メンバーサイトへようこそ

PhotoDirector

【無料】歯を白くする方法・裏技とおすすめ写真編集アプリ5選【2022年最新版】

最終アップデート 2022年 10月 14日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
歯を白くする方法・裏技とは?

「白い歯」、ひと昔前の歯みがき粉の CM で、「芸能人は歯が命」という謳い文句がありました。
少し前に自撮り写真を撮影して補正・加工するアプリが流行っていましたが、「美肌」や「顔のパーツ」「輪郭」の補正などが主流で、歯を白くするというのはあまり見かけなかった気がします。それでも魅力的な自撮り写真は笑顔が大切で笑顔になると自然と「歯」が見えてしまいます。

そこで今回は「歯を白く」するおすすめの写真・画像加工アプリをランキング形式で 5 選と実際にアプリを使った歯を白くする方法をご紹介していきます。

目次:

歯を白くする裏技?

「歯」はどんなに毎日のケアをしていても、飲み物や食べ物の影響でくすんでしまったり、黄ばんでしまったりしますよね。
だからといって写真を撮影するたびに歯医者でホワイトニングをするわけにはいきません。そこで思いつくのが写真加工アプリで歯だけを白くする方法です。

最近の写真加工アプリには「歯を白く」する機能を搭載しているものも増えてきて、アプリで撮影もしくは写真を取り込んで、ほんの数タップするだけで、歯を白くすることができます。

次項では、そんな「歯を白く」することができるアプリをおすすめ順にランキング形式でご紹介していきます。
ぜひご参考いただき、ご自身のスキルや環境にあったアプリを見つけてみてくださいね。

歯を白くするおすすめアプリ5選

1位.本格的な写真編集機能で簡単に歯を白くする「PhotoDirector」

PhotoDirector App Icon

PhotoDirector(フォトディレクター)は、写真や画像の編集・調整、AI 技術を使ったアニメーション化などができるオールインワンの人気写真編集アプリです。
撮影後の自撮り写真や顔写真の歯を白くするのも、写真を取り込んでほんの数タップするだけで、あっという間にできてしまいます。
また、完成した画像は直接 SNS へシェアすることも出来ます。

Demo

▲ スライダーを調整するだけで一瞬で白い歯に!

そして PhotoDirector の最大の特徴といえば、様々な箇所で AI 補助によるスマートな編集ツールを多数搭載しているところでしょう。
歯を白くするのはもちろんの事、例えば写真に映り込んでしまった不要なものを一瞬で除去する機能、曇り空を青空へ入れ替える機能、背景を置き換える機能、被写体を際立たせるピンぼけツール、一部を雪のように舞わせる分散エフェクトなどの他のアプリには無いツールが、豊富に搭載されています。

PhotoDirector は、写真の歯を白くするだけでなく、写真加工を全般的にワンストップで行いたい人にはもってこいのアプリです。
このあと紹介する「簡単!歯を白く加工する方法」では、こちらのアプリを使用して解説しています。気になる方は上記リンクより無料でインストールできますので、この機会にダウンロードしてみてくださいね。

 

2位.歯並び補正 & 歯を白くする「Meitu」

Meitu

Meitu(メイツ)は、ワンタップでかんたんに様々な補正ができる自撮りアプリです。
基本的に自撮りに特化したアプリですので、前髪を盛ったり、肌色を調整する機能が充実しており、歯を白くする機能も搭載されています。
歯を白くする方法は自動と手動が用意されており、自動的に歯を認識して色調を変更する以外に、スワイプで歯の部分をなぞる事で白くする手動で細かく補正することも可能です。
自動と手動で歯を白くできる画像加工アプリです。また、歯を白く補正するだけでなく歯並びも補正できる機能も搭載されており、他のアプリにはあまり見られない面白い機能です。

アプリを起動すると有料コンテンツへの誘導がありますが、「SKIP」してしまえば有料コンテンツに登録しない状態で使用を続けることができます。

 

3位.美歯機能で歯を白くする「BeautyPlus」

BeautyPlus

BeautyPlus(ビューティープラス)は、多彩な機能を搭載している自撮り特化の画像加工カメラアプリです。
歯を白くする「美歯」という機能が搭載されており、写真を自動で認識しスライダーをスワイプするだけで歯の部分だけ白く加工することができます。
もちろん自撮りアプリですので、かんたん操作で身体を加工できる「ボディーチューナー」や、写真から通行人だけをかんたんに削除する「リムーバー」、背景に空の効果を適用できるなどの高度な機能が搭載されています。

自撮り補正以外の機能として、「フィルター」の種類も豊富で、「自然」や「クラシック」、「日本風」などの魅力的な物が用意されています。
アプリをインストールして起動すると、「7日間無料トライアル」が表示されますが、画面を閉じれば無料で利用可能になりますので、無料での使用が可能です。
無料使用の場合は様々な機能がロックされていますが、歯を白くするだけであれば問題ないでしょう。

 

4位.歯を白くする加工が自動的に施せる「Perfect365」

Perfect365

Perfect365(パーフェクト365)は、自撮り写真にメイクを施すことができるバーチャルメイクアプリです。
ワンタップで自撮り写真に様々なメーキャップを試せるほか、プロのメーキャップアーティストがデザインしたフィルターを適用することでかんたんに写真の加工を楽しむこともできます。
すぐれた自動認識機能が搭載されており、本来は手間のかかる肌を明るくしたりシェイプアップや透明感の付与などがかんたんに出来るのはかなり良いポイントでしょう。

歯を白くする方法も「フォトメーク」機能の中にある「歯を白くする」という機能を使うことで自動的に加工してくれますので、こういったアプリを使い慣れていない人でもかんたんに行うことが出来ます。
有料コンテンツへの誘導が少々うるさいですが、無料で充分つかえますので、ランクインしています。

 

5位.2種類の方法で歯を白くする「BeautyCam」

BeautyCam

BeautyCam(ビューティーカム)は、様々な機能を数タップで行うことができる便利な自撮り特化アプリです。

「Beautyモード」や「体型補正」、「スタンプ」などの様々な機能が搭載れており、歯を白くする「歯を白く」機能は残念ながら有料ですが、無料機能の「美白」を使うことで歯を白く加工することができます。
使い方はかんたんで「美白」モードにしてから、スワイプで歯の部分をなぞるだけで出来ます。
ただし他のアプリのように自動認識ではできませんので、自分でブラシの大きさを調整しながら細かく加工する必要があります。かんたんに歯を白くしたい場合は有料となってしまうので、その点は注意が必要なところでしょう。

簡単!歯を白く加工する方法

それでは、実際にアプリを使って「歯を白く」する方法の解説を行っていきます。
なお、この項ではおすすめアプリ 1 位でご紹介した PhotoDirector を使って解説を行います。
もし解説を読みながらご自分でも試してみたいとお考えの方は PhotoDirector は無料でインストールして使うことが出来ますので、先にインストールしておくことをオススメします。

PhotoDirector の無料インストールは下記リンクからどうぞ。


ステップ 1:PhotoDirector を起動して写真を選びましょう

PowerDirector を起動すると、下図のような画面になりますので、画面中央付近にある「編集」をタップしましょう。

すると、スマートフォン内の写真フォルダが表示されますので、加工したい写真をタップして選びます。

Demo Demo

 

ステップ 2:メニューから「白い歯」をタップします

写真を選ぶと、下図のように編集画面に移行します。
画面下部にメニューが並んでいますので、左側にスワイプし、「ポートレイト」アイコンをタップしてください。
Demo Demo

 

メニューが切り替わりますので、再度メニューをスワイプして「白い歯」アイコンを探してタップします。

Demo

 

ステップ 3:加工したい顔を選んで加工強度を調整します

AI が自動的に人物の顔を認識します。複数人写っている場合は、下図のように加工する顔を選択する事が出来ますので、加工したい顔を選びましょう。

顔を選ぶと人物の顔がアップになりますので、画面下部のスライダーを調整して加工の強度を調整してください。

Demo Demo

 

ちなみに下図の左は加工していない状態、右は加工の強度が 100 の状態です。
このように、100 にしても不自然にならない程度の白さになります。

Demo Demo

 

ステップ 4:顔を切り替えてもう一人の歯も白くします(複数人写っている場合)

今回の写真には人物が 2 人写っていますので、顔を切り替えてもう一人の歯も白くしておきましょう。

加工する顔を切り替えるには、画面左上の「顔」アイコンをタップします。
すると、加工する顔が切り替わりますので、先程と同様に下部のスライダーで加工の強度を調整していきます。

Demo Demo

 

なお、この時に画面上部にある「めくり」アイコンをタップすることで、加工前と加工後を見比べる事が出来ます。
この機能を上手に利用して、不自然にならないよう調整してみてください。

Demo

 

下図の左が加工前、右が加工後になります。
自然な雰囲気で歯が白くなっていて、笑顔がさらに素敵になりましたよね♪

白い歯適用前Demo 白い歯適用後Demo

まとめ

今回は「歯を白く」加工することができるアプリをランキング形式で 5 選と、おすすめアプリ 5 選の 1 位でご紹介した PhotoDirector を使った歯を白く加工する方法について解説してきました。

キレイで可愛く撮影できた自撮り写真や記念写真の歯がくすんでしまっていては魅力半減してしまいますよね。
ぜひ今回ご紹介したアプリを使って歯を白くして、さらに魅力的な写真に仕上げてみてくださいね。

今回使用した PhotoDirector は AI による自動認識や加工の補助などが優秀で、初心者や写真加工アプリに慣れていない人でもかんたんに使いこなすことができます。
また、美顔機能に関しては、歯を白くするだけでなく、肌をきれいにしたり、小顔にできる機能なども搭載されているのでとても便利です。
さらに、そのほかの機能も、プロでも通用するほど高度機能が搭載しています。この機会に試してみたい方はぜひ下記リンクより無料でインストールして使ってみてくださいね。


この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: