3

メンバーサイトへようこそ

PhotoDirector

【無料】初心者にもおすすめの画像・写真編集ソフト【2021】

最終アップデート 2021年 8月 20日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
5 Best free Photo Editing Software for Windows

写真を撮って生計を立てている人も、趣味で写真を撮っている人も、、写真編集ソフトでレタッチや編集、補正などを行うことで、カメラで撮ったそのままの写真よりも、格段にインパクトのある作品を作ることができます。

とはいえ、機能性は非常に優れているものの、使い勝手の悪い UI になっている有料の写真編集ソフトもあります。また、一見、無料かつ綺麗で分かりやすい UI ながら、「AI 空置き換え機能」などの応用機能やプロフェッショナルなツールについては月額課金登録が必要となるソフトもあります。

いずれにせよ、直感的でユーザーフレンドリーな UI を備えつつ、作品に驚くべき結果をもたらす写真編集ソフトを探すことを諦めるにはまだ早いです。たった一つのソフトで、ベーシックな機能から専門的なツールまでの全てを兼ね備えた Windows 向けの無料写真編集ソフト( PhotoDirector など)もあります。

Windows用の無料写真編集ソフトは何がいいんだろう」と思っていた方は、ぜひこの記事を参考にしてください。無料写真編集ソフトのベスト 5 について、それぞれの概要と驚くべきクリエイティブ要素をまとめましたので、ぜひご一読ください。

ここでご紹介するソフトは、どれもあなたの編集作業効率を高め、ワークフローを向上させてくれることでしょう。ただし、直感的でユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えながらも、応用の効くプロフェッショナルなツールをお求めならば、私たちのおすすめは PhotoDirector です。このソフトは写真家にとって必須の機能を全て揃えており、カスタマイズ可能なプロ級のフィルターやエフェクトなども含んでいるため、あなたの写真を常にオリジナルで新しいものにしてくれるでしょう。

これから写真編集を始めたいという方は、今すぐ 無料版 PhotoDirector をダウンロード して使ってみましょう。

無料の写真編集ソフト ベスト 5

1. PhotoDirector Essential

パソコン向けに最適化された PhotoDirector は、初心者から熟練のクリエイターまで、誰もが自分の写真を芸術作品に仕立てるために必要な機能を全て備えたオールインワンの編集ソフトです。Lightroom のような写真加工・整理機能と、Photoshop のような強力な編集・補正・加工ツールを併せ持つ、ユーザーフレンドリーな設計のプラットフォームです。

ガイド付きモジュールがあるので、いちいち使い方を学ぶ必要もなく、高品質な写真効果をわずか数秒で作り出すことを可能にします。また、動画から写真への変換や、アニメーション機能なども充実しているため、他の編集ソフトとは見違える仕上がりの写真制作が可能です。

特に、何千枚もの写真を扱うような場合、編集ソフトの整理機能や処理能力は非常に重要な要素となります。PhotoDirector 内では、タグ名や撮影場所などのメタデータを一括して並べ替えることができ、また、AI 顔認識技術により、整理作業をさらに効率化できます。

AI 顔認識を使った写真の正確な分類、カレンダーを使った画像の検索、階層タグのカスタマイズによる写真の確実なラベル付け及び分類など、初心者にとってはまさに最適な写真整理ソフトと言えるでしょう。また、スライドショーも自動で作成でき、BGM を追加して、作品を素早く共有することも可能です。

PhotoDirector には、その他たくさんの写真補正機能や編集ツールが備わっており、いくつかのソフトを使い分けることなく、一つのソフトの中で完結した操作が可能です。正確な色置換や HSL カラー補正、HDR 効果などに加えてワンクリックで使用できるカスタマイズ可能なプリセットも豊富に備わっています。

初心者でも使いやすいようにガイド付きモジュールも備えているので、すぐに目を見張るような成果が得られるでしょう。PhotoDirector の豊富な機能の中でも、特に次のような機能が代表的です:

  • AI 技術による空置き換え機能
  • コンテンツ解析編集
  • レイヤー編集による多重露光合成
  • ライトヒットエフェクトや光線エフェクトなどの照明効果
  • アニメーション GIF の作成
  • 分散エフェクト

専門家が扱うプロジェクトのような複雑なレイヤー編集が必要な場合でも、PhotoDirector は十分効率的に作業を行うことができるでしょう。すでにある程度の写真編集を経験してきた方にとって、PhotoDirector のコンソールは Photoshop の編集プラットフォームと共通点があることに気づかれると思いますが、PhotoDirector の簡易的な UI 設計は、複雑さを感じさせません。

マスクの適用、レイヤーフィルタリング、ぼかし効果、レイヤー均等配置などの他に、レイヤーヒストリー機能を使った編集のやり直しも可能。360° 編集にも対応しているので、360° 写真をパノラマ写真に変換したり、リトルプラネットを作成したりして、あなたのポートフォリオに付け加えることも可能です。

また、動画素材からパノラマ写真を作成することや、動画内のそれぞれの人物のベストショットを複数選んで、全員が笑顔のベストショットを 1 枚の写真に合成すること、あるいは直近の動画素材から多重露光写真を作成することもできます。友人や家族に爆笑ネタのアニメーション GIF を共有することも、モーションスチルを使った写真の一部分だけを動かすシネマグラフ(Cinemagraphs)を作ることも、ほんの数分の作業で完結してしまいます。

思い通りに描くように写真を編集したいのであれば、予算や経験値、あるいは中途半端な編集ソフトに足を引っ張られるのはやめましょう。
今すぐ、Windows 向けの PhotoDirector を無料でダウンロード して使い始めることをおすすめします。

2. GIMP Photo Editor

GIMP interface

GIMP(GNU Image Manipulation Program の略称)は、Photoshop などの高額なソフトに匹敵するくらい複雑な写真編集ツールから基本的なツールまでを網羅した驚くべきソフトです。

他の編集ソフトとは違って、GIMP は段階的なプランやサブスクリプションを設けておらず、無料で次のような高度な機能の全てにアクセスできます。

  • 調整可能なブラシ
  • 自動補正機能
  • カスタムカラー補正及びグラデーションツール
  • 応用的なアニメーション機能

レイヤー編集機能やマスク、エフェクトなどの柔軟な機能が揃っている他、GIMP ユーザーが作成するプラグインも無料でダウンロード可能です。さらに、カスタマイズ可能なレイアウトなど、Photoshop などの競合製品に負けないように一定のペースで開発は進んでいます。

このように様々なツールが使える一方、GIMP はユーザーに最適化されたインターフェイスは取り揃えていません。初心者や中級者にとっては複雑な編集技術の使い方に困惑することでしょう。

ユーザーコミュニティ向けのディスカッションパネル以外にサポート体制が設けられていないため、ほとんど編集機能に触れたことがない人にとっては、非常に混乱しやすいプラットフォームと言えます。

おすすめの機能:

  • 包括的な編集ツールのラインナップ
  • 素早くカスタマイズ可能なインターフェイス
  • コミュニティの有志による追加のプラグインやスクリプトで簡単に拡張が可能

3. Movavi Picverse

Movavi Picverse

Movavi Picverse は、素早く簡単に必要のないオブジェクトを削除できるという一つの機能において評価を得たソフトと言えるでしょう。初心者でも簡単に気に入らない要素や邪魔な要素を削除できる一方、それ以外の編集機能については、編集初心者にとっても物足りなく感じてしまうほど期待できません。

ミニマルなインターフェイスは、写真の背景を綺麗にする作業を簡単にしてくれます。削除したいオブジェクトを選んだ後、ただ「削除」をクリックするだけで完了です。また、AI を駆使して、背景の画像をあらかじめアップロードしておいた別の画像に変更することも可能です。

不要オブジェクトの削除や要素の移動という機能以上に応用的な機能が使えるわけではありませんが、限定的な編集機能が備わっています。例えば、サイズの調整やクロップ、回転、色調整、リサイズなどの基本的な機能で写真の方向性をある程度決めたり、セピアや白黒、油彩などのスタイリッシュなフィルターが使えます。

また、種類は少ないですが、色調や鮮明さ、コントラスト、色温度などの調整機能、マジックエンハンスによる手動コントロールでのテキスト、タイトル、キャプションの追加をワンクリックで行うことができます。

Movavi はオブジェクト削除にフォーカスしているので、スタンダードな写真編集ソフトに比べて、サービスはかなり限定的です。Photo Studio パッケージにアップグレードすることも可能ですが、月額課金が必要となります。また、PhotoDirector のような AI を駆使した写真の整理・管理機能もありません。

おすすめの機能:

  • 強力なオブジェクト削除機能
  • 初心者にも使いやすい編集機能
  • 選択肢が少なく、シンプルでコンパクトなデザイン

4. BeFunky

BeFunky interface

おすすめの無料写真編集ソフトを語る上で、Windows ユーザーにとって BeFunky は見逃せないでしょう。このソフトの無料版では、初心者が写真を加工するのに必要な色調整や照明調整、カスタマイズ可能なコラージュやグラフィックスの作成など、様々なツールを提供しています。

10 個の写真編集モジュールからお好きなものを選んだら、テンプレートのレイアウトや画像のアップロード、細かい調整などがすぐに利用できます。無料版ではあくまでも3分の1程度のツールしか使えませんが、初めて写真編集をされる方にとっては十分に楽しめるシンプルな機能性があります。しかしながら、上級者の方はもう少し多めのツールを、より少ない広告表示で利用したいと思うでしょう。

BeFunky では、「基本ツール / ぼかし&なめらかさ / その他」の3つのタブにツールが区分けされていて、最も使われるのは「基本ツール」メニューです。プレミアム版に月額課金することで、切り抜きツールや背景の置換、色の置き換えなどの高度な編集機能を使えるようになります。また、無料版であっても、次のような基本的なツールが使えます:

  • 露出
  • 補助光
  • 自然な彩度
  • シャープ化
  • さかい目をぼかす
  • その他

ただし、BeFunky にも便利な機能はそれほど多くは備わっていませんし、PhotoDirector のようにフルスペックの編集スイートがついているわけではありません。

おすすめの機能:

  • 効率的なドラッグ & ドロップのインターフェイス
  • カスタマイズ可能なコラージュテンプレートとプリセット
  • 無料のストック写真素材を提供する Unsplash および Pixabay との互換性

5. Pixlr

Pixlr interface

Pixlr は無料の軽量編集ソフトウェアで、初心者から経験豊富な写真編集者まで、多くの人にとって基本的な編集を効率良く行うためのソリューションとして最適です。初心者の方には少し扱いづらいかもしれませんが、Photoshop に慣れている上級者の方であれば、ソフトウェアのツールバーを簡単に操作することができるでしょう。

レイヤー編集やマスク機能、カスタマイズ可能なブラシや視覚効果など、いくつかの編集に必要なツールを備えていますが、レタッチのためのプロ向けのツール類は用意されていません。また、レンダリング速度が遅いので、マウスやタッチパッドの動きが安定しづらく、イライラさせられることもあるかもしれません。

ソフト自体がクラッシュすることはほとんどありませんが、バナー広告の多さやわかりづらいページナビゲーションは、このソフトの機能性と美しさを低下させている要因です。他方で、その合理的なレイアウトと最小限のツール群は、まったくの初心者でも編集作業を簡単に行うことを可能にしています。

わざわざフルスペックの編集スイートを探さなくても、スポット修復ブラシ、スタンプ、肌色調整などのツールを簡単に見つけることができ、写真素材の色や照明の微調整を行うことが可能です。簡単に編集したいユーザーにとっては、Pixlr で写真にちょっとした加工をしたりコラージュを作成したりして楽しむことができるかもしれませんが、ユーザーフレンドリーでより充実したツールを求めている方には、Pixlr はおすすめできません。

後者の場合には、PhotoDirector のように PC 作業に最適化され、ラグやレンダリング時間が短縮されているソフトで、プロ級のフル編集スイートを持つものの方が最善の選択と言えるでしょう。

おすすめの機能:

  • デスクトップ版とモバイル版の素早い互換性
  • ある程度カスタマイズ可能な編集インターフェイス
  • 充実した基本的機能

Windows 10 向けの最高の無料写真編集ソフトを手に入れましょう

あなたが単に趣味として写真を楽しんでいようが、一流の写真家としてのキャリアを積んでいようが、写真編集ソフトには最大の効果を期待しているはずです。Photoshop のようなものすごく手の込んだエフェクトさえ、いまや高額な編集ソフトを必要としていませんし、PhotoDirector のように AI ツールを搭載し、未経験でも簡単に扱える編集ソフトさえあります。

早速今日から PhotoDirector を無料 で使ってみましょう。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: