メンバーサイトへようこそ

PhotoDirector

【無料】フォトショップ 買い切り版はある?代替ソフトのおすすめは?【2023年最新版】

最終アップデート 2023年 1月 1日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
フォトショップ 買い切り版はある?代替ソフトのおすすめは?

最近のスマホに搭載されているカメラは高性能なものが多く、インスタなどでより美しく、手の込んだ写真を掲載するために写真編集・画像加工に興味を持つ人が多くなってきました。

写真編集を始めようと考えた時、まず必要となるのが「編集ソフト」です。そして画像加工・編集ソフトと言えば、Adobe 社の Photoshop と思い浮かべる人が多いでしょう。そこで今回は、 Adobe Photoshop について色々解説していきます。

目次:

Photoshop(フォトショップ)とは?買い切り版はある?

Photoshop とは?

Photoshop は世界で最も有名な画像編集ソフトでしょう。アメリカに本社をもつ Adobe 社によって提供されており、写真加工・写真合成、グラフィック制作など画像に関する様々なことができます。日本では「フォトショ」と略され、少し前まで写真や画像を加工編集するソフトと言えば、Photoshop というのが定説でした。
そのイメージ通り Photoshop はとても優秀なソフトで、日常の風景を撮影しただけの写真を映画風に加工したり、晴天に撮影した写真に雪を降らせるなど、画像加工においては思いつくことはほぼなんでも実現できてしまうソフトです。
プロの写真家やクリエイターからも絶大な評価を得ています。

Demo

 

Photoshop に買い切り版はある?

現在では買い切り版の販売が終了しており、すべてサブスクリプションサービスでの提供に移行しています。

サブスクリプション版もプロに向けて作られているため、パソコンのソフトとしては高額で、「ちょっと興味がある」程度ではなかなか手が出ない方も多いかと思います。毎日使う仕事でもない限り購入を考えるのは難しいでしょう。

Demo

しかし、最近では Photoshop に勝るとも劣らない優秀な画像編集ソフトも出てきています。次項ではそんな優秀な画像編集ソフトから Photoshop の購入を検討していた皆様におすすめのソフトをご紹介していきます。

Photoshop(フォトショップ)に代わるおすすめ写真編集ソフト 5選

残念ながら Photoshop の買い切り版は販売を終了してしまいました。

写真編集をしたいけど、「毎日のように使わない」「毎月支払いが発生するのはちょっと」とお考えの方も多いと思います。

この項では Photoshop の代替としておすすめのソフトをご紹介していきます。中には買い切り版があるソフトもありますので、判断基準にしてみてください。

1位.サブスク型と買い切り版が選べて本格的な写真編集が簡単にできる「PhotoDirector

PhotoDirector

PhotoDirector(フォトディレクター)は、初心者からプロの写真家まで、誰もが簡単にそして思い通りに写真を編集・加工することができるオールインワンの画像編集ソフトです。Lightroom のような写真加工・整理機能と、Photoshop のような強力な画像編集・補正・加工ツールを搭載しています。

基本的な画像編集・補正はもちろん、パノラマ写真の作成や被写体の切り抜きなどの高度な機能も全て搭載しています。さらに、独自の AI 技術による編集補助により、空の置き換えや、アニメーション、ブレンド合成などのプロが行うような編集も数クリックで簡単にできてしまいます。

▲ 本格的な写真編集が簡単にできる優秀なツールが揃っている!

Demo

▲ AI 技術により、複雑な画像に写りこんだ不要物を一瞬で削除!

Demo

▲ 曇り空をワンタッチで青空や夕焼け空へと変更!

なお、PhotoDirector にはサブスクリプション型(定期契約型)と買い切り版が用意されています。

  • PhotoDirector 365:サブスクリプション型(1ヶ月プラン / 12ヶ月プラン)
  • PhotoDirector 14 Ultra:買い切り版(ダウンロード版 / パッケージ版)
PhotoDirector 14 Ultra パッケージ版には、印刷されたマニュアルが同梱されています。「やはり手元に製品を置いておきたい」、「印刷された紙のマニュアルを手に取って見たい」と考える方におすすめです。パッケージ版は家電量販店や Amazon などの通販サイトにて販売されています。

また、PhotoDirector には全機能を試すことができる「無料体験版」がありますので、まず試してみたいという方は下記リンクよりダウンロードしてください。


2位.ウェブツールを使って写真編集ができる「PIXLR」

PIXLR

PIXLR(ピクセラー)は、無料の画像編集ソフトで、ソフトをダウンロードするのではなくブラウザ上で加工・編集を行うタイプです。ブラウザ上で行うため、あまりスペックに左右されないという特徴があり、初心者から経験豊富な写真編集者まで、多くの人にとって基本的な編集を効率良く行うことができます。ただし UI はあまり洗練されていないため、初心者の方には少し扱いづらいかもしれません。

機能面では、レイヤー編集やマスク機能、カスタマイズ可能なブラシや視覚効果など、画像編集に必要なツールは備えていますが、プロ向けのツール類はあまり充実していません。

写真にちょっとした加工をしたりコラージュを作成する程度ならおすすめですが、バナー広告の多さやわかりづらいページナビゲーションは少々難ありと言えます。


3位.アプリ、もしくはウェブツールでおしゃれな写真編集ができる「Canva」

Canva

Canva(キャンバ)は、同名のスマートフォン用アプリが人気のデザイン・画像編集ソフトです。アプリが人気なので名前を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、こちらは PC 用ですのでアプリよりさらに高度な加工を行うことができます。無料版と有料版の「PRO」があり、無料版では基本的な加工しか出来ません。また、オンラインで画像加工を行うため、ブラウザベースで利用することになりますが、最近では Windows 用と Mac 用のデスクトップアプリが提供されています。いずれにせよ常にオンラインの環境が必要な点と、大切なデータを一時的にとは言えオンラインにアップロードする必要があるため、セキュリティが心配な人には不向きかもしれません。


4位.高度な写真編集が無料で行える「GIMP」

GIMP

GIMP(ギンプ、ジンプ)は、Photoshop などの高額なソフトに匹敵するくらい高度な写真編集機能を網羅しているにも関わらずフリーで提供されている驚くべきソフトです。 レイヤー編集機能やマスク、エフェクトなどの基本的な機能はもちろん、ユーザーが作成した無料のプラグインをダウンロードする事で高度な編集も可能です。

ただし、フリーソフトという性質上ユーザーに最適化されたインターフェイスなどは備わっていないため、初心者や中級者にとっては複雑な編集技術の使い方を習得するには少々時間がかかるでしょう。

また、無料であるがゆえにサポートは存在せず、操作に行き詰った場合などは、有志が用意したユーザーコミュニティ(ほとんどが英文)などを調べる必要があります。そのため、写真加工の初心者には、かなりハードルが高くなっています。


5位.基本的な写真編集がウェブ上で行える「Fotor」

Fotor

Fotor(フォター)は、おすすめ2位でご紹介した PIXLR 同様に Web ブラウザ上で画像編集を行えるツールです。ユーザー登録は必要ですが無料で使え、細かい編集までできる優れたツールですので初心者にもおすすめです。
画像のトリミング、画像のサイズ変更、写真の文字入れなど基本的な機能は搭載されています。さらに、スタンプの種類も豊富な上、背景色(白か黒)の切り替えも行えたり、「デザインを作成」機能を使うと、Facebook や Twitter、Youtube のカバー画像、ポスター、はがきなど、用途を選択してから画像を加工することもできます。

まとめ

世界で最も有名な画像編集ソフト「Photoshop」について解説してきました。
残念ながら買い切り版の販売は終了してしまいましたが、優秀な代替ソフトも多数ありますので、今回の記事をご参考いただき、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

なお、おすすめ 1 位でご紹介しました PhotoDirector には、サブスクリプション版の「PhotoDirector 365」 と、買い切り版(通常版)の「PhotoDirector 14 Ultra」も存在します。共に、購入してインストール後、すぐに使用することができます。

Demo

※公式サイトでは定期的にセールを実施しているので、価格が上記と異なる場合があります。

 

また、「紙媒体のマニュアルを見ながらじっくり編集したい」とお考えの方には PhotoDirector 14 Ultra のパッケージ版もありますので、家電量販店や Amazon などの通販サイトを探してみてくださいね。

PhotoDirector には全機能が使える無料の体験版がありますので、ご購入を検討される前に、体験版をダウンロードして様々な機能を試してみるのをおすすめします。
PhotoDirector の無料体験版ダウンロードは下記リンクからどうぞ。



この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: