2
ニュースルーム
< 戻る | シェアする
2019年 6月 25日
サイバーリンク社 総務省、経産省など主催の
「テレワーク・デイズ」に参加
AI / AR 搭載「U ビジネスコミュニケーションサービス」
(Web 会議 / オンラインセミナー / ビジネスチャット)

3ヶ月間無料で提供


台湾 台北(2019年6月25日)CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク)は昨年に引き続き、在宅勤務やモバイルワークなどの「テレワーク(リモートワーク)」を推奨する働き方改革運動「テレワーク・デイズ」に応援団体として参加します。多くの企業がテレワークに参加・体験できるようにテレワーク環境の実現に最適なビジネスチャット・WEB 会議サービス「U ビジネスコミュニケーションサービス」を3ヶ月間無料で提供することで、参加企業を支援いたします。

サイバーリンクでは、これまでテレワークにおいて、Web 会議の導入を “操作が難しい”、“途中で切れる”などの理由で断念してきた企業の皆さまに、トレーニングなしでお使いいただけ、高音質、高画質で安定性のある「U ビジネスコミュニケーションサービス」をご用意いたしました。 そしてこのたびの「テレワーク・デイズ」への参加に際し、企業の皆様における在宅勤務などの働き方改革の推進をご支援させていただくために3か月(90日間)の無料支援プログラムをご用意させていただきました。
ぜひ、リモートワークの第一歩としてご活用ください。

 

■「U ビジネスコミュニケーションサービス」テレワーク・デイズ支援プログラムについて

提供サービス:
・Web 会議サービス「U ミーティング」
・ビジネスチャット「U メッセンジャー」
・オンラインセミナーサービス「U セミナー」

お申込み期間:2019年7月22日~9月3日

無料提供期間:お申込みから 3 か月間 (90日間)

提供方法/条件:お問い合わせメールアドレス:U-Work-CLJ@cyberlink.com

以下メールタイトルで、①と②をコピー&ペーストしてご記入の上お送りください。

メールタイトル:「テレワーク・デイズ」支援プログラム
① ご希望のサービス、ご利用希望人数
        ・Web会議サービス「U ミーティング」
        ・ビジネスチャット「U メッセンジャー」
        ・オンラインセミナーサービス「U セミナー」(最大3ライセンス)
② ライセンス発行用お客様情報
          企業名 住所 電話番号 ご担当者様名 部署名 メールアドレス

 

■「U ビジネスコミュニケーションサービス」の主な特徴

Uミーティング (マルチプラットフォーム対応のWeb会議サービス)
*高品質で安定感のある映像と音声で、画面共有や、Google Chromeブラウザでのゲスト参加も可能。
*初期費用コスト"0"+サーバーなどの管理不要+専門知識不要。
*画面共有時に双方向で使えるレーザーポインター機能など便利なユニーク機能も搭載。

 

Uセミナー  (複雑な設定なしに配信可能なオンラインセミナーサービス)
*パソコンとWebカメラで誰でも簡単にライブ配信、オンデマンド配信が可能。
*社内研修や会員向けセミナー、ビジネスパートナーへの情報配信などが可能。
*視聴者分析が可能な管理者ツールもサポート。

 

Uメッセンジャー (資料や情報の共有が可能なビジネスチャット)
*ビジネス向けのメッセンジャー機能を備え、個人やチームの中で、写真やファイルを
共有したり、UミーティングやUセミナーと連携して使えます。
*1つの U アカウントで、PC、スマホ、タブレットなど異なるデバイスからでもスムーズに同期。
*チャットからビデオミーティングへの移行もボタン一つでできます。

 

PerfectCam (法人ユーザー向けのプライバシー保護・機密情報保護のプラグイン)

*突然のビデオ会議でも、「バーチャルメイク」機能で、ビジネスライクな見た目を一瞬で適用。
*美肌機能を搭載、女性だけでなく男性もWeb会議での第一印象を大きく改善。
*仮想カメラドライバとして動作可能。U ミーティングなどWeb会議にプラグインできます。

AI 技術による「背景ぼかし」
AI を使った「背景ぼかし」機能で人物以外の背景をぼかすことで、プライバシーを保護しながら、会議に参加することができます。また背景を任意の写真を使って合成することもできます。

 

AR を駆使したバーチャルメイク
Web 会議に参加する際、メイクや顔色などを気にせず参加できるように、AR 技術を活用して開発した「バーチャルメイク」などのユニークな機能も搭載しています。

★機能効果紹介ビデオ (バーチャルメイク&背景ぼかし)  https://youtu.be/E_ToTh8AOc4

詳しい機能・情報はサイトにてご紹介しています。 https://u.cyberlink.com/

 

■「テレワーク・デイズ」について https://teleworkdays.jp/
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が、東京都および関係団体と連携して、働き方改革の国民運動として展開しているテレワークの実施・促進の取り組みです。2017年より、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、を展開しています。
2017年(7月24日のみで実施)には約950団体、6.3万人、2018年(7月23日~27日の5日間実施)には1,682団体、延べ30万人以上が参加しました。
2019年は、2020年東京大会前の本番テストとして、対象となる期間がさらに拡大され、7月22日(月)~9月6日(金)の約1ヶ月間が「テレワーク・デイズ2019」として開催されます。

 

■サイバーリンク株式会社について
1996年に設立。台湾に本社を置くコンピュータ・ソフトウェアメーカーです。 デジタルメディアの作成、再生、共有などのアプリケーションの開発を行っており、欧米をはじめ世界各国で、一般ユーザーに高解像度映像の再生、簡単かつプロ並みのビデオ、写真編集の体験を提供しています。

日本法人であるサイバーリンク株式会社は、1998年に設立。日本のマーケットに向け、マルチメディア関連ソフトウエアの開発を手がけ、主力人気商品の動画再生ソフト「PowerDVD」、ビデオ編集ソフト「PowerDirector」などは多くのハードウェアメーカーにバンドル採用いただいています。

映像の品質に大きく影響するコーデックを中心とした多数の特許を持ち、最先端の技術への対応や使いやすさを追求した製品を開発することを目指し、この技術力をもとにして、新たに顔認証システム「FaceMe®」を開発。セキュリティシステム、個人認識・個人認証に最適なソリューションを提供することを通して、新しい「暮らし方」を創造しています。

 

■本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をサイバーリンク株式会社が保証するものではありません。

■お問い合わせ先
担当: 今澤 浩之 contact_pr_jpn@cyberlink.com

ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。
Copyright 2019 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。