フューチャーストーリー

空の映像 - 航空撮影と編集

高度 200 メートルの上空、Jack Simmons さんのドローンは空を飛ぶ鳥の目線で周囲をとらえています。空からの撮影に挑む彼の情熱が新たな次元へと昇華します。

ドローンはマルチローターのヘリコプターで、4 つのモーター駆動のプロペラで空を飛びます。このドローンを駆使して、空からの撮影を行います。

ドローンは従来、軍や警察機関などで使われていました。しかし、機能の向上や軽量化などが進み、ドローンは誰にでも手に入るものになりました。

Jack は彼のドローン DJI Phantom に GoPro を搭載してさまざまな上空からの撮影を行っています。

Jackにとって、このドローンは、長年のビデオ編集の情熱をビジネスに変えるものになりました。

「私はずっとビデオ撮影に強い関心を持っていて、さまざまなカメラを所有してきました。こうした技術的な経験が、今の航空撮影に生きているのです。」と Jack さん。

彼のビデオ撮影の興味は技術的な背景があります。南フロリダでITと通信の学位を取っているのです。一方、軍でヘリコプターの仕事をしていた経験が、空での撮影への興味へとつながりました。

「進学する前に軍に務めていました。当時、私はヘリコプターの仕事をしていたことが、今の関心につながっているのだと思います。ずっといつか自分のヘリコプターを手に入れたいと思っていましたから。」

軍で従事したヘリコプターの仕事によって、Jack さんの航空撮影に対する情熱が強くなっていきました。

Jack さんは GoPro の活用方法を調べている時に、YouTube でドローンのビデオを見つけました。「ラジコンヘリコプターは 10 年以上の経験がありました、これを使って撮影したらきっと楽しいことができるだろうと思ったのです。」

「初めてドローンで撮影したのは公園で犬と遊んでいる様子でした、それを公開したらたくさんの友達や知り合いから問い合わせが来たのです。自分が興味のある撮影を公開すれば、それを有料化できるのでなないかと考えました。」こうしてJackさんは自身の撮影をビジネスにしたのです。

この新しいビジネスは彼の将来をエキサイティングなものにしたそうです。「今やっていることはとても楽しいですね。ずっと昔からやりたいと思っていたことが現実になったのです。」

それからというもの、Jackさんは彼の周りにある美しい風景を上空から撮影するようになりました。屋外活動にもドローンを携帯し、上空からその様子を撮影したりしています。フロリダで開催されている小さなダートトラックのレースなどをライブ撮影しているそうです。

「レースよりも私のドローンを見上げている人の方が多かったですよ。私のところにやってきては、ドローンについて問い合わせたり、ドローンにびっくりしたということを伝えてきてくれました。」

ドローンによってホームビデオに変化が

ドローンの技術の発達により、上空からの撮影は新たなビデオクリエイターを生み出し、ホームビデオに新たなファクターをもたらしています。空中撮影はテレビで見られるようになりましたが、この技術はドローンなくしては通常のビデオクリエイターには制作できないということはいうまでもありません。

「子供も空からの撮影を気に入っていて、大きくなったらやってみたいって言っているようです。そういう声を耳にするのはとてもうれしいですね」

空からの撮影への挑戦

ドローンを使った撮影にはいろいろな条件が必要です。空では突風や照明条件など、コントロールのムスカしい不確定要素があるからです。風が強いとビデオの揺れがひどくなったり、照明の条件が不安定だと明るすぎたり暗すぎたりしてしまいます。

PowerDirector の TrueTheater 補正機能はこうした問題を一手に引き受けます。TrueTheater Stabilizer は自動で手ブレを低減し、TrueTheater Lighting は白とびや黒つぶれした動画をきれいに補正します。

「PowerDirector には驚きの連続でした。公開しているビデオの編集には PowerDirector を使っています。必要な機能がそろっていて満足しています。」

「ビデオの内容に合わせて、さまざまなことができるのが特徴的です。PowerDirectorで書き出ししたビデオを多くの人が見てくれて、褒めてくれるのがうれしいですね。」

空からの映像を撮影するコツ

こうしたビデオをとるには正しい機器を用意することが最初のステップと、Jackさんは言います。

いいビデオをとるには、数多くの撮影をしてなれることが唯一の方法となるでしょう。初めて私が撮影したときは、カメラの映像を水にドローンを飛ばしました。そうしてカメラの最適なアングルを知ることができたのです。彼は他に、人の視線で撮影したビデオもおすすめしています。

フロリダで行われたレースをドローンで撮影

「現在使用している 7 インチの外付けモニターはカメラが撮影している様子をライブで見ることができます。GPS がついているので緯度と経度も図れます。方位も表示させることができます。」Jack さんはこの機器をとても評価しています。空からの撮影について短時間で様々なことを習得できるようになるからです。

ドローンの機器はややもすれば高価なものも多々ありますが、趣味で空からの撮影をしている人にとって、そうした高額機器は必ずしも必要なものではないといいます。

「しかし、これがビジネスとなると訳が違ってきます。撮影のチャンスが限られていればそれなりのコストをかけなければなりません。それがビデオのクオリティーに大きくかかわってきます。」

「思い描いたような映像を撮るためには、アングルがまず大切になってきます。ドローンの位置を確認して、完璧なアングルで撮影されているかどうかを考えます。撮影範囲がどこまで及んでいるかを把握しないと、後から取り直す羽目になってしまいます。」

そして、Jack さんは撮影の学習と修正の重要性について強調しました。.

「自分がどこにいるのかを把握するのに数か月を要しました。現在は多くの企業で空撮部門を設けようとして、仕事の話が舞い込んでくるようになりました。時間が経つにつれよくなっています。こればかりは時間をかけなければなりません。」

おすすめセール
おすすめコンテンツ
無料体験版