3

メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

【おすすめ】グリーン背景合成ができる動画編集アプリ【iOS / Android】

最終アップデート 2021年 8月 27日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
Green Screen Apps for iPhone and Android

グリーン背景合成ができるアプリを使えば、動画の背景を好きなように変更することができます。この編集ツールを使うことで、動画編集の可能性が大きく広がります。

みなさんもこんなシーンを見たことがあるはずです。天気図の前に立つお天気キャスター、高層ビルから飛び降りるハリウッド映画の俳優、ジャングルの中で動物保護活動について語る専門家など。これらは全てグリーン背景合成(グリーンバック)を使ったクロマキー合成によるものです。

グリーン背景合成を上手く使うと、まるでオブジェクト(人・もの)が、その場所にいるかのような動画を編集することができます。

しかし、クロマキー合成ができる編集アプリはたくさんあるので、悩まれる方も多いでしょう。この記事では、iPhone と Android 対応のグリーン背景合成ができる動画編集アプリをご紹介します。それぞれのアプリの編集ツール、プラットフォームへの対応、エフェクトの評価を参考にしてお選びください。

いますぐに、おすすめのアプリを知りたい方には PowerDirector モバイル版( iPhone / Android )をお試しください。PowerDirector モバイル版はクロマキー合成ができる動画編集アプリの中でも、トップレベルの機能性と豊富なエフェクトをお手頃な価格で実現しています。

また、PowerDirector モバイル版は他のメディアでもおすすめの動画編集アプリとして紹介されています。詳しくは、動画編集者向けのウェブサイト VideoMaker の2021年版クロマキー合成ができるベストアプリをお読みください。

いますぐ PowerDirector をダウンロードして、クロマキー合成を使った魅力的な動画を作成しましょう。

グリーン背景合成ができる動画編集アプリ

1. PowerDirector

実際のアプリの説明の前に、まずは簡単なクロマキー合成のやり方を動画で観てみましょう。

サイバーリンクの動画編集アプリ PowerDirector モバイル版は、ユーザーフレンドリーなインターフェイスと高機能な編集ツールを搭載しています。他にも、タイトルやスムーズなトランジション、豊富なエフェクトを備えているので、トレンドに合った動画が簡単に作成できます。なによりも PowerDirector モバイル版は動作が軽く Android と iOS の両方のプラットフォームに対応しているので、どなたでも使いやすいです。

編集機能としては、オーバーレイ、ブレンドの機能や画角の変更ができるので、魅力的な動画を作成することができます。さらに、豊富なエフェクトや LUT(ルックアップテーブル)を備えているので、映像演出の幅が広がります。また、Shutterstock(シャッターストック)ライブラリで画像、サウンド、動画、サウンドエフェクトなどの素材をロイヤリティフリーで利用できます。

PowerDirector には、ドラッグ&ドロップで編集ができる機能があり、手軽に動画を編集することができます。マジックムービーウィザードの機能を使えば、初心者の方でもテンプレートを使ってすぐに魅力的な動画を作ることができます。また、TrueTheater(ビデオエンハンスメント)の機能によって、動画の明るさや色調、彩度を自動的に調整することで、動画をより綺麗に見やすくすることもできます。さらに、モーショントラックの機能で、動画内の被写体の動きに合わせてエフェクトを追加することもできます。

サイバーリンクは定期的に機能のアップデートをしているので、これからも新しい機能やエフェクトが追加されていきます。また、PowerDirector には、パソコン版とモバイル版の両方があるので、プラットフォームに左右されずに動画編集をすることができます。

PowerDirector は、初心者からプロの動画編集者まで、すべての方におすすめできる動画編集ソフトです。

主な機能:

  • 4K 動画対応
  • モーショントラック機能
  • マルチカム編集
  • 最大 100 個のトラックをタイムラインに追加可能
  • 360度動画編集

長所:

  • Google Play エディターのおすすめアプリ
  • 幅広い編集ツール
  • プロ向けの動画編集機能
  • 直感的で使いやすいインターフェイス
  • 直感的で使いやすいインターフェイス
  • アップデートで新機能を続々と追加

短所:

  • 機能が多すぎて悩む

PowerDirector モバイル版は、1 か月あたり ¥317 からのご利用が可能です。また、PowerDirector パソコン版は 1 か月あたり ¥517円 からのご利用が可能です。

2. KineMaster(キネマスター)

KineMaster interface

KineMaster は、 Android と iOS に対応している動画編集アプリです。このアプリを使えば、外出先からでも動画を編集することができます。KineMaster の編集ツールには、クロマキー合成、動画のトリミング、並べ替え、カラーフィルター、速度調整、ガウス状ぼかし、モザイクなどがあります。

KineMaster のインターフェイスはわかりやすいので、簡単に操作ができます。一方で、 KineMaster はエフェクトが豊富にありますが、色調補正やカラーグレーディングの機能は充実していません。KineMaster に特有の機能は、イコライザーでオーディオの補正ができる点です。テキストレイヤーの追加で細かくテキストの編集をしたり、クリップグラフィックの機能で印象的な演出ができます。

しかし、KineMaster には、PowerDirector のような素材ライブラリがなく、端末から素材をインポートしなければいけないので、使いづらいかもしれません。そのため、クロマキー合成で背景を宇宙空間やジャングルにしたいときに、素材ライブラリから画像のインポートができず手間がかかってしまいます。

主な機能:

  • 4K 動画対応
  • 複数の動画レイヤー
  • インスタントプレビュー機能

長所:

  • クイック編集機能
  • 使いやすいインターフェイス
  • テキストレイヤー追加機能
  • 印象的なクリップグラフィック機能

短所:

  • 無料版では機能が限られている
  • 素材ライブラリがない

有料版の KineMasterプレミアムは1か月あたり ¥450

3. Green Screen by Do Ink (グリーンスクリーン)

Green Screen by DoInk

Do Ink の Green Screen はさまざまな使い方のできる写真や動画の編集アプリです。iOS のみ対応で、シンプルなアプリが好きな方にはおすすめです。

すっきりしたインターフェイスで使いやすいクロマキー合成機能を備えています。Green Screen は、簡単な操作で編集できるので、子どもにおすすめのアプリです。しかし、機能もシンプルになってしまっています。

Green Screen には機能がたくさんありますが、設定を細かく変更することはできません。このアプリは子どもが遊ぶにはちょうど良いですが、本格的に動画編集をする方には物足りません。

主な機能:

  • HD 録画機能
  • 複数のプロジェクトを保存できる
  • 便利なテンプレート
  • iOS 端末のみ対応
  • カラーピッキング機能とオーディオミキシング機能

長所:

  • 操作が簡単
  • 無料版のみ

短所:

  • 編集ツールが基本的なものだけ
  • 子ども向けのアプリ
  • パソコン版がない

買い切り価格 ¥610

まとめ

今まで動画編集の経験がない方は、スマホで簡単に動画編集する方法をこちらの記事でお読みください。最適なグリーン背景合成ができる動画編集アプリを選び、魅力的な動画を作成しましょう。

その中でも特におすすめのアプリは、PowerDirector です。手頃な価格でプロのように動画編集ができます。PowerDirector は、ユーザーフレンドリーなインターフェイス、高機能な編集ツールを搭載しています。さらには、定期的な機能のアップデート、豊富な素材ライブラリを備えています。

いますぐ PowerDirector をダウンロードして、グリーン背景合成を使った動画編集をお試しください。

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: