サインイン
3
PowerDirector

【無料】iPhoneとAndroidで動画の再生速度を変える方法

最終アップデート 2021年 5月 21日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
How to Speed Up and Slow Down Videos on iPhone and Android

iPhoneやAndroidのスマートフォンアプリの動画録画機能や編集機能は定期的にアップデートされます。動画の再生速度を速くしたり遅くしたりする機能は、その中でも注目すべき機能の一つです。簡単な操作で、動画の倍速再生をしたりスローモーションで再生したりすることができるようになりました。これは、端末での動画編集がこれまでになく使いやすくなったおかげです。

この記事では、iPhoneやAndroid端末での動画の再生速度を変える方法を紹介します。この記事を読めば、すぐに動画の再生速度を変えられるようになります。


iPhoneやAndroidの動画の再生速度を PowerDirector(パワーディレクター)を使って無料で変える方法

Slow videos down or Speed videos up with PowerDirector App

PowerDirector(パワーディレクター)はサイバーリンクのソフトウェアの中で最も優れたアプリの一つです。iPhoneとAndroidユーザーにとって非常に便利な動画編集アプリです。その無料ダウンロードプラットフォームは充実した機能を備えたパッケージとなっており、アマチュアとプロの動画作品のギャップを埋めてくれる分かりやすいインターフェースになっています。

PowerDirector(パワーディレクター)は、数ある動画編集ソフトウェアの中でもひと際人気があります。簡単に操作できるようにデザインされており、Vlogや長編の動画作成の際にも、必要なツールや視覚効果を簡単に見つけることができます。その幅広い機能で、動画を想いのままに仕上げることができます。

PowerDirector(パワーディレクター)を利用するために、プロの動画編集者である必要はありません。YouTuberやアマチュアの動画作成者にとって、とても役に立つ機能を搭載しています。このアプリは、動画の再生速度を上げたり下げたりする場合や動画タイトルを追加する場合、グリーンバックでの動画編集の場合などに、必要以上に難しくなく、戸惑わずに高い精度で編集することができます。

あなたの故郷の町の空がゆっくり動く一面の星空があるとしましょう。その素晴らしい景観があったとしても、4時間ずっと座ってその星空を見続けるという人はあまりいません。ところがPowerDirector(パワーディレクター)を使って動画再生速度を速くすることで、4時間という時間を数秒に凝縮することができます。その結果、ほんのわずかな時間で、元と同じ美しい星空を動画で表現することができます。

PowerDirector(パワーディレクター)で動画の再生速度を変化させる方法

iPhoneやAndroid端末で再生速度を下げる方法はいくつかあります。しかし、PowerDirector(パワーディレクター)を使った方法が最も簡単です。たった3つのステップで、スローモーションやループ動画を作成することができるのです。

ステップ1
まず、PowerDirector(パワーディレクター)を開きます。タイムラインからあなたの動画を選びます。

ステップ2
画面から『速度』というアイコンを選択します。選択すると現れるスライド式のつまみで 再生速度を調整 します。

ステップ3
再生ボタンを押して、編集内容をプレビューします。

 

 

ActionDirector(アクションディレクター)でスローモーションやリピートやループの効果を使う方法

ActionDirector(アクションディレクター)で編集できることは、動画の再生速度を変えることだけではありません。一つの動きを繰り返し強調するためにリピートやループの効果を追加することもできます。この効果は、価値ある瞬間が記憶に残るようなオンラインコンテンツを作る際にも役立ちます。

ステップ1
まず、ActionDirector(アクションディレクター)を開きます。スローモーション動画を作るために、『アクション』のツールを選択します。

ステップ2
クリップの端にあるハンドルバーをスライドして、編集したい箇所を見つけます。つまみをスライドして速度調節をします。調整できたら、右上の青いチェックマークをタップして終了します。

ステップ3
リピートやループの効果を使うためにはまず動画を選択します。『アクション』のツールを選択した後、『リピート』を選択し、ループしたい部分を選びます。目的の部分を選択し完成したら、青いチェックマークをタップして終了します。

 

 

iPhoneを用いてiMovieで動画の再生速度を変化させる方法

Apple社は、iPhoneユーザー向けに、初心者の方でも使える動画編集アプリとしてiMovieを提供しています。使いやすいプラットフォームで、完成度の高い動画や写真を作成することができます。Vlog作成の際の オープニング動画を作成するためのアプリ としてこれを使うこともできますし、学校や職場で人目を惹く動画作りにも利用できます。

これまでiPhone上で編集をしたことがない人でも心配はいりません。Apple製品は、初心者でも簡単に扱えるようになっています。
それこそ、iMovieが iPhone や iPad などの Apple 製品で最も優れた無料動画編集アプリ である理由です。

動画の再生速度を変更する方法

How to change video speed

動画の再生速度を変えることは、iPhone や Android スマホで動画編集 する上で基本的な機能の一つです。速い動きを追いかけるシーンをスローモーションにすることで印象的に見せることができます。通常の速度の手ブレや動画の尺など修正したい点を、再生速度を変えることで誤魔化すことさえできます。

ステップ1
iMovieを開き、編集したい動画を選択します。もし動画を分割して長さ調節したり、トリミングしたりする必要があれば、編集ツールを使います。

ステップ2
次に走行距離計のような形のマークの『速度』ボタンを押します。この機能は動画の再生速度を調節するための様々な機能が付いています。ここでさらに、『カスタム』を選択することもできます。

ステップ3
つまみを使って速度の調節をします。速度を速くすると動画は短くなり、ゆっくりにすると長くなります。これで終了です。これで、あなたも動画の再生速度を変えることができるようになりました!

フリーズフレームの作成方法

How to create freeze frames

動画をあるフレームで一時停止にしたい時はありませんか?フリーズフレームを使うことでそれを実現することができます。効果的な場面でこの一時停止機能を使うことで、動画の視聴者が静止画像を目にすることができます。

ステップ1
iMovieを開き、静止させたいフレームに動画の再生位置を合わせます。縦の白い線でその位置を確認することができます。

ステップ2
『修正』ボタンを押して、『フリーズ』ボタンをクリックします。そうすると、その部分が3秒停止します。

ステップ3
現れる2本のうち右側のバーをドラッグすることで、その一時停止時間の短くしたり長くしたりすることができます。ただし、一時停止している間は音声は流れないことに注意してください。編集が終わったら、自分のカメラロールに保存することもできますし、直接SNSに投稿することもできます。

録画されたスローモーション動画を通常の速度に変える方法(iPhone)

Change slow motion video to regular speed video

ほとんどの動画は、1秒30フレームで構成されています。つまり、1秒に30枚の異なる画像をつなぎ合わせることで動く映像になるのです。スローモーションの動画は1秒に30フレームより多くのフレームが使われます。要するに、フレームの数を30までに圧縮することで通常の再生速度にすることができます。

iMovieを使用します。

ステップ1
iMovieを開きます。タイムラインにあるスローモーション動画を選択します。

ステップ2
『速度』のボタンを押します。元の速度の10%、25%、50%など、さまざまな速度比から選択することができます。そこで『自動』をタップすると、元の再生速度に戻ります。

今日から動画編集を始めてみよう

PowerDirector iOS 版 & Android 版ActionDirector を使って倍速再生動画やスローモーション動画を作ってみましょう。
これらのアプリはスマホで簡単に動画再生速度を変えることができる機能を兼ね備えています。

ぜひ、サイバーリンク公式サイトにアクセスして PowerDirectorActionDirector をチェックしてみてください。


また、動画編集スキルをさらに高めたい場合は、スマホで動画を編集するには【完全ガイド】 を読んで思い通りの動画を作ってみましょう。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: