サインイン
2
ニュースルーム
< 戻る | シェアする
2018年 12月 19日
サイバーリンク、「U ビジネスコミュニケーションサービス」
最新版 Ver.5.0 をリリース

- To Do管理、デュアルカメラサポート、部門管理・グループ管理機能など -

台湾 台北(2018年12月19日)CyberLink Corp.(5203.TW) : (本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク)は、このたび、Web会議サービス / オンラインセミナーサービス / ビジネスチャットの「U ビジネスコミュニケーションサービス」最新版、Ver.5.0 を発表いたしました。

新バージョンの5.0では、ユーザーの皆様からご要望いただいておりました

  • U メッセンジャー ・To Do管理 ・PC版での投票機能など
  • U ミーティング   ・レーザーポインター機能に加え、画面共有時に双方向から手書きで文字などを加えられる機能
  • U セミナー     ・デュアルカメラサポートや事前登録セミナーの設定強化
などが追加され、これまで以上に使いやすいサービスとなっております。

■「U ビジネスコミュニケーションサービス」の特徴
初期費用コスト”0”+サーバーなどの管理不要+専門知識不要

  • U ミーティング:高品質で安定感のある映像と音声で、画面の共有や、ゲスト参加も可能
  • U メッセンジャー:グループチャット、ファイル共有も可能なビジネスチャット
  • U セミナー:パソコンとWebカメラで誰でも簡単にライブ配信、オンデマンド配信が可能
  • PerfectCam:リモートワーク(在宅勤務)などで必須のバーチャルメイクアプリ AR 技術を活用し、いつでもバッチリメイク。背景ぼかし機能も搭載予定

 

<Ver.5.0 新機能概要>

■ビジネスチャットサービス "U メッセンジャー"

  • メッセージのやり取りにおいて、重要な件を忘れないために"ToDo"機能が搭載されました。追加したToDoはチャット画面に追加され、元のメッセージを検索することなく表示したり、引用や削除もできます。

 

  • PC版・Mac版のU メッセンジャーにおいて、投票機能が搭載されました。
 
  • メッセ―ジをダブルクリックすると、部分選択可能になりました。

 

  • U メッセンジャーで共有した写真をビューワーで起動した際に、最大4倍まで拡大できるようになりました。

 

■Web会議サービス "U ミーティング"

  • デスクトップ画面の共有時に手書きで文字などを加えられるようになりました。
    *画面共有をしている参加者だけでなく、視聴側の参加者も手書きメモの機能を使用できます。

 

■オンラインセミナーサービス "U セミナー"
ホスト(セミナー主催者側)機能のアップデートについて

  • オンラインセミナーをより効果的に行えるデュアルカメラ機能をサポート
    主・副のカメラ設定を行うことで、プレゼンターと参加者、プレゼンターと製品を同時に映像として配信するなど、より効果的なセミナーを行えます。

 

  • 一眼レフカメラを活用した配信をサポート (HDMI キャプチャーボックスを使用)
    より鮮明でクリアな映像を配信する実現するために、一眼レフカメラを活用したセミナーの配信に対応しました。

 

  • 事前登録セミナーにおける、登録内容の設定追加
    セミナーの主催者が参加者が視聴登録を行う際に、会社・タイトル・部署・URLなどの情報を入力してもらうための設定ができるようになりました。

 

■管理者ツール
ホスト(セミナー主催者側)機能のアップデートについて

  • 管理者がUサービスのメンバー登録を行う際に、複数階層での部門設定が可能となりました。

    例: 法人営業部 - 1課 など


  • 管理者がU メッセンジャーで使用可能なグループリストを作成できます。作成したグループは、各メンバーの連絡先に追加されます。
    *グループに含まれるメンバーを、メンバー管理画面にて登録削除した場合は作成されたグループからも自動的に削除されます。


  • Active Directory との連携機能をアップデート
    管理者は AD サーバーの情報をエクスポートし、メンバー管理画面にて読み込むことで U サービスにおけるメンバー管理を効率的に行えます。


  • ADサーバーの情報が更新された場合は、AD同期ボタンからU サービスも更新できます。  (ADサーバーの情報と自動で同期する場合は、AD Sync APIを使用する必要があります。詳しくは弊社営業までお問い合わせください)


  • 管理者用のダッシュボードにて、ミーティングやセミナーの使用状況に加えて、新たにメッセンジャーの使用状況を確認することができるようになりました。

その他機能や、詳しい製品情報はこちらをご覧ください。https://u.cyberlink.com/

 

■サイバーリンク株式会社について
1996年に設立。台湾に本社を置くコンピュータ・ソフトウェアメーカーです。 デジタルメディアの作成、再生、共有などのアプリケーションの開発を行っており、欧米をはじめ世界各国で、一般ユーザーに高解像度映像の再生、簡単かつプロ並みのビデオ、写真編集の体験を提供しています。

日本法人であるサイバーリンク株式会社は、1998年に設立。日本のマーケットに向け、マルチメディア関連ソフトウエアの開発を手がけ、主力人気商品の動画再生ソフト「PowerDVD」、ビデオ編集ソフト「PowerDirector」などは多くのハードウェアメーカーにバンドル採用いただいています。

映像の品質に大きく影響するコーデックを中心とした多数の特許を持ち、最先端の技術への対応や使いやすさを追求した製品を開発することを目指し、この技術力をもとにして、新たにB to Bマーケットへ向けた、Web会議 / オンラインセミナー / ビジネスチャット「U ビジネスコミュニケーション サービス」を開発。ビジネスで必要となるさまざまなコミュニケーションを活性化し、新しい「働き方」を創造しています。

 

Copyright 2018 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。
※本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、将来的に変更される可能性があります。

■本件に関するお問合せ先
サイバーリンク株式会社 contact_pr_jpn@cyberlink.com
広報担当 今澤浩之