3

メンバーサイトへようこそ

ニュースルーム
< 戻る | シェアする
2021年 7月 27日
サイバーリンク、FaceMe® Security による顔認証ドアセキュリティ&入退館管理に
Vivotek 社のネットワークカメラを採用

台湾 台北(2021年7月27日)CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク)AI と顔認証技術のパイオニアであるサイバーリンクは、自社オフィスに導入した AI 顔認証 FaceMe® Security による「ドアセキュリティ」と「入退館管理」に IP 監視カメラのトップブランドである VIVOTEK 社の IP カメラ IB9368-HT と IB9388-HT を採用いたしました。

FaceMe® と親和性の高い VIVOTEK 社の IP カメラと、認証角度とスピードに優れた FaceMe® の組み合わせによりカメラの前に立ち止まる必要なく、ウォークスルーで認証が行われドアロックが解除されます。

また、FaceMe® Security Health アドオンにより、マスク着用時でも高精度な認証が可能となっており、マスクを着用した状態でも正確に個人を識別できるだけではなく、マスクが適切に着用されているかどうかも検出することができます。

 



デモ動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=rQ5NH88pLFk

 

FaceMe® Security の通知 API は、VIVOTEK VAST 2 などの主要な VMS(ビデオ管理システム)に対応しています。VMS との統合により、FaceMe® Security は、カメラに映った VIP、ブラックリストに登録された人物、および従業員などを検知した場合や、または発熱など健康状態に問題のある人物を検知した場合に、VMS へリアルタイムで通知することができます。

 

サイバーリンク株式会社 社長 ヒルダ ペンよりコメント
顔認証は IP 監視システムの新たなスタンダードとなっています。クラス最高の IP 監視ソリューションを提供する VIVOTEK 社の IP 監視カメラとサイバーリンクの顔認証技術を組み合わせることで、オフィス、工場、医療機関などさまざまな業界のスマートセキュリティソリューションの要求を柔軟に満たすことができます。世界をリードする顔認証テクノロジーを搭載した FaceMe® Security はセキュリティ監視ソリューションを次のレベルに引き上げることができるでしょう。両社のコラボレーションにより、スマートセキュリティ市場がさらに成長することを期待します。

ビボテックジャパン株式会社 社長 佐藤稔浩氏よりコメント
デジタル技術を取り入れることによって、人々の暮らしや働き方、社会を豊かにする DX(デジタルトランスフォーメーション)は、近年ますます注目を集めています。その中でも顔認証を利用した監視ソリューションは、監視カメラを軸とした製品・サービスを提供する弊社で、お客様からのご要望が最も多いテクノロジーの一つです。世界最上位レベルの顔認証モデルを搭載する CyberLink 社の FaceMe® Security と、様々なシーンに対応できる豊富なラインナップを揃える VIVOTEK カメラの親和性の高さは、昨年発表された「顔認証監視ソリューション」で、すでに沢山のお客様からご好評をいただいております。高い精度が要求される顔認証において、この素晴らしいコラボレーションがたくさんの人々の暮らしに役立つソリューションを提供できるものと強く確信しています。

 

FaceMe® Security の主な機能

  • FaceMe® Security の通知 API で、VIVOTEK VAST 2、Milestone、Network Optix Nx Witness などの主要な VMS(ビデオ管理システム)をサポート。
  • FaceMe® Security Check-In アドオンは、施設の出入り口に設置されたカメラとPCに導入することで入退室情報を記録し、リアルタイムで画面上での本人確認を行うことが可能。
  • FaceMe® Security Health アドオンは、マスクの着用状態が適切かどうかを検出するとともに、身元確認と検温スクリーニングを行うことが可能。
  • FaceMe® Security Workstation
    • エッジでのリアルタイムの顔検出と顔特徴点抽出が可能。
    • 単一または複数の NVIDIA Quadro GPU を搭載したハイエンド Windows ワークステーションに実装することで、1時間あたり最大80,000人が通過するような人通りの多い場所での顔認証が可能。
    • NVIDIA Jetson AGX Xavier/Xavier NX などのプラットフォームに対応、コストパフォーマンスと省電力性に優れたシステムを構築可能。
  • FaceMe® Security Central
    • 抽出された顔の特徴点をデータベースと照合し、個人を特定。
    • Web ベースのコンソールも提供、Microsoft SQL ベースの顔データベースの管理、IP カメラの構成管理が可能。
    • VIP やブラックリストに登録された人物、または従業員が特定エリアに入った際に関係者に通知を行うための設定が可能。

 

FaceMe® の製品情報はこちら:
https://jp.cyberlink.com/FaceMe

FaceMe® Security の製品情報はこちら:
https://jp.cyberlink.com/faceme/solution/security/

「2021年における顔認証の展望」、「エッジデバイスによる顔認証」など顔認証のさまざまなソリューションを紹介するマーケットインサイトはこちら:
https://jp.cyberlink.com/faceme/insights/articles

FaceMe® YouTube チャンネルはこちら:
https://www.youtube.com/channel/UC6JkIMNP4UL0Av7SrJnjODg

 

■サイバーリンク株式会社について
1996年に設立。台湾に本社を置くマルチメディアソフトウェアと AI 顔認証技術の世界的リーダーです。デジタルコンテンツの創作、マルチメディアコンテンツの再生、AI 顔認証エンジンなどの多岐にわたるソリューションの開発を行っており、マルチメディアからスマートリテールなどのニーズに応えています。コンシューマー向け映像・写真編集ソフトウェア製品は、欧米をはじめ世界各国で、プロの映像制作者から一般クリエイターまで数億のユーザーを獲得しています。

日本法人であるサイバーリンク株式会社は、1998年に設立。日本のマーケットに向け、マルチメディア関連ソフトウェアの開発・販売を手がけ、主力人気商品の動画再生ソフト「PowerDVD」、ビデオ編集ソフト「PowerDirector」などは多くのユーザーに支持されています。

映像の品質に大きく影響するコーデックを中心とした多数の特許を持ち、最先端の技術への対応や使いやすさを追求した製品を開発することを目指し、この技術力をもとにして、新たに顔認証システム「FaceMe®」を開発。セキュリティシステム、個人認識・個人認証に最適なソリューションを提供することを通して、新しい「暮らし方」を創造しています。

サイバーリンク株式会社についての詳細は公式 HP をご覧ください:
https://jp.cyberlink.com

 

■本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をサイバーリンク株式会社が保証するものではありません。

■お問い合わせ先
担当: 今澤 浩之 contact_pr_jpn@cyberlink.com

ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。
Copyright 2021 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。


本 Web サイトを利用することで、お客様は当社の Cookie の使用に同意したことになります。Cookie についての詳細や管理については、当社の Cookie に関する声明 をご覧ください。