サインイン
3
PowerDirector

【初心者ガイド】YouTube 動画編集におすすめの機材

最終アップデート 2021年 5月 28日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
best gear for youtube

YouTubeで人気者になりたいと思っても、何から始めればいいのかわからないかもしれません。この記事では、YouTubeチャンネルを始めるのに最適な機材を紹介しています。これで、人々が興味を持つような質の高いコンテンツを発信することができます。YouTubeを始めるにあたり、検討するべきことはたくさんありますが、必要なものをすべてご紹介していきます。

近年のYouTubeは、美容関係者やインフルエンサー、ゲーマーの発信源として評価されていますが、それ以外の分野でも活躍することができます。実際、動画コンテンツが企業にもたらす大きな可能性を考慮して、動画コンテンツに投資する企業が増えています。YouTubeの19億人以上のユーザーに加わることで、企業やそのブランドは多大な利益を得ることができます。実際 約87%の人が「2019年はブランドの動画コンテンツをもっと見たい」と答えています。あなたがYouTubeチャンネルを始める目的が何であれ、あなたのコンテンツを待っている視聴者がいます。

検討したいポイント

YouTubeを始めるにあたっては、いくつかの簡単なポイントがあります。それが決まれば、あとは自分のニーズに合った機材やソフトウェアを選ぶだけです。そのため、この記事では、ネット上にある膨大な情報の中から、自分に合ったものを選べるようにまとめました。まずは、どのようなコンテンツを作るのか?どこで撮影するのか?これらの質問は、「YouTubeでの動画編集に最適な機材」をGoogle検索する際の答えになります。

スタジオか、屋外での撮影か

YouTube動画用の機材を考えるとき、環境が違えば考慮すべき点も異なります。毎日のVlogを撮影するために機材を持ち運ぶ必要があるのか、それともスタジオのようなより管理された環境で撮影するのか?ということです。

予算

自分の希望する予算内で探しましょう。制作する動画の種類や予算によって、必要な金額には大きな幅があります。量が多ければ質が高いというわけではありませんし、これから説明するように、必要な機材は状況に応じて異なります。

自分のニーズに最も適した機材を見つけられるように調査して、以下にまとめました。気をつけていただきたいのは、予算は必ずしも固定されているわけではないということです。最初は基本的な機材でスタートして、後からプロ仕様の高価な機材にアップグレードすることも可能です。

カメラ

camera for youtube

どのような機器で撮影するにしても、最低でも1080pの高い解像度の動画を記録できるということが鉄則です。その理由は、例えばYouTubeチャンネルをブランド認知度やエンゲージメントを高めるために利用している場合、質の低いコンテンツは、潜在的な消費者に、あなたの製品やサービスも同じように質が低いと思われてしまいます。1080p対応のカメラを使用することで、最低限の品質基準を確保することができます。

デジタル一眼レフカメラ

高い品質と柔軟性を備えたカメラに投資したいなら、デジタル一眼レフカメラの導入を検討しましょう。デジタル一眼レフカメラを使用するには勉強が必要ですが、それだけの価値があります。デジタル一眼レフカメラは、複数の解像度と異なるフレームレートで撮影できるため、撮影対象に合わせて映像をより細かくコントロールすることができます。すぐに、カメラのさまざまな設定を活用し、レンズを交換するエキスパートになれるでしょう。デジタル一眼レフカメラを使いこなせるようになれば、なぜデジタル一眼レフカメラが多くのYouTuberに支持されているのか、その理由がすぐにわかると思います。

ウェブカメラ

ウェブカメラは、Zoom/Skypeミーティングのためだけではありません。YouTubeの動画をウェブカメラで撮影することは十分に可能です。ただし、PCの内蔵カメラは高品質ではないため、使用しないことをお勧めします。フルハイビジョン対応のウェブカメラは安価で、どのデスクトップPCやノートパソコンにも接続できます。このカメラは高品質の動画を撮影し、ゲーマーに最適で、コンピューターのモニターの上に設置することもできます。

スマートフォン

10年前には、スマートフォンで高品質な動画を撮影してYouTubeなどのサービスにアップロードすることは、あまりお勧めできませんでした。しかし、スマホの技術的進歩と絶え間ない改良により、YouTubeチャンネル用の動画をスマホで撮影することは十分に可能になりました。また、YouTubeを始めるには、撮影に使う機器をすでに持っている可能性が高いため、スマートフォンが最もコストパフォーマンスに優れています。

照明機材

perfect lighting for youtube

「Lights! Camera! Action!」という言葉があるように、映像制作においては、どの機材も重要な役割を担っていますが、言うまでもなく適切な照明がなければ映像は成立しません。自然光も美しいですが、その良し悪しは天気に影響されます。常に適切な照明を使用することで、視聴者を飽きさせない質の高いコンテンツを制作することができます。

LEDライト

安定した照明を実現するには、LED照明キットの導入がおすすめです。LED照明は柔らかい光を放つように設計されていますが、ほとんどの場合、光の前に置くプラスチックのパネルや布などのオプションが付属しています。エネルギー効率もコストパフォーマンスも良いので、投資する価値は十分にあります。照明の明るさを調節できるように、調光機能が付いているものを選びましょう

リングライト

リングライトは、フォトグラファーが使用していることでおなじみです。仕事で顏写真を撮ったことがある人や、スタジオで卒業写真を撮ったことがある人は、この機材が光をコントロールするのに非常に有効であることをご存じでしょう。リングライトは、円形の光が被写体の顔を全体的に照らし、影をなくす効果があるため、Vlogerに人気があります。

オーディオ

YouTube動画のクオリティを左右するのはカメラだと思われがちですが、カメラとオーディオは共生関係にあります。カメラの画質が素晴らしくても、それに見合う音声がなければ、動画のメッセージが伝わらない可能性があります。視聴者は、音質の悪さを聞けばすぐにわかります。科学的にも、最高品質のサウンドが必要であることは間違いありません。視聴者の第一印象は、文字通り「音質」にかかっているのです

外付けマイクか、内蔵マイクか

外付けマイクの方が、よりクリアでプロフェッショナルなサウンドを得ることができます。マイクは、カメラに取り付けるタイプ(購入したカメラの互換性を考慮する必要があります)と、ワイヤレスタイプがあります。いずれにしても、最適な音声信号を得るためには、カメラにマイクやレシーバーを接続できる入力端子があることを確認する必要があります。内蔵マイクは当然安価ですが、制限が多くなります。カメラから0.9~1.2メートル以内に座っていて、管理された環境であれば、カメラの内蔵マイクを使用することができます。それでも、撮影でお金をかけられるところがあれば、ぜひ適切なマイクに投資してください

best microphones for youtube

アクセサリー

アクセサリーは、カメラの性能を最大限に発揮するサポートをします。好みや予算、目的に応じて選択できます。

三脚

ビデオを撮影する際には、スタビライザーが非常に重要になります。コストパフォーマンスに優れた、必要不可欠な投資です。「三脚」というとかさばるイメージがあるかもしれませんが、「Joby ゴリラポッド」のように、携帯性に優れ、調整可能な三脚も簡単に見つけることができます。これまで紹介してきた機材と同様に、どのようなカメラにも対応できる三脚を見つけることができます。

ジンバル

安定性を高めるために、特に外出先で動画を撮影する場合は、ジンバルの購入を検討してみてください。コンパクトなサイズで、簡単に取り付けられるジンバルは、YouTubeの機材として最適です。

camera accessories for youtuber

動画編集

動画が撮れたら、次にすることは何でしょうか
恐らく、撮影が終わった時点では、動画はアップロード可能な状態ではないでしょう。そこで、すべてをきれいにまとめるために、動画編集の出番となります。ここで、あなたの可能性が大きく広がります。

動画編集ソフト

ビデオプロジェクトを完成させるために、動画編集でまず必要になるのは、優れた動画編集ソフトです。様々な種類があり、それぞれに魅力がありますが、ここではサイバーリンクのPowerDirectorをご紹介します。

無料版

PowerDirectorは、直感的なツールと高度なエフェクトを備えており、初心者からプロまで、幅広い層の方にお使いいただける編集ソフトです。ぜひ、無料の PowerDirector Essential をお試しください。編集作業に必要な機能がすべて無料でご利用いただけます。

有料版

より高度なツールやエフェクト、動画素材、写真、グラフィック、音楽への無制限アクセスなど、さらなるオプションをお求めの場合は、PowerDirector 365 へのアップグレードをお勧めします。
このパワフルな製品には、無料版のすべての機能に加えて、さらに多くの機能が搭載されています。エフェクト、トランジション、キーフレーム、マスク、クロマキー合成など、毎月追加されるコンテンツの量が非常に多いので、オールインワンの編集プラットフォームを探しているクリエイターには最適なツールです。機能とインスピレーションには事欠きません。

ご紹介は以上になります。
難しいと感じるかもしれませんが、世界中の人が毎日1億5千万時間もの間 YouTube の動画を見ています。これは励みになる数字だと思います。需要はあるので、あとは良質なコンテンツを提供するだけです。あなたのご活躍を楽しみにしています。

 

動画編集が初めてという方には、かんたんな操作で本格的な動画編集が可能な PowerDirector をおすすめします。YouTube の動画作成にも最適です。

 

この記事が気に入ったら、YouTuber になるには 初心者向け【永久保存版】 のページもご覧ください。
その他の記事は、ブログ一覧 からご覧いただけます。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: