メンバーサイトへようこそ

PowerDVD

【2022年版】ブルーレイを Windows 10・11 で再生するには【初心者ガイド】

最終アップデート 2022年 12月 2日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
How to Play Blu-ray Discs on Your Windows

ブルーレイディスクをパソコンで再生しようとすると、特別な操作が必要になるかもしれません。

最近では、ディスクの再生は主流ではなくなってきているため、Windows はディスク再生機能を段階的に廃止していますし、デフォルト設定では、 Windows のメディアセンターでの再生はできません。

とはいえ、お手元のブルーレイディスクを再生する方法はあります。

PowerDVD などの再生ソフトを使えば、DVD や Blu-ray(ブルーレイ)ディスクの再生ができるようになります。

PowerDVD では、パソコンの DVD やブルーレイなどのマルチメディアの映像と音質を向上させ、さらに高画質で美しい映像で再生することができます。

この記事では、PowerDVD についての情報やパソコンでブルーレイを再生する方法、Windows でブルーレイを再生する方法をご紹介します。

無料ダウンロード
セキュリティチェック済

それぞれの Windows のバージョンでブルーレイを視聴する方法

Windows のバージョンごとに、ブルーレイディスク再生のプロトコルが異なるため、それぞれにあった視聴方法があります。

以下では、Windows 7、8.1、10、11 でブルーレイディスクを再生する方法をひとつずつご紹介します。


Windows 11 でブルーレイを再生する方法

Windows 11 の場合、ブルーレイ再生用のソフトをダウンロードする必要があります。
Windows 11 のように新しいOSでは、信頼性のある高品質のソフトを見つけるのは難しいかもしれませんが、PowerDVD は Windows 11 でも問題なく動作します。
PowerDVD は、ブルーレイ再生を頻繁に使わない方にもぴったりの再生ソフトです。PowerDVD を使えば、ほとんどの動画や写真、音楽などのメディアファイルを開いたり再生したりすることができます。

 

Windows 10 でブルーレイを再生する方法

Windows 10 は、Windows で最も信頼性の高い OS です。
Windows DVD Player は、DVDを再生することは可能ですが、ブルーレイには対応していません。そのため、ブルーレイ再生のために Windows Blu-ray Player を購入するより、幅広いメディアファイルに対応している PowerDVD の方がおすすめです。

PowerDVD に搭載されている TrueTheater を使えば、画質が鮮明になり、バランスのとれた音楽を楽しむことができます。

 

Windows 8.1 でブルーレイを再生する方法

現在、Windows 8.1 にブルーレイの再生機能は搭載されていません。
Windows 8.1 でブルーレイディスクを再生するためには、ブルーレイ用の再生ソフトをダウンロードする必要があります。

Windows 8.1 または 8.1 Pro の OS で動作するパソコンには PowerDVD のダウンロードをおすすめします。このソフトを使えば、デフォルトで OS が対応していない場合でも、4K や 8K 動画を含むさまざまなフォーマットのメディアファイルを簡単に再生することができます。

 

Windows 7 でブルーレイを再生する方法

Windows 7 も、ブルーレイディスクを再生することができないため、PowerDVD のダウンロードをおすすめします。
PowerDVD は、ウルトラ HD ブルーレイディスクや 8K 動画のフォーマットにも対応しているユニバーサルメディアプレーヤーです。

PowerDVD のダウンロードが完了したら、アプリを起動し、ブルーレイディスクをドライブに挿入して完了です。


Windows向け おすすめブルーレイ再生ソフト

1.PowerDVD - 欲しい機能全部入りのオールインワン動画再生ソフト

無料ダウンロード
セキュリティチェック済

 

「PowerDVD」はDVDやBlu rayを最高レベルの品質で視聴ができ、8Kや4Kの再生にも対応しており、PCを自宅のTV とHDMIで接続すればさらに大画面・高画質での視聴も可能です。
また、CyberLink独自の技術である「TrueTheater テクノロジー」を使えばビデオの品質を向上させ、色、照明、オーディオも自動で最適化、視聴体験を飛躍的に向上させることも可能です。

また、お気に入りの映画や動画をPowerDVD 経由で「 CyberLinkCloud 」にアップロードしておけば、ネット環境さえあればどこからでも自分のコレクションにアクセスしたり、リンクを共有することで、友人や家族にも観てもらうことができます。

その他、AI 写真管理機能やオーディオ整理機能など、便利な機能が盛りだくさん。

BCN AWARD のビデオ関連ソフト部門では最優秀賞を受賞していることもあり、安心して利用できるブルーレイ再生ソフトです。

03

PowerDVDの主な特徴:

  • 様々なメディア形式の再生に対応。
  • 「音」へのこだわり、まさに映画館のような臨場感。
  • VR ビデオの再生もサポート。
  • クラウドでのメディア管理に対応。
  • YouTube の再生・オフライン再生に対応。
  • TrueTheater 機能は YouTube にも適用が可能で、高画質再生を実現。
  • TrueTheater でホームシアター体験を強化。
  • AI による写真管理機能。
  • 充実したサポート。

CyberLink 公式サイトでは、定期的にセールが開催されています。ぜひお得な機会をチェックしてみましょう!

無料ダウンロード
セキュリティチェック済

 

2.Corel WinDVD - とにかく軽い動画再生ソフト

03

Corel WinDVDは、 Windows に付属の Windows Media Player を発展させたようなソフトで、様々なメディア形式に対応しており、一通りのディスクメディアの再生も可能です。

WinDVDの最大の特徴は良くも悪くも「シンプル」な所でしょう、 CPU やメモリにあまり負荷がかからず、動画再生時の平均 CPU 使用率は 8% 程度でメモリの使用率も低く抑えられています。

機能:

  • DVD や Blu ray の高品質再生に対応。
  • 映画館のようなクリアなサラウンドサウンド再生に対応。
  • CPU やメモリへの負荷が少ない。
  • HEVC (H.265) や Blu-ray 3D 、 BD-Live など様々なファイル形式に対応可能
  • タイムストレッチ機能で映画などを短時間で観る事ができる。

 

3.VLC media player - 定番のフリーソフト

04

VLC media player はオープンソースで開発されている、無料の動画再生ソフトです。

「無料」とは言っても、DVD Video をはじめとして、 WMV 、 DivX や XviD 、 MPEG 1/2 、 H.264 、 FLV 、 MOVなど殆どの動画ファイルの再生に対応しており、動画再生ソフトとして最低限の機能は網羅されています。

しかし、レンタルや市販の Blu ray を再生するにはバージョンアップしたり、パッチを当てたりする必要があるなど、少々ハードルが高いソフトです。

また、「再生」する事に重点が置かれていますので、音質や画質などに至っては「PowerDVD」等と比較するとどうしても見劣りしてしまいます。

機能:

  • DVD Video、WMV、DivX 、 XviD 、MPEG 1/2、H.264、FLV、MOV など殆どの動画ファイルの再生に対応
  • 内蔵コーデック・スプリッターが優秀破損したファイルでもある程度再生可能
  • マルチプラットフォーム対応
  • 基本的な動画再生ソフトとしての機能を完備
  • 動画のエンコードや音声抽出が可能

PC でのブルーレイの再生に関する Q&A

1. コーデックをダウンロードする必要性は?

Windows 10 用の PowerDVD を使ってブルーレイディスクを再生する場合は、コーデックをダウンロードする必要はありません。PowerDVD には、さまざまな動画フォーマットの再生に必要なコーデックがすでに搭載されているため、すぐに動画を再生することができます。他のメディア再生ソフトでは搭載されていないことが多いですが、PowerDVD では安定した動作で簡単に再生することが可能です。

2. Windows Media Player でブルーレイを再生することは可能か?

Windows Media Player は、ブルーレイディスクに対応していません。Windows のパソコンでブルーレイディスクを再生するためには、PowerDVD などの Windows 10 に対応したソフトをダウンロードする必要があります。

3. パソコンを使って、テレビ画面でブルーレイディスクを再生することは可能か?

PowerDVD を使えば、パソコンでブルーレイの動画を読み込み、テレビ画面で再生することが可能です。PowerDVD で動画を読み取り、Google Chromecast や Roku、Amazon Fire TV、または Apple TV などを使ってテレビに接続して再生することができます。PowerDVD では、動画の質を落とさずにテレビで再生することが可能です。

4. ブルーレイディスクの再生拡張機能はあるか?

多くのメディアソフトでは、ブルーレイ動画の画質や音質を改善して再生することができます。例えば、PowerDVD に搭載されている TrueTheater の技術は、あらゆるメディアフォーマットに対応しており、画質の鮮明さや色合い、サウンドの調整が可能です。
TrueTheater は、パソコンやテレビでも映画館のような動画視聴が可能になる技術です。これまでのように単に動画を再生するのではなく、視聴環境や再生する動画に合わせて画質、音質を最適化することで、映画館で見るような動画の質に仕上げることができます。

ブルーレイをデジタルフォーマットに変換する方法

デジタル時代を迎えた現在では、多くの人は DVD やブルーレイディスクをデジタルフォーマットに変換しています。ブルーレイディスクをデジタルフォーマットに変換しておけば、データをパソコンに保存して好きな時に再生できるため、物理的にディスクを保管しておく必要はありません。

そこで、MakeMKB のようなソフトを使って、ブルーレイディスクをデジタルフォーマットに変換することができます。この変換ソフトは操作が簡単で Windows のパソコンに無料でダウンロードができるため、ブルーレイディスクの動画をデジタルフォーマットとして保存する方法としておすすめです。

また、Vudu という変換ソフトでもブルーレイをデジタルフォーマットに変換することができます。このソフトは有料ですが、ブルーレイや DVD を簡単に整理することができます。また、多くのブルーレイディスクにはデジタルコードが付属しており、そのコードを使えばパソコンで再生することも可能です。例えば、Amazon では、ディスクの購入の際に、デジタルコードも一緒に提供している場合が多いです。

まとめ

この記事で紹介したおすすめのブルーレイ再生ソフトは以下の通りです。

Windows 10 に対応したブルーレイ再生ソフトは、インターネット上で様々なサービスを見つけることができます。

Windows のパソコンでブルーレイディスクを再生するには、PowerDVD がおすすめです。

PowerDVD は、操作が簡単で動作も安定しており、あらゆるメディアフォーマットに対応し、再生時には、動画やサウンドの品質の向上が期待できるブルーレイ再生ソフトです。

今すぐサイバーリンクの PowerDVD をダウンロードして、パソコンでブルーレイディスクを再生してみましょう。


無料ダウンロード
セキュリティチェック済

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: