メンバーサイトへようこそ

PowerDirector

【無料】動画の変換ソフトおすすめ5選と動画変換方法【2022年最新版】

最終アップデート 2022年 11月 11日 – by Hiroshi
お気に入りに追加
動画の変換方法とおすすめソフト3選

PC に入ってる動画をスマートフォンで見たい時ってありますよね。
例えばキャンプに行くときなどにスマートフォンやタブレットに動画を入れておけば電波が無くても楽しめますし、プレゼンの資料に動画を組み込みたい時などにも重宝します。

今回はそんな、アイデア次第で様々な使い方ができる「動画を変換する」機能について使い道やおすすめソフト、動画の変換方法などについて解説していきます。
ぜひ最後までお読みいただき、便利に使いこなしてみてくださいね。

動画変換の活用場面は?

「動画の変換」とは、エンコーダーという機能を使って、動画のフォーマットや形式を様々な機器で再生できるように変換する事を言います。
使い道としては、PC に保存してある動画をスマートフォンで見れるようにしたり、パワーポイントやエクセルで再生できる形式に変換したり、SNS 等で見栄えする GIF と呼ばれる形式に変換したりと、その使い道は様々です。

動画変換ソフトとは?

「動画変換ソフト」とは、ソフトによってエンコーダーやオーサリングソフトなどとも呼ばれる動画加工ソフトの事を言います。

機能としては、様々な機器で撮影した動画やダウンロードしてきた動画を、DVD や Blu-ray などに記録できる形式へ変換したり、高負荷な動画再生には向いていないスマートフォンなどのモバイル機器で再生しやすい形式への変換などを行うことが可能です。

ソフトによっては簡単な動画編集機能がついていたり、ディスクメディアへの書き込みに特化したもの等、様々にありますが、それぞれに特徴や得手不得手がありますので、次項でご紹介する「おすすめソフト」からご自身の目的や環境にあったソフトを探してみてください。

動画変換ソフトおすすめランキング

動画変換ソフトについてわかっていただけたところで、さっそくおすすめソフトのご紹介をしていきます。
ぜひ参考にしていただき、ご自身の目的や環境にあったソフトを見つけてください。


1. 画質向上も可能な動画変換ソフト「Power2Go」

P2GO

Power2Go (パワートゥーゴー)は、大人気の動画編集ソフト「PowerDirector」で世界的なシェアを持つCyberLink 社のオーサリングソフトで、ディスク書き込みやビデオディスクのオーサリング、メディア変換、バックアップなど様々な事をこのソフト1本で行える便利なソフトですが、多種ある機能の中に「メディア変換(動画の変換)」があります。

PC に保存されている動画のファイル形式の変換、」やスマートフォンなどで見れる形式への変換はもちろん、「MP4⇒MP3」や、「MP3⇒MP4」やその他の主要メディア形式を様々な形式に変換する事ができます。
しかも転送先のモバイル機器(スマートフォン)を自動で検出して自動的に最適なファイル形式にしてくれるなど、本当の意味での「オールインワン」ソフトと言えるでしょう。

スマートフォンが動画や音楽再生の主流となった現代で、このソフトが出来る事はそれこそ無限と言える超便利ソフトです。
充実したサポート、世界中で愛用される信頼性、ユーザー視点で作り込まれた UI 配置や操作性など他のソフトの追随を許さない完成度なので、非常におすすめです。

なお、Power2Go には無料の体験版がありますので、気になる方は是非上記リンクよりダウンロードして豊富な機能を実際に使って試してみてくださいね。


2. 500 以上のファイル形式に対応している動画変換ソフト「Freemake」

Freemake

Freemake (フリーメイク) は、 500 以上のファイル形式に対応したメディア変換ソフトで、「無料 MP4 変換」などと検索すると大抵上位でヒットします。
使い方は簡単で、UI も直観的に使い方がわかるように工夫されているので、煩わしい操作や設定などは必要ありません。
そういう意味では初心者の方におすすめと言えますが、ダウンロードする前に注意しておかなければいけない点もあります。

「無料」とご紹介しましたが、実際には変換した動画の中央(かなり目立つ所)に必ず「ウォーターマーク(透かし)」が入ってしまいますし、「MP4⇒MP3」への変換をしようとすると「有料版」の購入を促されてしまいます。
そういった意味で、あくまで動画変換ソフトの入門やお試し程度におすすめとしておきます。


3.簡単な編集も可能な動画変換ソフト「GOM Encoder」

GOM Encoder

GOM Encoder (ゴム エンコーダー) は、動画ファイル変換に関する様々な機能が詰め込まれたオールインワンソフトで、高画質・高解像度の 4K 動画などにも対応しているおすすめソフトです。
変換以外にも、動画のカットや動画連結など簡単な動画編集機能も付属しているので、動画の編集にも興味がある初心者の方には、おすすめと言えます。

無料版と有料版がありますが、違いは無料版では「変換できる動画の時間に制限がある」や「変換後の動画にウォーターマークが入る」、「オーディオの MP3 抽出ができない」、「コーデックの使用に制限がある」などの制限があります。
もし使ってみたい場合は無料版で色々な機能を試してから、有料版に移行する事をおすすめします。

4.素早く動画変換が可能「Any Video Converter」

Any Video Converter

Any Video Converter(エニービデオコンバーター)は、無料で使える動画変換ソフトで、様々な形式のビデオファイルを MP4、MKV、MOV、WMV、FLV などの動画形式だけでなく、MP3、M4A、OGG、AAC、WMA などの音声形式にも変換することができる「変換」がメインの動画処理ソフトです。

動画処理に特化しているため、動画変換のスピードはかなり早く、画質もほぼ変わらないため、動画圧縮におすすめのフリーソフトとして人気があります。

しかし、インストール時に不要ソフトがインストール(無告知で)されるため、ある程度PCの知識がないと、不要なソフトを勝手にインストールされ、消すのに苦労します。

 

5.動画変換以外にも編集・圧縮が可能「VideoProc Converter」

VideoProc Converter

VideoProc Converter(ビデオプロックコンバーター)は、基本的な動画処理機能が搭載されたソフトです。
動画編集を行いつつ、動画圧縮も可能なため、より実用的な使い方ができるソフトとしておすすめです。
圧縮や動画形式の変換については、幅広いファイル形式に対応しているため、その点ではおすすめです。

しかし動画編集という観点から見ると、カットや字幕といった基本的な編集機能が備わっていますが、そこまで本格的ではないため、動画編集を本格的におこないつつ、圧縮もしたいと考えている人には不向きかもしれません。

動画変換を行うには?

ここからは動画変換を行う方法を簡単にご紹介します。今回はおすすめ1位に紹介したPower2Goを使って解説していきますので、一緒に試してみたい方は下記リンクより無料体験版をインストールしてください。


ステップ 1:Power2Go を起動します

Power2Go を起動すると、下図のような画面になります。
色々な項目がありますが、今回は「メディアコンバータ」を使いますので、クリックします。

Demo

 

ステップ 2:目的に併せて選択する

「メディアコンバーター」の中にも様々な変換方法がありますので、目的に併せた項目を選択してください。

Demo

 

今回はスマートフォンで見るための変換を行いますので、「動画をモバイルデバイスへ」を選択します。

Demo

 

下図のような画面になりますので、変換したいファイルを選び、下の欄へドラッグ&ドロップで移動させます。

Demo

 

ステップ 3:出力先やメディア形式を選びます

下図のような画面になりましたら、赤枠内の項目をご自身の環境に併せて選択します。
Apple の iPhone 向けであれば、下図のような設定になるかと思います。

Demo

 

ステップ 4:変換を開始する

一通り設定を決めたら、画面下部にある「変換」をクリックし変換を開始しましょう。

Demo

 

ちなみに、「メディア保存先」の右側にある「・・・」をクリックする事で、保存先の変更も行えます。

Demo

 

変換が開始されると、下図のような画面になります。
動画の容量次第では時間がかかる場合もあります。そのような時には画面下部にある「変換後、自動的にシャットダウンする」にチェックを入れておくと、作業が終わり次第に PC の電源を安全に落としてくれます。

Demo

まとめ

動画の変換について基礎から使い方、おすすめソフトまでご紹介してきました。ご自身にあったソフトを見つけることは出来ましたでしょうか?
もし、色々な事をやってみたかったり、ワンストップで完結させたいとお考えでしたら、ぜひおすすめソフトの1位でご紹介した「Power2Go」を使ってみてください。

「Power2Go」はディスクメディアへの書き込みが主な機能ですが、データ書き込み以外にもディスクのコピーや作成、動画の変換、簡単な動画や音楽の編集まで様々な機能が詰め込まれています。
目的ごとに様々なソフトをインストールするのも手間ですし、Power2Go ならワンストップで完結しますのでデータの規格を意識したりする必要もありません。

そして Power2Go には無料の体験版がありますので、それら様々な機能を実際に使ってみてから購入するかどうかを決める事もできます。
迷ったら、まずは下記リンクより「Power2Go」の体験版をダウンロードして一度試してみてください。



この記事は役に立ちましたか?

おすすめ記事:

おすすめ製品: