1
ホーム > 会社案内 > プレスルーム> ニュースアーカイブ

会社 - プレスルーム

ニュースアーカイブ

サイバーリンク、Web会議 / オンラインセミナー / ビジネスチャット
「U ビジネスコミュニケーション サービス」最新版Ver.4.7 をリリース

~ U セミナー Mac 対応、ライブ中のコメントや録画制限、参加者リスト管理、など~

台湾 台北(2018年7月3日)CyberLink Corp.(5203.TW) : (本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク)は、このたび、Web会議 / オンラインセミナー / ビジネスチャット「U ビジネスコミュニケーション サービス」の最新版、Ver.4.7を発表いたしました。

「U ビジネスコミュニケーション サービス」は、オンラインセミナーサービス「U セミナー」、Web会議サービス「U ミーティング」、ビジネスチャット「U メッセンジャー」がご利用いただけるビジュアルコミュニケーションサービスです。初めて使う人でも直感的に操作しやすいユーザーインターフェースで、すぐに高画質・高音質なWeb会議やオンラインセミナー、ビジネスチャットをご利用いただくことができます。 また、リモートワークや遠隔地でのオンラインでの会議中に、メイクや顔色などを気にせず参加できるようにAR技術を活用し開発した「バーチャルメイク」などのユニークな機能も搭載しています。

今回のバージョンアップでは、ユーザーのみなさまからのご要望が多かった機能を中心に、U セミナーのMac対応、参加者リストの管理、U ミーティングの録画許可コントロール、E2EE暗号化対応、ライブセミナー中のコメント制限など、より便利に活用いただけるようアップデートいたしました。

 

<Ver.4.7 新機能概要>(画像をクリックして拡大できます)

■オンラインセミナーサービス "U セミナー"

<U セミナーのMac OS対応(ホスト機能)>
Mac OS の環境で、画面共有機能とWebカメラを活用した
ライブセミナー&VOD(録画配信)が開催できます。

<PowerPoint 非表示スライド対応>※Windows 版
U セミナーで PowerPoint を使用する際、非表示スライドの
表示/非表示を切り替えることができます。

 

 

<ライブセミナー視聴者のテキストチャットの管理機能>※Windows 版
セミナーの開催者は、セミナーの配信中に視聴者からのメッセージの
送信を無効にすることができます。
その場合、テキストチャットが非表示となり、視聴者はメッセージを
送信することができなくなります。

 

 

<VOD(録画配信)視聴時のコメント表示機能>
視聴者が録画されたセミナー(VOD)を視聴しているときに、そのセミナーのライブ配信時にやり取りされたコメントも合わせて見ることができます。

<事前登録制セミナー開催時のホワイトリスト管理機能>
事前登録制のセミナーを開催する際、管理をスムーズにするために自動承認用のリストをエクセルファイルから読み込むことができます。

<事前登録者のセミナー参加状況のリスト管理機能>
セミナーを実施後、開催者は視聴者の参加状況や、ライブ視聴の有無、VOD視聴の有無などの情報を視聴者別にリストで確認できます。また、リストをファイルに出力することにより、事前登録者の視聴情報をもとにセミナー後のアフターフォローを効率的に行う事ができます。

 

■Web会議サービス "U ミーティング"
■ビジネスチャット "U メッセンジャー"

<エンドツーエンド暗号化(E2EE)セキュリティ対応>
最新のセキュリティーシステムである「エンドツーエンド暗号化(E2EE)」に対応しました。  これにより、チャットの内容をクラウドサーバーではなく、ユーザー端末から生成する鍵を使用して暗号化を施し、情報の安全性を確保します。管理者はコンソールの管理者ツールからエンドツーエンド暗号化機能を設定する事ができます。組織に所属する全てのユーザーのメッセージ・ファイル・ミーティングをエンドツーエンド暗号化で処理できます。



<デスクトップ画面共有時のシステム音のミキシング共有に対応>
デスクトップ画面共有機能を利用して、マイク音声と操作画面だけではなく、YouTubeのコンテンツやビデオファイルの再生、アプリケーションの操作など、Windows Mixerを経由するパソコンのシステム音やアプリケーション側のサウンドも会議中に共有することができます。

<会議の主催者による会議録画/録音の制限機能>
会議の主催者は、任意で参加者の会議録画機能の使用を禁止することが
できます。会議録画機能を禁止すると、全ての参加者の録画ボタンは
非表示となります。
その場合、テキストチャットが非表示となり、視聴者はメッセージを
送信することができなくなります。

 

<管理者による全登録アカウントに対する会議録画/録音の制限機能>
管理者は、管理者ツールから組織に所属する全てのユーザーに対して、議録画機能の使用を禁止することができます。


その他機能や、詳しい製品情報はこちらをご覧ください。https://u.cyberlink.com/

 

■サイバーリンク株式会社について
1996年に設立。台湾に本社を置くコンピュータ・ソフトウェアメーカーです。 デジタルメディアの作成、再生、共有などのアプリケーションの開発を行っており、欧米をはじめ世界各国で、一般ユーザーに高解像度映像の再生、簡単かつプロ並みのビデオ、写真編集の体験を提供しています。

日本法人であるサイバーリンク株式会社は、1998年に設立。日本のマーケットに向け、マルチメディア関連ソフトウエアの開発を手がけ、主力人気商品の動画再生ソフト「PowerDVD」、ビデオ編集ソフト「PowerDirector」などは多くのハードウェアメーカーにバンドル採用いただいています。

映像の品質に大きく影響するコーデックを中心とした多数の特許を持ち、最先端の技術への対応や使いやすさを追求した製品を開発することを目指し、この技術力をもとにして、新たに B to B マーケットへ向けた、Web会議 / オンラインセミナー / ビジネスチャット「U ビジネスコミュニケーション サービス」を開発。ビジネスで必要となるさまざまなコミュニケーションを活性化し、新しい「働き方」を創造しています。

 

Copyright 2018 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。
※本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、将来的に変更される可能性があります。

■本件に関するお問合せ先
サイバーリンク株式会社 contact_pr_jpn@cyberlink.com
広報担当 今澤浩之 (TEL: 090-3102-3659)

<< プレスルームに戻る