サインイン
2
ニュースルーム
< 戻る | シェアする
2019年 5月 23日
サイバーリンク、COMPUTEX 2019 に出展
AI 顔認識技術「FaceMe®」の導入例を紹介

スマートリテール、スマートバンキング、監視システム、セキュリティにおける顔認識の応用を
グローバルパートナーの導入例をもとにデモンストレーション

台湾 台北(2019年5月23日)CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク) 。
AI と顔認識技術のパイオニアであるサイバーリンクは、5月28日 から 6月1日まで開催される「COMPUTEX 2019」にて、AI 顔認識エンジンである 「FaceMe®」のその世界トップクラスの最新の機能を紹介します。

イベントでは、すでに導入事例のある Acer Cloud Technology、DataVan、Himax Technologies、IEI Integration Corp.、MSI Global、Syscom Group、TASHI などのパートナーにおいて、どのようにアプリケーションに統合されているかのデモンストレーションを行います。さらに、FaceMe® を利用したスマートリテール、スマートバンキング、スマートセキュリティ、法執行システム、サービスロボット、AIoT ソリューション向けの他のアプリケーションも紹介していきます。

2018年9月 にリリースされた FaceMe® は、アメリカ国立標準技術研究所の顔認識ベンチマークテスト(NIST FVRT)や MegaFace Challenge などの国際的なコンテストで、上位の顔認識エンジンとしてランクされました。どちらのコンテストでも、FaceMe® は世界で最も正確で最速のエンジンの 1 つとしてランクされており、サイバーリンクは世界をリードする顔認証開発者として認められています。

エッジコンピューティングとサーバー運用向けに設計された FaceMe® は、最大 98.5% の本人認識率(TAR)で正確な顔認識を提供します。FaceMe® は柔軟なクロスプラットフォーム機能を備え、Windows、Linux、Android、iOS、およびその他のオペレーティングシステムに対応しているため、企業は顔認識技術を既存のハードウェア構成に統合して、AIoT ソリューションを実現することができます。

サイバーリンク最高経営責任者 (CEO) ジャウ・ホァン博士 (Dr. Jau Huang) は以下のようにコメントしています。「顔認識技術は現在、技術改革の最も注目されている分野の 1 つであり、多くの業界でこの新しいテクノロジーを自社の製品やソリューションに追加することに関心を集めています。世界トップクラスの製造メーカーと長年にわたり関係を築いてきたグローバルなソフトウェアリーダーとして、自社製 AI 顔認識エンジンを構築し、世界の ICT および IoT ソリューションプロバイダーがこのテクノロジーを自社のアプリケーションに展開できるよう支援することがサイバーリンクの使命です。」

COMPUTEX 2019 では、サイバーリンクはスマートリテールのための訪問者統計、スマートバンキングのための 2D / 3D カメラによるなりすまし防止技術、スマートセキュリティのためのアクセス制御などを含む FaceMe® の重要なアプリケーションをデモンストレーションします。また、「Powered by FaceMe®」と題して、Acer Cloud Technology の aiSage エッジコンピューティングデバイス、DataVan のスマートセルフサービスキオスク端末、Himax Technologies の SLiM™ 3D 構造化光モジュール、IEI Integration Corp. の AI 輸送ソリューション用市販タブレット、Micro Program のスマート ID キオスク、MSI グローバルの自動車および商用アプリケーション、シスコムのアユダサービスロボット、TASHI の IP ベースの生体認証端末など、多くのパートナーの AIoT ソリューションを紹介します。

■COMPUTEX 2019 出展情報
2019年5月28日 から 6月1日 まで
台北南港展覧館 2号館 4階
SmarTEX ショールーム - ブース#S0704a

 

■サイバーリンク株式会社について
1996年に設立。台湾に本社を置くコンピュータ・ソフトウェアメーカーです。 デジタルメディアの作成、再生、共有などのアプリケーションの開発を行っており、欧米をはじめ世界各国で、一般ユーザーに高解像度映像の再生、簡単かつプロ並みのビデオ、写真編集の体験を提供しています。

日本法人であるサイバーリンク株式会社は、1998年に設立。日本のマーケットに向け、マルチメディア関連ソフトウエアの開発を手がけ、主力人気商品の動画再生ソフト「PowerDVD」、ビデオ編集ソフト「PowerDirector」などは多くのハードウェアメーカーにバンドル採用いただいています。

映像の品質に大きく影響するコーデックを中心とした多数の特許を持ち、最先端の技術への対応や使いやすさを追求した製品を開発することを目指し、この技術力をもとにして、新たに顔認証システム「FaceMe®」を開発。セキュリティシステム、個人認識・個人認証に最適なソリューションを提供することを通して、新しい「暮らし方」を創造しています。

 

■本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をサイバーリンク株式会社が保証するものではありません。

■お問い合わせ先
担当: 今澤 浩之 contact_pr_jpn@cyberlink.com

ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。
Copyright 2019 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。