1

AudioDirector 9

無料体験版
紹介ビデオ

AudioDirector 9

ノイズ除去から動画の音声編集まで可能にする高機能オーディオ編集ソフト

最上位 編集ソフトコレクション

Director Suite 365

エディションを選択:

通常版
アップグレード版

正確なコントロールで高性能なオーディオ編集ソフト

AudioDirector は、ビデオ用オーディオ編集ソフトです。かんたんにすばやく音声編集やノイズ除去、音声の修復を行えます。音声編集、サウンドエフェクト、ミキシング、マスタリングの機能を全て備え、PowerDirector ともシームレスな連携をとり、ビデオ作品のオーディオ品質をさらに高めます。

  • 独自

    スムーズな連携編集

    AudioDirector は PowerDirector とシームレスに連携して編集を行うことができます。オーディオ編集を行ったあと、レンダリングせずに、直接 PowerDirector のタイムラインにデータを移行して編集を続けることができます。

  • オーディオとビデオを同期

    ビジュアル編集ツールを使って、ビデオを見ながら、ナレーションや音声エフェクトのタイミングを合わせることができます。視覚的に見ながら、直感的にすばやい編集を行えます。

  • NEW

    ミキシングに便利な代替トラック

    代替トラックを使用して、異なるバージョンのエフェクトや、録音を聞き比べることができます。各トラックをミュートにしなくても、1つのタイムラインに試したい複数のトラックを追加して、さまざまなバージョンを比較できます。

  • 高速読み込みと変換

    AudioDirector は少ないリソースでサイズの大きなファイルを処理することができます。幅広いファイル形式に対応しているので、各種ファイルの音声の編集して、別なファイル形式に変換することができます。

  • NEW

    一括処理

    自由にカスタマイズしたよく使うエフェクトを保存して、複数のオーディオファイルに同時に適用することができます。面倒な繰り返し作業がなくなり、作業時間を大幅に短縮できます。

  • 360 度動画に対応

    AudioDirector は 360 度動画の取り込み、オーディオ編集に対応しています。PowerDirector との連携機能により、オーディオ編集完了後に、PowerDirector に編集データをそのまま引き継いで、ビデオ編集を続けることが可能です。

  • NEW

    臨場感あふれる空間音声パナー

    臨場感あふれる視聴体験のために、360 度空間が感じられるオーディオ制作をしてみましょう。360 度ビデオを読み込んで、音が聞こえてくる方向や高さを、視覚的に編集することができます。

  • アンビエント マッチ、環境ノイズ追加

    アンビエント マッチを使って、かんたんにすばやく環境ノイズを追加したり、抽出することができます。

  • サラウンド サウンド パナー

    サラウンドサウンドパナーを使うと、さまざまなステレオ環境に最適化した音響効果を設定できます。

  • BGM 自動リミックス

    BGMの音楽を指定した時間に合うように、自動で長さを調節して自然に聞こえるように編集します。

  • ピッチベンダー

    キーフレームをセットして、任意の動画のシーンのピッチを変更できます。動画は音声のピッチに同期されます。

  • ステレオ拡張

    ステレオ拡張機能を使って、バーチャルに奥行きのあるステレオサウンドを生成できます。

  • 充実のオーディオ修復ツール

    • 破裂音除去 - スピーチや会話での破裂音を取り除きます。
    • ノイズリダクション - 周囲の雑音など、連続的に聞こえるノイズに有効です。
    • クリッピング ノイズ除去 - 音量が大き過ぎると発生する、音の歪みを取り除きます。
    • クリック ノイズ除去 - アナログレコードなどで聞こえる「パチッ」というノイズを取り除きます。
    • ヒス ノイズ除去 - 高音域で連続的に聞こえる雑音を取り除きます。空のカセットテープを再生した時に聞こえる「サー」という音です。
    • ハム ノイズ除去 - 「ブーン」という低音域で連続的に聞こえる雑音を取り除きます。

  • マルチデバイス同時録音 

    複数の音源から同時に AudioDirector に録音ができます。それぞれの音源を後から同期させる必要がなく、すぐに編集を始めることができます。

  • トラックをグループ化して調整

    複数のトラックにワンクリックで音声の調整を同時に行うことができるので、編集のプロセスを効率化できます。