の照明は、小型のものよりも光の広がりが大きくなります。このキットには、セットアップに必要なものがほぼすべて含まれています。

  • 18型LEDリングライト
  • スマートフォンとデジタル一眼レフの取り付けが可能
  • 白とオレンジのフィルター
  • AC電源
  • 調光可能
  • 照明スタンド
  • スマートフォンやデジタル一眼レフカメラ用のBluetoothリモートコントロール
  • キャリングケース

最新の価格を確認する

ソフトボックスおすすめトップ3

1. HPUSN ソフトボックス照明キット プロフェッショナルスタジオ撮影機器 連続照明

HPUSN Softbox Lighting Kit Professional Studio

昼光色バランスの取れた800W白熱電球を使用したVlog照明キットです。また、二重構造になっています。

  • 照明スタンド
  • AC電源
  • 調整可能なソフトボックス

最新の価格を確認する

2. PHOPIK ソフトボックス照明キット 2x20x28インチ プロフェッショナルスタジオ

PHOPIK Softbox Lighting Kit 2X20X28 inch Professional Continuous Studio

このキットでは、様々な色温度で調光可能な交換可能なLED電球を採用しています。また、一対のものが付属しています。

  • リモコン
  • 照明スタンド
  • 3000Kから6500Kまでの調光可能なLED電球
  • キャリングケース

最新の価格を確認する

3. Neewer 2パック 2.4G LEDソフトボックス照明キット カラーフィルター付き

Neewer 2-Pack 2.4G LED Softbox Lighting Kit with Color Filter

この照明パッケージは、LEDシステムを採用しており、超軽量で持ち運びが可能です。電球が壊れやすかったり、交換したりする心配がありません。このキットには、デュオが含まれています。

  • 照明スタンド
  • AC電源
  • クールな光を演出する赤、黄、青のフィルター
  • リモコン
  • キャリングケース

最新の価格を確認する

撮影用アンブレラおすすめトップ3

1. LimoStudio, LMS103, ソフトライティングアンブレラキット

LimoStudio, LMS103, Soft Lighting Umbrella Kit

ソケット、スタンド、45W CFL電球の3点がセットになったVlogライティングパッケージ。ただし、透過型のアンブレラは2本しか付属していません。キャリングケースと小型機材バッグが付属しています。

最新の価格を確認する

2. Emart 600Wフォトグラフィーフォト動画ポートレートスタジオ

Emart 600W Photography Photo Video Portrait Studio

合計4本の傘が付属しています。シースルー傘2本、反射傘2本の計4本です。また、45W CFL電球3個、ソケット、スタンドが付属しています。

最新の価格を確認する

3. LimoStudio 写真 動画 ポートレート スタジオ デイ照明 アンブレラ 連続照明

LimoStudio Photography Video Portrait Studio Daylight Umbrella Continuous Lighting

LimoStudio vlogライティングキットは、上記のEマートのキットとほぼ同じです。セットアップを整頓するためのベルクロタイがいくつか含まれています。

最新の価格を確認する

ライティングの動画編集

正しい光で撮影することは理想的ですが、不完全な光は必ず発生します。撮影後に色や光を修正したり、スタイルを整えたりするためには、優れたカラーグレーディングソフトウェアが不可欠です。ColorDirector は、映像の色を自在にコントロールできるだけでなく、撮影時には存在しなかった光源を作り出すことができます。ColorDirectorでは、撮影後に色合わせや照明効果のレンダリング、露出やコントラストの補正を簡単に行うことができます。たとえ完璧に撮影したとしても、カラーグレーディングを行えば、どんな映像でもワンランク上の仕上がりになります。数回クリックするだけで、照明効果がどれだけ向上するか、ぜひ無料でお試しください

まとめ

今回もたくさんの情報をお届けしました。私たちが提案する動画照明のヒントや推奨事項が、あなたのYouTube動画の質を高め、最終的には再生回数の増加につながることを願っています。お好みの設定ができたら、照明の位置やカラーフィルター、照明の強さなどを試して、ユニークでクリエイティブな作品を作ってみてください。近日中に、より高度なライティングのチュートリアルをご紹介しますので、お楽しみに。

この記事が気に入ったら、YouTuber になるには 初心者向け【永久保存版】 のページもご覧ください。
その他の記事は、ブログ一覧 からご覧いただけます。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: