PowerDirector のインターフェイス

ラーニング センターではチュートリアルを通して、動画編集の基本、方法を紹介します。 当チュートリアルでは、作業領域のインターフェイスの一部の基本機能について説明します。

インターフェイス

[編集] モジュールの作業領域から、ほとんどの編集を行うことができます。

A - プレビュー ウィンドウ、B - ライブラリー ウィンドウ、C - ルーム、D - タイムライン

A. プレビュー ウィンドウ

プレーヤー コントロールを使うと、編集中のプロジェクトをプレビューすることができます。 タイムラインのプロジェクトを一時停止、プレビュー、再生することができます。

 

プレビュー ウィンドウの固定を解除する

作業領域上のプレビュー ウィンドウの固定を解除して、プレビュー ウィンドウのみを個別に拡大したりすることができます。 四角でマークしたボタンをクリックして、プレビュー ウィンドウの固定を解除します。

四角でマークしたボタンをクリックして、プレビュー ウィンドウを元の作業領域に戻し固定します。

B. メディア ライブラリー

メディア ライブラリー には、すべてのメディア (動画、画像、音声ファイル) が含まれます。 ドロップダウン メニューをクリックすると、カラー ボードや BGM などのメディアにアクセスすることができます。

C. メディア、エフェクト、テンプレート ルーム

エディターの左側に、メディア、エフェクト、テンプレート ルーム等のルームが搭載されており、ここよりプロジェクトにクリエイティブなエフェクト、タイトル、トランジションなどを適用することができます。 これらのルームでは、録音/録画やミキシング、チャプターや字幕の追加などもできます。

D. タイムライン

タイムラインには、プロジェクトの素材 (動画、画像、音楽、エフェクト) を配置することができます。 実行時間に基づき、プロジェクト全体を表示することができます。 動画、画像、音声、エフェクトをタイムラインに追加するには、メディア ライブラリーのメディアをタイムラインまでドラッグして、ドロップします。

トラックをタイムラインに追加する

タイムライン上の各トラックには、ビデオ トラックとオーディオ トラックがそれぞれ 1 つずつ含まれます。 他のビデオ/オーディオ トラックも追加できます。 をクリックすると [トラック マネージャー] が表示されます。ここでビデオ/オーディオ トラックを追加します。 最大 100 個のビデオ トラック (および対応するオーディオ トラック) をタイムラインに追加することができます。

トラックの高さを調整する

タイムラインの高さを調整して、より多くのトラックを表示したり、各アイテムを大きく表示したりすることができます。

タイムラインのトラックを右クリックすると、トラックの高さのオプション (大中小) が表示されます。


プロジェクト全体を表示する

プロジェクト全体を表示するには、タイムライン ルーラーを右クリックして、[ムービー全体の表示] を選択します。

ヒント:  左下のスライダーをクリック&ドラッグしてアイテムの幅を調整したり、左上のアイコンをクリックしてプロジェクト全体を表示することもできます。