2
ニュースルーム
< 戻る | シェアする
2019年 2月 14日
サイバーリンク、FaceMeR AI 顔認識エンジンが
SYSCOM 製ロボット Ayuda に採用。日本市場に参入

台湾 台北(2019年2月14日)CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク) は、FaceMe® AI 顔認識エンジンが、「SYSCOM(凌群電腦)」(2453.TW) のスマートサービスロボット「Ayuda」に採用したことを発表しました。Ayuda は FaceMe® 技術を用いて訪問者の性別、年齢、感情を正確に把握し、顧客一人一人に対してインタラクティブに対応するサービスを提供することができます。現在、FaceMe® を搭載した Ayuda は正式に日本に輸出されており、日本におけるサービスロボットの巨大市場に参入していきます。

 

SYSCOM は、台湾に本社を置き、優秀なソフトウェア開発と統合能力を備えたシステム統合会社です。主要な顧客は金融証券会社、通信会社、医療機関、政府、そしてハイテク製造業などです。スマートロボット Ayuda は、SYSCOM のハードウェア、ソフトウェア、AIoT 技術、そしてビッグデータアプリが統合されたサービスロボットであり、顔認識、人物検出は、音声認識、会話コミュニケーション、ビデオ通話、地図ナビゲーションなどの多数の機能を備え、ショッピングモール、教育、金融、医療の場に適しています。

FaceMe® はサイバーリンクの開発する AI 顔認識エンジンであり、ディープラーニングによって開発され、98.5% の本人認識率を実現し、クロスプラットフォームおよび柔軟な SDK サービス構成により、ハードウェア開発会社、システム統合会社などにすばやく顔認識技術を導入することができます。サイバーリンクの FaceMe® AI 顔認識エンジンにより、スマートロボット Ayuda は、正確に顧客の顔を識別し、性別、年齢、感情などの特徴を把握し、インタラクティブにサービスを提供することができます。

サイバーリンク最高経営責任者 (CEO) ジャウ・ホァン博士 (Dr. Jau Huang) は以下のようにコメントしています。「コンピュータービジョンは、スマートロボットにとって必要不可欠な技術であり、その中でも顔認識技術はロボットの目の役割として働き、サービスを提供する相手を認識するのに役立つ最も大切な機能です。SYSCOMのスマートロボット Ayuda との提携により、FaceMe® エンジンが Ayuda に正確な顔認識と、個性をもたらします。」

SYSCOM ロボット開発部門ディレクター 邵成武 氏は以下のようにコメントしています。「SYSCOM は長年スマートロボットの分野に深く関わっており、サイバーリンク FaceMe® エンジンの高い顔認識機能に着目していました。さらに Linux システム向けに最適化されているため、第三代 Ayuda に FaceMe® エンジンを搭載することを決めました。台湾独自の研究による顔認識技術を導入することで、警察、金融機関、医療機関、教育機関での Ayuda の応用能力を大幅に強化でき、様々な場面に対応する革新的で付加価値の高いサービスを生み出すことができます。」

スマートロボット Ayuda はすでに台湾国内の政府機関、公共機関、教育機関、金融機関、医療機関などの分野で使用されており、近々 株式会社CIJ(Computer Institute of Japan, Ltd.)を通じて日本にも輸出され、日本のサービスロボットの巨大市場に参入していきます。スマートロボット Ayuda は 2月19日 より東京ビックサイトで開催される「HCJ(ホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会)2019」に登場し、株式会社CIJ の出展ブースにて Ayuda と FaceMe® による様々なサービスをご覧になれます。

 

■サイバーリンク株式会社について
サイバーリンク社は 1996 年に設立。マルチメディアソフトウェアと AI 顔識別技術の世界的リーダーであり、パイオニアです。優秀なソフトウェアエンジニアらにより、コーデックを中心とする 200 以上の特許に裏付けられた技術を所有しています。今日、サイバーリンクは世界をリードする PC メーカーへの高い技術の提供、迅速な製品化への貢献にてその名声を築きました。我々のビジネスパートナーは、IT 産業のリーダーとなる PC メーカー、ドライブメーカー、グラフィックスカードメーカー等です。

■サイバーリンクのソフトウエア
サイバーリンクは PC を初めて扱う方からエキスパートまで、デジタルメディアをかんたんな操作で扱えるソフトウエアを提供するため、4 つのテーマ(概念)を掲げています。

  • クリエイト(創造) – ビデオカメラで撮影した映像を使ってプロレベルの編集を可能にします。(PowerDirector シリーズ)
  • プレイ(再生) – Blu-ray™、DVD、動画ファイルなどのあらゆるメディアを再生します。(PowerDVD シリーズ)
  • モバイル – Android™、iOS®、Windows® 10 対応再生 & 編集アプリの開発と提供をしています。
  • クラウド – PC とデバイス間で動画、写真、音楽を同期したり、ビデオや写真の編集プロジェクト、テンプレートを安全にバックアップします。

■本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をサイバーリンク株式会社が保証するものではありません。

■お問い合わせ先
担当: 今澤 浩之 contact_pr_jpn@cyberlink.com

ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。
Copyright 2019 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。