3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

【編集ガイド】iPhone でミュージックビデオを作成する3つの方法

最終アップデート 2021年 8月 27日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
Make Music Videos on Your Phone

音楽が好きでミュージックビデオを作りたいと考えている方は、動画編集に関する疑問があるかもしれません。この記事では、「どんな種類のミュージックビデオを作ればいいか?」「動画編集の方法は?」「動画編集に必要なものは?」といった疑問にお答えします。

ミュージックビデオには、歌詞付き動画、パフォーマンス動画、コンセプトムービーの大きく 3 つの種類があります。iPhone でミュージックビデオを作るのに必要なものは、アイディアと適切な動画編集アプリです。

幅広い動画編集を快適にできる 2021 年おすすめのアプリの PowerDirector は、iOS と Android の両方に対応し、役立つ機能がたくさん搭載されているため、どんな種類のミュージックビデオにも適しています。

本格的なミュージックビデオを作りたいと考えているなら、ぜひ PowerDirector をダウンロードして試してみてください。そして、歌詞付き動画、ライブパフォーマンス動画、コンセプトムービーの作り方を習得しましょう。

iPhone でミュージックビデオを作成する3つの方法

1. 歌詞付き動画の作り方

PowerDirector を使えば、歌詞付きのミュージックビデオも簡単に作ることができます。50 種類以上のモーショングラフィックや数百ものカスタム可能なテンプレートが用意されているので、イメージ動画編集ができます。

ミュージックビデオ編集のステップ:

  1. 音楽を追加しましょう。
  2. 動画や写真、背景に使うロゴなどをアップロードしましょう。
  3. 左側のメニューからテンプレートオプションを選択しましょう。
  4. 好きなタイトルテンプレートを選びましょう。
  5. テンプレートをタップして、タイムラインに追加しましょう。
  6. 音楽に合わせて歌詞を追加しましょう。
  7. ピンチして大きさや位置を調整しましょう。
  8. 次の歌詞のために他のテンプレートを追加しましょう。コーラスのようにリピートする歌詞であれば、複製してドラッグすれば簡単にコピーができます。
  9. 最後に、友人や SNS 上の視聴者の注目を集められるように、追加した歌詞にダイナミックトランジションを追加して躍動感を出しましょう。

2. パフォーマンス動画の作り方

良い動画の作成には、計画、撮影、動画編集の 3 つのステップが必要です。ライブパフォーマンスの動画には、特に計画が重要です。

スケジュールや撮影条件など念入りに計画しておくと、その後の動画編集はとても楽になります。撮影場所に着いたら、まず短い動画を撮って、明るさや iPhone のカメラが正しい位置、パフォーマーがフレーム内に収まっているかを確認してみましょう。

動画編集のことを考えれば、最低でもパフォーマンス動画を 2 回分は撮っておきたいところです。撮影位置を変えたり、複数のスマホを使っていくつかの角度から撮影しておきましょう。撮影が終わったら、いよいよ PowerDirector で動画の編集です。

動画編集で不要な部分をカットしたり、シーンを入れ替えることもできます。よく撮れた動画をつなぎ合わせたり、トランジションなどのエフェクトを追加したりしましょう。

高度なエフェクトやグリーンバック背景合成を使えば、本格的なライブパフォーマンス動画に仕上げることができます。

最後に、PowerDirector の音声を同期する機能を使って、音楽と動画を合うように調整しましょう。エコーやノイズの除去機能、不要な音を取り除く機能など高度な機能がたくさん搭載されているので、映像と音楽どちらも存分に楽しめる動画を作成できます。

この動画で PowerDirector モバイル版の基本的な使い方とミュージックビデオの作り方をチェックしてみてください。

3. コンセプトムービーの作り方

PowerDirector に搭載されている幅広いエフェクトを使えば、イメージ通りに動画を編集することができます。二重露光やクロマキー合成といったエフェクトや、無料で使える高品質のサウンドや写真、動画が利用可能なので、思いついたアイディアをそのまま生かすことができます。

動画編集を始める前に、どこで動画を撮影するか決めておきましょう。動画編集しやすいようにシンプルな背景がおすすめです。撮り終えた動画をアプリ内でアップロードして、[ FX ] をタップすると、ストップモーションやグリッチエフェクト、アニメーションなどのエフェクトを選択することができます。

動画編集の経験も長いチュートリアルの視聴も必要なく、人混みや森の中、SF の世界など臨場感あふれるコンセプトムービーを作ることができます。

この動画ではエフェクトを使ったミュージックビデオの作り方を紹介しています。

まとめ

ミュージックビデオを作るのは大変そうに見えるかもしれません。動画編集が初めての方は、どこから始めていいか分からない方も多いでしょう。

PowerDirector モバイル版は、アプリへの動画のアップロードから編集までシンプルで直感的に分かりやすく、プロが作ったようなミュージックビデオをすぐに作成することができます。

動画編集が初心者の方であっても、視聴者が感動するような歌詞付き動画やライブパフォーマンス動画、コンセプトムービーをすぐに作れるようになります。

マスクやアニメーション、クロマキー合成、トランジションなどのエフェクトを使った動画編集をぜひ楽しんでください。PowerDirector の多様な機能を使えば、SNS 上でシェアされるような動画を作るのも簡単です。

PowerDirector を活用して、アイディアの幅を広げましょう。iOS や Android 端末でダウンロードして、動画編集を始めましょう。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: