3

メンバーサイトへようこそ

PhotoDirector

【編集ガイド】写真の空を置き換えるコツ5選【Win / Mac / iOS / Android】

最終アップデート 2021年 8月 27日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
5 Tips for Sky Replacement Effect空を背景に撮影する場合、雲行きによっては思ったような写真が撮れないこともあります。天候が変わりやすかったり、雲がかかったりすることがあるので、綺麗な夕焼けや朝日を背景に写真を撮るのは難しいこともあります。

雲が晴れて、太陽がまた出てくるまで待てないこともあります。卒業式や結婚式など、家族や友人との大事な瞬間を写真で残したい時に、天気が良くなるまで待っていられないでしょう。そういった大切な行事では、天気が悪くても思い出として写真を撮っておきたいはずです。

これまで、写真の空を置き換えるために、多重露光で空を撮影したり、動画編集に長い時間を費やしたりする必要がありました。今では、AI(人工知能)技術によって簡単に空を置き換えることができるようになりました。

PhotoDirector が提供している解説付きの空の置き換え機能を使えば、初心者の方でもプロ並みの編集ができ、曇り空も綺麗な青空に置き換えることができます。

PhotoDirector は、Windows、Mac、iOS、Android に対応していて、アップロードしたお気に入りの写真を綺麗な空に置き換えることができます。

PhotoDirector を今すぐダウンロードして、AI 技術で便利になった、写真の空を置き換えるテンプレートを試してみてください。

iOS と Android で写真の空を置き換える方法

Windows と Mac で写真の空を置き換える方法

写真の空を置き換えるコツ5選

1. Photoshop(フォトショップ)ではなく PhotoDirector を使う

写真編集をするのが初心者の方は、空を置き換えるのにアプリを選ぶことが多いですが、上級者になると Photoshop などの有料編集ソフトを使っていると思います。単にフィルターをかけたり、簡単な画像の挿入であれば無料アプリでも可能ですが、色合いや深み、鮮やかさを表現するためには有料ソフトの方がおすすめです。

Photoshop を使いこなしている人でない限り、空の置き換え方を調べたり、長時間のチュートリアルを見ることになるかもしれません。

Photoshop で空を置き換えるには複雑な手順を踏む必要がありますが、PhotoDirector なら直感的な操作で、簡単に色鮮やかな空に置き換えることができます。

PhotoDirector は初心者にも使いやすいようにデザインされていて、パソコンやタブレット、スマホで利用が可能な写真編集ソフトです。さらに Windows、Mac、iOS、Android のすべてに対応しています。スマホやタブレット端末でも使いやすい編集インターフェイスを搭載しているので、手元で編集を始めることができて、すぐに友人や家族に写真を共有したり、 SNS 上でシェアしたりすることができます。

パソコンで写真編集をしているなら、PhotoDirector のインターフェイスに編集したい写真をドラッグするところから始めましょう。次に、[ガイド編集] タブを開くと、ドロップダウンメニューに [フォトエフェクト] と表示されるのでクリックしてください。そして、編集を始めるために [空の置き換え] を選択します。

スマホやタブレットを使ったモバイル版では、さらに簡単に写真の編集ができます。写真をアップロードして、画面下のメニューから [スカイ]を選択するだけです。

2. 適切な空の画像を選ぶ

それでは編集を始めましょう。 [空の置き換え] を選択した後、パソコンであれば画面の左側、モバイル版であれば画面下に、編集オプションが表示されます。

適切な空の画像を選び方には 2 のパターンがあります。

1 つ目は、雲がかかった青空や綺麗な夕焼けなど、自然で目立たない空の入れ替えを選ぶパターンです。結婚式や旅行、屋外で撮った写真には、シンプルな背景だと違和感なく置き換えることができます。

2 つ目は、鮮やかな色の雲やオーロラ、天の川など、現実では滅多に見ないような背景を選ぶことで、みなさんのクリエイティビティを活かして別世界のような写真に編集するパターンです。

任意の空の画像を選択した後は、位置を調整してみましょう。モバイル版では、左右にドラッグして写真を動かしたり、指で位置を調整したりすることができます。パソコンでは、クリック&ドラッグして、雲や太陽、月などの位置を調整することができます。

3. エッジのぼかしや水平線などを調整する

写真にぴったりな背景を選んだら、[エッジのぼかし]や[水平線]で調整してみましょう。エッジのぼかしを調整すると背景の境界が滑らかになり、背景が元々の写真に馴染むようになります。

スマホでもパソコンでも、スケールバーを左右にドラッグして調整することができます。エッジのぼかしを大きくすると境界部分が滑らかになり、小さくすると境界部分がはっきりします。

水平線の調整も同様です。[水平線]のブレンドの強さを調整して、元の写真から置き換えた空の画像への境界を和らげたりはっきりさせたりして、空の置き換えがより自然に見えるようにします。

エッジのぼかしと水平線の調整後、置き換えた空の画像の位置は再調整が必要な場合もあります。モバイル版の場合は指で、パソコンではドラッグ&ドロップで、空の位置を調整しながら、同時にエッジのぼかしと水平線も納得いくまで微調整してください。

4. 雰囲気を調整する

写真にぴったりな空の画像を選んで、エッジのぼかしと水平線も調整し終えたら、写真の雰囲気を調整しましょう。PhotoDirector に搭載された AI 技術では、明るさや光の具合を写真に合わせて自動調整します。それでも、より自然な写真にするためには自分で調整する必要があるかもしれません。

例えば、日中に撮影した写真に夕日の空を挿入すると、写真全体に夕日の色に近いフィルターをかける必要があるかもしれません。そのために [周囲] を調整すると、写真全体を任意の空に近い色合いにすることができます。

パソコンでの編集では、[設定] にある[ 周囲 ] のスケールバーをドラッグして調整してください。この値を大きくすると、任意の空と同じ色合いに近づきます。例えば、ピンク色の夕日の背景の写真では、光り輝くピンク色が写真全体に広がります。

5. スカイフェードを設定する

鮮やかな青空や綺麗な夕焼けが背景であれば、見事な仕上がりになるかもしれませんが、場合によっては写真の空があまりに色鮮やかすぎると感じることもあるかもしれません。そんな時でも、空の鮮やかさを簡単に調整することができます。

モバイル版では、右側にドラッグして [スカイフェード] を選択します。そして、スケールバーを左右に動かすことでフェードの度合いを調整することができます。

パソコンでは、レイヤーパネルで [フェード] と [ぼかし] が見つかるまで下の方にスクロールします。そして、スケールバーでフェードの度合いを調整します。

6. おまけ:空のアニメーション

空を置き換えると、写真の雰囲気を一気に変えることができます。しかし、写真を見た人が本当に驚くような作品にするには、 PhotoDirector を使って空をアニメーションにするのがおすすめです。全てのテンプレートは自動でアニメーションにすることが可能で、GIF や MP4 の形式で保存することができます。簡単にできるので是非試してみてください!

まとめ

どんな写真でも PhotoDirector で編集するとアート作品になります。まずは Windows、MaciOS、 Android いずれかの端末で PhotoDirector をダウンロードしましょう。

旅行や結婚式、卒業式、家族との行事など思い出に残る写真を撮りたい時に天気が良いとは限りません。 PhotoDirector の写真の空を置き換える機能を使えば、どんよりした空も綺麗な青空へと置き換えができるため、撮影するタイミングをずらす必要はありません。

無料アプリや Photoshop などのアプリでも空を置き換えることは可能です。しかし、長いチュートリアルや複雑な操作なしで、写真の質を下げずに色鮮やかで違和感のない空の置き換えをするなら、 PhotoDirector (スマホまたはパソコン)で編集するのがおすすめです。

まずは、PhotoDirector に写真をアップロードして、置き換えた空の光沢や色合い、フェードなどを調整しましょう。その際に、エッジのぼかしや水平線を調整すれば空との境界線を自然に見せることができ、色合いを調整して背景の夕日や太陽の光などの雰囲気を被写体に適用することもできます。

写真の編集経験に関わらず、PhotoDirector では簡単に空の置き換えを Instagram や Facebook、Twitter でシェアする前に素早く済ませることができます。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: