3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

【おすすめ】クロマキー合成ができる動画編集ソフト【2021年版】

最終アップデート 2021年 6月 11日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
Best Green Screen Software 2021

クロマキー合成のクリエイティブな用途は、数え切れないほどあります。グリーンバックを使えば、自分自身や他の被写体を、独自のバーチャルな背景に配置することができます。また、動画のエンゲージメントやエンターテイメント性に悪影響を及ぼす可能性のある部分を隠すこともできます。

クロマキー合成ソフトは、クロマキーを使用しており、動画内の特定の色を分離、除去、置換します。つまり、クロマキー合成ソフトとは、クロマキーを採用した動画編集ソフトのことです。

クロマキー合成の代表的な用途は、天気予報やニュース番組、VFX 映画、YouTube 動画などで、背景を特定のシーンに置き換えるために活用されています。クロマキー機能を使えば、フルカラー対応のソフトであればどんな色の画面でも使用できます。一般的にはグリーンバックを使うことが多いですが、ブルーバックも人気があります。

初めて動画編集をする人にとって、自分のニーズに合ったクロマキー合成ソフトを選ぶのは難しいことです。高級な動画編集ソフトには、必ずしも必要なグリーンバック合成機能が備わっているとは限りません。もちろん、低価格のソフトでは、魅力的で高品質な動画を作成するために必要な編集機能が不足している可能性があります。

ここでは、動画コンテンツ制作者に最適なクロマキー合成ソフトをご紹介します。最も手軽なものとして、サイバーリンクの PowerDirector をおすすめします。PowerDirector は、強力なクロマキー合成機能を備えています。また、ユーザーフレンドリーなインターフェイスと充実した動画編集ツールを備えています。グリーンバックを使った動画制作をお考えの方は、 ぜひ PowerDirector をお試しください

ベストなクロマキー合成ソフト

1. PowerDirector

グリーンバックを使った撮影には、 PowerDirector が最適です。強力なクロマキーエンジンを搭載していますが、誰でも簡単に使えるように設計されています。この点だけでも、他の製品とは一線を画しています。エフェクトプログラムにありがちな難しい学習過程を経ることなく、創造性を発揮するためのコントロールとオプションを得ることができます。最近改良されたクロマキーエンジンは、グリーンバックの除去を容易にしています。マルチキーカラーサンプリングにより、一度に3つ以上の動画をブレンドすることができます。

クロマキーツールは、マルチトラック動画を素早く簡単に作成するための機能の一つである専用のPiPデザイナーの中にあります。アニメーション化されたオブジェクトやステッカーで埋め尽くされたオーバーレイルームは、あらゆる場面で活躍します。マスクデザイナーとキーフレームコントロールを使えば、ハリウッドスタイルのエフェクトやショットを作ることができ、ブレンドモードを搭載しているので、合成や二重露光の作成にも最適です。

エフェクトだけでなく、PowerDirector は動画編集ソフトとしても優れています。タイムラインモードとストーリーボードモードがあり、音声や動画クリップを編集することができます。また、テンプレートやモーショングラフィックスが内蔵されており、クリエイティブな作業をスピーディーに行うことができます。また、わかりやすいインターフェイスで、すぐに使いこなせるので、ストレスなく編集作業を始めることができます。

PowerDirector でグリーンバックの背景を差し替えるのは簡単だと言いましたが、実際にやってみるとその簡単さがよくわかります。では、さっそく見てみましょう。

ここでは、簡単な3つのステップをご紹介します。

  1. まず、背景の入った動画を トラック 1 に配置し、グリーンバックの背景の入った動画を トラック 2 に配置します。
  2. グリーンバック動画をダブルクリックして、PiP デザイナーで開きます。「デザイナー」タブをクリックして、ドロップダウンメニューから「PiP」を選択してもPiPデザイナーを開くことができます。プロパティで、クロマキータブを選択し、クロマキーを有効にするにチェックを入れます。
  3. カラーホイールの上にあるスポイトボタンをクリックして、背景に置き換えたい色を選択します。次に、カラーホイールの下にあるスライダーを使って、グリーンバックを取り除き、背景を表示します。

このような充実したエフェクトやツール、使いやすいソフトで、 PowerDirector は第一位の選択肢となります

2. Adobe After Effects

Adobe After Effects は、データファイルを使ったインタラクティブなビジュアルエフェクトやモーショングラフィックスの作成に使用できる、プロフェッショナル向けの堅牢なクリエイティブコンポジット・アニメーションソフトです。

複雑でデータベースの 2D アニメーションの作成に最適なソリューションです。After Effects を使って、リアルなバーチャルリアリティ動画や環境を作成したり、360/VR 動画にエフェクトを加えたりすることができます。

機能としては、モーショングラフィックテンプレートのライブラリ、バーチャルリアリティコンプエディタ、ビジュアルキーボードショートカットエディタなどがあります。ロトスコーピング技術を用いたクロマキーとルミナンスキーのエフェクトにより、被写体を分離し、自然なグリーンバック動画を作成することができます。

Adobe After Effects は初期学習コストが高いので、初心者の方はソフトの仕組みを最初に理解するのに時間をかける必要があります。また、このソフトはプロ向けのアニメーションおよび合成ツールであるため、価格も比較的高くなっています。

長所:
  • 素早く簡単にアニメーションを作成できる
  • 他の Adobe ソフトとの連携
  • ロトスコーピング機能でリアルな動画を作成できる
  • 動画の構成と編集のための充実した機能
短所:
  • 比較的複雑なインターフェイス
  • プロ向けの高価なソフト
  • モバイルアプリがない

3. Final Cut Pro X

Final Cut Pro X は、プロのコンテンツ制作者向けの動画編集ソフトです。マルチカムへの対応や、タグ付けやライブラリなどの整理ツールなど、幅広い機能・性能を備えています。

Final Cut Pro X では、クロマキー合成、360度テキスト、2D アニメーション、3D など、さまざまなビジュアルエフェクトを作成することができます。また、このソフトはApple iMovie と統合されており、プロジェクトの修正に使用できる様々なサードパーティ製テンプレートも用意されています。

このソフトの最も大きな欠点は、36,800円という非常に高価な価格であることです。また、Final Cut Pro X は、比較的高い価格設定にもかかわらず、360度動画用のモーショントラッキング機能を備えていません。

Final Cut Pro X でクロマキー合成を使うには、背景とグリーンバックの動画をタイムラインに読み込みます。被写体の動画は、背景メディアの上にあるはずです。右側のエフェクトアイコンをクリックして「キーイング」を選択し、キーヤーをグリーンバックのある被写体の動画にドラッグ&ドロップします。

長所:
  • マルチカム対応
  • 高速な出力レンダリング
  • 充実した整理ツール
  • HDR と360度動画のサポート
短所:
  • 高い価格設定
  • 読み込みダイアログに検索機能がない
  • Mac でのみ利用可能

4. Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere は、ハイエンドな機能、360VR や 4K コンテンツへの対応、充実したコラボレーション機能を提供する人気の動画編集サブスクリプションサービスです。

Adobe Premiere は、ノンリニア編集、つまり元のメディアファイルを変更することなく、動画の編集やカットが可能です。 Adobe Premiere のインターフェイスは After Effects ほど複雑ではありませんが、特に動画編集に慣れていない方には習得に時間と忍耐が必要です。

このソフトのグリーンバック機能には、カラーキーとルミナンスキーがあります。前者はどんな色の背景でも分離することができ、後者は輝度が均一な領域を分離することができます。また、動画の色こぼれを防止するツールも用意されています。

Premiere でグリーンバックを除去するには:

  1. グリーンバックを編集画面に取り込みます。
  2. 「動画エフェクト」の「キーイング」を選択します。
  3. 編集画面のグリーンバック動画にウルトラキーエフェクトをドラッグ&ドロップします。
  4. キーカラータブの横にあるスポイトをクリックして、緑の部分を選択し、背景に置き換えます。
長所:
  • VR動画とオーディオの編集オプション
  • 複数のファイル形式に対応
  • 多彩な編集設定とエフェクトを内蔵
  • 他の Adobe 製品との統合性が高い
短所:
  • 習得に時間がかかる
  • 古いデバイスではうまく動作しない
  • 月額使用料が比較的高い

5.HitFilm Pro

HitFilm Pro は、動画編集、3D コンポジティング、カラーグレーディング、そしてもちろんグリーンバックのための総合的な機能を備えています。

Hitfilm Pro は、様々なブレンド方法、キーフレームアニメーション、モーショントラッキング、3D カメラソルビングを特徴とする 2D および 3D コンポジターです。また、魅力的なモーショングラフィックスや VFX ショットを作成するための豊富なエフェクトライブラリーも用意されています。

このソフトのユーザーインターフェイスは、Adobe に比べてよりシンプルですが、特に動画編集初心者の方にとっては、慣れるまでに時間がかかります。

長所:
  • 多彩な内蔵エフェクト
  • 充実したコンポジティング機能
  • プロの動画制作者に最適
  • Mac と PC の両方に対応
  • 柔軟な書き出し機能
短所:
  • インターフェイスを理解するのに時間と忍耐が必要
  • AAF や XML との互換性がない
  • レンダリング時間が比較的長い

今日からあなたもクロマキー合成動画プロデューサーに

グリーンバックを使った動画制作は、多くのプラットフォームで動画を目立たせるための非常に効果的な方法です。YouTube のコンテンツ、マーケティング動画、トレーニングコースなど、クロマキー合成ソフトを使用すれば、低コストで簡単に、魅力的で高品質な動画を制作することができます。

グリーンバック合成機能を備えた動画編集ソフトには、さまざまな選択肢があります。ニーズと予算をよく考慮して選んでください。継続的にグリーンバック動画を制作するのであれば、将来的にアップグレードの必要がないように、プロ仕様の機能を備えたソフトを選ぶとよいでしょう。

ソフト

PowerDirector

Adobe After Effects
Final Cut Pro X
Adobe Premiere Pro
HitFilm Pro
価格 6,200円/年 28,776円/年 36,800円
22,176 円/年
49,940円/年
初心者でも簡単 - - - -
マルチキーカラーセレクター
マスク機能
ブレンドモード
プロジェクトテンプレート - - - -
プリセットのモーショングラフィックス - -
無料の動画・写真・音楽ストック素材 - - - -

編集ソフトの使用経験が豊富であれば、Adobe After Effects を選ぶことができます。この製品は、高度な編集機能とアニメーション機能を備えていますが、インターフェイスが複雑で、習得に時間がかかります。そこで様々な After Effects の代替製品の出番です

Final Cut Pro X は、強力なグリーンバック機能と編集機能を備えたソフトですが、価格が高いのが難点です。適切なクロマキー合成ソフトは、必要な機能をすべて備えていますが、価格は高くなります。

PowerDirector クロマキー合成ソフトは、直感的でプロフェッショナルなインターフェイスを持ち、魅力的な動画コンテンツを作成するために必要なすべての機能と編集ツールを備えています。本製品は使いやすく、経験豊富なプロでなくても最適な効果を得ることができます。また、モーションコントロール、マニュアルカラー調整ツール、マスクデザインツールなどの機能も充実しています。

今すぐ PowerDirector をダウンロードして、安心してグリーンバック動画制作に取り組んでください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: