3

メンバーサイトへようこそ

PhotoDirector

【編集ガイド】Photoshop なしで 写真合成をする方法

最終アップデート 2021年 10月 7日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
surreal image of a woman with a hole on the left side of her face where a killer whale is jumping out

Photoshop は 1990 年のリリース以来、デザイナーやフォトグラファーはもちろん、多くのビジネスユーザーやコンシューマーに支持され、最も知名度の高い画像編集ソフトとして知られています。

しかし Photoshop は高額な上、操作方法が複雑なため、他の画像編集ソフトを試してみたいと思ったことはありませんか?

Photoshop 以外のツールを使っても、同様に画像を加工することができるんですよ。

こちらのページでは、Photoshop と同様にご利用いただける PhotoDirector (PC/Mac バージョン) の使用方法をご説明いたします。

Photoshop に代わるおススメ ソフト - CyberLink PhotoDirector

PhotoDirector でも使える Photoshop と同様の編集ツール 5 選

1. タッチアップ

PhotoDirector のタッチアップ機能は、写真の魅力を最大限に引き出し、自然な形で表現することができる強力なツールです。

ニキビやシワを目立たなくしたり、肌に輝きを与えたりすることができます。

PhotoDirector に写真ファイルを読み込んだら、[ガイド編集] タブの [ビューティー メイク] を選択します。

[ビューティー メイク] には、次の 3 つのツールがあります。
  • フェイス ツール
  • スキン ツール
  • ボディー シェイパー

肌のシミやニキビなどを補正するには、[スキン ツール] を選択し、[美肌] と [スキン トーン] の調整を行います。[美肌] では、顔のシワや凹凸を補正し、[スキン トーン] ではファンデーションの色を選択することができます。

[美肌] のスムージング ブラシを使って、[サイズ]、[エッジのぼかし]、[強度] を調整します。写真の解像度や肌質によって、調整度合いは変わります。

強度を調整しすぎると、不自然な仕上がりになるため、注意が必要です。 [ディテール微調整] を選択すると、[スムーズ] と [ディテール] のスライダーが表示されます。

  • スムーズ
  • ディテール

これらのスライダーを使って、調整した部分をより自然に調整します。

美肌効果を加えたら、[スキン トーン] を開きます。[スポイト] を使って顔の上をクリックしたら、[許容量] スライダーを使って、色の範囲を調整します。

次に、ファンデーションの色を選択します。パレット のアイコンをクリックして他の色を選択したり、ファンデーション下の [強度]、[温度]、[色かぶり] を調整することもできます。

加工前/加工後を比較するには、画像下のツールバー (前後の比較) をクリックします。

2. カラー エフェクト

PhotoDirector の 白黒、カラー スプラッシュ、色調補正 などのツールを使うと、Photoshop のカラー エフェクトと同様に加工することができます。

白黒

白黒機能を使うには:
  1. [調整] タブを開きます。
  2. [プリセット] タブの [デフォルトのプリセット] 下の [白黒] タブを開きます。

[白黒] タブに入っているプリセットをクリックして、効果を試してみてください。プリセットを選択したら、[強度] を調整します。

カラー スプラッシュ

[ガイド編集] タブを開き、[フォト エフェクト][カラー] を選択します。

[カラー] タブには、[セピア]、[色かぶり]、[カラー置換] などのエフェクトが入っています。ここから [カラー スプラッシュ] を選択して、[スポイト] を使って残したい色の上をクリックします。

スポイト ツール下の [許容量] スライダーをドラッグして、表示する色の範囲を調整します。ブラシを選択して不要な色を消去したり、元の色に戻すこともできます。[サイズ]、[エッジのぼかし]、[強度] を調整することもできます。

カラー置換

[カラー置換] ツールを使うと、写真中の特定の色を他の色と置き換えることができます。

[ガイド編集] タブを開き、[フォト エフェクト] > [カラー] > [カラー置換] を選択します。[スポイト] を使って、元の色を選択します。[対象の色] を選択して、[色相]、[彩度]、[明度] を調整します。

ブラシを選択して不要な色を消去したり、元の色に戻すこともできます。

3. コンテンツ解析ツール

PhotoDirector の コンテンツ解析ツール を使って、写真中のオブジェクトを除去したり、複製したりすることができます。

コンテンツ解析除去

[コンテンツ解析除去] を使うと、不要なオブジェクト (車や人、機材など) を除去して、クリーンな写真を作成することができます。

写真を読み込んだら [ガイド編集] タブを開き、[補正&除去] > [コンテンツ解析除去] を選択します。ブラシを使って、不要なオブジェクトをおおまかになぞり、

[適用] をクリックします。うまく除去できていない場合は、[再試行] をクリックします。

コンテンツに応じた複製

[ガイド編集] タブを開き、[抽出&作成] の [コンテンツに応じた複製] を選択します。ブラシを使って、複製するオブジェクトの上をなぞります。

[次へ] をクリックして、マークを付けた部分を他の場所にドラッグすると、同じオブジェクトが複製されます。左右または上下に反転することもできます。完了したら、[適用] をクリックします。

4. 選択ツール

PhotoDirector のオブジェクト区別ツールを使うと、目立った被写体 (特に人物) を簡単に切り抜くことができます。

オブジェクト区別ツールの使い方

オブジェクト区別ツールを使うと、最も目立つ被写体 (特に人物) を選択して、背景を除去することができます。

[ガイド編集] タブを開き、[抽出&作成][背景除去] を選択します。[ブラシの選択] の [最も目立つオブジェクトを自動的に選択] をクリックすると、写真中の被写体が自動的に選択されます。[未選択の領域を除去] を選択して [適用] をクリックします。背景を除去して、ここに他の背景画像を追加することができます。

5. レイヤー編集

Photoshop のレイヤー機能は複雑ですが、PhotoDirector のレイヤー機能はシンプルで使いやすいため、おススメです。ここでは、多重露光画像の作成方法を説明します。

多重露光画像

人物写真と風景写真などを 重ねて、迫力のある 多重露光画像 を作成することができます。

[編集] タブを開き、先に人物の写真を、次に風景の写真を読み込みます。[ブレンド モード] のドロップダウン メニューを開き、好みのモードを選択します。

モードを選択したら、レイヤーのサイズや位置を調整します。人物写真の一部を透明化するには、選択ツールを使って不要部分をなぞります。

その他: Shutterstock/Getty Images ライブラリー

PhotoDirector の Shutterstock/Getty Images ライブラリーから、800 万点以上のロイヤリティーフリーの画像にアクセスすることができます。

Shutterstock/Getty Images のライブラリーにアクセスするには、[ファイル] > [読み込み] > [プレミアム画像素材] または、[ライブラリー] > [読み込み] > [プレミアム画像素材] を選択します。

[プレミアム画像素材ブラウザー] が開いたら、キーワードを入れて画像を検索します。画像を選択したら、[ダウンロード] をクリックします。

Shutterstock/Getty Images からダウンロードした画像は、[ライブラリー] > [プロジェクト] > [フォルダー] > [Shutterstock/Getty Images] フォルダーに入ります。

Shutterstock/Getty Images の画像を追加して、多重露光画像を作成してみてください。

まとめ

Photoshop は高額な上、操作方法が複雑なため、Photoshop と同様の仕上がりが期待できる PhotoDirector をおススメします。

PhotoDirector を使うと、画像をアニメーション化したり、AI ツール、カラー コントロール、レイヤー編集機能などを使って、アートな作品を作り上げることができます。初心者から上級者までお使いいただける画像編集ソフトで、あらゆるデバイス (PC、Mac、Android、iOS) に対応しています。今すぐ PhotoDirector (PC/Mac 版)PhotoDirector (モバイル版) をダウンロードして、お試しください!

この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: