1
ニュースルーム
< 戻る | シェアする
2019年 5月 27日
サイバーリンク
AI / AR 技術搭載のWeb会議 / オンラインセミナー / ビジネスチャット
「U ビジネスコミュニケーションサービス」
H.I.S. Impact Finance(H.I.S.グループ)に全社導入

台湾 台北(2019年5月27日)CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク) はこのたび、Web 会議サービス / オンラインセミナーサービス / ビジネスチャットの「U ビジネスコミュニケーションサービス」を H.I.S. グループの H.I.S. Impact Finance に全社導入いたしました。

導入先URL:https://www.his-impact-finance.com/

政府が働き方改革を促進し、さらなるテレワークを推進する中、H.I.S. グループの H.I.S. Impact Finance は、サイバーリンクの「U ミーティング」を全社導入し、運用試験を開始しました。これにより採用強化のための在宅ワークも推進し、さらには将来の事業拡張に向けた在宅勤務・遠隔地とのミーティング等への対応を図ります。H.I.S.Impact Finance 社は U ミーティングを活用して「テレワーク・デイズ 2019」にも参加予定です。また同社は、将来実施予定の Fimple Bank サービス* のカスタマーサポートへの U ビジネスコミュニケーションサービスの利用も検討いたします。

<在宅ワーク推進のための具体的な採用理由>

  • 在宅勤務におけるプライバシーの問題
  • - 男女問わず部屋の中を見られたくないのでビデオ会議に参加しない
    - 女性が在宅時にもかかわらず、会議のためだけにメイクをしなければならない
    上記問題が、U ミーティングと PerfectCam を一緒に使用することで解決すること。

  • 初期費用コストゼロ

  • 専門知識不要で、IT が苦手な人でも使いやすいシンプルかつ分かりやすい操作性 などとなります。

<*Fimple Bankサービスとは>
来春をめどに H.I.S. Impact Finance がリリース予定のサービスです。当該サービスを始めるにあたり、同社は 2019年3月4日 に所属銀行を GMO あおぞらネット銀行として関東財務局より銀行代理業の許可を取得しており、今後は電子決済代行業の取得も目指しています。

 

「U ビジネスコミュニケーションサービス」の特徴
初期費用コスト”0”+サーバーなどの管理不要+専門知識不要

  • U ミーティング:高品質で安定感のある映像と音声で、画面の共有や、ゲスト参加も可能

  • U メッセンジャー:グループチャット、ファイル共有も可能なビジネスチャット

  • U セミナー:パソコンと Web カメラで誰でも簡単にライブ配信、オンデマンド配信が可能

  • PerfectCam: AI / AR 技術搭載のプライバシー保護・機密保護用の背景ぼかし機能搭載
    リモートワーク(在宅勤務)などで必須のバーチャルメイク機能搭載
*在宅勤務だけでなく、拠点間会議や海外とのコミュニケーションなど幅広く活用されています。

<AI背景ぼかし & AR バーチャルメイク> <AI背景差し替え & AR バーチャルメイク>

 

 

【2019年5月29日(水)~ 31日(金)に東京ビッグサイト(青海展示棟)にて行われる
「第6回 働き方 改革 EXPO」に出展いたします。】

最新の AI / AR 技術を活用した Web 会議、ビジネスチャット、オンラインセミナーサービスの「U ビジネスコミュニケーションサービス」とディープラーニングを活用した先端のリアルタイム AI 顔認識エンジン「FaceMe®」を紹介します。

■開催概要
名称:第6回 働き方 改革 EXPO (総務・人事・経理 ワールド 2019 内)
会期:2019年5月29日(水)~ 31日(金)10:00 ~ 18:00
会場:東京ビッグサイト(青海展示棟)
主催:リード エグジビション ジャパン
小間番号 : B37-30
詳細につきましては、主催者ホームページをご覧ください。https://www.ws-expo.jp/

 

■サイバーリンク株式会社について
1996年に設立。台湾に本社を置くコンピュータ・ソフトウェアメーカーです。 デジタルメディアの作成、再生、共有などのアプリケーションの開発を行っており、欧米をはじめ世界各国で、一般ユーザーに高解像度映像の再生、簡単かつプロ並みのビデオ、写真編集の体験を提供しています。

日本法人であるサイバーリンク株式会社は、1998年に設立。日本のマーケットに向け、マルチメディア関連ソフトウエアの開発を手がけ、主力人気商品の動画再生ソフト「PowerDVD」、ビデオ編集ソフト「PowerDirector」などは多くのハードウェアメーカーにバンドル採用いただいています。

映像の品質に大きく影響するコーデックを中心とした多数の特許を持ち、最先端の技術への対応や使いやすさを追求した製品を開発することを目指し、この技術力をもとにして、新たに顔認証システム「FaceMe®」を開発。セキュリティシステム、個人認識・個人認証に最適なソリューションを提供することを通して、新しい「暮らし方」を創造しています。