サインイン
3

YouTube 動画のタイトルの付け方

最終アップデート 2021年 1月 15日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
YouTube 動画のタイトルの付け方

YouTube の世界では、チャンネル名動画のタイトルは非常に重要です。

もちろん動画の内容も大事ですが、まずは動画を見つけてもらうという段階で、視聴者の注意を引きやすいチャンネル名とタイトルになるよう工夫することも大切です。

このページでは、星の数ほどある動画の中から自分の動画を見つけてもらうために、魅力的なタイトルの付け方について説明します。


YouTube のチャンネル名&動画のタイトルとは

「チャンネル名」はあなたのチャンネルのテーマを表し、ブランディングの重要な要素の一つです。

また、視聴者は検索で見たいコンテンツを探すため、「動画のタイトル」も重要になります。

「チャンネル名」はチャンネルのホーム画面とそれぞれの動画に表示されます。わかりやすくて記憶に残りやすい名前をおすすめします。

自分自身をブランドとして売り込むチャンネルでは、自分の名前やニックネームを使っているケースが多いです。

また、検索エンジンや視聴者がすぐにチャンネルの主旨を理解してもらえるように、チャンネルのテーマや説明を含むワードをチャンネル名に取り入れている人もいます。

例えば、「動画編集」や「ダイエット」、「副業」などのワードをチャンネル名に入れると、チャンネルのテーマがわかりやすくなります。

動画のタイトルは、説明のみを載せるのではなく、視聴者の注意を引きやすく、興味深いものをおすすめします。

YouTube Channel - Paul Dinning Wildlife

YouTube の動画タイトルが重要な理由

YouTube の動画タイトルはチャンネルのその後を左右し、適切なタイトルを選ぶことで、より多くの視聴者に見てもらうことができます。

視聴者は見たい動画のキーワードを入力し、検索結果に表示される動画のサムネイルとタイトルで再生する動画を選びます。

そこで、動画のタイトルには検索されやすいキーワードを採用しましょう。検索結果に表示されるように、タイトルの中に優先順位の高いキーワードを入れて下さい。YouTube は検索エンジンでもあるため、キーワード選びはとても重要です。


おすすめの YouTube の動画タイトルのつけ方

ここでは、タイトルを付ける際に役立つおすすめの方法をいくつか紹介いたします。


優先順位の高いキーワードを入れる

タイトルの中にキーワードが入っていると、そのキーワードで検索したユーザーの検索結果に表示されやすくなります。そのため、タイトルに優先順位の高いキーワードを含めることが非常に重要です。

ヒント:可能であれば、タイトルの最初にキーワードを入れてください。

例: キーワードが「スマートフォン」だった場合、「スマートフォン おすすめトップ 5」としてもいいでしょう。


クリック率 (CTR)

クリック率とは、「クリックされた回数 ÷ 表示された回数」をパーセンテージで示したものです。
検索結果にはたくさん表示されるのに、クリックしてもらえないと、クリック率は下がってしまいます。
タイトルを工夫することで、クリック率を上げることができ、クリック率 は収益にも直結するため、重要視されています。

ヒント: YouTube の動画タイトルに具体的な数字を入れると、説得力が上がります。

数字には説得力があり、YouTube の動画タイトルにも同じことがいえます。タイトルには可能な限り数字を含めることをおすすめします。

例: 「おすすめのマスカラ トップ 10」は、「おすすめのマスカラ」よりも具体的でわかりやすいです。

ヒント: 感情ワードを入れてみましょう。表現力豊かなタイトルは人をひきつけます。

【感動】【衝撃】【驚愕】【神回】などの感情ワードを入れてみましょう。これらの言葉も、クリック率に大きく貢献します。


YouTube の動画タイトルは簡潔に

ヒント: タイトルをわかりやすく簡潔にまとめるのも、効果的です。

タイトルをどの程度の長さにするべきかについては、一概には言えず、記事の目的や、タイトルが表示される場所などを考慮して決める必要があります。
ですが、一般的には、タイトルを簡潔にまとめることで注目が集まり、クリック率が高まります。

例: 「初心者におすすめのヨガ 5 選」は、「良質な睡眠へと導く 5 つのヨガ」よりも簡潔でわかりやすいです。
後者はより具体的な説明があるため魅力的かもしれませんが、前者の方が検索結果でスルーされるリスクが少なく、より目立つタイトルになります。


ツールを使ってタイトルを最適化する

キーワード提案ツールを使うと、マーケティング戦略やコンテンツ作成に欠かせないキーワード候補を確認することができます。

ヒント: ツールを使ってキーワード候補などを確認し、実際に試してみましょう。

例:CoSchedule の ヘッドライン アナライザー (英語サイト)

CoSchedule - Free Headline Analyzer

例: UberSuggest は、キーワードの提案以外に、コンテンツのアイデアなどを提供する無料ツールです。

Ubersuggest - Keyword Suggestions

動画のタイトルとサムネイルを一致させる

動画のタイトルと同様、動画のサムネイル画像も重要です。

ヒント: サムネイル画像は、動画の内容を説明するものにしてださい。

例えば、複数の専門家にインタビューする動画であれば、サムネイルには知名度の高い専門家の写真を入れるといいでしょう。野鳥観察に関する動画では、紹介されている珍しい野鳥や人目を引く野鳥を入れるといいでしょう。

人によってはサムネイル画像ばかり見て、タイトルをほとんど読まないという人もいるくらいです。

サムネイル画像が魅力的でないと、インパクトに欠けるタイトルと同様に、検索に表示されてもクリックしてもら得ないことが多いのでご注意ください。

例: サムネイル画像を作らないと以下のように、誰もクリックしたがらない動画になってしまいます。

サムネイル画像がない動画の見た目

やってはいけない YouTube 動画タイトルの付け方

ここまでは、タイトルの付け方のコツを紹介してきましたが、ここではやってはいけないタイトルの付け方について説明いたします。


「クリックベイト (誤解を招くタイトル、釣りタイトル)」は避ける

「クリックベイト」とは、ユーザーの興味を引くために、誇張されたタイトルをつけることです (詳細は Creator Academy の説明 をご覧ください)。
このような動画は、視聴者の信頼を裏切るものとなります。

例えば、「一晩で 10 キロ痩せる方法」のようなタイトルはクリックベイトであるとすぐにわかりますが、それでも釣られて見てしまう人がいます。
しかし、視聴者がすぐに再生を止めたり、否定的なコメントが多かったり、チャンネル登録者数が少ないなどのデータから、YouTube 側にもこの動画に問題があることがわかり、YouTube のおすすめとして表示されにくくなったり、おすすめの順位が低くなる可能性があります。それだけでなく、YouTube のコミュニティガイドラインに違反していると見なされた場合は動画が削除されてしまうのでご注意ください。

ヒント: フェイク ニュースのような完全な嘘ではないものの、タイトルと中身の関連性が乏しかったり、期待していた内容と違う中身のない記事は、結果的にユーザーの信用を失ってしまいます。

動画の公開後は視聴者の反応を観察する

動画をアップロードした後も、ダッシュボードの分析結果を常にチェックして、パフォーマンスに関する詳細情報を観察しましょう。

開始から 15 秒以内にどれだけの視聴者が画面を閉じているか確認してみてください。
急な落ち込みは、オープニングやタイトルの時点で期待していたのと違っていたり、興味を持たなかった人が多いことを意味します。

また、[リーチ] ページの [トラフィック ソース: YouTube 検索] セクションでは、「視聴者が検索したキーワード」を見ることができます。
「視聴者がどのようなキーワードで検索して見に来てくれているか」、「動画のタイトルと検索されているキーワードが合っているか」を確認してみましょう。

再生回数が伸びない場合、この記事のヒントに沿ってタイトルを再度確認、変更してみてください。

  • キーワードをもう一度チェックしてください。
  • タイトルにキーワードを入れましたか?
  • タイトルは具体的ですか?
  • 簡潔でわかりやすいタイトルにしましたか?
  • 動画の内容とサムネイルのイメージは一致していますか?
  • オンライン ツールでタイトルをチェックして、適切なタイトルを選びましたか?
  • クリックベイトのようなタイトルを選んでいませんか?
  • アナリティクスを確認しましたか?

以上の内容を参考に、YouTube 動画のタイトルを、検索されやすいように工夫していきましょう。

YouTube での成功には戦略と戦術が必要であり、タイトルは、重要な要素の一つにすぎません。
他のブログの内容も参考にして、YouTube チャンネルの運営に活かしていきましょう。

この記事が気に入ったら、YouTuber になるには 初心者向け【永久保存版】 のページもご覧ください。
その他の記事は、ブログ一覧 からご覧いただけます。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: