メンバーサイトへようこそ

PhotoDirector

【2022最新】写真を漫画・アニメ風に加工できるアプリおすすめ4選

最終アップデート 2022年 11月 21日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
写真を漫画・アニメ風に加工できるアプリおすすめ4選

写真加工アプリには様々な加工技術が搭載されていて、写真の色や明るさを編集する以外にも小顔加工ができたり、バーチャルメイクができたりと、どんどんユニークな機能が増えていっていますね。

そんな写真加工アプリのおもしろい機能のうち、今回ご紹介したいのは「写真をアニメ風に加工」できるアプリの機能です。

アプリによってはAIの顔認識機能を搭載しているものもあり、自分の顔の特徴・パーツをしっかりととらえながらリアルに仕上げてくれるます。

SNSやLineのアイコン等に使ってみると周囲の話題にもなるかも知れませんね!

今回は写真を漫画・アニメ風に加工できるアプリおすすめ4選と、アプリを使って実際に加工する方法をご紹介して行きます。

目次

写真を漫画・アニメ風に加工するアプリおすすめ4選

1.AI機能で写真をアニメ風加工「PhotoDirector」

PowerDirector App Icon

 

PhotoDirectorは豊富な機能とパソコン顔負けの高性能な編集ツールを搭載した写真加工アプリです。

AIを搭載したユニークな編集機能がたくさんあり、その中に漫画・アニメ風に加工することができるエフェクト「スタイル」が使用可能です。加工のパターンも、顔を加工するのに適したものから、写真・風景全体を絵画風に加工できるものまで複数ありますので、好きなスタイルを選んで加工することができます。

photodirectorai

▲似顔絵のプロが書いたような仕上がり

加工自体はAI顔認識を搭載しているおかげで、たったの1タップで完了!加工が完了したら、InstaFill機能を使って Instagram や Facebook などに適した画像サイズも作成できるので、SNSへの投稿や、友人へのシェアも便利です。

アニメ風、絵画風、3Dアバター風と様々なスタイルがあり、合計12種類のAIスタイルのなかから好きなタッチを選んでみましょう。ラインやインスタのアイコンにしてみたり、友達にシェアしてみたりしても、盛り上がるかもしれませんね!

photodirectorainew

▲多様なアニメスタイルに変換できる!

photodirectorainew

▲本人の特徴をしっかり残す高クオリティの仕上がり

主な機能:

  • パソコンソフト顔負けの高性能な編集ツール
  • AI機能で簡単に写真を漫画・絵画風エフェクトを適用可能
  • 幅広い種類のフィルターやテンプレート、デコレーション

長所:

  • 初心者の方でも使いやすいユーザーフレンドリーな操作画面
  • 簡単に写真を編集することが可能

2.写真をアメコミ風加工「ToonMe」

Cartoon YourSelf Before After

ToonMeは自分のカメラロールの画像を、数種類のプリセットされた漫画・アニメ風のスタイルに加工することができるアプリです。

人気のアメコミ風のものから手書き風のものまで用意されており、加工自体は非常に簡単に行うことができます。

ただ、アニメ風加工以外の加工機能が殆どないため、様々な加工も同時に行いたい方には物足りないかもしれません。

主な機能:

  • いくつかのカートゥーンエフェクト
  • 個性的なステッカーを追加可能

長所:

  • 使いやすいシンプルなインターフェイス
  • 初心者向けの簡単な編集機能

短所:

  • 広告が多い

3.手書き漫画風に写真を加工「Sketch Me!」

Sketch Me! Sketch & Cartoon Interface

Sketch Me! はシンプルですが、SNS で共有するようなその名前の通りスケッチ風に写真を加工してくれます。シンプルな機能とインターフェイスのため、写真やスクリーンショットを数秒でアップロードから変換、保存まですることができます。

Sketch Me! (スケッチミー)20 種類以上の漫画・絵画風の写真エフェクトが搭載されています。さらに、線の強さや色調整などのいくつかの編集機能も使用可能です。しかし、PhotoDirector と比べると編集機能は少なく、プロのような写真編集をするには最適ではありません。

主な機能:

  • 多様な種類の漫画・絵画風エフェクト
  • 初心者向けの写真編集ツール

長所:

  • 簡単な操作で編集できるインターフェイス
  • 写真にフィルターを適用可能

短所:

  • 基本的な編集ツールしか搭載されていない

4.写真を3Dアニメ風に加工可能「ToonApp」

Sketch Me! Sketch & Cartoon Interface

ToonAppはディズニー風・アメコミ風・手書き風など、テンプレートが豊富なのが特徴の写真加工アプリです。

また、顔認識機能がついていることにより、自動で顔部分のみを切り取って加工してる他、アプリ内から直接SNS等にもアップロード可能です。

ただし無料版は右下にロゴが入ってしまう他、加工前の元画像と一緒にセットになった状態でしか保存ができません。

写真を漫画・アニメ風に加工する方法

ここからは、実際にアプリを使って写真をマンガ・アニメ風に加工する方法をご紹介していきます。

なお、今回はおすすめ1位に紹介した「PhotoDirector」で加工する方法を解説しますので、一緒に作成してみてくださいね。ダウンロードは下記 URL からどうぞ!

 

ステップ 1:エフェクト→スタイルを選択

PhotoDirectorを起動し、アニメ風に加工したい写真を選びます。次に、ツールバーの[エフェクト]をタップし、エフェクト一覧から[スタイル]を選択します。

 

step1

ステップ 2:気に入ったスタイルを選択します

スタイルツールのウィンドウから、さまざまなスタイルを試すことができます。スタイルを切り替えて、好みの加工スタイルを選びましょう。

ステップ 3:消しゴムツールで調整

消しゴムツールを押すと、エフェクトをかけたくない部分の加工を取り除くことが可能です。顔だけ加工して服はそのままにしておきたい場合や、背景が不自然になってしまうなどの場合はこの機能で調整してみましょう。

step2

ステップ 4:加工の強さを調節

最後に加工の掛かり具合を調節しましょう。自然な雰囲気を残したい場合は弱めに、完全にアニメ化させたい場合は強めにかけます。ほんの少しだけ加工して、絵なのか写真なのか分からないような不思議な風合いにしてみるのも面白い活用方法かもしれませんね。

 

step3

まとめ

多くの場合、SNS のユーザーは決まったフィルターやエフェクト、スタイルを写真に使います。いつも使っているエフェクトを選ぶのではなく、簡単な操作で写真を漫画・絵画風にすれば、子どもの頃に感じたワクワクや冒険、楽しさを思い出させてくれる写真を作成することができます。

PhotoDirector には高度な編集ツールとユーザーフレンドリーなインターフェイスが搭載さえており、プロのように写真編集をすることができます。
アプリ内のガイド付き編集機能を使えば、豊富なフィルター、フォトアニメーション、分散エフェクト などの高度な編集ツールについて効果的に学ぶことができます。

写真編集の経験がない初心者の方でも簡単な操作でプロのように魅力的写真を作成することができます。

いますぐ以下から PhotoDirector(Windows、 Mac 、Andoroid、 iOS 全てに対応)をダウンロードして、写真編集をはじめましょう。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: