3

メンバーサイトへようこそ

PhotoDirector

【2021最新版】写真を絵画風にするには【かんたん編集ガイド】

最終アップデート 2021年 12月 3日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
Turn a Photo into a Painting

芸術作品のような写真を作りたいと思ったことはありますか?適切な編集ソフトを使えば、簡単な操作で写真を絵画風やポップアート風に加工し、写真を芸術的に仕上げることができます。

PhotoDirector は、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを搭載した高機能編集ソフトです。豊富な種類のテンプレートやエフェクト、編集ツールを使うことで魅力的な写真を作成できます。

高性能な編集機能の1つである AI スタイルトランスファーは、プリセットスタイルのエフェクトを自動検出し、どんな画像にもエフェクトを適用することができます。さらに、水彩画やスケッチ、油絵などさまざまなスタイルがあるため、まるで芸術家が描いたような写真に編集することができます。他にも、ゴッホの星月夜のような芸術作品を彷彿させるエフェクトを適用することもできます。

インスタグラムに投稿する写真や家族の思い出の写真、暇つぶしで撮った写真など、どのような写真でも絵画風にすることでより魅力的な作品に仕上げることができます。

この記事では、写真編集ソフトで写真を絵画風にする方法をご紹介します。今すぐ PhotoDirector で写真を絵画風にしてみましょう。



写真を絵画風にするには

1. メインの写真をインポートする

まず、PhotoDirector を開き、[ライブラリー]タブをクリックして[読み込み]を選択します。


必要な場合は、写真のサイズを変更しましょう。画面右にあるツールバーの[切り抜き&傾き調整]アイコンをクリックして、アスペクト比を調整することで写真のサイズを変更します。動画内では、1×1のアスペクト比で写真をトリミングしています。

2. フレームの写真をインポートする

写真を絵画風にするときには、額縁を加えることで写真をより際立たせることができます。PhotoDirector のライブラリまたはオンラインから額縁の画像を見つけましょう。写真の雰囲気を高めるために、動画内では額縁を持った人の手を使っています。


気に入った写真を見つけたら、PhotoDirector にインポートしましょう。

3. フレームの写真を選択し、画面右のツールバーから[ガイド編集ツール]アイコンをクリックする

次は、フレームの写真を編集して、絵画風にするメインの写真にオーバーレイしてみましょう。


ライブラリーからフレームの写真を選択し、ツールバーの[ガイド編集ツール]アイコンをクリックします(アイコンは魔法の杖の形をしています)。

4. ツールバーの[抽出&作成]から[背景除去]を選択する

[ガイド編集ツール]アイコンをクリックすると、ツールバー左側にオプションが表示されます。


ここから、[抽出&作成]のドロップダウンリストから[背景除去]を選択します。この編集ツールを使うと、写真から不要な部分を除去し、オーバーレイに使いやすい写真を作成することができます。

5. 選択用ツールを使い、フレームの写真から不必要な部分を除去します。

写真によっては、除去する部分を自分で正確に選択する必要があります。除去するには、写真からフレーム部分を選び他の部分を除去する方法とフレーム部分以外を選択して除去する方法の 2 つがあります。


選択用ツールをクリックすると、カーソルがブラシとなり、写真から除去する部分を選択できます。必要に応じて、[選択した領域を除去]または[未選択の領域を除去]のどちらかを選びましょう。


背景の除去を完了し、適用するとメインとなる写真がフレーム写真の背面に表示されます。

6. フレームの写真をサイズ変更する

トリミングしたフレームの写真は、メインの写真の上に表示されます。次は、フレームの写真をサイズ変更するか、メインの写真をトリミングして、絵画風にする部分がフレームの中に収まるように調整しましょう。


動画内では、風景の一部がフレームの中に映るようにメインの写真をトリミングしています。

7. 画面上部[ガイド編集]を選択します

写真のトリミングとサイズ変更が完了した後は、テンプレートを選択します。PhotoDirector 内蔵のテンプレートを使うには、画面上部の[ガイド編集]タブを選択します。


変更を一時ファイルに保存した後、編集を続けるかを尋ねるポップアップが表示されるため、「はい」を選択します。

8. [フォトエフェクト]のドロップダウンリストから[AI スタイルトランスファー]を選択する

ガイド編集のタブをクリックすると、エフェクトのオプションが表示されます。まず、[フォトエフェクト]を選び、[AI スタイルトランスファー]を選択します。写真に適用できる絵画風のエフェクトとテンプレートが表示されます。

9. マイテンプレートからテンプレートを適用する

PhotoDirector には、写真を水彩画や油絵、アクリル画のようにできるエフェクトのテンプレートが搭載されています。[抽象画3][油絵1][水彩画]がおすすめです。


これらのエフェクトを試した後は、適用するエフェクトを選びましょう。

10. フレーム外のエフェクトを除去する

次は、フレーム外のエフェクトを除去し、フレームの内側だけに絵画風のエフェクトを適用しましょう。


絵画風のエフェクトを選択した状態で、[AI スタイルトランスファー]ウィンドウの一番下までスクロールします。次に、ブラシを選択し、フレーム外のエフェクトを除去します。または、フレーム内のエフェクトを除去してから反転することもできます。


動画内では、フレーム外のエフェクトを除去することで、写真をユニークにして魅力的に仕上げています。

11. 写真をエクスポートする

写真を絵画風にした後は、最後に任意のファイル形式を選択しエクスポートすることで、作成した写真を共有することができます。

まとめ

PhotoDirector を使えば、数十種類もの絵画風エフェクトで写真の質を向上させることができます。この記事の方法で AI スタイルツールを使えば、写真編集の経験がない初心者の方でも簡単にプロのような写真を作成できます。


いますぐ PhotoDirector をダウンロードして、簡単な操作でプロ並みの写真を作成してみましょう。



この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: